薬用 せっけん。 ワキガ対策に薬用せっけんミューズで体を洗うのはちょっと待って!

ミューズ (石鹸)

薬用 せっけん

昨年9月、FDA(米国食品医薬品局)は、殺菌剤(トリクロサン、トリクロカルバンなど19種類)入り抗菌せっけん(日本では「薬用石けん」で販売)の販売を禁止すると発表しました。 その後、事態は改善しているのでしょうか? FDAは、販売禁止にする理由を、「消費者は、抗菌成分を含む石けんが細菌の繁殖を防ぐと思っているかもしれません。 しかし、その成分が一般的な石けんを使った手洗い洗浄よりも、感染予防に優れているという科学的証拠をわれわれは持っていません。 とくにトリクロサロンは効果が疑わしいだけでなく、抗菌成分を長期間にわたり使い続けることで、への悪影響を及ぼす可能性があるとのデータがあります」(FDA医薬品評価研究センターのジャネット・ウッドコック所長)と表明しました。 FDAの禁止措置を受け、は、FDAが指摘した19成分を使った薬用石けんについて、メーカーに他の成分に切り替えさせるよう指導しろとの通知を都道府県に出しました。 すでにEUは2015年にトリクロサンの衛生用品への使用を禁止にしています。 米国や日本の対応は少し遅れていますが、にしてはいつになく素早い対応といえます。 その大きな理由は、抗菌剤は新たな耐性菌を生み出す危険性があるからです。 米国医師会(AMA)は、すでに2002年に「抗菌剤入りの洗剤を日常的に使うことにより、健康被害や耐性菌を生みだす危険性がある」と警告しています。 その危険性が巷に氾濫する抗菌グッズによってさらに高まっているのです。 汗拭きシート、歯磨き粉、化粧水、シャンプーは野放し この7月上旬、近所の大手ドラッグチェーンのクリエイト、マツキヨに行って、厚生労働省の通達が徹底されているのか売り場をチェックしてみました。 どちらの店でも対象成分の入ったミューズなどの薬用石けんやハンドソープ類は陳列棚には並んでいませんでした。 しかし、昨年9月のFDA声明、厚労省の通知は薬用石けんに限定されたもので、汗拭きシート、歯磨き粉、化粧水、シャンプーなどの日用品は対象外になっています。 こうした製品には、切り替え対象の殺菌剤(トリクロサン、トリクロカルバンなど19種類)が依然として使用されています。 とくに、トリクロサンは、経口・皮膚を経由して簡単に体内に浸透する性質があります。 ミシガン大学の調査では90人中37人(41%)の尿・血液・鼻水・母乳などからトリクロサンが検出されています。 母乳からも検出されているということは、母親から子どもの体内にも移動してしまうのです。 そうした化学物質が薬用せっけん以外の日用品には、未だに使用されているのです。 日用品購入の際には、十分な注意が必要です。 トリクロサンに替わって、各メーカーが使い出した抗菌・殺菌剤は、塩化ベンザルコニウムという化学物質ですが、この物質の安全性は不明なままです。 健康リスクばかりの抗菌・殺菌剤入の洗浄剤など使わずに、普通のせっけんで十分に健康的な生活は送れます。 愛する家族を守るには「疑わしきは使用せず」に徹することです。 郡司和夫(ぐんじ・かずお) フリージャーナリスト。 1949年、生れ。 法政大学卒。 食品汚染、の一線に立ち、雑誌の特集記事を中心に執筆活動を行っている。 主な著書に『「赤ちゃん」が危ない』(情報センター出版局)、『食品のカラクリ』(宝島社)、『これを食べてはいけない』(三笠書房)、『生活用品の危険度調べました』(三才ブックス)、『シックハウス症候群』(東洋経済新報社)、『体をこわす添加物から身を守る本』(三笠書房・知的生き方文庫)など多数。 郡司和夫 ぐんじ・かずお フリージャーナリスト。 1949年、東京都生れ。 法政大学卒。 食品汚染、環境問題の一線に立ち、雑誌の特集記事を中心に執筆活動を行っている。 主な著書に『「赤ちゃん」が危ない』(情報センター出版局)、『食品のカラクリ』(宝島社)、『これを食べてはいけない』(三笠書房)、『生活用品の危険度調べました』(三才ブックス)、『シックハウス症候群』(東洋経済新報社)、『体をこわす添加物から身を守る本』(三笠書房・知的生き方文庫)など多数。 あわせて読みたい•

次の

薬用石鹸とは?

薬用 せっけん

あなたの身近にこんな人はいませんか? 『人一倍潔癖症で清潔志向』… 我々、日本人の特質の一つでしょうね。 『薬用』• 『殺菌』• 『抗菌』 などの表示があれば、その効果を信じて購入・使用していませんか? そこに、アメリカ食品医薬品局(FDA)が… 19種類(トリクロサン、トリクロカルバン他)の殺菌成分を含有する薬用石鹸などの販売禁止を発表。 同時に『トリクロサン』は、殺菌の効果は確認できないとも発表してますよね。 その『トリクロサン』は薬用石鹸などの医薬部外品や化粧品にも多く使用されてる殺菌剤です。 これまで、『殺菌の効果』で選んできた我々日本人にとっては、寝耳に水ですね。 com いつも当たり前のように使っている薬用石鹸… 今回の本題に入る前に、まず薬用石鹸についての復習をしておきましょうね。 簡単に言えば、 普通の固形石鹸に『殺菌成分』を付加した石鹸なんです。 薬用石鹸の主な成分:• アシルイセチオン酸塩:洗浄成分• アシルグルタミン酸塩:洗浄成分• ベンザルコニウム塩:殺菌や除菌の成分• トリクロサン:殺菌や除菌の成分• トリクロカルバン:殺菌や除菌の成分 薬用石鹸には、洗浄成分に殺菌や除菌の成分が付加されています。 主に、肌の殺菌や除菌を目的とした石鹸です。 そして上記の殺菌や除菌の成分の内… 『トリクロサン』・『トリクロカルバン』は、日本でも石鹸の他に多くの製品に使われています。 『トリクロサン』・『トリクロカルバン』が使用されている製品• ハンドソープ• ボディソープ• シャンプー• 歯磨き粉• 化粧品• 家庭用洗剤 アメリカに至っては、なんと2000種類以上の製品で使われています。 今回 そのアメリカで、『トリクロサン』・『トリクロカルバン』の成分の使用を禁止する事になった訳です。 com 『トリクロサン』と『トリクロカルバン』… これらの成分は、簡単に言えば親子のようなものです。 『トリクロカルバン』は、『トリクロサン』の派生物質であり、同種の物と言えます。 『トリクロサン』・『トリクロカルバン』の性質• 皮膚や口を経由して簡単に体の中に浸透する。 体内に浸透した後は分解されず、血液・鼻水・尿・母乳に残留する。 アメリカで行われた調査では、成人90人中37人(約41%)の鼻水にトリクロサンが検出されてたそうです。 これらの成分が体内に残留する事により、人体・環境に悪影響があるとの調査結果が出たんです。 人体や環境への影響• 黄色ブドウ球菌による、感染症のリスクが増大する。 腸内細菌のバランスに異常が起こり、免疫力が低下する。 長く使用する事により、抗生物質が効かない耐性菌を生み出す恐れがある。 分解されにくい物質なので、生態系全体に悪影響を及ぼす可能性がある。 上記の、悪影響を及ぼすという結果により… アメリカ食品医薬品局(FDA)は、これらの成分を規制する事になったようです。 com• 感染症のリスクの増加• 免疫力の低下• 耐性菌の増殖• 生態系全体への悪影響 これらの悪影響の可能性により… アメリカに次いでヨーロッパでも、昨年からトリクロサンを含む製品は販売中止になっています。 アメリカ国内での対応 今回の規制・禁止に至ったきっかけは、先にも説明したように… アメリカで除菌剤消費者の尿中から、『想定よりも高めの殺菌成分濃度』が検出された事です。 そして、それを懸念する専門家筋の独立諮問委員会から勧告を受ける事になったからです。 専門家筋の独立諮問委員会から、勧告をうけた時点でのFAD見解としては… 今回の勧告が対象製品らの『無効性』や『危険性』を勘ぐってのものではないという釈明付きでした。 ところが 薬用石鹸については、その両面が指弾されての販売中止措置になった訳です。 アメリカの対応は、迅速ですね! 一方、日本でのトリクロサン扱いはどうかといえば… 日本国内での現状 9月2日の米国報を受けて僅か5日後の7日午後、菅義偉官房長官は… 『日本においても同様の成分を含む商品の確認を早急に実施し、とるべき措置について検討を行なってゆく』 上記のように、記者会見上で正式発表している。 それに従い、厚生労働省では、今後FDA見解(=措置)の根拠とされる研究報告などを精査しつつ… 国内で販売中の対象品の種類や範囲を調査すると言っている。 なので、残念ながらまだ日本国内では…• 『抗菌効果』を厚生労働省が認めている物質である。 一定の濃度が含有されていれば『消毒』や『殺菌』をラベルで謳うことが許されている。 上記の通り、現状のままなんです。 そこから先は審議会での検討段階などにより、亀の速度になる役人方式に乗っ取って行く事になります。 日本国内での使用規制・禁止は、まだ先のようですね。 com 今回のアメリカでの調査時に… FDAに属する医薬品評価研究センター(CDER)にて、薬用石鹸の殺菌効果の調査も同時に行われています。 その結果、 『普通の石鹸よりも優れている、という科学的な証拠を得られなかった。 』と見解発表されたんです! つまり、 『殺菌効果は普通の石鹸とあまり変わらない!』という判断が下されたんです。 さらに、 『一部のデータは長期的に見て、殺菌成分は有害無益である恐れがある。 』とも発表されています。 ここまで調査結果がでれば… アメリカが薬用石鹸の販売禁止処置を実行した理由が納得できますね。 では、薬用石鹸の殺菌効果がないとするなら… 私たち、消費者はどうしたらいいの? この課題に対して、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が研究・調査をしました。 洗い方に気を配ると同様の殺菌効果がある! CDCにおいて、研究・調査した結果…• 水と石鹸での手洗いも最善の方法の一つである。 手洗いができない状況下では、アルコールを60%以上含有する除菌剤を使用すること。 CDCから、感染症の発症・拡大を予防するという意味においては… 上記の方法を勧めるとの見解が発表されています。 では、どのような洗い方をすればいいの? 米レノックス・ヒル病院(NYC)のRobert Glatter氏の助言:• 時間をかけてゴシゴシ洗うという単純かつ機械的な動作。 特に細菌や汚れが溜まりやすい爪のなか、指のあいだに注意する事。 除菌剤や石鹸などを使う場合も同様で、最低20秒以上は手を擦り続ける事。 米レノックス・ヒル病院(NYC)のRobert Glatter氏は、上記のように助言しています。 肝心なのは動作のほうですよ! 同氏はもしかしたら『薬用も大差(=効果)ないよ』と暗に示唆しているのかもしれませんね。 それにしても… 薬用石鹸の販売中止を実行すると同時に、ちゃんとこういったケアも行うアメリカってすごいですね。 com 今回アメリカやヨーロッパでは、すでに薬用石鹸が販売禁止になっていますね。 薬用石鹸には、殺菌の効果は見られない・有害無益であると判断するや… ただちに、消費者に対して同時に行ったケアの速さ。 我が国日本にも、ぜひ見習ってほしいものですね。 今回の薬用石鹸の報道に、仰天された方はまず… 『薬用』・『殺菌』・『抗菌』などへの効果信仰を、洗い流してみてはどうでしょうか? 国の政策を待つ前に、消費者である我々が率先して対応すべきかもしれませんね。 肝心な事は、今できる手洗いの基本的な動作をおろそかにしないことでしょう! 我が国日本の役人さん方、お早い対応をお願いしますね….

次の

薬用石けんと普通の石けんの違いは?どっちが肌に優しいの?

薬用 せっけん

blogspot. html 水と油は本来混ざり合わないものです。 でも、石けんのように水と油、両方にくっつく部分を持ち、混ぜ合わせて汚れを落とす能力があるものを 界面活性剤といいます。 薬用石けんは、何が違うか? 石けんは、油・水・苛性ソーダでできています。 ここに、殺菌成分などを足すと「医薬部外品」となり、「薬用」石けんという表示になります。 肌の殺菌を目的に作ってあるから、「薬用」なんですね。 普通の石けんは、汚れを落とす洗浄剤の一つということです。 細かく言えば、まず、石けんは「身体用」「身体以外用」「工業用」の3つに分けられます。 「身体用」石けんの中でも「薬用」「化粧用」「浴用」「洗顔用」など、いろいろ分かれているわけです。 「身体用」石けんは「薬用」「デオドラント用」が医薬部外品。 それ以外は化粧品に分類されます。 つまり、 薬用石けんは殺菌を目的とした成分が入っている「医薬部外品」。 それ以外の身体用石けんは、保湿とか美容成分などが入っている「化粧品」。 どっちが肌にいいのか? 薬用石けんは、殺菌目的ですから、どちらかと言えば刺激的な成分が入っていると考えられます。 ですので、手洗いには薬用でもいいですが、顔や体を洗うのには向いていないでしょうね。 とはいえ、こんなニュースもあります。 2016年11月3日の産経ニュースからです。 手洗い用せっけんの多くを占める「殺菌」などをうたった薬用せっけん(米国では抗菌せっけん)。 厚生労働省は9月下旬、一部の成分について、別の成分に切り替えるよう製造販売業者に要請した。 米国でこれらの成分を含む抗菌せっけんが販売停止となったのを受けた措置だ。 sankei. html) 何かというと、 殺菌効果があると思っていた成分が、効果ないってことが分かったので、「薬用」って言ってんのに効果なしじゃ表示違反だからやめてね!ってことだそうです。 別に安全性に問題があって、アメリカで販売停止になったわけでも、日本で成分変えたわけでもありません。 仮に買い置きしている石けんを使っても、なんら害はないようです。 殺菌効果は普通の石けんと薬用石けんで大きな違いは無いということが分かっています。 なぜかというと、 殺菌成分がない普通の石けんでも、表皮の汚れと一緒に菌がある程度落ちるからです。 パーセンテージにすれば、 95%の菌は普通の石けんで落ちると言われています。 ですので、1日3回程度の手洗いでは、薬用と普通の石けんに大きな効果は見られないそうです。 一方、1日5回も手洗いする場合だと、多少の差が出るそうです。 つまり、薬用石けんの効果を期待するならCMのように、帰ってきたら手洗い。 食事の前にも手洗い。 料理の前にも手洗い。 という具合に、習慣づけないと意味ないよってことですね。 肌が弱い方なら、むしろ薬用でない方が刺激がなく、良いかもしれません。 薬用石けんを使うよりも、きちんと手洗いするということの方が重要ですね。

次の