仁王 2 170 装備。 【仁王2】レベルシンクのやり方・メリット

今回はネタ装備かよ・・・・って思った方は読んだ後に必ずこの装備を使って見たくなるので是非最後までみて行ってください。 男なら武器なんて持たず拳でいきましょう!!

仁王 2 170 装備

特に神器の170装備が貴重品なので、間違っても分解や奉納しないよう注意しておこう。 逢魔が時ミッションでの報告が多い 170装備の報告が多いのは、2週目の「逢魔が時ミッション」。 初回クリア報酬「」が美味しいので、15時の更新が入ったら1回クリアしておくと良い。 さらに、その妖怪武器を魂合わせの素材とすれば目当ての武器を170レベルにできる。 最終的には目当て装備の神器が欲しくなるため、神器が出やすくなる幸運を上げておいて損はない。 幸運は鍛冶屋「焼き直し」で用意しよう。 装備ドロップ率もあげておくとなお良い 幸運よりは優先度が下がるが、ドロップ率 特に装備 を上げておくのも有効だ。 1周あたりの期待値を高めることが、170装備集めの効率を底上げしてくれる。 秘伝書or製法書マラソンと同時に 170装備のドロップ率自体がとんでもなく低いため、アイテムを集めつつ副産物として狙うのもおすすめ。 欲しい秘伝書や製法書があれば、「」を使って強欲に欲しい物すべてのドロップを狙っていこう。 関連リンク 武器データベース.

次の

【仁王2】170装備の入手方法|おすすめ周回場所

仁王 2 170 装備

コミュニティをチェック 最強トンファー 「 猿飛の秘銃棍」 を置いたという人が現れました。 最速でフレ申請をします。 すぐフレ登録してくれたので画像の位置に行くと塚があったのでゲットです。 「猿飛の秘銃棍」 攻撃時に爆発ダメージが出るためトンファー使うなら必須みたいな性能 継承OPがアツい 鉄アレイみたいなマークのついた特殊効果は、魂合わせで継承することが出来ます。 最強装備を作るのにはかかせないものです。 塚彫りは継承されたものは出ないので、特殊効果をベッタリつけた最強装備は自分で作る必要があります。 まあ、いきなり最強が出たらつまらないですよね。 交換が行われている場所は 2週目の 夢路篇の「封魔の霊堂」の無名付近 旭光篇の「侍う者」のスタート地点の炎周り 今は侍う者が熱いです ここはスタートから近いのと、タヒ因が焼タヒだと間違いないので全てにおいて交換に向いています 取り終えたら社で拝んでアプリケーションの終了すると最速で塚がリポップします フレンドにならないと意味がない コミュニティに入るだけでは意味がありません。 フレンドになってフレンド塚を掘る必要があります。 コミュニティの「メンバー」からフレンド申請しましょう。 レアの出やすさが段違いです。 「レベルシンク有り」と書かれている場合はこれをちゃんと適用しないと塚が全然出ないという事態になります。 ・あやかし 2週目 ・雪月花 大太刀スキル ・ 灰燼 旋棍スキル ・堺 旭光編の堺筒の行方 イベントは滅茶苦茶効率がいい 時々このようなイベントを開催する人がいます これが効率がいい理由としては、一斉にみんなが配布を始めるため、目当てのものが手に入り易です。 又、指定されているステージも激戦区ではないため、全然関係ない塚頑があまり出ず目当てのもの手に入りやすいです。 効率が良くなる方法は、このイベントの参加者にフレンド依頼を送る事です。 きっとすぐに承認してもらえるでしょう。 あとは掘りまくるだけです。 このイベントのおかげで私の居合マンは完成しました.

次の

今回はネタ装備かよ・・・・って思った方は読んだ後に必ずこの装備を使って見たくなるので是非最後までみて行ってください。 男なら武器なんて持たず拳でいきましょう!!

仁王 2 170 装備

特に神器の170装備が貴重品なので、間違っても分解や奉納しないよう注意しておこう。 逢魔が時ミッションでの報告が多い 170装備の報告が多いのは、2週目の「逢魔が時ミッション」。 初回クリア報酬「」が美味しいので、15時の更新が入ったら1回クリアしておくと良い。 さらに、その妖怪武器を魂合わせの素材とすれば目当ての武器を170レベルにできる。 最終的には目当て装備の神器が欲しくなるため、神器が出やすくなる幸運を上げておいて損はない。 幸運は鍛冶屋「焼き直し」で用意しよう。 装備ドロップ率もあげておくとなお良い 幸運よりは優先度が下がるが、ドロップ率 特に装備 を上げておくのも有効だ。 1周あたりの期待値を高めることが、170装備集めの効率を底上げしてくれる。 秘伝書or製法書マラソンと同時に 170装備のドロップ率自体がとんでもなく低いため、アイテムを集めつつ副産物として狙うのもおすすめ。 欲しい秘伝書や製法書があれば、「」を使って強欲に欲しい物すべてのドロップを狙っていこう。 関連リンク 武器データベース.

次の