インプラント 姫路。 姫路でインプラント:歯医者【塩見歯科診療所】歯科:ホワイトニング

インプラントとは|医療法人社団 徳誠会 イオンモール姫路大津歯科/イオンモール姫路リバーシティー歯科

インプラント 姫路

むらおか歯科クリニック むらおか歯科クリニック インプラント治療へのこだわり 綿密な治療計画 歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め 総合的に検討した上で、治療計画を立てます。 インプラント術前シミュレーションソフトを配置 治療計画データから作成できるサージカルガイド「SurgiGuideR(歯科インプラント用ドリルガイド)」により、 オペをトータルにサポートします。 むらおか歯科クリニックのおすすめポイント 高度な設備を整えている 高度な診査、診断、治療をモットーに、歯科用CT、フッ素付イオン導入、電動注射器などを導入しています。 院内感染予防に注力 滅菌した器具を患者さんごとに用意し、感染防止に注力し、滅菌機器を導入しています。 モットーは「開かれた治療」 「開かれた治療」をモットーに、丁寧に口腔内の症状や治療状況の説明。 不明な点はその都度、納得いただけるまで説明を繰り返します。 むらおか歯科クリニックの口コミ評判 治療中も状況を報告してくれる 先生が治療中にも「この歯削るけど少し痛むよ」などと状況を報告してくれるので安心して治療を受けることができます。 先生の説明は分かりやすく、分からない事も気軽に聞けるので不安に思った事は全くありません。 アクセス:山陽本線網干駅 南口 徒歩10分• 電話番号:079-271-0871• インプラントの基本情報について インプラントの治療内容:インプラント体とよばれる金属を顎骨に埋め込み、その上に人工の歯を被せることで、自分の歯に近い状態にすることのできる口腔手術になります。 インプラントの費用:インプラントの治療費の全国平均は、32万5000円となります。 各個人の状態によっても変わってきますので、クリニックと必ずご相談をしてください。 インプラントのリスク:インプラント周囲炎や金属アレルギーを起こす可能性があります。 各個人の口腔内の状態によって変わってきますので、必ずカウンセリング時に相談をしてください。 インプラントにかかる期間:平均6ヶ月~12ヶ月と言われていますが、症状やクリニック、手術回数によって変わってきます。 自分自身に合った診療をカウンセリングで提示された上で、確認をしてみてください。

次の

【むらおか歯科クリニック】姫路のおすすめインプラント医院

インプラント 姫路

インプラントの材質 人工の歯根は、「チタン」という素材でできている。 そのチタン製のスクリューが顎の骨に埋め込まれる。 顎の骨の中にスクリューが埋め込まれると聞くと「怖い」という印象があるかもしれない。 しかし、歯を抜いたことがある人なら想像していただきたいのだが、天然の歯も元々骨の中に入っている。 歯を抜くということは、すでに顎の骨を触っていることになり、インプラントを埋め込むというのは、その逆をしているだけということです。 しかも、過去には長いインプラントを埋め込むことが推奨されていたが、現在は短いインプラントでも予後が良いという研究結果も出ており、私が使用するインプラントの長さは1cmのものが多い。 そのことを説明すると、「意外と短いですね」とリアクションされる患者さんが大半です。 チタンは金属アレルギーの方のアクセサリーに用いられたりすることがある金属で、体に対して親和性の高い 害の少ない 金属であると言える。 チタンはインプラントの他にも、股関節への人工関節の材料としても用いられていることからも安心していただきたい。 インプラント 治療法 歯が抜けたところの歯槽骨にチタン製の人工歯根を埋め込む治療法です。 人工歯根の上にはセラミック製の歯を装着します。 メリット• ・インプラントが強固な支持になるため、他の歯の負担を減らすことができる• ・自分の歯を削らなくても良い• ・他の治療法と比較し、見た目が良い デメリット• ・保険適応外• ・抜歯程度の外科処置が必要になる ブリッジ 治療法 失った歯の両隣の歯を削って土台とし、そこに橋を渡すように人工の歯をかぶせる治療法です。 メリット• ・保険適用で治療費を抑えられる(セラミックを使用する場合など、保険適応外になる場合もある)• ・固定式なので、着脱する必要がない デメリット• ・健康な歯を削る必要がある• ・土台となる歯に負担がかかる• ・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まる• ・歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まることがある 部分入れ歯 治療法 部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。 メリット• ・保険適用で治療費が抑えられる(場合によっては自由診療になることもあります)• ・インプラントやブリッジができない場合でも部分入れ歯なら可能なことがある デメリット• ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い• ・装着に違和感があることが多い(食事ごとに着脱の必要があります)• ・土台になる歯に負担がかかる• ・発音の障害になることがある 総入れ歯 治療法 総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。 プラスチックまたは金属の土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。 メリット• ・保険適用で治療費が抑えられる(場合によっては自由診療になることがあります)• ・何かあった時の対応が容易• ・ある程度自由に歯を並べることができるので、見た目の回復ができる場合がある デメリット• ・義歯が動いて歯ぐきを傷つけることがある• ・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要• ・装着の違和感、話しにくさがあることが多い 一般的にはこのような説明をされることが多く、インプラントのメリットが多いように感じます。 しかし、実際は、すべてのケースに当てはまるという訳ではなく、ブリッジや入れ歯の方が適応になるケースもあります。 そういったケースに無理矢理インプラントを適応し、失敗しているケースも見てきました。 当院では、治療したインプラントが長期にわたって安定するために、治療するまでの「検査」、「診断」を重視しています。 インプラント治療における検査・診断の重要性 例えば、一本歯が抜けたとして、そこにそのままインプラントを入れて、長期的に安定するのでしょうか。 それを判断するには、「なぜ抜けてしまったのか?」という考察が必要です。 抜けた理由が、「歯をぶつけて折れてしまった」という理由であるなら、そこにインプラントを適応しても問題ない可能性がありますが、「歯周病でグラグラして抜けた」という場合は、注意が必要です。 なぜなら抜けた歯の隣の歯も歯周病になっている可能性があり、せっかく入れたインプラントが感染してしまう危険性があるからです。 そうしたリスクを排除するため、当院では「なぜ今の状態に至ったのか」を推測するために、現状把握の検査をします。 検査を行い、分析を行うと、現状に至った原因がわかります。 その原因に対するアプローチを行わなければ、せっかく入れたインプラントがロスト(喪失)してしまうことになります。

次の

インプラントとは|医療法人社団 徳誠会 イオンモール姫路大津歯科/イオンモール姫路リバーシティー歯科

インプラント 姫路

こんばんは。 院長の粟谷です。 今日はインプラントについて書こうと思います。 私は開業する前の職場で、たくさんインプラント治療を手がけてきました。 インプラントは歯がなくなったところに、新しく歯が入るという画期的な治療法です。 なんだかんだ言っても、インプラントを入れた方の満足度はすごく高いです。 私のイメージでは、どんなに頑張って、費用をかけて、高級な材料で、良い入れ歯を作っても、インプラントには勝てません。 なぜなら、動かないし、外れないし、よく噛めるからです。 実は私の口の中にも一本インプラントが入っていますが、それはもう快適です!(この話はまた機会があればしようと思います) 私の口の中のインプラント。 この上にセラミックのかぶせが入ります。 そして、日本でも一時期インプラントが流行りました。 患者さんからの要望があるので、インプラントを行う歯科医院も増えました。 ですが、8年前くらいにインプラントの事故が出始め、「インプラントは危険」とメディアでも報道されるようになりました。 インプラントの事故とは、例えば患者さんでインプラントを使い回したり、インプラント手術による死亡事故や神経の損傷などです。 そのため、患者さんはインプラントの悪いイメージを植え付けられてしまい、私の患者さんでも「インプラントは怖いからだめ」とおっしゃる方は少なくありませんでした。 確かに怖い一面があります。 インプラントを入れる行為は、「外科処置」であり、外科処置をほとんどしないような歯科医師がインプラントを簡単に入れたり、レントゲン設備(特にCT)を持たない歯科医院でのインプラント治療は失敗する確率が高いのではないでしょうか。 しかし実際は、インプラントの正しい知識を持った歯科医師が施術を行えば、かなり高い確率の成功率があります。 それを知らずにインプラントを治療の選択肢から外してしまう患者さんは可哀想だなと思っていました。 最近になりインプラントの悪い報道が減ってきたように思います。 それは、歯科医師も患者さんも正しい知識を持つようになったからではないでしょうか。 時代は進歩しており、インプラントのトラブルが出ないように、術前にシミュレーションを行い、骨の状況や神経、血管の位置を事前に把握することができます。 そして手術の際には、シミュレーション通りにインプラントが入るように、3Dプリンターを利用した手術用の補助器具も一般的になりました。 その恩恵でインプラント手術にかかる時間は大幅に短縮され、歯科医師、患者さんともに安心できるようになってきました。 来週入れるインプラントのシミュレーション画像を載せます。 左下のインプラントのシミュレーション。 事前に骨の幅や神経および血管の走行を確認します。 インプラントに関しては、まだまだお伝えしたいことが多いですが、また次の機会に回そうと思います。 では、良い週末をお過ごしください。

次の