ゆうちょ 銀行 口座 解約。 ゆうちょ銀行のNISA申込方法・解約方法 窓口よりネット手続きがおすすめ

ゆうちょ銀行の相続手続き/死亡後の定期預金口座の解約・名義変更・凍結

ゆうちょ 銀行 口座 解約

お困りのようですね。 以前に郵便局に非常勤職員として勤務していました。 ご自宅の最寄りの郵便局ですぐに解約できます。 その際には、免許証等の身分証明書と届け印(もし紛失している場合は、本人が出向けば、 違うものでも手続きできると思います。 )をお持ち下さい。 解約後は、その場で貯金していたお金は支払われます。 郵政公社内では、解約後でも、期間は定かではありませんがその口座番号での名前、住所等の情報は残りますが簡単には漏れないはずです。 ある期間残すのは処理の関係でもありますし、郵便局は通帳が一人一冊なので、それを管理したり、今後、新規で通帳を作りたい人に対して解約された口座番号がすぐに使用されないようにする為等だと思います。 心配事がありながらも、郵便局の口座が必要ならば一旦解約して、翌日以降に新たに郵便局に口座を開設されてはいかがでしょうか? A ベストアンサー すでに他の方が回答されているように、郵便貯金は、以前は一人1口座のルールだったのですが、民営化された今はその制限は撤廃されました。 ただ、口座開設はあくまで契約の締結なので、相手方であるゆうちょ銀行がいやだといったら、それまでです(かりに口座を一つも持っていない純新規であっても、口座開設を断られることもあり得ます。 それに対して文句は言えません)。 幸いなことに、郵便局はあちこちにありますので、ダメだと言われたら、別の郵便局でトライすればいいでしょう。 なお、いまは郵便貯金も名寄せが済んでいますので、すでに口座が開設されているかは、どこの郵便局でも簡単に調べられてしまいます。 ちなみに、二つ目の口座が要る理由としてよく言われるのは、貯蓄用と日頃の生活用を分けたいといった事情でしょうか。 これで通してくれるかどうかは、窓口の係員次第ですけど。 知らんぷりして、何度でもトライするしかないと思います。 頑張ってください。 A ベストアンサー おはようございます! 結論から言うと解約はできるはずです。 しかし通帳が無いとなるとまずは銀行窓口で通帳の紛失届けの手続きをしなければいけません。 1 紛失届けの書類提出 2 名義(住所)変更の書類提出 3 数日後に自宅宛に回答書が送付されるので必要事項を記入して返送します なくされたご主人の通帳の届出印はございますか?それも必ず必要です。 (もし無ければ印鑑の紛失届けも提出しなければなりません) 基本的な手続きは以上のような感じですが銀行によってはほかにも書類手続きが必要かもしれませんので詳しくは窓口で聞かれたら良いとおもいます。 あと受け付けてくれるのは無くされた通帳を作った支店窓口でしか出来ないことが多いのであらかじめ電話で聞くとかされた方がよろしいかと思います 手続きが厄介ですがきちんと出すものをだせば解約してお金は戻ってきますので頑張ってくださいね。 おはようございます! 結論から言うと解約はできるはずです。 しかし通帳が無いとなるとまずは銀行窓口で通帳の紛失届けの手続きをしなければいけません。 1 紛失届けの書類提出 2 名義(住所)変更の書類提出 3 数日後に自宅宛に回答書が送付されるので必要事項を記入して返送します なくされたご主人の通帳の届出印はございますか?それも必ず必要です。 (もし無ければ印鑑の紛失届けも提出しなければなりません) 基本的な手続きは以上のような感じですが銀行によってはほかにも書類手続きが必... A ベストアンサー >これでも、解約できますでしょうか? 手続きをすればできます。 自分の口座があると思われる銀行に、本人確認できるもの(自動車運転免許証)と新しい印鑑を持って行き、窓口で「通帳と印鑑をなくしたけど、解約したい」と言いましょう。 キャッシュカードがあるのであれば、持っていってください。 窓口で、通帳と印鑑の「喪失届」と「改印届」を出すことになります。 そうすれば、その場で解約できると思います。 自分の口座があるかどうかを聞くと、銀行によっては本人でも教えてもらえない可能性があります。 >どこの銀行にどれだけ口座を持っているかを簡単に調べる方法とかありますでしょうか?を持っているかを簡単に調べる方法とかありますでしょうか? ありません。 前にも書きましたが、たとえ、銀行で自分の口座を調べてもらいたい(通帳を持っていれば別ですが)と言っても、教えてもらえない可能性もあります。 ましてや、「どこの銀行にどれだけ口座を持っているか」を調べることは不可能です。 キャッシュカードもないんでしょうか? キャッシュカードで「銀行名」と「店番(支店)」がわかります。 >これでも、解約できますでしょうか? 手続きをすればできます。 自分の口座があると思われる銀行に、本人確認できるもの(自動車運転免許証)と新しい印鑑を持って行き、窓口で「通帳と印鑑をなくしたけど、解約したい」と言いましょう。 キャッシュカードがあるのであれば、持っていってください。 窓口で、通帳と印鑑の「喪失届」と「改印届」を出すことになります。 そうすれば、その場で解約できると思います。 自分の口座があるかどうかを聞くと、銀行によっては本人でも教えてもらえない可能性が... A ベストアンサー ご本人の口座ですから一般的には放置していても 問題は生じないと思います。 …が、そのご本人が万が一死亡した場合、ご親族の方々に 処理がまわってきます。 全員の戸籍謄本 抄本?)と印鑑証明を取り付けて解約するようです。 残高があれば納得のいく話ですが残高がなくても同様に手続きがあるようで、 知り合いの方がひどい目に遭っていました。 休眠口座があればあるほど大変です。 私は以前、子供のときに親が作った口座 親も忘れた)を 解約するために四苦八苦しました。 (30年近く放置されたので銀行の名称が変わり、統合され 自分の苗字も住所も変わり、当時の印鑑もなく) 口座の開設は実に簡単ですが、解約は今の時代 『本人確認』があるので厄介です。 ご本人が健在のうちに不要な口座は解約したほうが無難です。 A ベストアンサー 口座の新規開設と同じになるかと思いまして。 yu-cho. japanpost. htm ・口座届出印 また、解約手続きに窓口に出向かれる方が、口座名義本人でない場合は、委任状が必要です。 yu-cho. japanpost. pdf 解約と同時に同じ名義で口座を新たに作ることは可能かと思いますが、理由を窓口で問われるかもしれません。 確実にはお近くの郵便局にお問い合わせ下さい。 yu-cho. japanpost. htm A ベストアンサー 元・郵便局員です。 郵便貯金口座へは、ちゃんと振り込まれますので、その点はご安心いただいて結構です。 郵便貯金のお届けの住所が異なっている場合、郵便局からの重要なお知らせがお手元に届かなくなり、結果として、郵便貯金のご利用を一時的にできないようにすることもございます。 yu-cho. japanpost. htm の3点をお持ちになりまして、郵便局の為替貯金窓口(緑色の看板)まで、 お取扱時間内(概ね9時~16時、一部18時、例外あり)にお越しいただき、お手続きをお願いいたします。 cool. yu-cho. japanpost. cool. htm 元・郵便局員です。 郵便貯金口座へは、ちゃんと振り込まれますので、その点はご安心いただいて結構です。 郵便貯金のお届けの住所が異なっている場合、郵便局からの重要なお知らせがお手元に届かなくなり、結果として、郵便貯金のご利用を一時的にできないようにすることもございます。 Q こんにちは。 できれば同じ銀行・同じ支店で、複数口座を開設したいのですが 可能でしょうか? 希望は「普通口座」 :3口座 「定期預金口座」:1口座 「貯蓄口座」 :2口座 以上6口座 中でも、最後にあげた「貯蓄口座」は毎月一定金額を貯蓄していくものではなく、好きなときに入金できて、好きなときに引き出しできて、それでもって残高に応じて普通預金より金利がいいものが希望です。 先日、りそな銀行で新規で口座を開設したのですがりそな銀行は一つしか口座は開設できませんと言われてしまいました。。 複数口座開設できる都市銀行を教えてください。 よろしくお願いいたします。 「総合口座」は、ちがう支店であれば、開設できるところも、ありますが、「法令上、おひとり様、1口座」が、原則です。 「複数口座(同じ店舗に、2つ以上、「普通預金」を、持つこと)」については、「その支店サイドの、判断??」に、よりますが、 現在では、謝絶される傾向に、あります。 「架空口座対策」、「振り込め詐欺対策」、ならびに、「休眠口座対策」など、のためです。 さらに、「同じ銀行の、同じ店舗に、同一人が、2つ以上、普通預金を、開設」しますと、「口座相違」(間違って、ほかの口座に、入金されたり、引き落とし、がされることを、いいます。 )・・などの、さまざまな、間違いや、トラブルの、もとにも、なりかねません。 また、同じ理由で、最近では、「住所地から、離れたところにある、店舗での、お口座開設」(たとえば、「大阪に、住所も、勤務先(通学先)も、あるにもかかわらず、新潟の支店で、口座を、開設する・・・」など、)も、謝絶される傾向に、あります。 はっきりいって、「りそな銀行」、「みずほ銀行」、・・・などは、 厳しいようです。 「総合口座」は、ちがう支店であれば、開設できるところも、ありますが、「法令上、おひとり様、1口座」が、原則です。 「複数口座(同じ店舗に、2つ以上、「普通預金」を、持つこと)」については、「その支店サイドの、判断??」に、よりますが、 現在では、... A ベストアンサー 手数料の低い順に手段を挙げますので、お好みの方法で… 1 あくまで手数料は0円で ・ やはり、地方銀行の窓口で通帳+印鑑で必要額全額を下ろして、ゆうちょ銀行まで持参し、ゆうちょ銀行の口座へ入金する。 リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。 地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円ずつ下ろして即ゆうちょ銀行のATMで口座へ入金する。 移したい金額にもよりますが、まずもって面倒くさい。 500万円で10日も掛かるし…1000万円なら……… 2 多少は手数料が掛かっても… ・ 回答者 1さんの案2に準じてゆうちょ銀行のATMで地方銀行のキャッシュカードで50万円ずつ下ろして、即ゆうちょ銀行のキャッシュカードで入金。 1日あたり50万円ずつしか移せないのがネックですし、50万円毎に105円掛かる手数料も500万円移動しようとすると1050円掛かります… 250万円以上預金を移動したい場合は、次の案をお勧めします。 ・ 地方銀行の窓口で、自己宛小切手 銀行渡り を振り出してもらう。 自己宛小切手とは、自己資金 この場合は、地方銀行に預けてある預金 を元に銀行が振り出す小切手で、持参人もしくは特定の者 この場合はあなた で無いと現金化出来ず、また、銀行渡りにすることにより金融機関の窓口でしか換金出来ません。 更に、紛失・盗難時に警察および振り出した金融機関 更に、裁判所に届け出ることにより、事故小切手となり、その情報が他の金融機関にも通知されて、その後の換金化が阻止されます。 手数料は、1通 525円程度ですので、250万円以上の預金移動の場合は、ATMで50万円ずつ移動する場合の他行引き出し手数料 525円 と同等もしくはそれ以下になります。 次に挙げる振込手数料 窓口他行宛 840円 と比べても手数料が安く済みます。 3 手数料に糸目は付けない場合… ・ やはり、振込みでしょう。 ATMの振込みは、1日あたり150万円までの制限が掛かると共に、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、420円~630円程度の手数料が掛かります。 窓口なら、1度の振込みで移動したい預金全額が処理出来ますが、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、630円~840円程度の手数料が掛かります。 手数料は、高額な資金の移動に伴う安心料と考えれば、決して高いとは言い切れません。 この場合私なら、自己宛小切手を振り出して、小切手の内容・発行番号・発行支店等をメモに記入してから、ゆうちょ銀行の窓口に駆け込んで入金します。 ueda. jikoatekogitte. ueda. ueda. リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。 地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円... A ベストアンサー 使われていない口座を、どの時点で休眠扱いにするかは銀行により、また商品により違ってきます。 口座とひと口に言っても、普通預金口座、定期預金口座、総合口座などがあり、休眠口座の扱いは口座単位で判断する銀行が多いようです。 休眠扱いになる目安は、取引がなくなってから、5年または10年とされています。 預金者は銀行に対して債権(預金を返してもらう権利)をもっていますが、法律では、銀行は5年間、信用金庫などの協同組合は10年間、権利を行使しないと時効が成立し、権利が消滅すると定められているからです。 加えて、睡眠口座を管理するシステムコストも馬鹿になりません。 従って、睡眠口座は通常口座と分けて、オンラインから外し、別段預金 特別口)へ編入されて管理されています。 ただし、理論上はそうであっても、実際に休眠口座扱いにする期間は銀行により異なり、また、全国銀行協会では自主ルールとして、10年、20年経過した預金であっても払戻しに応じています。 つまり、多くの銀行で、いったん休眠(睡眠)扱いになった預金でも、引き出すことができるのです。 ただ、中には例外もあります。 民営化前に預けた郵便貯金と、独自のルールを定めている銀行です。 民営化前(2007年9月30日以前)の郵便貯金には、郵便貯金法が適用されます。 郵便貯金法では、定額郵便貯金、定期郵便貯金、積立郵便貯金が、満期の翌日から20年間引き出しの請求がなく、文書で知らせてもなお引き出しが行われないと、その2か月後に権利が消滅すると定められています。 尚、通常郵便貯金(銀行の普通預金にあたる)、通常貯蓄預金については、民営化前の預入であっても、民営化後のゆうちょ銀行に引き継がれ、最後の取引から10年経過後に休眠口座になるものの、請求があれば払い戻されます。 また、りそな銀行では独自のルール(2004年4月1日以降に新規開設した普通預金口座について、最後の預入または払出から2年以上、一度も預入や払出がない普通預金口座(総合口座を含む)は休眠口座として取り扱う。 休眠口座になったら、事前に文書で届け出の住所あてに連絡する。 それでも解約や再利用がないときは、休眠口座管理料(年間1200円)を引落し、引落しが不能となったら、口座を自動的に解約する)を定めています。 従って、上述の例外を除き、一旦休眠口座になっても多くの銀行では解約や払出は可能だと思います。 あと、休眠口座の活用政策についてですが、休眠預金は金融機関の利益として処理されていたことから、4年程前に新党日本の田中康夫氏が国会で「金融機関の不労所得」と追求。 その後、民主党政権が、休眠預金を東北復興の資金として活用できないかという案を出して話題になりました。 休眠預金の活用は、当初は全国銀行協会など7団体から反対意見がでていましたが、後に「国民的な理解を得る、立法措置がとられる、新しく発生する休眠預金に限る、の3点が守られれば、協力はする」と態度が変わっています。 これを受けて民主党政権では、2013年に法整備を行い、2014年度から検討を進めるとしていましたが、自民党へ政権が変わったため、この案は一度は途切れた状態になっています。 ただ、安倍政権も、休眠口座の活用には乗り気のようです。 2013年3月菅義偉官房長官も、休眠口座を公共のために活用することは極めて重要だと答弁しています。 今後議論になるのは、どのような事業に休眠口座の資金が使うべきかという基本方針や、資金が適正に使用されているかをチェックする体制づくりだと言われています。 使われていない口座を、どの時点で休眠扱いにするかは銀行により、また商品により違ってきます。 口座とひと口に言っても、普通預金口座、定期預金口座、総合口座などがあり、休眠口座の扱いは口座単位で判断する銀行が多いようです。 休眠扱いになる目安は、取引がなくなってから、5年または10年とされています。 預金者は銀行に対して債権(預金を返してもらう権利)をもっていますが、法律では、銀行は5年間、信用金庫などの協同組合は10年間、権利を行使しないと時効が成立し、権利が消滅すると定められている...

次の

少し特殊で面倒なゆうちょ銀行の相続手続き。被相続人の貯金口座の解約方法をまるっと解説!

ゆうちょ 銀行 口座 解約

・届け出印 ・通帳 ・キャッシュカード ・本人確認書類 これらをもって最寄りの窓口に行けば、すぐに手続してくれます。 ただし、カードローンの利用がある場合は、取引店の窓口に行かなければならないことが多いです。 住宅ローンの引き落とし口座になっている場合も、特別な手続きが必要になることがありますので、事前に問い合わせておくと安心です。 印鑑や通帳を紛失した時 通帳または届け出印を失くしてしまった場合は、 基本的に即日解約ができません。 まず喪失の手続きをして、新しく通帳を作ったり、ハンコを届け出たりしなければなりません。 この喪失の手続きは、即日対応していないので注意してくださいね。 ネット銀行の場合 店を設けていないネット銀行は、 出向く必要がありません。 PCやスマートフォンからログインして、登録情報の変更手続きとして「口座解約」できます。 暗証番号などを手元に用意して手続きすれば、即日解約です。 通帳(口座)の解約にかかる時間は?手数料はかかる? 基本的に口座解約の手数料がかかる銀行はありません。 病気やケガなどで本人の意思を確認できない場合は、 成年後見人制度を利用します。 本人の代わりに事務作業や法律手続きをしてくれる人をお願いする制度で、通常は家族や弁護士などがなります。 成年後見人になるためには、裁判所の選任が必要です。 通帳(口座)の解約で残金はどうなるの? 残高の扱い 解約すると、口座に残っている残金は渡してもらえます。 そのまま持ち帰ってもいいですし、別の口座に振り込んでもらってもかまいません。 もちろん、解約前に引き出して残高を0円にしておいても問題ありません。 残高0の場合 残高0の場合、口座を解約しなくても損はしません。 ただ、休眠口座を犯罪に利用されるという恐れはあります。

次の

使わない銀行口座は放置でOK?それとも閉鎖・解約?銀行の手続き方法

ゆうちょ 銀行 口座 解約

お困りのようですね。 以前に郵便局に非常勤職員として勤務していました。 ご自宅の最寄りの郵便局ですぐに解約できます。 その際には、免許証等の身分証明書と届け印(もし紛失している場合は、本人が出向けば、 違うものでも手続きできると思います。 )をお持ち下さい。 解約後は、その場で貯金していたお金は支払われます。 郵政公社内では、解約後でも、期間は定かではありませんがその口座番号での名前、住所等の情報は残りますが簡単には漏れないはずです。 ある期間残すのは処理の関係でもありますし、郵便局は通帳が一人一冊なので、それを管理したり、今後、新規で通帳を作りたい人に対して解約された口座番号がすぐに使用されないようにする為等だと思います。 心配事がありながらも、郵便局の口座が必要ならば一旦解約して、翌日以降に新たに郵便局に口座を開設されてはいかがでしょうか? A ベストアンサー すでに他の方が回答されているように、郵便貯金は、以前は一人1口座のルールだったのですが、民営化された今はその制限は撤廃されました。 ただ、口座開設はあくまで契約の締結なので、相手方であるゆうちょ銀行がいやだといったら、それまでです(かりに口座を一つも持っていない純新規であっても、口座開設を断られることもあり得ます。 それに対して文句は言えません)。 幸いなことに、郵便局はあちこちにありますので、ダメだと言われたら、別の郵便局でトライすればいいでしょう。 なお、いまは郵便貯金も名寄せが済んでいますので、すでに口座が開設されているかは、どこの郵便局でも簡単に調べられてしまいます。 ちなみに、二つ目の口座が要る理由としてよく言われるのは、貯蓄用と日頃の生活用を分けたいといった事情でしょうか。 これで通してくれるかどうかは、窓口の係員次第ですけど。 知らんぷりして、何度でもトライするしかないと思います。 頑張ってください。 A ベストアンサー おはようございます! 結論から言うと解約はできるはずです。 しかし通帳が無いとなるとまずは銀行窓口で通帳の紛失届けの手続きをしなければいけません。 1 紛失届けの書類提出 2 名義(住所)変更の書類提出 3 数日後に自宅宛に回答書が送付されるので必要事項を記入して返送します なくされたご主人の通帳の届出印はございますか?それも必ず必要です。 (もし無ければ印鑑の紛失届けも提出しなければなりません) 基本的な手続きは以上のような感じですが銀行によってはほかにも書類手続きが必要かもしれませんので詳しくは窓口で聞かれたら良いとおもいます。 あと受け付けてくれるのは無くされた通帳を作った支店窓口でしか出来ないことが多いのであらかじめ電話で聞くとかされた方がよろしいかと思います 手続きが厄介ですがきちんと出すものをだせば解約してお金は戻ってきますので頑張ってくださいね。 おはようございます! 結論から言うと解約はできるはずです。 しかし通帳が無いとなるとまずは銀行窓口で通帳の紛失届けの手続きをしなければいけません。 1 紛失届けの書類提出 2 名義(住所)変更の書類提出 3 数日後に自宅宛に回答書が送付されるので必要事項を記入して返送します なくされたご主人の通帳の届出印はございますか?それも必ず必要です。 (もし無ければ印鑑の紛失届けも提出しなければなりません) 基本的な手続きは以上のような感じですが銀行によってはほかにも書類手続きが必... A ベストアンサー >これでも、解約できますでしょうか? 手続きをすればできます。 自分の口座があると思われる銀行に、本人確認できるもの(自動車運転免許証)と新しい印鑑を持って行き、窓口で「通帳と印鑑をなくしたけど、解約したい」と言いましょう。 キャッシュカードがあるのであれば、持っていってください。 窓口で、通帳と印鑑の「喪失届」と「改印届」を出すことになります。 そうすれば、その場で解約できると思います。 自分の口座があるかどうかを聞くと、銀行によっては本人でも教えてもらえない可能性があります。 >どこの銀行にどれだけ口座を持っているかを簡単に調べる方法とかありますでしょうか?を持っているかを簡単に調べる方法とかありますでしょうか? ありません。 前にも書きましたが、たとえ、銀行で自分の口座を調べてもらいたい(通帳を持っていれば別ですが)と言っても、教えてもらえない可能性もあります。 ましてや、「どこの銀行にどれだけ口座を持っているか」を調べることは不可能です。 キャッシュカードもないんでしょうか? キャッシュカードで「銀行名」と「店番(支店)」がわかります。 >これでも、解約できますでしょうか? 手続きをすればできます。 自分の口座があると思われる銀行に、本人確認できるもの(自動車運転免許証)と新しい印鑑を持って行き、窓口で「通帳と印鑑をなくしたけど、解約したい」と言いましょう。 キャッシュカードがあるのであれば、持っていってください。 窓口で、通帳と印鑑の「喪失届」と「改印届」を出すことになります。 そうすれば、その場で解約できると思います。 自分の口座があるかどうかを聞くと、銀行によっては本人でも教えてもらえない可能性が... A ベストアンサー ご本人の口座ですから一般的には放置していても 問題は生じないと思います。 …が、そのご本人が万が一死亡した場合、ご親族の方々に 処理がまわってきます。 全員の戸籍謄本 抄本?)と印鑑証明を取り付けて解約するようです。 残高があれば納得のいく話ですが残高がなくても同様に手続きがあるようで、 知り合いの方がひどい目に遭っていました。 休眠口座があればあるほど大変です。 私は以前、子供のときに親が作った口座 親も忘れた)を 解約するために四苦八苦しました。 (30年近く放置されたので銀行の名称が変わり、統合され 自分の苗字も住所も変わり、当時の印鑑もなく) 口座の開設は実に簡単ですが、解約は今の時代 『本人確認』があるので厄介です。 ご本人が健在のうちに不要な口座は解約したほうが無難です。 A ベストアンサー 口座の新規開設と同じになるかと思いまして。 yu-cho. japanpost. htm ・口座届出印 また、解約手続きに窓口に出向かれる方が、口座名義本人でない場合は、委任状が必要です。 yu-cho. japanpost. pdf 解約と同時に同じ名義で口座を新たに作ることは可能かと思いますが、理由を窓口で問われるかもしれません。 確実にはお近くの郵便局にお問い合わせ下さい。 yu-cho. japanpost. htm A ベストアンサー 元・郵便局員です。 郵便貯金口座へは、ちゃんと振り込まれますので、その点はご安心いただいて結構です。 郵便貯金のお届けの住所が異なっている場合、郵便局からの重要なお知らせがお手元に届かなくなり、結果として、郵便貯金のご利用を一時的にできないようにすることもございます。 yu-cho. japanpost. htm の3点をお持ちになりまして、郵便局の為替貯金窓口(緑色の看板)まで、 お取扱時間内(概ね9時~16時、一部18時、例外あり)にお越しいただき、お手続きをお願いいたします。 cool. yu-cho. japanpost. cool. htm 元・郵便局員です。 郵便貯金口座へは、ちゃんと振り込まれますので、その点はご安心いただいて結構です。 郵便貯金のお届けの住所が異なっている場合、郵便局からの重要なお知らせがお手元に届かなくなり、結果として、郵便貯金のご利用を一時的にできないようにすることもございます。 Q こんにちは。 できれば同じ銀行・同じ支店で、複数口座を開設したいのですが 可能でしょうか? 希望は「普通口座」 :3口座 「定期預金口座」:1口座 「貯蓄口座」 :2口座 以上6口座 中でも、最後にあげた「貯蓄口座」は毎月一定金額を貯蓄していくものではなく、好きなときに入金できて、好きなときに引き出しできて、それでもって残高に応じて普通預金より金利がいいものが希望です。 先日、りそな銀行で新規で口座を開設したのですがりそな銀行は一つしか口座は開設できませんと言われてしまいました。。 複数口座開設できる都市銀行を教えてください。 よろしくお願いいたします。 「総合口座」は、ちがう支店であれば、開設できるところも、ありますが、「法令上、おひとり様、1口座」が、原則です。 「複数口座(同じ店舗に、2つ以上、「普通預金」を、持つこと)」については、「その支店サイドの、判断??」に、よりますが、 現在では、謝絶される傾向に、あります。 「架空口座対策」、「振り込め詐欺対策」、ならびに、「休眠口座対策」など、のためです。 さらに、「同じ銀行の、同じ店舗に、同一人が、2つ以上、普通預金を、開設」しますと、「口座相違」(間違って、ほかの口座に、入金されたり、引き落とし、がされることを、いいます。 )・・などの、さまざまな、間違いや、トラブルの、もとにも、なりかねません。 また、同じ理由で、最近では、「住所地から、離れたところにある、店舗での、お口座開設」(たとえば、「大阪に、住所も、勤務先(通学先)も、あるにもかかわらず、新潟の支店で、口座を、開設する・・・」など、)も、謝絶される傾向に、あります。 はっきりいって、「りそな銀行」、「みずほ銀行」、・・・などは、 厳しいようです。 「総合口座」は、ちがう支店であれば、開設できるところも、ありますが、「法令上、おひとり様、1口座」が、原則です。 「複数口座(同じ店舗に、2つ以上、「普通預金」を、持つこと)」については、「その支店サイドの、判断??」に、よりますが、 現在では、... A ベストアンサー 手数料の低い順に手段を挙げますので、お好みの方法で… 1 あくまで手数料は0円で ・ やはり、地方銀行の窓口で通帳+印鑑で必要額全額を下ろして、ゆうちょ銀行まで持参し、ゆうちょ銀行の口座へ入金する。 リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。 地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円ずつ下ろして即ゆうちょ銀行のATMで口座へ入金する。 移したい金額にもよりますが、まずもって面倒くさい。 500万円で10日も掛かるし…1000万円なら……… 2 多少は手数料が掛かっても… ・ 回答者 1さんの案2に準じてゆうちょ銀行のATMで地方銀行のキャッシュカードで50万円ずつ下ろして、即ゆうちょ銀行のキャッシュカードで入金。 1日あたり50万円ずつしか移せないのがネックですし、50万円毎に105円掛かる手数料も500万円移動しようとすると1050円掛かります… 250万円以上預金を移動したい場合は、次の案をお勧めします。 ・ 地方銀行の窓口で、自己宛小切手 銀行渡り を振り出してもらう。 自己宛小切手とは、自己資金 この場合は、地方銀行に預けてある預金 を元に銀行が振り出す小切手で、持参人もしくは特定の者 この場合はあなた で無いと現金化出来ず、また、銀行渡りにすることにより金融機関の窓口でしか換金出来ません。 更に、紛失・盗難時に警察および振り出した金融機関 更に、裁判所に届け出ることにより、事故小切手となり、その情報が他の金融機関にも通知されて、その後の換金化が阻止されます。 手数料は、1通 525円程度ですので、250万円以上の預金移動の場合は、ATMで50万円ずつ移動する場合の他行引き出し手数料 525円 と同等もしくはそれ以下になります。 次に挙げる振込手数料 窓口他行宛 840円 と比べても手数料が安く済みます。 3 手数料に糸目は付けない場合… ・ やはり、振込みでしょう。 ATMの振込みは、1日あたり150万円までの制限が掛かると共に、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、420円~630円程度の手数料が掛かります。 窓口なら、1度の振込みで移動したい預金全額が処理出来ますが、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、630円~840円程度の手数料が掛かります。 手数料は、高額な資金の移動に伴う安心料と考えれば、決して高いとは言い切れません。 この場合私なら、自己宛小切手を振り出して、小切手の内容・発行番号・発行支店等をメモに記入してから、ゆうちょ銀行の窓口に駆け込んで入金します。 ueda. jikoatekogitte. ueda. ueda. リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。 地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円... A ベストアンサー 使われていない口座を、どの時点で休眠扱いにするかは銀行により、また商品により違ってきます。 口座とひと口に言っても、普通預金口座、定期預金口座、総合口座などがあり、休眠口座の扱いは口座単位で判断する銀行が多いようです。 休眠扱いになる目安は、取引がなくなってから、5年または10年とされています。 預金者は銀行に対して債権(預金を返してもらう権利)をもっていますが、法律では、銀行は5年間、信用金庫などの協同組合は10年間、権利を行使しないと時効が成立し、権利が消滅すると定められているからです。 加えて、睡眠口座を管理するシステムコストも馬鹿になりません。 従って、睡眠口座は通常口座と分けて、オンラインから外し、別段預金 特別口)へ編入されて管理されています。 ただし、理論上はそうであっても、実際に休眠口座扱いにする期間は銀行により異なり、また、全国銀行協会では自主ルールとして、10年、20年経過した預金であっても払戻しに応じています。 つまり、多くの銀行で、いったん休眠(睡眠)扱いになった預金でも、引き出すことができるのです。 ただ、中には例外もあります。 民営化前に預けた郵便貯金と、独自のルールを定めている銀行です。 民営化前(2007年9月30日以前)の郵便貯金には、郵便貯金法が適用されます。 郵便貯金法では、定額郵便貯金、定期郵便貯金、積立郵便貯金が、満期の翌日から20年間引き出しの請求がなく、文書で知らせてもなお引き出しが行われないと、その2か月後に権利が消滅すると定められています。 尚、通常郵便貯金(銀行の普通預金にあたる)、通常貯蓄預金については、民営化前の預入であっても、民営化後のゆうちょ銀行に引き継がれ、最後の取引から10年経過後に休眠口座になるものの、請求があれば払い戻されます。 また、りそな銀行では独自のルール(2004年4月1日以降に新規開設した普通預金口座について、最後の預入または払出から2年以上、一度も預入や払出がない普通預金口座(総合口座を含む)は休眠口座として取り扱う。 休眠口座になったら、事前に文書で届け出の住所あてに連絡する。 それでも解約や再利用がないときは、休眠口座管理料(年間1200円)を引落し、引落しが不能となったら、口座を自動的に解約する)を定めています。 従って、上述の例外を除き、一旦休眠口座になっても多くの銀行では解約や払出は可能だと思います。 あと、休眠口座の活用政策についてですが、休眠預金は金融機関の利益として処理されていたことから、4年程前に新党日本の田中康夫氏が国会で「金融機関の不労所得」と追求。 その後、民主党政権が、休眠預金を東北復興の資金として活用できないかという案を出して話題になりました。 休眠預金の活用は、当初は全国銀行協会など7団体から反対意見がでていましたが、後に「国民的な理解を得る、立法措置がとられる、新しく発生する休眠預金に限る、の3点が守られれば、協力はする」と態度が変わっています。 これを受けて民主党政権では、2013年に法整備を行い、2014年度から検討を進めるとしていましたが、自民党へ政権が変わったため、この案は一度は途切れた状態になっています。 ただ、安倍政権も、休眠口座の活用には乗り気のようです。 2013年3月菅義偉官房長官も、休眠口座を公共のために活用することは極めて重要だと答弁しています。 今後議論になるのは、どのような事業に休眠口座の資金が使うべきかという基本方針や、資金が適正に使用されているかをチェックする体制づくりだと言われています。 使われていない口座を、どの時点で休眠扱いにするかは銀行により、また商品により違ってきます。 口座とひと口に言っても、普通預金口座、定期預金口座、総合口座などがあり、休眠口座の扱いは口座単位で判断する銀行が多いようです。 休眠扱いになる目安は、取引がなくなってから、5年または10年とされています。 預金者は銀行に対して債権(預金を返してもらう権利)をもっていますが、法律では、銀行は5年間、信用金庫などの協同組合は10年間、権利を行使しないと時効が成立し、権利が消滅すると定められている...

次の