動画編集 アウトソーシング。 セミナーの動画撮影&制作を依頼できる会社6選【10万円以下】|株式会社ウィズアス

ランサーズ

動画編集 アウトソーシング

動画編集をする必要性とは? 動画編集は、なぜ必要なのでしょうか?必要性がわからなければ、動画編集に注力するのは難しいでしょう。 動画編集が必要な理由は、たった1つだけです。 さっそく、動画編集が必要な理由を紹介していきます。 伝えたい部分を強調できる 動画編集が必要な理由は、「伝えたい部分を強調できる」からです。 動画を撮影したままでは、流れが単調になってしまい、伝えたいことが明確になっていません。 伝えたいことが見た人の印象に残る動画にするためにも、編集は不可欠なのです。 また、動画の編集をすることで、伝えたいことも変えることができます。 伝えたいポイントを自由に演出できるのが、動画編集なのです。 パソコンで動画編集するには? 無料ソフトを活用して自社で作る 動画編集ができる無料ソフトは、数多く登場しています。 無料ソフトはコストがかからないため、動画編集を導入しやすいので、初めて動画編集を行いたいという方に向いています。 実際に使ってみて、より高度な編集機能が必要であれば、有料ソフトを活用するのも一つの手でしょう。 メリット:無償ソフトを活用することで、自社で作ることも可能 デメリット: 社内にノウハウがないと、無料で導入できてもクオリティ面での不安がある 外注して高品質の動画を作成する 動画編集は必ずしも自社で行う必要はありません。 外注すれば、動画編集のプロフェッショナルに作成を依頼することができます。 メリット:自分で編集をしなくても、外注すればクオリティの高い動画を作れます デメリット:外注費が発生し、担当者とのコミュニケーションコストがかかる 自分で動画編集するのにおすすめフリーソフトは? 先ほど紹介したようにフリーソフトを使えば、自分で動画編集ができます。 パソコンのOSにより、使用できるフリーソフトは変わるため、ここではWindowsとMacのフリーソフト、そして中上級者の方向けに有料の動画編集ソフトを紹介します。 WindowsならMicrosoftフォト Windows 10に標準収録されているのが、Microsoftフォトです。 自動作成機能が搭載されており、タイトルやBGMも自動で追加してくれる優れものになっています。 MacならIMovie Macに標準搭載されているのが、iMovieです。 シンプルな作りになっているため、動画編集の初心者でも使いやすくなっています。 iPhoneやiPadと連携をさせやすいのも、iMovieの魅力です。 Premiere Pro CC 有料版 有料の動画編集ソフトですが、プロのクリエイターも使用している製品です。 Illustratorとか、Photoshopなどのアドビ製品と連携させることもでき、本格的な編集をしたいときにおすすめの製品と言えます。 動画編集を外部に依頼する方法とは? 動画編集を外部に依頼する前に知りたいのが、相場とスケジュールです。 自社の負担が大きくなるので、相場とスケジュールについて理解した上で、外部に依頼しましょう。 外部に依頼する際の相場 業務委託とクラウドソーシングでは、相場も変わります。 外部に依頼する際、利用する可能性の高い3つのサービスを比較してみました。 【業務委託】 ・セミナーやイベントの撮影・編集:約5〜70万円 ・Webムービーの撮影・編集:約20〜80万円 ・企業PR動画の撮影・編集:約25〜100万円 【クラウドソーシング】 ・セミナーやイベントの撮影・編集:約5万円前後 ・Webムービーの撮影・編集:約5〜10万円 ・企業PR動画の撮影・編集:約10万円前後 業務委託で企業に依頼すると間接費用なども含まれることがありますが、その点、クラウドソーシングでフリーランスなどに依頼すれば、間接費用などがかからず適正価格で依頼できる可能性が高いです。 外部に依頼するときのスケジュール 1. 目的とターゲットを決める まずは、自社で動画を作る目的とターゲットを決める必要があります。 誰にどのように伝えたいかによって、動画のコンセプトが異なってしまうので、もっとも大切なプロセスであるといえます。 予算を決め企画を打ち合わせる さらに予算も決めた上で、外注先と企画を打ち合わせましょう。 打ち合わせを丁寧に行うことで、自社の意向を外注先とすり合わせることができるので、希望していた動画により近いものができあがります。 納期を決める 企画内容により納期は変わるため、自社の希望と外注先の希望をすり合わせながら全体のスケジュールを決めると、スムーズに依頼ができます。 編集した動画をニコニコ動画やYouTubeにアップするやり方は? 編集した動画は、公開しなければ意味がありません。 多くの人に見てもらうためには、ニコニコ動画やYouTubeなどにアップロードするのがおすすめです。 ニコニコ動画やYouTubeに、アップロードする方法を解説します。 編集した動画をYouTubeに投稿するやり方 1. チャンネルを作成する まずはGoogleアカウントを作り、YouTubeを開きましょう。 マイチャンネルでチャンネルを作成し、動画をアップロードする準備を整えます。 動画ファイルをアップロードする マイチャンネルを開き、ビデオのアイコンを開いてください。 アップロードをしたい動画が選び、「次へ」を押してください。 動画を公開する タイトルや説明などの詳細を記載して、準備が整ったら「アップロード」を押すと全世界の視聴者に向けて動画を公開することができます。 編集した動画をニコニコ動画に投稿するやり方 1. マイページの投稿動画にアクセスする アカウントを作成し、マイページを開きます。 マイページに表示されている「投稿」をクリックしてください。 「動画を投稿する」ボタンをクリックする 次の画面の右側には、「動画を投稿する」というボタンが表示されます。 ここをクリックしてください。 動画投稿のページで動画をアップする 動画ファイルを投稿できる画面に移るので、アップロードしてから投稿すれば完了です。 念のため、実際にアップロードされているか確認することで、ミスを減らすことができます。 動画編集をして、イメージ通りに投稿しよう! 動画編集の必要性や編集ソフト、そしてアップロードの仕方まで解説してきました。 動画は伝えることができる情報も多く、ビジネスの場面においてもより欠かせない存在になりつつあります。 必要に応じて外部への依頼もしながら、イメージ通りの動画を公開してください。 まとめ 動画を編集する際には、目的、ターゲットを明確にした上で伝えたいことがなにかを考える必要があり、求めるクオリティ、スピードに応じて、外注やクラウドソーシングを活用することも一つの方法でしょう。 自分で編集を行う場合は、目的や使っているパソコンに併せて編集ソフトを活用することが大切です。 仕事を外に出すにしても、自分で編集するにしても当初予定したイメージに合った動画編集を行うことが大切になってきます。

次の

YouTuberで売れるために編集を外注しよう。ココナラの動画編集サービスの比較と方法を解説。

動画編集 アウトソーシング

こんにちは ゴンです。 2019年は副業解禁が話題になりました。 僕もいろんな副業をやってきて、結果としてアフィリエイトで本業の収入を超えて独立できるレベルになり、会社にいかずにそれだけで生活しています。 そんな僕が2020年にオススメする副業は動画編集です。 誰がなんと言おうと動画編集です。 今年真剣にやれば、人生変わると思う。 マジでそんなレベル。 副業って、毎日仕事をして疲れて帰ってきて、そこからもう一踏ん張り。 それでまともな利益を得られなかったら最悪じゃないですか? 実際コンビニでバイトしてる方がマシな副業もあります。 そういう失敗をしないためにも、副業選びはとても大切。 でも動画の編集なんて難しいんじゃないの?と言われそうですが、そんなことはない。 今やスマホ一台でも編集は可能なレベル。 ぜひ挑戦してみてください。 動画編集を選ぶ理由と稼ぎ方について紹介します。 おすすめの副業は動画編集 なんども言いますが、大切なことなので何度も言いますが、2020年は動画編集やりましょう。 2019年はYoutuberが一気に増えた年で、この勢いは2020年も止まりません。 むしろ2019年に解禁になった5Gで、通信容量が増えます。 おそらくスマホでもギガ無制限に近い状況になるのではないかと言われています。 ギガがなくならないので、家以外の通勤中の電車や待ち時間などにスマホで気軽に動画を見る時代んなるでしょう。 wifiがないところでも誰でも動画を見るようになる。 youtubeの再生回数や時間は増え、Youtuberがもっと稼げるようになります。 じゃあyoutuberになればいいって思うけど、Youtubeってちょっと敷居が高いじゃないですか。 だからそのYoutuberが仕事をする上で必ず生まれる必要な仕事。 それが動画編集です。 2020年代前半は需要過多になる 2020年になり動画を投稿する人が増えた時、動画編集をアウトソーシングする人は一気に増えます。 仕事の依頼は多く、数年間は確実に仕事に困りません。 今ならまだ動画編集を副業にする人は少なく、クオリティが低くても問題がないので参入しやすいと言えます。 特にyoutuberのニーズにしっかり応えられる動画編集者は一握りですから、クオリティを高めていければ高単価で仕事を受けられるようになります。 そうなれば副業として数万円は稼ぐのは本当にイージーモードだし、10万円も狙えるでしょう。 そして本業の収入を超えることも十分にあります。 youtuberをおすすめしない理由 youtubeが稼げるのなら、youtuberになる方がいいんじゃない? その通り。 youtuberになった方が稼げると思います。 できるならやった方がいい。 でもいくつか問題があります。 誰にでもできる仕事じゃない• すぐに利益が出ない という点です。 youtuberは動画の企画から、撮影、編集まで全て1人で行います。 特に企画は才能によるところも大きく、人が興味を持つコンテンツを考えるのはとても難しい。 しかもやり始めてもすぐに利益は出ない。 もしかしたら1年後も通算の利益は1000円という可能性もあり、最初の副業としては不確定要素が多すぎます。 その点、動画編集では作業して納品した分だけ、確実に収入を得られるのでおすすめです。 動画編集は誰にでもできる 動画の編集ってとっても難しそうじゃないですか? 実は私も数週間前までそう思ってました。 でもね、めちゃくちゃ簡単なんですよ。 あなたの持っているスマホでできてしまうレベルです。 iPhoneであればimovieを使用しましょう。 androidであればVivaVideoというアプリをダウンロードしてみてください。 簡単にできます。 試しに10秒ぐらいの動画を2つ撮影してみましょう。 その動画を5秒ずつにカットして、くっつける。 すると10秒ぐらいの動画ができるのでテロップをつけましょう。 「え?どうやってすればいいの?」 それはググればすぐ出てくるので、調べてみてください。 スマホでなくPCがあれば、ではAviUtlかmacの場合はimovieのPC版がおすすめ。 無料のアプリで十分仕事に使えるレベルです。 おすすめ有料の動画編集ソフト 投資は少し利益が出てきてからで構いませんが、数万円稼いだらそのお金で動画編集ソフトを購入しましょう。 できることや作業スピードが全く違うので、稼げるレベルも変わります。 おすすめは2つ。 Final Cut Pro Mac専用ソフト• Premiere Pro Adobe のどちらかを購入しましょう。 この2つは3万円程度しますが、動画編集の副業で稼ぐなら、それだけの価値はあります。 まだそこまでの投資は怖いという場合は、Premiere Elementsの方が少し値段が抑えられますので、それでもいいでしょう。 そして自信が出てきたらMacだったらFinalCutProを、windowsならPremiere Proの購入を検討してみてください。 と言いつつも、まだ買わなくていいです。 有料ソフトの購入はその分の利益を稼いでからで構いません。 最初の数万円稼ぐまでは無料ソフトで十分です。 なお、やり始めたらすぐに稼いでしまうと思いますが。 動画編集での稼ぎ方 動画編集で稼ぐには、仕事の依頼をいただかなくてはいけません。 その方法は• クラウドソーシングサイト• 直接依頼• youtubeチャンネルを作る の2つです。 クラウドソーシングサイト クラウドソーシングサイトはいくつかありますが、まずは• ランサーズ• クラウドワークス に登録しておけばいいでしょう。 例えば動画編集の依頼を見てみましょう。 このようにyoutubeの動画の編集の依頼がたくさんあります。 ここから依頼を貰って、動画を納品するだけです。 簡単でしょ。 最初は勇気が必要ですが、youtubeを今までも見たことがある人なら問題ありません。 youtuberからの直接依頼 クラウドソーシングサイトは結構高い手数料が取られます。 ですからできれば直接依頼を取りに行けるようにしましょう。 方法は簡単です。 動画編集者としてのtwitterアカウントを作ればいいのです。 そこでポートフォリオとして自分が編集したyoutubeの動画をアップしていくだけ。 仕事依頼をいただいた方に、「ポートフォリオとしてtwitterでアップしてもいいですか?」と聞いて見ましょう。 youtuberは拡散された方が嬉しいはずなので、嫌がる人は少ないはず。 そうやってSNS実績を貯めていけば、SNS上で直接依頼がくるようになるでしょう。 「 動画編集」などのハッシュタグをつけてもいいかもしれません。 直接依頼から信頼を得れば、固定収入を見込めます。 なぜならyoutuberも素性や仕事内容がわかっている人に継続してお願いしたいからです。 直接依頼をたくさんもらえば安定した収入を確保することさえできるのです。 youtubeチャンネルを作る 直接依頼をもうら方法の中でもおすすめなのが、自分のyoutubeチャンネルを作ることです。 チャンネルの内容は「youtuber向けの動画編集の方法」です。 自分で勉強して行なったことを、わかりやすくYoutuberに説明してあげられる動画をアップするチャンネルを作ると間違いなく仕事を取れるでしょう。 なぜならその動画を見れば動画編集スキルがあるとわかるからです。 しかもその視聴者は動画編集のニーズがあるyoutuber達。 概要欄などに自分のSNSアカウントなどを貼っておけば、間違いなく仕事の依頼はくるでしょう。 少し動画編集に慣れてきたら絶対にやるべき集客です。 動画編集で稼ぐために最低限できるようになっておくべきこと 動画編集では1番簡単な依頼は、• テロップの挿入• 無言時間のカット です。 対談や人が話している動画では、無言の時間が生まれます。 人間は話す時に考える時間が必要なので、3秒から5秒程度ですが、その無駄な時間をカットする。 そして大切な言葉にテロップを入れる ですからこの2つについてはできるようにしておきましょう。 そして単価の高い依頼に移行していきます。 高い単価の依頼は要求されることが多くなってきます。 その部分を自分で調べて自分の動画で試してみて、できるようになれば挑戦してみる。 そしてどんどん高い単価の依頼を受けられるようにしていってください。 そうすれば今の仕事をやめて独立できるレベルまで収入を伸ばすことも可能です。 動画編集のスキルを身につけるにはMovieHacksという教材がおすすめです。 僕たちYouTuberから見ても、習得しておいて欲しい技術が詰め込まれているので、僕はmoviehacksを受講している人にしか、編集の依頼をしません。 実際にtwitter見ていると、編集者募集の項目の中にMovieHacks受講者のみを対象にしているものがめちゃくちゃ多いですね。 資格を取得しているのに近い感覚ですね。 受講しているか否かで仕事数が変わるので、元が取れる教材なのでおすすめです。 動画編集で独立もできる ここからは全員ではありませんが書いておきます。 会社をやめて独立したい場合でも、動画編集はオススメできます。 その利益をもってもっと他の仕事にチャレンジする機会も生まれるでしょう。 Youtubeは今からものすごい波がきます。 その波に乗れば簡単に独立だって可能です。 動画編集は副業として本当にオススメ 動画編集はyoutubeの大きな波の乗る、とてもいい方法です。 たくさんお金が動くところでは単価が大きくなります。 時給換算すれば少なく見積もっても5000円程度まで延ばせるでしょう。 今始めた人が先行者利益を得られます。 もし今何もスキルを持っていないけど独立したい。 という人がいれば、動画編集はとても簡単にできる仕事です。 仕事の中でできることは増やしていけばいいだけ。 ぜひ挑戦してみてください。

次の

セミナーの動画撮影&制作を依頼できる会社6選【10万円以下】|株式会社ウィズアス

動画編集 アウトソーシング

動画制作の費用相場は? 動画制作費用は、 動画の質や目的によって変動します。 また、どこの動画制作会社に動画制作を外注するかによっても費用は変動します。 しっかりとした費用が知りたい場合は、数社に見積もりをしてもらうべきですが、今回はあくまでもサンプルとして「記録を目的にした動画制作」「PRなど何かを訴えることを目的の動画制作」「環境を整えることを目的に作成される動画」という3種類の目的別で費用をみていきます。 目的1. 記録動画制作 セミナーや講演会、式典などを撮影し、記録としての撮影をする場合です。 カメラマンが1人または2人、アシスタント、撮影した後の編集などが含まれます。 インタビュー撮影は10万円前後から、セミナー撮影は40万円くらいです。 目的2. PR動画制作 最近ではPR動画を利用することが多くなりました。 たとえばFacebook広告の場合、画像につける文字は画像の20パーセントという規定があります。 20パーセントでは言いたいことがなかなか伝わりません。 動画にするとかなりの文字数を盛り込めます。 また、動画が動くことで興味を引く確率も高まり、クィック数も上昇するために、動画広告に変更する企業が増加の傾向です。 会社や学校案内のPVは、イメージ作りに欠かせません。 スーパーなどでの商品説明の動画などは、場合によってはアニメーションを使い、効果を出す場合もあります。 動画の質、音響効果、ナレーションなどの使い方が違うため、PR動画の場合、相場というものはなく100万円以上かかる場合もあります。 そのため、 動画制作会社は、固定価格を表示していないところも多く、費用を知るには、問い合わせるしかありません。 数社に問い合わせてどのくらいの費用でできるのかを見ていくとだんだん相場がわかってきます。 そのときに、内訳もきっちり出してもらわないと、安いと思って依頼したら追加料金を請求されるということもありえます。 目的3. 展示会やイベント用動画 雰囲気を盛り上げるためにテーマに沿って、イベントなどで流す動画です。 個人で頼む場合に一番多い、結婚式で使われる動画もこのカテゴリーです。 個人で頼む場合に一番多い動画は結婚式で使われる動画です。 花嫁と花婿の幼少時代からの写真やビデオをつなぎ合わせ、効果的な音楽やナレーションを入れます。 この程度のものですと自分で作ってしまう人も多いのですが、やはり「見せ所」を知ってるプロが少し手を入れると効果がぐっと違ってきます。 そのため、一生に一度の大イベントのために、頼む人が増えています。 撮影などを含まなければ6万円くらいからですが、展示会などでプロに撮影を頼むともっと高額になります。 目的4. 動画制作費用に違いが出てくる理由 動画制作にかかる費用は、人件費と機材費です。 人件費はプロデューサー、ディレクター、構成作家、カメラマン、編集スタッフです。 基本的には規模が違うだけで、必要なメンバーは映画と同様と考えてよいでしょう。 動画制作の企画をプロデューサーがし、ディレクターがスタッフを総指揮し、構成作家がシナリオを書いて、カメラマンが撮影し、撮影した動画を構成スタッフによって編集します。 カメラの種類によってカメラマンにアシスタントが、1人から複数人がつく場合があります。 動画の種類によっては登場するキャスト、キャストのヘアメイクやスタイリスト、そしてナレーションを入れる場合にはナレーターなどの人件費も必要な場合があります。 機材も動画の規模によりいろいろです。 たとえば、カメラですが、業務用ハンディカメラ、ENGカメラ、もっと高性能な動画が必要であればデジタルシネマカメラなど、動画のグレードによって使われます。 ハンディカメラなら、基本的に1人で操作ができます。 一方、本格的に撮影をしようとすると照明などの人件費もかさむため、高性能カメラを使うと機材費だけではなく全体に経費がかさみます。 GoPro Omni(ゴープロ オムニ)は6台のカメラが搭載された機種で、カメラをレンタルするだけでも5万円以上かかる高価なカメラです。 ただし、動画の目的によっては高画質である必要がない場合もあります。 スマートフォンで見る人を対象にしたPRビデオでしたら画質よりも構成の方が大切です。 動画制作費用の内訳をご紹介! 動画制作費用の内訳を見ていき、どのような費用があるかを知れば、費用を抑える場合にも役立つでしょう。 また、動画制作会社によって費用に差があるのかがさらに理解できます。 企画・構成費・ディレクター費・シナリオ作成費 動画制作の中でも実は一番大事な部分です。 リーズナブルなところで10万円くらい、高額なところは、撮影などにも懲り、日数も長くなる関係でディレクター費だけで30万円、合計すると50万円を超えてしまう場合もあります。 機材費・カメラマンの費用 ハンディカメラを使ってカメラマン1人で撮影する場合と、特機も使って本格的に撮影する場合はカメラマンにアシスタントが1人か2人つき、照明エンジニアなど人件費も高くなります。 その上、特機やカメラ機材も高額になるので、 リーズナブルな場合の5〜6万円から100万近くまで幅があります。 ナレーター・音声・ロイヤリティーフリー音楽などの費用 ナレーターによって人件費も変わります。 ビデオの長さにもよりますが、最低30,000円からで、ナレーターによっては100,000円以上の場合も。 収録にスタジオを使うかどうかでも価格に差が出ます。 リーズナブルな動画制作会社では、スタジオを使わず、高額な動画制作会社ではMAスタジオを利用するため、スタジオ利用のみで80,000円以上です。 メディアオーサリング・出力の費用 リーズナブルに作りたい場合は、エンコードのみにすれば、3,000円から5,000円程度でデジタル化してくれます。 マスターも含めて10,000円以下です。 DVD複製は、10枚ごとに約10,000円、その他ジャケットのデザインによって費用に差が出ます。 動画の使用目的や種類ごとの制作費用は? 動画の使用目的や公開する方法でも、質や種類、作り方に差が出てくるため制作費用に変化があります。 また、公開するためにも費用が発生します。 プロモーションビデオの場合の費用 企業や学校の紹介を目的にしたプロモーションビデオは目的によって制作内容が変わります。 公式サイトに掲載する場合は、カタログと同様の感覚で、ナレーションなどに重点をおきますが、イベント会場で各ブースに設置する場合、ブースごとに音が発生しているので、動画でまず足を止めなければ、まず見てもらえません。 そのため、視覚に訴えるデザイン性のある動画制作が求められます。 企業や学校のイメージをしっかりと目に焼き付ける動画を制作するためには、予算も50万円以上は必要です。 アニメーション製作の場合の費用 商品を紹介するビデオの場合、商品を使っている様子を写すだけでは商品のメリットが伝わりにくいため、利用されるのがアニメやCGです。 アニメーションを使うとビジュアル的に訴求力が高くなります。 アニメーションもセル画タイプのものですともっと高額になりますが、イメージ的なものであれば、30秒20万円くらいから制作が可能です。 YouTube動画の場合の費用 YouTubeを利用する方法には2つあります。 YouTubeにアカウントを作ってオリジナルビデオをアップする方法とYouTube動画に広告を載せる方法です。 YouTube動画に広告を載せる場合、どの程度見てもらったかで費用が決まるので、スキップされてしまって見てもらえなかった場合は費用も発生しません。 比較的リーズナブルな方法です。 また、自分のアカウントにビデオをアップする場合もあまり長いものですと全部見てもらえない可能性がありますから長くても3分程度のビデオです。 YouTubeの調査によるとビデオを見ていて離脱する時間はほぼ1分30秒だそうです。 そのため、特に伝えたいメッセージは最初に盛り込むことが大事です。 YouTubeに特化した動画制作会社も多数あり、10万円台から作成してもらえます。 デジタルサイネージの場合の費用 デジタルサイネージは画像を組み合わせてフレーズを入れる簡易な方法から特写やアニメーションなどを使った大掛かりなものまであります。 10〜15秒ごとに画像が切り替わりコメントと一緒に表示されるタイプは、3分間5万円くらいから、動画にコメントを入れて表示させるタイプで3分間6万円くらいからです。 画像のみだとインパクトが薄いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、それは制作者のセンスによります。 デジタルサイネージは店頭に置かれる32インチ程度から街角にある520インチまで大きさも幅広いのですが、人が立ち止まって思わず見入るようなデザイン構成でないと意味がありません。 広告代理店でも最近は動画制作をしており、人を惹きつけるアイディアを意外に持っているかもしれません。 デジタルサイネージそのものは、リーズナブルなモデルも出てきて、店頭に設置するタイプなら10万円台からです。 動画制作の費用を抑えながらも満足できる動画を作るには? 動画制作には動画がどのような目的でどのようなターゲットにどのような状況でどのようなメディアを使って紹介されるかで、制作方法が変わります。 YouTubeやウェブコンテンツとしての動画であれば、あまり高画質である必要はありません。 必要なこと、不必要なことをしっかりクリエイターとも話して、費用を抑えつつ、目的達成に十分なクォリティーを持った動画を作ることが可能です。 フリーランスの動画制作者であれば、直接要望を伝えられますし、過去の作品も確認できます。 特に、ランサーズに登録しているフリーランスであれば、プロフィールを見て、どのような人か、広告に詳しい、動画やデザインのスキルを持っているなどがわかります。 ランサーズは、検索もしやすいので目的にあったフリーランスを探して見積もりをしてもらいましょう。 写真・動画撮影の費用に関する記事もご覧ください•

次の