仙台 市 コロナ 会見。 新型コロナウイルスの宮城県(仙台市)の受け入れ病院7カ所!

新型コロナウイルス感染症 国・宮城県・仙台市 対応の時系列まとめ

仙台 市 コロナ 会見

仙台市は18日、市内に住む20代の会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 重篤ではないという。 宮城県内で感染が確認されたのは51日ぶりで、感染者は89人になった。 市によると、男性は17日に38度台の発熱や悪寒の症状があってコールセンターに相談し、帰国者・接触者外来を受診。 翌18日にPCR検査で陽性と判明した。 過去2週間に海外や首都圏などを訪れてはいないという。 直前の15日には市内の職場に出勤し、その後、知人2人と市内の飲食店で食事をとった。 16日にも出勤後に別の知人1人と外出した。 いずれも移動は自家用車で、外出時にマスクは着けていなかったという。 市は、知人3人のほか同居する家族5人にPCR検査を実施していて、他に濃厚接触者がいないか調べている。 県内で感染者が確認されたのは4月28日以来だ。 郡和子市長は会見で「感染者が出たことは重く受け止めなければならない」とした一方で、市立学校の休校措置については「考えていない」とした。 (申知仁).

次の

新型コロナウイルス感染症 国・宮城県・仙台市 対応の時系列まとめ

仙台 市 コロナ 会見

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、仙台市の郡和子市長は14日、宮城県と共同で独自の緊急事態宣言の発表を検討している意向を明らかにした。 県内ではこの日、男女10人の感染が判明。 郡市長はこの日の定例会見で「人の移動が多くなる大型連休の期間は重要な局面。 市民、県民に訴えるという取り組みは重要だ」と意義を強調した。 政府は東京など7都府県に対して緊急事態宣言を7日に発令したが、北海道や愛知など自治体独自で緊急事態宣言を出すケースも広がっている。 村井嘉浩知事も13日の定例会見で「仙台市と調整し、5月の大型連休前にはアクションを起こす方がよい」として、独自の緊急事態宣言の可能性に言及していた。 宣言の内容について郡市長は「現時点で白紙」とした上で、自粛要請に伴う事業者に対する休業補償については「大型店などでは自主的に休業しているところもある。 現段階では何も決まっていないが、基本的にはまず国が行うべきだと考えている」との認識を示した。 一方、県では14日、大崎市内の50代の男性会社員と美里町内の80代男性の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表。 また、仙台市も10歳未満の男児を含む男女8人の感染を明らかにした。 県内の感染確認は計64人となった。

次の

外出自粛規制。宮城県と仙台市。 : くばりがかり

仙台 市 コロナ 会見

同日、県庁で宮城県医師会の佐藤和宏会長と仙台市医師会の永井幸夫会長を含む4人で「新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する県民の皆様への緊急メッセージ」と題した共同記者会見を開いた。 手話通訳も同席し、会見場の後方に設置したスクリーンでは「若い人は外出を控えてください」と表示し、緊急性を強調した。 郡市長は仙台市内のパブで発生したクラスターから今週末で新型コロナの潜伏期間とされる2週間を迎える点に触れ「今週末は重要な時期。 慎重な行動が何よりも鍵となる」と指摘した。 県内には感染症指定医療機関が7つあり、新型コロナ感染者の受け入れ可能な病床数は29床にのぼる。 一方、3日時点(午後5時現在)で入院患者数は12人にのぼり、病床数の逼迫が懸念されている。 村井知事は「患者が増えれば医療崩壊で治療ができなくなる可能性もある」と危惧した。 村井知事と郡市長は「4人で会見をしている意味を理解してほしい」と口をそろえた。 県の担当者によると、宮城県医師会の佐藤会長から村井知事に対して「緊急メッセージを発する必要がある」との提案があり、村井知事が郡市長に声をかける形で共同会見に至ったという。 村井知事は「特に若い人が感染を拡大させている」と強調し、若い人の定義としては「40歳代以下」とした。 そうした世代を中心に、今週末だけではなく「当面の間、今後1~2週間は不要不急の外出は控えてほしい」と求めた。 外出自粛に伴う商業施設などへの補償について、村井知事は「政府の対策が徐々に明らかになってきている。 万全を期したい」と述べるにとどめた。 仙台市は学校の再開時期について、感染が確認された教員が勤める学校を除き、8日に再開するとしている。 郡市長は「動向を見て判断していきたい」と柔軟に対応する姿勢を示した。 村井知事も「文科省のガイドラインに沿って準備を進めている。 現在のところは予定通り」とした。

次の