ドスパラ ノート。 ドスパラ 17.3インチ型ノートパソコンからおすすめを紹介!

ドスパラ、GALLERIA初のRyzen搭載15.6型ゲーミングノート

ドスパラ ノート

「ドスパラ GALLERIA(ガレリア)GCR1660TGF-QC」の実機レビューです。 最初に、レビューしてわかった 「おすすめポイント・特徴」と 「注意点など」をあげていきます。 ここだけご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。 6型ゲーミングノートとしては軽量・薄型のボディ! ゲーミングノートとしては軽めの約1. 87kg。 分厚くもないので持ち運びもしやすいです。• インターフェイスが充実 Thunderbolt 3も搭載。 GeForce GTX 1660 Ti(6GB)を搭載しつつ、価格が高くない ・Core i7-9750H ・GeForce GTX 1660 Ti ・メモリ16GB ・512GB SSD といった仕様で 145,380円(税別)。 コスパがかなり高いです。 24時間365日のサポート付き• 6型ノートですが、テンキーは非搭載• カスタマイズ注文はできない ドスパラのノートパソコンではありますが、SSD容量変更などのカスタマイズはできません。• 5mm 最薄部 重量 約1. 87kg (内蔵バッテリー含む) 目次• 矢印キーの上下が小さくなってしまっているノートパソコンも多いですが、 このモデルは 上下キーも1キー分ずつ確保されており、矢印キーが使いやすいです。 タイピング音は普通くらいの大きさ タイピング音は「カチカチ」と、大きい音でもなく、かといって小さいわけでもなく、普通くらいの大きさです。 6型のノートPCなのでパームレストは十分な広さ。 キーボードにバックライトを搭載 キーボードのバックライトは、Fn+F7キーで明るく、Fn+F6キーで暗くできます。 明るさは4段階で調整可能。 落ち着いたカラーのバックライトにもできます。 タッチパッド タッチパッドは、ソフトに触れただけでも「カタ」と小さく音が鳴りました。 大きな音ではないので慣れれば気にならなくなりました。 タッチパッドを押したときのカチカチ音は、普通~やや大きいくらいです。 なお、 タッチパッドの左上をダブルタップすると、タッチパッドのオン・オフができるので便利です。 スピーカーの音質は「もう少し音抜けが欲しい」と感じました。 作業中に音楽を楽しめるくらいの音質はあると思います。 視野角は十分に広いです。 なかなかの広さの色域をカバーしています。 ノングレア液晶なので、写り込みしにくい ドスパラ GALLERIA GCR1660TGF-QCのディスプレイは、 ノングレア(非光沢)液晶なので、写り込みしづらいです。 ゲーム中や作業中、余計な写り込みが入りにくいので実用的です。 もっとディスプレイをもっと暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。 ディスプレイの明るさ:80%• バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン• ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。 それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。 タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。 ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなど、バッテリー駆動時間に影響の大きい動作テストも含まれています。 ディスプレイサイズが大きいほどバッテリーを消耗しやすくなります。 大きめの15. 6型ディスプレイで、かつ、ゲーミングノートでこのバッテリー駆動時間は、なかなかいい感じだと思います。 排気音が大きくなると、自習室など静かな場所だと目立ってしまうかも。 アイドル時はほぼ無音です。 6型ノートに対応したリュックやバッグがあった方がよさそうです。 6型のゲーミングノートとしては軽量です。 ゲーミングPCは消費電力が大きいので、ACアダプターが重いのは仕方がないことですが、 ACアダプターも一緒に持ち運ぶ場合は、ACアダプターの重さも考慮に入れた方がよいでしょう。 Thunderbolt 3を搭載しているのが嬉しいポイント。 有線でネット接続したい方には、LANコネクタがあるのも嬉しいですね。 6GHz 」です。 たいていの方には、実用的に十分な速さが出ていると思います。 ちなみに、ドスパラのパソコンの多くはカスタマイズ注文できますが、 GALLERIA GCR1660TGF-QCについてはカスタマイズ注文ができません。 そのため、SSD容量などを変更しての注文ができません。 スペックを固定することで、コストを抑えて価格をおさえているではないかと推測します。 SSD情報 インテル製のSSDでした。 グラフィックス性能 ドスパラ GALLERIA GCR1660TGF-QCは、グラフィックスに「NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti(6GB)」を搭載しています。 1未満の数値は四捨五入。 動画編集に使うのにもオススメです。 今回のレビュー機は「ガンメタリック」です。 ゲーミングノートですが、派手さはあまりなく、スタイリッシュでまとまりのよい外観です。 天板のペイントは、ゲーミングパソコンっぽさがありますが、それ以外は落ち着いたデザインなので、ビジネスシーンで使うのもアリだと思います。 個人的には、ボディカラーのガンメタリックはいいカラーだと思いました。 ブラックよりも指紋も目立ちにくいでしょう。 これくらいまで開きます。 ボタンを押すごとに• 高性能• バッテリーセーバー の3段階でパフォーマンスが切り替わります。 87kgですから、軽量なモバイルノートと比べると重いですが、 15. 6型のゲーミングノートとしては軽いです。 6型ノートの入るリュックであれば、十分持ち運べる重さだと思います。 (ただし、ACアダプターの重さに注意です。 ) 適度に落ち着いたルックスなので、 仕事にも使えるゲーミングノートをお探しの方にもオススメ。 性能のわりに価格も安いので、 コスパのよさで選ぶのもアリです。 ドスパラのパソコンは 当日~2日で出荷可能なので、 すぐに届くのも魅力です。 正直なところ オススメ度は高いです。

次の

中古パソコン(PC)通販のドスパラ

ドスパラ ノート

GALLERIA GCL2060RGF-T は、GPUにGeForce RTX 2060 6GB を搭載した15. 6型ゲーミングノート「GALLERIA GCL2060RGF-T」を発売した。 税別価格は159,980円。 6型、OSにWindows 10 Homeなどを搭載する。 インターフェイスは、SDカードリーダ、USB 3. 0、Mini DisplayPort、Wi-Fi 6、Bluetooth 5、HD対応Webカメラ、音声入出力などを備える。 バッテリはリチウムイオンで、駆動時間は約3. 8時間。 本体サイズは359. 85kg。

次の

ドスパラのノートPCおすすめランキング

ドスパラ ノート

ハイパースレッディング対応の第3世代。 ブランドはおそらくノーブランド品。 3インチ型ノートパソコン「Critea - クリテア」シリーズでは、2基のハードディスク(SSD)が搭載できるようになっています。 組み合わせはSSD+HDD、HDD+HDD、SSD+SSD、がありますが、やはりおすすめは、 システム(主にCドライブ)用にSSD+データ保存用にHDD、これがベターでしょう。 もちろんお金がある人は、HHDを320GBのSSDとかにしてもイイですね。 実際にどういう風にノートパソコンでの物理的ストレージ領域を確保しているか?と言いますと、こんな感じになります。 因みに下の画像はドスパラのノートではありませんが。 見る限り、17. 3インチ型だからこそギリギリ実現している感がありますね。 ネットで調べたら中には3基のストレージを搭載できるノートも存在していますが、まあかなりぎゅうぎゅうです。 今は2. 5インチものが搭載できるようになっていますが、これもきっと技術の進歩で小型化が進み、1. 2インチなんてものが登場したり、もはやSSD位の大きさの1TBのSSDなんて登場したりして、チップを差し込む感覚でストレージの入れ替えが出来たりする時代も、そう遠くないのでは?と思っています。

次の