哲学にゅ。 哲学(てつがく)とは

哲学(てつがく)の意味や定義 Weblio辞書

哲学にゅ

この系において、猫の生死はアルファ粒子が出たかどうかのみにより決定すると仮定する。 そして、アルファ粒子は原子核のアルファ崩壊にともなって放出される。 したがって、この猫は、生きている状態と死んでいる状態が1:1で重なりあっていると解釈しなければならない。 我々は経験上、猫が生きている状態と猫が死んでいる状態という二つの状態を認識することができるが、このような重なりあった状態を認識することはない。 「コウモリであるとはどのようなことか」(英:What is it like to be a bat? )は、アメリカの哲学者トマス・ネーゲルが1974年に発表した哲学の論文、および同論文を収録した書籍である。 ネーゲルはこの論文で「コウモリであるとはどのような事であるか」を問うている。 コウモリがどのような主観的体験を持っているのか=「コウモリであるとはどのようなことか」という問題は、コウモリの生態や神経系の構造を調査するといった客観的・物理主義的な方法論ではたどり着くことができない事実であり、意識の主観的な性質は、科学的な客観性の中には還元することができない問題であると主張した。 この論文は、心身問題の中心が意識の主観的側面(意識の現象的側面)にあることを述べた有名な論文であり、表題の問いは、よく知られた問い、または思考実験のひとつとして、現代の心の哲学者たちの間でしばしば議論に上る。 ネーゲルが対象とする動物としてコウモリを選んだのには、コウモリが哺乳類に属しており、系統樹の中である程度人間に近い位置にある生物であること。 とはいえ同時に、翼があったり超音波で周囲の状況を把握したりと、運動器官や感覚器官に関して人間とは距離のある生物であるため、としている。 つまりあまり人間に近い生物だと問題を鮮やかに示すのが難しく、かといってこれ以上系統樹を下って進んでいく(たとえばハチやアリまで行くと)、そもそもそこに意識体験があるのかどうか疑念が出てくるという難点がある。 そこでコウモリという中間的な距離の生物を選んだ、としている。 この論文が持った重要な影響の一つとしては、意識の主観性の定義として「…であるとはどのようなことか(What is it like to be... )」という表現を用いた方法を有名にしたことがある。 以下、論文の序盤でネーゲルが主観的な意識体験として意識を定義している部分の文章である。 舞台は紀元前2世紀のギリシア。 一隻の船が難破し、乗組員は全員海に投げ出された。 一人の男が命からがら、壊れた船の板切れにすがりついた。 するとそこへもう一人、同じ板につかまろうとする者が現れた。 しかし、二人がつかまれば板そのものが沈んでしまうと考えた男は、後から来た者を突き飛ばして水死させてしまった。 その後、救助された男は殺人の罪で裁判にかけられたが、罪に問われなかった。 緊急避難の例として、現代でもしばしば引用される寓話である。 現代の日本の法律では、刑法第37条の「緊急避難」に該当すれば、この男は罪に問われないが、その行為によって守られた法益と侵害された法益のバランスによっては、過剰避難と捉えられる場合もある。

次の

なぜ、日本人は哲学と宗教が苦手なのか?……現代の知の巨人・出口治明講演会質疑応答7

哲学にゅ

《philosophyの訳語。 ギリシャ語のphilosophiaに由来し、「sophia(智)をphilein(愛する)」という意。 が賢哲を愛し希求する意味で「希哲学」の訳語を造語したが、のち「哲学」に改めた》• 1 世界・人生などの根本原理を追求する学問。 古代ギリシャでは学問一般として自然を含む多くの対象を包括していたが、のち諸学が分化・独立することによって、その対象領域が限定されていった。 しかし、知識の体系としての諸学の根底をなすという性格は常に失われない。 ・・・・などの領域を含む。 2 各人の経験に基づく人生観や世界観。 また、物事を統一的に把握する理念。 「仕事に対しての哲学をもつ」「人生哲学」.

次の

哲学がないと人類は生き残れない!? 社会を支えて変える「ことば」や「ものの考え方」

哲学にゅ

原語であるギリシア語の は知を愛することを意味する。 哲学というは西周による 1874。 愛知としての哲学はののなかの一つではなく,人間の知識欲に根ざす根源的活動の一つだが,では,現代では科学との関係が問題となっている。 現代では厳密さを求めて哲学自体を科学化しようとする傾向さえ一部にある。 かつて非神学的を意味した哲学的というは現代ではしばしば非自然科学的,思弁的の意味で用いられている。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 《philosophyの訳語。 ギリシャ語のphiloに由来し、「sophia(智)をphilein(愛する)」という意。 がを愛し希求する意味で「希哲学」の訳語を造語したが、のち「哲学」に改めた》 1 世界・人生などの根本原理を追求する学問。 古代ギリシャでは学問一般として自然を含む多くの対象を包括していたが、のち諸学が分化・独立することによって、その対象領域が限定されていった。 しかし、知識の体系としての諸学の根底をなすという性格は常に失われない。 ・・・・などの領域を含む。 2 各人の経験に基づく人生観や世界観。 また、物事を統一的に把握する理念。 「仕事に対しての 哲学をもつ」「人生 哲学」 出典 デジタル大辞泉について の解説 英語philosophyなどの訳。 にしあまね により,〈希哲学〉を経てこの訳語が採用された(《百一新論》1874年)。 欧語はギリシア語philosophia(philein+sophia〈愛知〉)に由来する。 古代ギリシアの愛知の概念が真なるものの知(理論知)と道徳的実践(実践知)を含んでいたように,哲学には物事の合理的認識と人間の徳の追求が含まれる。 そしていずれの場合も〈現実〉の整合的・体系的説明とその批判が内容をなす。 〈現実〉の説明・批判は,自然や人間社会の〈もの〉や現象に直ちに向かうよりも,それらと人間とのかかわりあいの探求に向かう。 歴史の場合にも,歴史的事実ではなくて歴史の意味の探求に向かうのが哲学である。 したがって,哲学は自然・人文・社会諸科学と密接な関係をもつが,最後にはさまざまな経験を統合する基本的観点をつくる知的努力となる。 西洋にあっては,この知による知の根拠づけとも言うべき哲学の長い伝統があり,哲学といえばを指すことが多い。 文明史的観点から西洋哲学を相対化することは可能であるし,場合によって必要であるものの,(言葉,理性)の運動を極限まで押し進めるという徹底性は他の思想伝統には見られない特質であって,安易な批判や超克こそむしろ警戒されるべきである。 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて の解説 …この場合の〈インド〉は今日のインド バーラト のみならず,その近隣諸国をも含む〈インド亜大陸〉といわれる地域を指す。

次の