邦画 歴代 興行 収入。 歴代邦画興行収入ランキング 1位

1970年代

邦画 歴代 興行 収入

歴代邦画興行収入ランキング 151位-200位 順位 タイトル 興収 公開 151 31. 0 152 31. 0 153 30. 7 154 30. 6 155 30. 6 156 30. 6 157 30. 6 158 30. 6 159 30. 6 160 30. 6 161 30. 5 162 30. 4 163 30. 3 164 30. 2 165 30. 2 166 30. 1 167 30. 1 168 30. 0 169 29. 8 170 29. 7 171 29. 7 172 29. 0 173 28. 9 174 28. 9 175 28. 9 176 28. 5 177 28. 4 178 28. 3 179 28. 2 180 28. 2 181 28. 1 182 28. 1 183 28. 0 184 28. 0 185 28. 0 186 27. 8 187 27. 2 188 27. 2 189 27. 2 190 27. 2 191 27. 2 192 27. 2 193 27. 0 194 27. 0 195 26. 7 196 26. 4 197 26. 3 198 26. 3 199 26. 1 200 25. 151位-200位•

次の

歴代邦画興行収入ランキングTOP50【最新版】日本が誇る名作・傑作! (2/5)

邦画 歴代 興行 収入

興行収入=大ヒット! 興行収入は上記のように、お客さんと繋がっていますから、興収が100億円を突破している『君の名は。 』は、それだけこの映画に観客が集まったというのがわかるのです。 興収金額が高いものは大ヒット作というわけですね。 配給収入とは、劇場側が興収の中から映画配給会社に支払うお金のことです。 興収の中から支払う金額は、作品によって違います。 興収の50%の場合もあれば、70%の場合もあるのです。 興行収入から配給側に支払った金額の残りが劇場側の収入になります。 そして映画配給会社は配給収入から、映画製作者に対して、配給手数料とプロモーション費用の経費を引いて支払います。 それで映画を製作した会社が製作費を回収するというわけですね。 ちなみに、「興収が〇億でも赤字!」などのニュースがありますが、興行収入を回収しても、製作費の方が回収した金額よりも大きければ赤字になります。 興行収入は製作費の4倍ないと黒字にならないと言われているそうなので、数字だけ見ればヒット作でも、製作費が高額だと赤字になってしまうわけです。 しかし、DVDリリース後に入る二次収入が、結果的にこの赤字を回避することもあります。 ヒットの基準としては、一般社会法人日本映画製作者連盟が10億円以上の興収があった作品を毎年発表しており、一般的には10億円がヒットの目安になると思います。 しかし、正確には上記のように興収、配給、製作費の兼ね合いもありますから作品ごとに変わってくるでしょう。 コンテンツ・プロデュース昨日の基盤強化に関する調査研究~映像制作の収支構造とリクープの概念 日本公開した映画の興行収入ベスト10 では、日本公開した映画(外国映画・日本映画)のランキングを10位から見ていきましょう! 10位:『アバター』(2009年/156億円) 少女の奇妙な冒険の旅を描いた宮崎駿監督作。 壮大でオリジナリティ溢れるイマジネーションを駆使して作り上げた世界が圧巻。 300億円以上の興収を上げた映画は本作のみ。 アカデミー賞長編アニメーション賞ほか、日本だけでなく世界中の映画賞を受賞しました。 ベスト10の中、日本映画は5作品ですが、そのうちジブリアニメが3作品と人気が高い。 その中で新海監督の『君の名は。 』は大健闘。 アニメの新時代が来た感があり、うれしいですね! 洋画ではジェームズ・キャメロン監督作と『ハリー・ポッター』シリーズが強いです。 最近は日本映画人気が外国映画を超えたと言われていますが、興収ベスト10に実写映画が『踊る大捜査線~』しかないのが寂しいところ。 ジャームズ・キャメロン監督を打ち負かし、『ハリー・ポッター』シリーズを抑えてランクインする日本映画(実写)を求む! これからの日本映画にも期待しましょう。 要約文画像クレジット:『タイタニック』 ブルーレイ/1905円+税/20世紀FOXホームエンターテイメント C 2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

次の

日本映画歴代興行収入ランキング|君の名は。シン・ゴジラの大ヒットで東宝の業績が過去最高?

邦画 歴代 興行 収入

』 Warner Bros. 』は、アメリカで今秋、大ヒットしている。 歴代ホラー映画の興行収入でトップに躍り出る勢いだ。 この映画は、歴代ホラー映画の世界興行収入で、何位にランクインするのだろうか。 「」のデータを調べてみた。 ハロウィン前後の最後のひと押しを受け、『IT』はもうすぐそのランキングで1位になるだろう。 追い抜かなければならない旧作は、あと1作品だ。 ホラー映画の歴代興行収入トップ20をランキング形式で紹介しよう。 注:物価調整はしていません。 映画のタイトルは邦題のみ、公開はアメリカでのもの。

次の