座右の銘 作り方。 面白い座右の銘一覧!クスッて笑える言葉を紹介!

座右の銘を持って人生を豊かに!意味や一覧をご紹介♪【完全版】

座右の銘 作り方

座右の銘とは? 座右の銘と言っても、難しく考える必要は無いです。 簡単に言えば、『 常に心にある言葉』 困難に立ち向かう時や日々生活する上での行動指針になる言葉です。 ちなみに、Wikipediaでは下記のように書かれています。 座右の銘 [ ] 座右の銘(ざゆうのめい)とは、集団ではなく、個人が自らの行動の戒めとするために日常的に心に留めておくための言葉。 『』に収められたの崔瑗(崔子玉)による文章「座右銘」に由来する。 引用 「標語」『ウィキペディア日本語版』,(2019年9月20日取得,). 座右の銘があるメリットとは?• 自身の行動指針分かる。 物事を決めやすくなる。 言葉に励ましてもらえる。 自身の行動指針分かる。 座右の銘を作る際に、自分とは何か?という所をとことん突き詰めます。 だからこそ、隠れていた自身の考え方が見えてきます。 物事を決めやすくなる 上記にもありますが、自身の考えが見えてくるので、物事に対しての考え方も自分の中にあるので決めやすくなります。 言葉に励ましてもらえる 人生の中でか必ず何度かは壁にぶち当たると思います。 その壁を乗り越える時に、自身で決めた言葉に励まされ乗り越えていけると思います。 座右の銘の作り方は? 座右の銘を作る工程がとても大事です。 作る工程で自分自身を見つめ直すことが出来、自分の人生を、今後どうしたいのか?自分とは何か?何が好きか?何が嫌いか?など様々な事を考えて作ります。 どんな言葉が良いのか?決まりは? 結論から言うと、『 どんな言葉でもOK』です。 偉人たちの名言でも、ことわざ、四文字熟語等でもOKです。 なんなら、自分で作ってもOKです。 座右の銘を決める時のルール 1つだけ、必ず守って欲しいルールがあります。 それは、『 心の底にある言葉』でなければ 作っても、 飾りになるだけで終わってしまいます。 自らに問いかける段階で自分の事をよく思案してください。 すぐに結果を出さなくてもOKです。 と言うかむしろ 長く時間をかけた方が、熟成された良い言葉になると思います。

次の

心に響く宮沢賢治の名言・格言

座右の銘 作り方

「座右の銘」の読み方・意味・使い方 「座右の銘」とは、「常に自分の心にとどめておき、戒めや励ましとする言葉」の意味で、「ざゆうのめい」と読みます。 人間の生き方や真理、戒めなどを簡潔にまとめた言葉や文章などのことで、歴史上の偉人やスポーツ選手や芸能人の言葉や故事成語、四文字熟語などが「座右の銘」として使われています。 何を「座右の銘」にするかは個人の自由です。 先祖代々受け継がれている家訓や身近な人の言葉など、さまざまなものが「座右の銘」として使われています。 「座右の銘」の「座右」とは「身近な場所・大切な場所」で、「銘」は「大事なことを刻み込む」意味があります。 つまり、大事なことが刻まれたものを常に身近な場所に置いておくことから、「常に自分の心にとどめておき、戒めや励ましとする言葉」という意味になったのです。 「座右の銘」の語源 では、なぜ「座右の銘」の「座右」が「身近な場所・大切な場所」の意味になったのでしょうか?それは中国の皇帝の習慣に由来します。 皇帝は常に自分の席の右側にもっとも信頼できる人物を置いたそうです。 そのことから、「座右」が「身近な場所・大切な場所」になったのです。 「銘」は、もともとは「韻文」の一種で、行動の戒めを器物などに刻み込んだものです。 「座右の銘」の由来は、後漢時代の詩人、崔瑳(さいえん)が自分を戒める句を綴った「座右銘」と言われています。 中国にたどり着いた空海は、「座右銘」に感銘を受け、一言一句書き写しました。 それが重要文化財として今も保存されている「崔子玉座右銘」で、この中でもっとも重要なのが以下の冒頭の10文字です。 <偉人の言葉> ・明日死ぬかのように生きろ インド独立の父、マハトマ・ガンジーの言葉。 行動することの大切さを説いています。 ・天才とは努力する凡人のことである かのアインシュタインの言葉。 成功者はだれよりも努力した者であるという意味。 ・生きるために食べよ。 食べるために生きるな 古代ギリシャの哲学者アリストテレスの言葉。 食べることは生きる手段であって目的ではありません。 まさに現代にも通じる格言です。 ・偉大な魂は目的を持ち、そうでないものは願望を持つ 19世紀前半のアメリカの作家であるワシントン・アーヴィングの言葉。 願望だけでは何事も実現しない。 目的を持って行動することが重要であることを示唆しています。 <成功者・有名人の言葉> ・自分の持った夢に自分の人生はおおむね比例する ソフトバンクの創始者である孫正義氏の言葉。 夢を持つなら大きな夢を持ち、それを実現する強い意志を持つことが大切であるということ。 ・問題は未来だ。 だから私は過去を振り返らない アップルの創始者であるビル・ゲイツの名言。 常に人々を驚かすような新しいものを作り続けるには、過去を過度に反省する暇はない、スピーディーに未来に向かうことが大切であるという意味。 ・夢を見ることができれば、それは実現できる ウォルト・ディズニーの名言。 まさに世界中の人々に夢を届ける仕事を実現した人ならではの言葉です。 ・目標を達成するには、全力で取り組む意外に方法はない。 そこに近道はない バスケットボールのスーパースター、マイケル・ジョーダンの言葉。 天才プレイヤーでも日々の努力が必要なんですね。 この他、芸能人の言葉やアニメのセリフなど、座右の銘になるものは数多くあります。 自分に合った座右の銘を探してください。 「座右の銘は何ですか?」と聞かれた時の正しい答え方 面接の時や自己紹介の場、また初対面の人との会話などで座右の銘について聞かれることがあるかもしれません。 その時に選ぶ座右の銘で就職できるかどうかが決まったり、第一印象が左右されたりする可能性があります。 座右の銘を聞かれた時に慌てないためにも、今からその答えを用意しておきましょう。 ・向上心のある人だと思われたい場合 「弘法筆を選ばず」 真言宗を開いた弘法大師は、筆の良し悪しに関わらず上手に文字を書くことができたそうです。 自分が失敗した場合には道具や状況のせいにせず、自分の能力を磨き本当の名人になるよう努力すべきだ、という考えが含まれた言葉です。 ・行動力のある人だと思われたい場合 「思い立ったが吉日」 やりたいと思っていることは先延ばしにせず、すぐに行動に移すべきだという言葉です。 この言葉を答えることで、チャンスをつかみ取る進取の気質がある人と見てもらえるでしょう。 ・努力家だと思われたい場合 「継続は力なり」 有名なイチロー選手も座右の銘として挙げている言葉です。 目立つ仕事だけでなく、毎日の小さな仕事の積み重ねを大事にする人は、会社でも信頼され求められる存在となるでしょう。 ・芯の強い人だと思われたい場合 「初志貫徹」 目標を成し遂げるまで、その意思を貫き通すべきだという言葉です。 大事な仕事を任せたいと思えるのは、途中で投げ出さずに最後までベストを尽くす人ですよね。 この言葉を座右の銘として答えるなら、周りから一目置かれる存在になるかもしれません。 「座右の銘は?」」と聞かれた時の返答例を挙げましたが、言うまでもなく大切なのは普段の行ないです。 自分が「こうなりたい」と思って選んだ座右の銘があるならば、その言葉に恥じないように日々努力と成長を重ねていきましょう。 落ち込んだ時のために覚えておきたい「座右の銘」 人生の岐路に立った時、どん底に落ちた時にも支えとなる言葉があると、今日を生き抜く助けになるかもしれません。 あなたを元気づけるかもしれない「座右の銘」をピックアップしました。

次の

「座右の銘」の意味とは!決め方7選と使い方や例を紹介

座右の銘 作り方

どんな事も、諦めてしまえばそこで終了してしまう、しかし諦めなければまだ終わらない、という事を伝えてくれています。 存在するのは解釈である。 むずかしい言葉のように感じるかもしれませんが、事実のように思っている事が、自分の解釈なだけであり、その自分の解釈をかえれば、物事の捉え方は大きく変わってくるのではないでしょうか。 与えられたものを呪うな。 この言葉を座右の銘とすれば、何があってもそれを受け入れようとすることができるでしょう。 物事が自分の解釈次第であるのと同じように、起きたこと、自分の運命を愛することで毎日の過ごし方は変わってくることでしょう。 しかし、人生一度きり、という言葉を胸にとめておけば、悔やまない選択ができる人生を歩めることでしょう。 また、知らないことは知らないと言える事は優れている、という意味ともいえます。 多くの人は「自分はただ一人しかいない存在である」と思っている人も多いでしょう。 そんなときにも、決してあきらめずに続けることで、少しずつでも力がついてくるはず、という事をこの言葉は教えてくれています。 明日は明日の風が吹く、という事は明日には何が起きるか分からない、という未来への希望をこめた言葉であるといえるでしょう。 どれだけキレイにメイクをするよりも、笑顔でいる事が大切であると思えば笑顔でいようとできるのではないでしょうか。 実際に笑顔で良い事がおきて、更に笑顔になれる出来事が起きた経験のある人は決して少なくないでしょう。 みじめだ、辛い、という時もそれを笑いにかえる事ができれば、自分自身も、そして周囲も幸福にすることができるかもしれません。 女性ならばキレイになりたいと願い人は多いはず。 色々な美容術を試す前に、まず笑顔を心掛けると良いかもしれません。 そうすれば毎日を笑ってすごそう、という気持ちになれるのではないでしょうか。 しかし、自分だけの魅力を考えた時にやはりそれは笑顔である事が多いのではないでしょうか。 この事を座右の銘として心がければ、人からも好かれ、自分も自分の事を好きでいられるはずです。 笑顔の人をみて気持ちが変わった経験がある人は多いでしょう。 お金がかからずに人を幸せにでき、自分自身も幸せになれるものなのです。 辛いと思うことがあっても、まず3年、やってみる事で見えてくるものが変わってくることでしょう。 例え辛いことやしんどい事があっても、諦めずに努力をすることこそが結果につながるものなのかもしれません。 そこに近道はない 目標、というのは夢のようなものである時もあるでしょう。 高いハードルを感じる事もあるかもしれませんが、ちかみちを探すよりも全力で取り組む努力をしようという気持ちになれる言葉です。 特に目標や夢は山の頂上にあるようにも感じるでしょう。 この言葉を忘れなければ、今が遠い道だと感じていたとしても前に進むことができるのではないでしょうか。 続きがあります、「もし報われない努力があるのであれば。 それはまだ努力と呼べない」というものです。 努力をしている時には常に忘れたくない言葉として座右の銘とする人も多いでしょう。 天才、と呼ばれる人をみるとうらやましく感じるかもしれませんが、その人も努力をしている凡才である、と考えれば自分が努力をしているかどうか振り返る事もできるはずです。 しかし、もし明日死ぬとわかっていれば今日の過ごし方は誰もが変わってくるものでしょう。 そしてその可能性がないとは誰にも言い切れないものなのです。 この言葉を座右の銘とすれば一日、一日を大事にできることでしょう。 サッカー選手として有名な本田圭祐さんの言葉ですが、彼は天才とも呼ばれる人です。 しかし彼は天才なだけではなく、世界一の努力をしてきたといえるくらいの自信をもっているからこそ、世界の舞台で活躍する事ができるのでしょう。 しかし、それを決して忘れないことでうまくいく事は多いのでしょう。 七回転んでも、八回目には起きれる、という事があるように何度もチャレンジする事で目標に手が届く事もあるのでしょう。 百回折れても、くじけない強さを大切にする人に座右の銘としてほしい言葉がこちらなのです。 努力を続けるためには、やはり強い意志が必要といるのでしょう。 悪いイメージをもっているかもしれませんが、そんな経験も人生の糧になるものなのでしょう。 強い意志、自分の意思を大切にしようと思う人にはこちらを座右の銘とすれば、その意思を忘れることなく努力することができるでしょう。 こう呼ばれる人になろう、とする気持ちは大切なものなのです。 人との出会いというのはとても奇妙なもので、その出会いを大切に、二度とやりなおすことはできないという気持ちで誠実に大切にする事が必要なのです。 意思を強くもち、時にはじっと耐える時間も目標に近づくためには必要なのかもしれません。 この言葉を座右の銘とする人には誠実さを感じるものですし、まっすぐに生きていこうとする事ができるでしょう。 そんな人にはこの座右の銘がぴったりです。 言葉にせず、行動する事が意外と難しいもの。 しかし、そうする事で人の信頼をえることもできますし、自分の事を好きになることもできるでしょう。 適当、にはおおざっぱのような意味だけではなく、適材適所、というような意味もありますし、適度に力をぬくことも大切であるのかもしれません。 娘のIMARUさんにもこの言葉から名前をつけた、といわれています。 生きているだけで丸儲けだ、と思っていれば、何があってもポジティヴに受け止め明るく生きていく事ができるのかもしれません。 大御所のお笑い芸人である明石家さんまさんらしい座右の銘であるといえるでしょう。 大丈夫、という言葉を座右の銘として大切にしている人は多いのですが、沖縄県の方言である事で新垣結衣さんの郷土愛を感じます。 もしかしたらそのギャップも彼女の魅力のひとつかもしれません。 人間はどんな状況であっても謙虚さを忘れないことこそが大切なのかもしれません。 自分の味方になれるのは自分だけ」三輪明宏さんの言葉には有名なものがたくさんありますが、この言葉に深みを感じる人もとても多いでしょう。 特に自己評価が低く、すぐに自分を責めてしまう、というような人には眩しくも感じる言葉かもしれません。 「生まれつき心が強い人はいない」成功者にみえる人でもやはり心は弱いもの。 心は生きながら強くしていくものなのでしょう。 心を強くするためにはたくさんの経験をして、失敗をしても悲観的にならず前向きに立ち上がる事が重要なのかもしれません。 思い通りにいく事ばかりではない、という事を知っているからこそ選ぶ言葉なのかもしれません。 見てしまえば、いろいろと考えてしまい跳べなくなるものです。 まず跳んでみる、というのが人生の成功への道である場合もあるのでしょう。 しかしそのピンチこそ大きなチャンスに変えられるものなのかもしれません。 成功するまでに、一人でやってきた人はいないでしょう。 それを忘れないでいる事、そんな人を大切にできること、それこそが幸福な人生を歩む道なのかもしれません。 しかし天才であっただけではなく、目標にむかい貪欲であったからこそ成功を手に入れる事ができたといえるのでしょう。 やがて大きな花が咲く」スポーツ選手は、やはり大変なこともたくさんあるのでしょう。 努力をしても実らないのではと不安になる日も少なくないはずです。 そんな日も、この座右の銘で努力して力をつけていくことで、成功へとつながるものなのかもしれません。 その日を支配、という言葉にもネガティヴな意味ではなくポジティヴな気持を感じる言葉であるといえます。 逆に考えれば津田さんのような素晴らしい人も、弱気になる事がある、という事です。 それをはねのける感情を大切にしている事こそが成功者の特徴なのかもしれません。 「ネアカ、のびのび、へこたれず」経営者、スポーツ選手に共通するのはメンタル面をポジティヴにもっていけるようにしている事でしょう。 そして明日の自分のために今日の努力をいつもしている、という事がよくわかる言葉です。 でも、ハートは自分で鍛えるしかない。 」こちらは座右の銘、におすすめの名言といえます。 特にスポーツをしている人はこの言葉の意味が痛いほどわかるのではないでしょうか。 そしてスポーツだけではなく仕事としてもこの言葉はいかす事ができるかもしれません。 様々な場面、状況にも当てはまる言葉であるといえるでしょう。 絶対、という言葉が本当に使えるのは絶対という事を否定する時だけなのかもしれません。 江戸川乱歩 「僕が良ければ すべてよし!」こんな風に言い切れる人生を送りたい、と思う人も多いでしょう。 すべては自分次第である、という意味を含んでいるのかもしれません。 そう思って平気でやればいい」絵をかく、という事や芸術の世界において下手であることを理由に諦める人もいるでしょう。 しかし、下手でもそう思って平気でやる事こそが大切なことなのかもしれません。 粘菌という一見何も役に立たないものも、探求し続けたからこそ意味を見つけることができたのでしょう。 そして全てのものに役割がある、という事を大切に思っていたからこその研究を続けることもできたのかもしれません。 笑顔が最高のメイクであるのと同じように愛嬌はどんな強いものにも勝てる力をもっているものなのかおしれません。 この言葉を座右の銘としてピンチをチャンスに変えることができるからこそ成功できたのでしょう。 食べ物も人間関係も同じ」三輪明宏さんの言葉はとても深い言葉がありますが、この言葉はいろいろな事にたとえることができるでしょう。 そして人生を見つめなおすきっかけになるかもしれません。 物事を考えすぎて、うじうじとして行動できない人にはとても心に響く言葉でしょう。 この言葉を座右の銘とすれば色々な場面に飛び込んでみる事ができるかもしれません。 自分の欠点を受け入れること、そして人の欠点も受け入れた時こそ見えるものがあるのではないでしょうか。 「習得しなければならないのは、そのダメだ、と言うことばに打ち勝つことだ」という言葉です。 深い意味を感じる言葉といえるでしょう。 ピカソの独特な絵画はこういった発想力から産まれたものなのかもしれません。 やはり何かをなし得るためには、信念、意思が重要なのでしょう。 しかし多くの人がそんなに多くの決心をしていない事に気づくはずです。 まずは、自分がたくさん幸福をすると決心すること、その気持ちから人生は変化していくのかもしれません。 しかし、焦る事、慌てる事には何一ついいことなんてないとこの言葉は教えてくれています。 実際に慌てることで失敗した経験をしてきた人は多いでしょう。 落ち着き、焦らないことは個々の平穏のためにもとても重要なことです。 しかし、自分の人生を生きるためには何よりも自分の心を知ることが重要なのかもしれません。 自分の心を見つめる時間をみつめる事も幸福になる道なのかもしれません。 締め切りがなければ気持ちが緩んでしまいます」締切、というのは辛く感じることです。 仕事で締切に追われている人は耳が痛い名言かもしれませんが、この言葉を座右の銘とすれば、その締切にも感謝する事ができるかもしれません。 その締切があるからこそ、成長していくことができるのだ、と思うこともできるでしょう。 行動することだ」生きる事はなにか、と考えると難しいものです。 しかし、行動しなければ生きていない、のと同じことかもしれません。 正しく生きよう、充実した人生を送ろうと思えば、まずは行動する事が重要なのかもしれません。 」 ディケンズとはイギリスの小説家です。 時々、自分に対して無価値観をもつ人もいるでしょう。 しかし、誰かびのために何かをしてあげようとできる人は、価値のある人であるといえます。 そしてどんな人でもそういった一面があると思えば人を見降すこともなく生きていけるでしょう。 座右の銘に関するおすすめ書籍 ご自身の気にいる座右の銘は見つかりましたか? もっと自分に合っている座右の銘があるかもと感じている方は、以下のような本を利用して、座右の銘を探してみるのもいいでしょう。

次の