バンギラス ソードシールド 育成論。 バンギラス調整・努力値振り・技構成・対策ポケモン剣盾育成論

【ポケモン剣盾】バンギラスの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

バンギラス ソードシールド 育成論

ヨーギラスやサナギラスを進化させよう 「ヨーギラス」や「サナギラス」を進化させてバンギラスにしよう。 ヨーギラスやサナギラスは ワイルドエリアのげきりんの湖で出現するぞ。 シールド限定で出現 ヨーギラス・サナギラス・バンギラスはシールド限定で出現するポケモンとなっており、ソードバージョンでは出現しない。 ソードをプレイしている人は、ポケモンホーム 2020年開始予定 や交換などを活用してバンギラスをゲットしよう。 バンギラスのタイプ相性と特性 ポケモンソードシールドに登場するバンギラスのタイプ相性や特性(夢特性)をまとめています。 バンギラスの基本情報を知りたい方は是非ご覧ください。 0m 重さ 202. すなおこし (特性) 場に出ると5ターン砂嵐が発生する きんちょうかん (夢) 相手は木の実が食べられなくなる バンギラスの種族値 ポケモンソードシールドのバンギラスの種族値を掲載しています。 バンギラスを使ってレート戦 ネット対戦 などをプレイ予定の方は是非参考にしてください。 HP 100 こうげき 134 ぼうぎょ 110 とくこう 95 とくぼう 100 すばやさ 61 合計 600 バンギラスの覚える技 ポケモンソードシールドのバンギラスが覚える技をまとめています。 レベルアップや技マシンで覚える技などを掲載しているのでぜひご覧ください。 関連スレッド.

次の

【ポケモン剣盾】バンギラスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

バンギラス ソードシールド 育成論

注意 この育成論には普遍的な略称HABCDSなどを使います。 ご注意ください 初めに こんにちは、初投稿になります。 今回は最近使っているバンギラスの型紹介になります。 最近バンギラスってどんどん環境から姿を減らしていてその一因は型が読まれやすいことにもあると思います。 そのイメージも相まって読まれにくいです! 持ち物 ヨプのみで確定。 半減すれば大抵の攻撃は耐えます。 そこからりゅうのまいを積んで上から殴るのが今回の育成論です。 最速ではない理由 最速と今回の調整で竜の舞を積んだ時に最速で抜けて今回で抜けないポケモンというのはエンニュート、エルフーンまた、アイアントです。 の場合は腐食で毒を入れてくるくらいで打点は特にないです。 アイアントに関してはパーティによりけりです。 炎のパンチを採用するのであれば最速をおすすめします。 後述しますがバイウールーなどとは準速、アイアントがパーティで重い時は最速と使い分けましょう。 準速なら1舞で抜くことができます。 努力値振りの意図• A :ブッパに1段階上昇すれば大抵のポケモンはぶち飛ばせます。 対面不利なポケモンには引くことまで考えるので引いた後でも活躍できるようにぶっ放しました。 S:龍の舞を積むことで最速100族抜き調整です。 ミミッキュを始めリザードンドリュウズ、オノノクスサザンドラ、この辺を抜けるようになります。 襷やらスカーフ持ってくることも多いですがね。 D Hを4あまりで振るとHが16Nー1でなくなってしまう為にこちらに振りました。 特殊相手に合わせて積むことの方が多いのでこちらに振りました。 H12降っても実数値3しか変わらず大して耐久に差がないので定数ダメージ意識してこちらに振ることにしました。 裏に1発程度の認識で。 砂嵐込みでの計算をしています。 特に記載のない場合は補正有りです。 ダイスチルで皮を削ってください。 そもそもマッハパンチあるので勝てません。 このポケモンの動かし方は初手に出して起点作り系、特殊アタッカーのポケモンに合わせて龍の舞を積むことです。 相手が引いてきたら相手のパーティの先制技持ちを確認し2段階詰めるのがベストです。 物理耐久に関してはそこまでないのでオーロンゲなどを一緒に連れていき物理アタッカーとかち合ったらリフレクターからこのバンギラスに繋いでいくという流れになります。 この流れが出来れば勝てるし出来なければさらりと流されていきます。 s95周辺のポケモンはスカーフやタスキなどが多いのでなるべく初手に出して2回積むこともしくは裏で物理を倒すなどにしてください。 相手の選出や初手のポケモンによっては3タテする力量は十分にあります。 対策されきった弱点保険型の裏をついていくのがコンセプトです! 対面で打ち負けるポケモン アイアント、ヒヒダルマ です。 ここらへんのポケモンはまずダイマックスを切らないと勝てません。 アイアントは準速なら勝てないことは無いです。 最速はこちらも最速にしないと無理。 ヒヒダルマはばかぢからが入ってるかによります。 相性の良い相方 初手に出して物理アタッカーと当たった時に引く要因です。 上から殴れれば勝てるポケモンが多いですから。 言わずと知れた物理耐久のスペシャリスト。 特殊を受けれて跳ね返すバンギラスと物理をアーマーガアで受けましょう。 気味になりますね。 格闘、水以外のバンギラスの弱点を全て半減に抑えられます。 ただしドリュウズに弱い。 ドリュウズをどう処理するかをパーティ の上で考えた方がいいでしょう。 この場合はバトンです。 後に育成論書くかも知れませんがコットンガードからのバトンタッチができればバンギラスでほぼ全てを打ち抜けます。 また、被ダメのところですがパッチラゴンからの電撃嘴は先制攻撃になっているのにウオノラゴンのエラがみは先制攻撃になっていないので、どちらかに統一するか明記した方がいいと思います。 バンギラスのやどりぎ聞かないの忘れてました。 修正しときますね。 16N-1の方がいいですね。 修正して起きます。 パッチラゴン、ウオノラゴンの場合はS75でスカーフの可能性が高いので先制攻撃として明記しときます。 対面で勝てるかどうかはともかくトドメを刺せます。 どこまでいるかは知りませんが準速ラプラス抜き調整にも同速勝負できます。 また、準速で抜けない相手にアイアントが抜けています。 龍舞事前積みと炎Pで勝てます。 ただし、どうせ相方のタイプ・ヌルでS操作されるので準速でいいと思います。 ヌルアントに対する記述が抜けていました。 すピードに関しても再調整させていただきました。 バンギラスなら弱保警戒されると思うので初手オーロラベールに合わせての竜舞、そこからダイロックダイロック2発で行けると思います。 ダイマックスしないと確定2発ならないので.

次の

【ポケモン剣盾】バンギラスの育成論と対策【ソードシールド】

バンギラス ソードシールド 育成論

バンギラス 種族値 HP 100 攻撃 134 防御 110 特攻 95 特防 100 素早 61 いわ あく 合計種族値 600 特性 すなおこし バトルに出た時、5ターンの間、天気が「すなあらし」になる 隠れ特性 きんちょうかん 相手がきのみを使えなくなる バンギラスの特徴 バンギラスの長所 種族値600族 ポケモン過去シリーズから存在する600族のひとりです。 素早さ以外の種族値にバランス良く配分されており、素早さを犠牲にして攻撃が高いのが特徴的。 耐久も申し分ない種族値ですので、受けながら攻撃できるポケモンと言えます。 特性でタスキつぶし可能 バンギラスの特性「すなおこし」で天候を「すなあらし」にすれば、相手のHPを毎ターン削ることができます。 そのため、相手ポケモンが「きあいのタスキ」を持っていても、天候のダメージがあるために「きあいのタスキ」が効果を発揮しにくい状況をつくれます。 ACが優秀なうえに技範囲が広い バンギラスのA種族値134・C種族値95と両方とも高いため、攻撃・特殊の両方が技候補に入ります。 またバンギラスが覚える技のタイプが多く、技の候補が豊富に存在します。 バンギラスの短所 かくとうタイプに弱い バンギラスのタイプが、いわ・あくタイプなので、かくとうタイプが4倍弱点で相性が悪いです。 かくとうタイプの攻撃を使用する相手との戦闘は必ず避けたいです。 素早さが速くない S種族値61と速くないので、素早さでほかのポケモンに勝つことが難しいです。 素早さを利用して戦闘するには、「こだわりスカーフ」などのアイテムや「りゅうのまい」などの技で補強する必要があります。 バンギラスの育成論一覧 弱点保険型.

次の