イモト 雑誌。 イモト、雑誌「Tarzan」の表紙になる!

イモトアヤコ「イッテQ」沖縄ロケでの気遣いに感動したこと「ドライバーさんの愛を感じた」(スポニチアネックス)

イモト 雑誌

タレントで女優のイモトアヤコが、19日発売のフィットネス総合誌「Tarzan」(マガジンハウス)の表紙に登場することが分かった。 レギュラー出演する『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、世界各国をロケで飛び回る33歳のイモト。 番組で「2019年中にターザンの表紙を飾りたい!」との野望を口にし、その発言を耳にした「Tarzan」スタッフが逆オファーしたことから今回、人気企画「カラダ改造計画・脱げるカラダ2020」の表紙に登場することとなった。 実は今年5月から本格的なトレーニングを開始していたという彼女だが、オファー時にはまだまだカラダは未完成。 しかし海外ロケの合間を縫った怒涛の追い込みで、見事に「脱げるカラダ」を完成させ、巻頭6ページに渡り、男性モデルとの2ショットでその勇姿を披露している。 また、本誌では彼女のカラダを作りあげたトレーニングの数々も紹介。 1年の大半を海外で過ごし、ジムに通えるのは平均週1回という彼女が、約半年間で見違えるまでのカラダに変貌したトレーニングメソッドは、大いに参考になるはずだ。 「トレーニングは全てが新鮮でした。 でもマジでキツかった(笑)」というイモトは、「ターザンの表紙が決まってからは、さらに意識を持って追い込みました」と語り、「結果的に動けるカラダを取り戻せたと思うし、何より見た目が変わったと思う。 いまは毎日お風呂で鏡を見るのが楽しいです」とコメントした。 イモトアヤコが表紙を飾る「Tarzan」778号は、マガジンハウスより12月19日発売。 特別価格650円(税込)。

次の

イモトアヤコ Tarzan 表紙がヤバイ【画像比較】ネットは?

イモト 雑誌

今号の表紙を飾った女性を見て、誰だかすぐにわかった人は鋭い。 先日、結婚も発表して注目を集める、あのイモトアヤコさんなんですよ。 お笑いモードは一切なし、トレードマークの眉毛もなし。 ストイックに撮影しました。 その表情とカラダの変化に驚いた人も多いのではないでしょうか。 今年の春からトレーニングを始めたというイモトさん。 この企画が実現したのはレギュラー番組での「2019年中にターザンの表紙を飾りたい!」という本人の発言から。 それを聞きつけた本誌スタッフが逆オファー、表紙実現と相成った次第です。 オファー時点では「まだカラダが仕上がっていないから…」と若干不安を抱いていたようですが、そこは真面目なイモトさん、多忙な海外ロケの合間に、怒涛の追い込みで撮影までにバシッとカラダを作ってくれました。 そのカラダ、もはやアスリート並み。 平均、週一ペースでの半年トレーニングでここまでの完成度。 サスガです。 さて、ここで業務連絡。 今回イモトさんの切なる希望に見事に乗っかったターザンでありますが、スタッフ一同「ターザンで脱ぎたい!」と公言される芸能人の方々のご発言に日々アンテナを張っております。 「我こそは」というカラダ自慢のタレント様がいらっしゃいましたら「ターザンで脱ぎたい!」のお言葉、お待ちしております! が、あくまでも本気でオファー致しますので、シャレで言うのはどうかやめてくださいね。 弊社刊行物の表紙、掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等に公開する行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。 ご注意ください。 and used by Permission —「ターザン」の登録商標は、米国エドガー・ライス・バローズ社と 株 マガジンハウスとの契約によって使用されています。 Magazines• Web Magazines• Books and Mooks• Shops•

次の

イモトアヤコさん登場! 存在から放たれる美しさの秘密にクローズアップ

イモト 雑誌

新しい年に向けて肉体改造を目論むあなたの背中をグッと押しましょう。 世界の果てまで飛び回る彼女を前に、「忙しい」とは言えるまい。 さあ2020年が始まる。 7月24日、東京オリンピックが開幕すれば、選手たちの美しくも逞しい肉体を羨望の眼差しで見つめ、我がカラダの有様に嘆息することだろう。 ならば、先んじてカラダ改造計画を完遂しようじゃないか。 大丈夫、時間はある。 まずは自分の体型を把握し、取り組むべきコースを探そう。 最長半年、最短1か月で脱げるカラダを目指すのだ。 (本誌P18掲載) 『脱・ぽっちゃり!! 食と運動のWアプローチで半年で脱げるカラダに』|こちらは半年かけて行う「ぽっちゃりコース」。 その心とカラダをすぐさま変える試みはナンセンス。 半年間の無理ない計画で確実に生まれ変わろう。 (本誌P20掲載) 『ちょいぽちゃ返上。 みっちり3か月計画で賢くカラダを変える!』|こちらは3か月の「ちょいぽちゃコース」。 しっかり食事の適正量を知り、賢くトレーニングをすれば3か月で脱げる!(本誌P30掲載) 『おデブだってやれる。 まずは頭に意識改革の金言たちを叩き込め!』|おデブさんは焦らず食生活を改め、日常生活の活動量を上げることから始めよう。 (本誌42掲載) 『ターザンのブレーンが教えるカラダ改造達成への道』|ターザンお馴染みの人気トレーナーに、トレーニングを続けるコツを語り合ってもらった。 モチベーションが下がったら一読を!(本誌P84掲載) 『スロー&クイックで確実に効く。 女子の美パーツエクササイズ』|より高みを目指したい女性へ。 2020年、目指すべきカラダ作りのカギは体幹。 コアを鍛えながら、「脚・尻・腹・胸・腕」の気になるパーツを磨き上げよう。 (本誌P75掲載) 『知って起きたい免疫のこと』|雑誌中盤では「免疫」をフィーチャー。 インフルエンザの声を聞くと、免疫上げたいなあと思うもの。 そこには人体の偉大なる防御システムがあり、さらに巷の勘違いもいろいろ。 まずは知識から免疫に強くなろう。

次の