ハッピーエンド 歌詞。 ハッピーエンドグレーテル

ハッピーエンド 上白石萌音×内澤崇仁(androp) 歌詞情報

ハッピーエンド 歌詞

「 ハッピーエンド」は、バンドとしては16枚目のシングル。 すれ違う2人の切なさに「 ハッピーエンド」は本当にピッタリでしたね。 予告編だけで泣けてしまいます。 「ハッピーエンド」は嘘?実は失恋ソング。 タイトルは「ハッピーエンド」ですが、実は切なくとても悲しい 失恋ソングとの事。 作詞したボーカルの清水さんはインタビューでこう答えています。 嘘八百の歌ですねえ。 歌詞を全部書き終えたとき「もう言うことねえな、誰かタイトル付けてくれないかな・・・」って感じだったんですけど 笑。 でも、せっかくこの女の子が強がって、相手にとってのハッピーエンドにしたいのかなんなのか、一生懸命に嘘を吐いているので、だったらタイトルまで嘘を吐かせてあげないと可哀想だなあと思って。 uta-net. html 相手にとっての「ハッピーエンド」という事だったんですね。 このエピソードを聞いた段階でとても苦しく切ない気持ちになりますね。 苦し紛れに言った「ありがとう」という言葉も、 気持ちが邪魔してうまく言えないという切ない場面が浮かびますね。 どうしたらいいか分からないのでしょう。 徐々に「大丈夫だよ」と彼に言いつつも、自分に言い聞かせる事で気持ちを保っていたのかもしれません。 しかし彼女の心はどんどん落ちていき、それらはついに「 嘘」になってしまいます。 その花と、胸の奥にある「彼が好き」だという気持ちを 「 握りつぶす」という表現はとても悲しいですね。 彼女にとっての「大丈夫」は嘘でしかない筈ですが、彼の前だともうそう言うしか仕方がないのでしょう。 別れを切り出されても そんな事を思ってしまうほど彼の事が好きなのですが、 そんな事を言ってしまうと 彼を困らせてしまう。 自分の本当の気持ちを 「嘘」だと、嘘を吐いているのです。 別れ際になって 本当は嬉しかったんだと伝えたかったんでしょうね。 きっと出来るならば、あの夜の自分に戻りたいと思っているのではないでしょうか。 恐らく別れを切り出された理由について「 もう会えなくなるから」と言われたのではないでしょうか。 しかし彼女にとってそんな事は関係なく、どれだけ彼との距離が離れようが、好きだという気持ちは変わらないのに・・・ というもどかしい気持ちが表現されています。 だから彼にも自分のことをずっと覚えていて欲しい。 好きな人には誰だってそう思う事は当然ですが、やはりその言葉も彼を困らせると思ったのでしょう。 その気持ちを押し殺し、ただ「 元気でいてね」とだけ言い放ったところにも 彼女の強がりを感じます。 それとも愕然として現実を受け入れられないでいるのでしょうか。 そんな彼女に彼は安心した表情を見せますが、そんな暢気なところも「 大好き」だと感じてしまうほどの 純粋な気持ちが読み取れます。 もう自分は彼なしでは生きていけないのに・・・ と、ここでも 彼女の本音が垣間見えますね。 結局最後までその想いを消す事は出来ませんが、彼の前では意地を張って「嘘」を吐きます。 決意とも読み取れるその言葉に、思わず涙がこぼれてしまいます。

次の

ハッピーエンド

ハッピーエンド 歌詞

back number「ハッピーエンド」歌詞考察 この曲は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」という映画の主題歌となっているのですが その映画の先入観なしに、歌詞の意味を考えていきたいと思います。 相手のことを思うと、別れを告げることができないのです。 でもどうしても別れを告げなければいけない状況になったのではないでしょうか。 私はまだあなたが好きなのに、さよならをしなければなりません。 もしかすると、死んでしまうことをわかっているのでしょうか。 別れを告げたほうが相手ためだとわかっているのに、私は自分のためにさよならを言えないと嘆いているのです。 でもそんなこと言えない自分を嘆いています。 私はもうすぐ死んでしまうのです。 もう愛さないほうがいいのです。 私は自分の心を押し殺さなければならないのです。 そういう想いが私を切なくさせるのです。 私はそんなあなただから好きになったのかもしれません。 本当はあなたに会うことができてとても嬉しいのに、そう思うほど辛い状況なのではないでしょうか。 私はあなたを幸せにすることはできません。 あなたは私と一緒にいないほうがいいのです。 お互いに好きなのに、一緒にいることができない私の想いが心を締め付けます。 それでも最後まで一緒にいることが、何よりもの幸せではないでしょうか。 辛いことはこれからもたくさんあります。 でも目の前に幸せが落ちているのであれば、それを無理に放棄するべきではありません。 辛い未来が待っているとしても、自分のやりたいことをやるべきです。 私はそう思います。 PR まとめ back numberは切ない歌をたくさん歌っているバンドです。 彼らの歌がなぜ支持されるのか、それはこういう人たちがとても多く、またこういう人たちを応援したいと思う感情がたくさんあるからだと思います。 これからもback numberが支持されることを祈っています。 サビの「青いまま枯れていく」の「青い」について。 他の歌詞解釈ブログなども拝見しましたが、間違っていたり、ズレていたりしたので、こちらで書かせていただきます。 ここでの「青い」は植物の意味ではないです。 花でもなければ葉っぱでもない。 青春という言葉もあるように、まだ若いとか成熟していないという意味があります。 「枯れる」は老いていく、命が果てるという意味です。 この歌の流れを考えると、わたしのあなたへの恋心はもっともっと大きくなって愛にかわって、その気持ちが成就(例えば結婚など)したいと考えていたが、それを諦めなければいけないことに気づいた。 私の恋が終わったんだと気付かざるを得なかった悲しみを、枯れていくと比喩しています。 特に「青い」の部分については、解釈の違いとか自由とかではなく、このように解釈します。 その方がまだ未熟な恋が終わる悲しみが、より強く効果的に伝わることになります。 歌詞の比喩を学ぶにはミスチルを研究してみるのも勉強になります。 ご参考になれば幸いです。

次の

ハッピーエンドグレーテル

ハッピーエンド 歌詞

「 ハッピーエンド」は、バンドとしては16枚目のシングル。 すれ違う2人の切なさに「 ハッピーエンド」は本当にピッタリでしたね。 予告編だけで泣けてしまいます。 「ハッピーエンド」は嘘?実は失恋ソング。 タイトルは「ハッピーエンド」ですが、実は切なくとても悲しい 失恋ソングとの事。 作詞したボーカルの清水さんはインタビューでこう答えています。 嘘八百の歌ですねえ。 歌詞を全部書き終えたとき「もう言うことねえな、誰かタイトル付けてくれないかな・・・」って感じだったんですけど 笑。 でも、せっかくこの女の子が強がって、相手にとってのハッピーエンドにしたいのかなんなのか、一生懸命に嘘を吐いているので、だったらタイトルまで嘘を吐かせてあげないと可哀想だなあと思って。 uta-net. html 相手にとっての「ハッピーエンド」という事だったんですね。 このエピソードを聞いた段階でとても苦しく切ない気持ちになりますね。 苦し紛れに言った「ありがとう」という言葉も、 気持ちが邪魔してうまく言えないという切ない場面が浮かびますね。 どうしたらいいか分からないのでしょう。 徐々に「大丈夫だよ」と彼に言いつつも、自分に言い聞かせる事で気持ちを保っていたのかもしれません。 しかし彼女の心はどんどん落ちていき、それらはついに「 嘘」になってしまいます。 その花と、胸の奥にある「彼が好き」だという気持ちを 「 握りつぶす」という表現はとても悲しいですね。 彼女にとっての「大丈夫」は嘘でしかない筈ですが、彼の前だともうそう言うしか仕方がないのでしょう。 別れを切り出されても そんな事を思ってしまうほど彼の事が好きなのですが、 そんな事を言ってしまうと 彼を困らせてしまう。 自分の本当の気持ちを 「嘘」だと、嘘を吐いているのです。 別れ際になって 本当は嬉しかったんだと伝えたかったんでしょうね。 きっと出来るならば、あの夜の自分に戻りたいと思っているのではないでしょうか。 恐らく別れを切り出された理由について「 もう会えなくなるから」と言われたのではないでしょうか。 しかし彼女にとってそんな事は関係なく、どれだけ彼との距離が離れようが、好きだという気持ちは変わらないのに・・・ というもどかしい気持ちが表現されています。 だから彼にも自分のことをずっと覚えていて欲しい。 好きな人には誰だってそう思う事は当然ですが、やはりその言葉も彼を困らせると思ったのでしょう。 その気持ちを押し殺し、ただ「 元気でいてね」とだけ言い放ったところにも 彼女の強がりを感じます。 それとも愕然として現実を受け入れられないでいるのでしょうか。 そんな彼女に彼は安心した表情を見せますが、そんな暢気なところも「 大好き」だと感じてしまうほどの 純粋な気持ちが読み取れます。 もう自分は彼なしでは生きていけないのに・・・ と、ここでも 彼女の本音が垣間見えますね。 結局最後までその想いを消す事は出来ませんが、彼の前では意地を張って「嘘」を吐きます。 決意とも読み取れるその言葉に、思わず涙がこぼれてしまいます。

次の