コンクリート ブロック 積み 方。 ネグロス島 永住日記: コンクリート・ブロックの正しい積み方

DIY ブロックで土留めを作る

コンクリート ブロック 積み 方

見出しにジャンプ• コンクリートブロックの基本 本題のブロック積み後編をスタートする前に、前回とは違いコンクリートブロックの基本から。 と、その前にブロックには裏表の向きがあり、左の平になっているのが表で、右のように中心付近がでこぼこしている方が裏側になっています。 コンクリートブロックにも種類があり、厚さの違いと形の違いがある。 ちょっと長いですが、前回の基礎知識と合わせて読んでもらえると中の人が喜びますw コンクリートブロックの規格サイズ 厚みは 10cm、 12cm、 15cm、 19cmの四種類があり、 長さ39cm高さ19cmが規格サイズになっています。 今回使っているブロックは12cmのもので、ホームセンターで1本225円くらいでした。 詳しくはコンクリートブロックを製造している会社にサイズが載っている。 コンクリートブロックの種類 サイズだけじゃなく形にも違いがあり、 基本ブロック(並ブロック)、横筋ブロック(横ブロック)、コーナーブロックの三種類があるんですね。 コーナーブロック コーナーブロックは上になる部分に配筋(鉄筋を入れる)できるようになっていて、ブロック塀やブロック基礎の角に使うことが多い。 ただ、90度に曲げる場合にしか使えないから、曲げる角度が変わる場合には基本ブロックや横筋ブロックをカットして使います。 このブロックはただコーナーとだけ呼んでいました。 この三種類以外にもありますが、他の形状は 通気ブロックと 笠木ブロックがあり、見栄えをよくした 化粧ブロックというのもあります。 通常は今回写真で紹介しているものをコンクリートブロックと呼ぶことが多いですかね。 他の知識として、コンクリートブロックには 軽量ブロックと 重量ブロック(ホームセンターに通常置いてあるブロック)、 防水ブロックなんてものもあったりする。 意外にもたくさんの種類があるから覚えきれないけど、こんなブロックがあるんだなー程度に覚えておけば、きっとDIYに役立つと思ったり思っわなかったりラジバンダリ。 それでは本題のブロック積みを開始! まずはじめにブロックを配置して、ブロックを積んだ状態に配置してみるのがおすすめ。 こうやって置いてみると、ブロックを切らないとダメなのか確認できたり、目的の高さに合わせられるかなどが実際にみてとれます。 ブロックの配置確認ができたらいよいよ積む準備をはじめてみる。 基準の高さを壁などに写す 今回もレーザーレベルさんに登場願います。 ヤリカタを作ってるにしても水平をとる必要があるし、室内の造作なんかにも使えたりする。 水平や90度の確認なんかをアナログ的にやろうとしても、基準となるものがないと難しいのだよ。 ちょっと高いけど買ってよかったものNo. 1かも。 (出番は少ないけど) レーザーレベルは水平器のように気泡がついていて、赤丸の中心付近に気泡を合わせるだけ。 あとは自動的に水平をとってくれる仕組みになっている。 やだ、天才! 僕が持っているのは というモデルで5万円以上するけど、最近だと中国製の安いやつなんかだと1万円も出せば同じレベルのものが買えちゃうんですよね…持ってなかったら試しに買ってみたかったりするほど魅力的なんですよねw レベルの水平出しが終わったら、基準点から高さを出すための準備。 受光器を使って音で判断できるので、日中でも余裕で使えちゃいます。 肝心の精度の方は3mで1mmくらいだから十分に使えると思う。 素人が水盛管つかうよりはいいんじゃないかな? 晴れた日だと高照度レーザーでも見づらい(見えない)けど、受光器だと目でも耳でも水平がわかるので、たいへん便利なことこの上ない。 緑色に光っているのが水平がとれているかの表示で、高かったり低かったりした場合も同じように光ります。 音でも高さの違いがわかるから、レーザーが見づらい日中でも高さを取りやすい。 高さを出したらモルタルを練っておく こんかいはちゃんと写真で残してあるので、前回よりもくわしくできると思うの。 毎度おなじみなモルコンでモルタルを作っていきます。 砂とセメントを3:2くらいの配合でつくれるけど、しょっちゅう使うものでもないから毎回モルコンを買ってるのおすすめ。 セメントを物置に入れておいても、いざ使うって時には固まってたりするからねw セメントと砂(正確に言うとシルトなどの粒子が細かいものも配合する)を配合したものを水でコネていく。 配合したもので山を作り水をせき止め、溜まった水と混ぜ合わせていく。 練っていくと水が足らなくなるから、無くなってきたら水を足す感じでおk。 こうやって少しづつやっていくと失敗しなくていい。 モルタルやコンクリートを練るときは、炊きあがったごはんを混ぜる時と同じように、切るようにして練っていく。 クワで山を切り崩しながら底をさらっていうイメージで。 ちょっと水が足らないかな?もう少しゆるくてもいいけど、だいたいこんな感じに全体に水をなじませていく。 あとは使う時に少しづつ水を足し、ブロックコテで練りながら使っていく。 ブロックコテの使い方 ブロック専用のコテを使うと比較的楽にコンクリートブロックを乗せるための土台モルタルを作れる。 この作業をする時は空いたペットボトルに水をくんでおくか、水を入れたバケツを近くに置いておくと捗りますよ! ブロックコテを使いトロ箱(参考写真はフネのまま使っている)の壁際にモルタルを寄せ、切るようにしてコテを使い練っていく。 コテで練ってなめらかになった部分をブロックコテの斜めになったところを使ってすくっていくイメージ。 このモルタルをブロックを積む部分に置いていく。 モルタルをコテにのせブロックを積むところにのせていく。 ブロックの一段目の時はモルタルを置くだけだったけど、二段めを積む時にはモルタルをのせた後に、コテを使って擦り付けるイメージでやるとうまくいくと思う。 四回モルタルを置く作業をすると写真みたいになる。 なぜ筋状にモルタルを置くかというと、ブロックをのせた後にハンマーで叩いて高さを下げるから。 ベターッとモルタルを敷いてしまうと、ハンマーで叩いても下がらなくなる。 ブロックの高さが足らない時には、硬めのモルタルを使ったり一度ブロックを置いたあと、もう一度モルタルを置くと高さを上げやすくなりますよ! とにかくブロックを一度配置してから、高さが足らないようならモルタルを追加していく。 コンクリートブロックの高さを調整していく モルタルを置きブロックをのせたら目地払いをし(はみ出たモルタルをコテですくい取る)ブロックの通りを見やすくしておく。 目地払いをするときはブロックコテの斜めになった部分を使い、ブロック側面を撫でるようにするとうまくいく。 普通は「やりかた」から高さを出すけど、作ってないからレーザーレベルで高さをみる。 先ほど右側の高さを見ましたが、水平器を置いて確認すると右側のほうが少し高いので、モルタルを足さないとダメ。 念の為短手方向も高さを見たけど、こちらはほぼ問題ない。 ブロック左側の高さが足らないから、ブロックコテを使い再度モルタルを筋状に乗せていく。 一度ブロックを置くとモルタルが締まるから、高さ調整するときは再度モルタルを置くことでブロックの高さ調整をする。 ブロックの高さを調整したら根本の必要ないモルタルをコテで取っておく。 この部分にモルタルを残しておくと、次のブロックを積むときにじゃまになってしまう。 さっきと同じ要領で反対側のブロックを積んでいきます。 こんどは基準となる高さが隣になるので、高さはわかりやすい。 基準がある場合には高さをとる手間が少なくなるから、「ヤリカタ」が無くても大丈夫だから今回は作らなかったんです。 両側の高さを合わせたら水糸を使ってブロックの通りを出していく。 水糸をブロックの端に沿うように張り、水糸を頼りに通りを出していく。 指で水糸を弾きながらやると引っかからなくてGoodです。 通りが悪い場合はブロック側面をハンマーで軽く叩き通りを揃えていく。 水糸で通りを出す時には糸の端に輪っかを作る。 水糸に作った輪っかをブロックの端に引っ掛け、ブロックの角に水糸の結び目が来るようにすると通りを出しやすい。 中間のブロックは目地も一緒に作っていく ブロックを積む部分にモルタルを置き、同じ要領でブロック側面にもモルタルを置いていく。 ここで乗せたモルタルが目地になるから、あとから目地を作る時に手間が半分になる。 グロック側面にモルタルを置き、ブロックコテを使い擦り付け柄の部分で横から叩いておく。 こうすることでモルタルに振動をあたえ、積む時に目地が落っこちてしまうのを防ぎます。 このように目地も同時に積めるから後作業が楽になる。 ここまできたら通りを見ながらでもいいし、隣のブロックを基準にしてもいいから、ハンマーや手を使いブロックの水平出しと通りだしを同時にやっていく。 目と手で隣のブロックとの段差を感じなければ見た目にはキレイに積めてるはず。 あとは先ほどと同じように目地払いをしておけばOK。 充填をし目地を作って仕上げていく ブロックの水平と通りを出したらブロックの継ぎ目にモルタルを充填していく。 充填する時にただモルタルを入れるだけだときちんと埋まらないから、余った鉄筋などでつっつくとうまくいく。 充填することで目地入れもできるようになるし、目地を切ることもできるようになる。 目地の充填まで終わったら次は目地を切っていく。 目地コテをブロックの角に当てながら切るようにして目地に詰まったモルタルを斜めに切っていく。 目地を切るとモルタルとブロックに段差をつけられるようになるから、切った状態から目地コテの平らな部分を使い目地をならしていく。 目地を押さえると仕上がりです。 左下に少し見えている払っただけの目地とは雲泥の差ですね。 画像では見づらいけど、それはブロックと目地に段差があり陰影がついてるから。 目地が乾いてくると良い感じにキレイになってくれます。 埋戻して道具を洗ったらフィニッシュ! 本当はブロック天端の仕上げまでしたいところだけど、ブロックを積んだ内側に土にフルイをかけて出てきた石を入れていくから、しばらくはこの状態のままになるかとw ブロックの周りに土を埋め戻し使った道具を水洗いして終了とします。 モルタルやコンクリを使った後は、1時間以内には洗っておきたいですね。 水をかけただけでキレイにならないなら、洗車ブラシやコテを使ってセメントを落としていきましょう。 まとめ こんかいはブロック天端を仕上げてないえけど、コンクリ土間にするか木造でゴミステーションを作るか迷ってるんだよね。 ゴミステーションを木造にするならアンカーも入れないと駄目だし、砕石代わりの石を畑から採取しないとだしw しばらくはこのままの状態で、畑から取り除いた石を満タンまで入れたら続きをやっていきます。

次の

コンクリートブロックを利用したフェンスの基礎

コンクリート ブロック 積み 方

コンクリート基礎の図面 型枠の高さは9センチ。 上から1センチは均しモルタルとするので、基礎コンクリートの打設厚さは、8センチとなる。 上の図面の通りとすれば必要なコンクリートは、 2. 495 - 2. 46-1. 232856m 3 重さにして500~600kgだ。 コンクリートミキサー車でも呼びたいところだけど、• コンクリートやの知り合いがいない• ミキサー車を呼ぶにしてはちょっと量が少ない ということで、DIYでコンクリート練りすることにする。 500kgのコンクリートをDIYで作らなければならないというのは始める前から気が重い話だ。 DIYでコンクリート工事 ここからが500キロのコンクリートを練る工程。 コンクリートを練る 一度に大量にコンクリートを練るのは体力的にしんどいので、一輪車の中で何度か分けながら練り作業を行う。 まずは砂とセメントを空練り。 ここまでは比較的容易なDIYだけど、砂利を入れると急に重くなりしんどくなる。 さらに水を入れるとさらに混ぜのDIYは負担だ。 暑い中、少しずつコンクリートを練っていく。 妻もいつものように日焼け止めを塗って参戦してくれた。 我が家のDIYは家族総出。 というよりも妻も半ば強制的にDIYに駆り出される羽目になっている。 コンクリートを打設 混ぜ終わったコンクリートを強靭バケツに入れ型枠まで運ぶ。 そして一気に流し込み、空隙ができないようにシャベルや棒などでひたすら突付く。 突きが甘いとコンクリートにたくさん空隙(ジャンカ)ができてしまうので、この作業は入念にやる。 ここでも妻が容赦なくDIYに参加。 頑張ってくれる妻に感謝。 セルフレベラーでコンクリートの天端均し コンクリートの打設が終わったら、天端を均す。 どうせ基礎の上にコンクリートブロックを置いてしまうので、この作業は必要はないのだけど、なぜこんなことをするのかというと、 「セルフレベラーをDIYで使ってみたかったから」 ただそれだけでそれ以外にな~んの理由もない。 セルフレベラーを流して数日後 基礎コンクリートは「カチカチ」かつ「ピカピカ」に固まった。 水平にはなったけど、この基礎コンクリートの上にモルタルを載せる時にモルタルと基礎の付着が悪くて困りそうだ。 やっぱ、これはベースに施工するものではないと実感した。 大量のクラック発見 一見ツルツルの基礎コンクリート天端だけど水で濡らすと細かなクラックが大量にあった。 クラックは、一般的に水が多い時に現れる現象だ。 セルフレベリングコンクリートは水の配合量が厳格に決められているので配合の間違いはないはずなのだけど、• 練りが甘かった• 練り置きしている間にセメントが沈んでしまった のいずれかにより、品質にムラがあったのかもしれない。 基礎コンクリート完成 とりあえず、基礎コンクリートのDIYが完成した。 型枠を外す コンクリートが固まるまで待ち、翌週型枠を外す。 型枠を止めるために取り付けてあった板ナットを取り外す。 そして、型枠の板を外す。 型枠の高さが10センチ程度と低かったためか、ちゃんと油を塗ってあったためか、型枠はすんなりと外すことができた。 型枠を外すと見えてきた問題点 型枠を外すと、これまで見えてこなかった問題点が見えてきた。 上の写真がコンクリートの締め固め不足によるジャンカ。 右の写真も同じようにジャンカができた跡。 空隙があったためにどんどんセルフレベラーが流れていってしまった様子がよくわかる。

次の

ブロック塀の主な規定 日本建築学会規準

コンクリート ブロック 積み 方

php : failed to open stream: HTTP request failed! php : failed to open stream: HTTP request failed! php on line 98 レンガ積みの基礎は結構いい加減でも何とかなりますが、ブロック塀となると頑丈な基礎が必要です。 と、その前にブロック塀をDIYで積むことは可能でしょうか? ブロック塀のDIYははっきり言ってかなり難しいです。 難しいだけではなく、失敗した時のリスクが大きいです。 スポンサードリンク ブロック塀のDIYのリスク レンガ敷きやウッドデッキが壊れても自分の家にしか被害がありませんが、ブロック塀が倒れてしまうと、大きな被害を生みます。 重いので、フェンスが倒れる時よりもはるかに大変なことになるでしょう。 なので、正直、DIYでの高い段数のブロック積みはおすすめしません。 最近は地震などのリスクもあるので、構造はよりしっかりとしたものにする必要があります。 ここでは、業界団体が推奨している基準でのブロック塀の基礎について紹介します。 スポンサードリンク ブロック塀の基礎 ブロック塀の基礎の形状には3種類あります。 I型、逆T型、L型です。 使い分けですが、日本建築学会(わたしも実は加盟しています)の基準では、I型は非推奨です。 ただ、誰がどう見てもわかるように、I型がダントツで作りやすいです。 どれを作るにしても、型枠を作って鉄筋を入れてとかなりレベルが高いDIYです。 鉄筋について 縦筋は、ブロック塀とブロック塀の間に入れます。 ブロック塀の穴の中ではありません。 ブロック塀2個おき(80センチおき)にD13(太さ13mm)の鉄筋を入れていきます。 横もブロック2段ごとに鉄筋を入れておきます。 この時、ブロックは横筋用を使うことを忘れないで下さい。 ということで、事前の理解と技術が必要なのがコンクリートブロック積みなのでした。

次の