ゴースト リコン ブレイク ポイント ソロ。 ゴーストリコンブレイクポイントの評価感想まとめ!ソロだとキツイ?

【Ghost Recon Breakpoint】ソロでも余裕!エリアを簡単に制圧する方法

ゴースト リコン ブレイク ポイント ソロ

ゴーストリコンブレイクポイントのソロでのチームメイトは今回は居ない? 今作では、ソロプレイではAIチームメイトはいません。 なのでゲームを進行する上でほぼ一人で戦うことになります。 前作では、AIチームメイトと共に戦っていたので特殊部隊感が薄れ残念です。 ただ、協力プレイでは仲間を増やして一緒に戦えます。 また一人でプレイする場合は、AIチームメイトに変わってドローンが何台も使えるようになってそれが一緒に戦ってくれるようです。 少なくとも発売後しばらくはこの状態が続きます。 スポンサーリンク 発売後、アップデートにてAIチームメイトを追加するかも しかし、ブレイクポイントの最新のインタビューなどを見ていると ロンチ後にAIチームメイトを追加予定 とされています。 ロンチとは発売後を意味しています。 これが本当ならかなりありがたいですね。 ユーザーからの要望が多かったようでアップデートにてAIチームメイトを追加します。 ソロをメインに作られているのでゲームバランスが気になりますが、協力プレイなどもあったりするのでなんとか大丈夫そうですね。 前作のシンクショットが便利だったのでそこらへんもできるようにしてほしいです。 AIチームメイトがいる方が特殊部隊ぽくって自分は好きです。 一人でゲームってなるとなんだか特殊部隊って感じがしなくなってしまいますよね。 実装時期ですが、発売後は確定しているのでしばらくはAIチームメイト無しでのプレイです。 できるだけ早めの実装がいいですが、時期がいつになるかはわかりません。 個人的な予想は3ヶ月〜半年ぐらいかかりそうな予感。 それまではドローンや、オンラインでの味方と一緒に戦うことになります。 前作よりRPG感がまして野営地などもあるそうなので前作よりよりリアルに楽しめそうですね。 一日でも早いAIチームメイトの実装が待ち遠しいです。

次の

ゴーストリコンブレイクポイントの評価感想まとめ!ソロだとキツイ?

ゴースト リコン ブレイク ポイント ソロ

ゴーストリコンブレイクポイント評価感想まとめ!メタスコアは? まずは、ゴーストリコンブレイクポイントのメタスコアを見てみましょう!• メタスコアは 56点• ユーザースコアは 2. 6点 かなりひどい点数ですねw メタスコアの評価をまとめると• もっと面白くなったんじゃないの?• 課金要素が良くない• いろいろな要素を詰め込み過ぎてる• オープンワールドのゲームとして 「つまらない」わけではないけど、 前作から比べて 「良さがなくなってない?」という評価。 ユーザースコアがここまで悪いのは 「課金要素」が原因です。 フルプライスのゲームなのに「課金・課金・課金!」とかなり評判悪いです・・・。 海外での反応はこんな感じですが、 今度は日本の評価を見てみましょう! ゴーストリコンブレイクポイント評価感想まとめ!全体的な評価まとめ! 評価を一通り見てみましたが、まとめると以下の通り! 前作と、良くも悪くも、大きく変わった!前作のがよかった?• RPG要素が多くなり「ディビジョンぽい」という意見も。 全体の評価としては「賛否両論」• UIがわかりづらい• 課金は不評• ソロではキツイ• coopは楽しい• オンライン専用にはしないでほしかった。 バグが多すぎ! この作品は前作『ワイルドランズ』の続編にあたるものなのですが、 評価の多くは 「前作のほうがよかった、かも?」というもの。 日本のユーザーの評価はそれほどダイレクトにひどいものが少ないですが、 明らかに「クソ」と評価する人もいるので、 海外の評価と合わせてもいい評価とは言えませんね。 銃のレベル要素、課金要素、そして「オフライン」でできない、バグが多いなど、 ゲームとして全体的には悪くないものの、 悪い点がかなり多くなってしまっているので、 評価が下がっているという様子。 ゲームとしては面白いのに、もったいないという雰囲気ですね。 まだ発売したばかりですが、この評価だと、これからもっと下がるような予感も・・。 ゴーストリコンブレイクポイントの評価感想まとめ!前作と、良くも悪くも、大きく変わった! この作品『ゴーストリコンブレイクポイント』は、前作「ワイルドランズ」の続編。 登場人物もストーリーも、前作を引き継いでいる設定です。 しかし、ゲーム性やユーザーインターフェース、 武器の仕様などの変更点が多くて、 前作が好きだった人からは不評。 でも反対の高評価をしている人も多くいます。 賛否が分かれてる!という印象ですね。 「ワイルドランスとは違うよね〜色々。 わたしは ブレイクポイントのが動きやすくて好きだけど、ワイルドランスしてた人の意見聞くとほんと半々」 「ワイルドランズの正統進化」 「ブレイクポイント、確かに前作からかなり変わったけど個人的に好きや…!!w」 「ゴーストリコンのオープンベータやったんだけど、明らかに前作とは比べ物にならないくらい進化してて、めちゃくそ楽しかった」 という雰囲気です。 前作が「好きすぎる!」「超ハマった!」という人には、 もしかしたらお気に召さないかも知れませんね。 ゴーストリコンブレイクポイントの評価感想まとめ!レベル制RPG要素が「いらない」? 今回、前作と違い、装備にレベル制が導入されているのですが、 それが「不評」な様子。 好きな人もいるみたいですが。 」 「現時点ではWLに比べてグラ劣化UI劣化余分なアイテムレベルとかいうRPG要素追加と褒めるところがあまり見つからない」 「銃のハクスラ要素マジいらねー」 RPG要素が悪いわけではないけど、 「なんか、他のゲームっぽい」という評価や感想が多かったです。

次の

【レビュー】ソロでも十分楽しめる

ゴースト リコン ブレイク ポイント ソロ

ゴスリコむずいよ!という方に 今回は「Ghost Recon Breakpoint」でエリアを簡単に制圧する方法をご紹介。 ゴーストリコンシリーズはステルスゲームなので、撃ち合いをすると若干不利になることも。 よって見つかってしまうとすぐ倒されてしまい、難しさを感じるかもしれません。 そういう時は、この記事を参考に戦略を変えてみてください。 ヌルゲーになっても責任はとれません。 エリアを簡単に制圧する方法 結論から言うと… 『高所を取ったら勝ち』です。 ステルスゲーというのは、見つからないことが重要ですが、見つかっても対処はできます。 要は 「倒されなければいい」わけなので、倒されなければ何をしてもいいわけです。 つまり、 どんな卑怯な手段を使ってでも、敵を壊滅させれば解決するわけです。 高所を取れ! 必勝法は 「高所を取る」です。 基本的にシューターゲームは、 上にいるほうが有利です。 何故なら、 視界を広く確保でき、敵の動きを把握しやすいからです。 逆に、下から上は確認が難しかったり、死角が多く射線が確保できなかったりします。 なので、高所を取るという事はとても重要なのです。 まず、エリアに近づいたら 「ドローン」で偵察すると思います。 この時、 敵を位置をマークすると共に、そのエリアの最も高い場所を探します。 例えば屋根の上、例えば丘の上、例えば見晴台などです。 つまり、そこに陣取ってしまえば、敵を発見しやすく、尚且つ射線を確保できます。 更に言うと、 敵が登ってこれない位置というのは最強ポジションです。 何故なら、敵が登ってこれないという事は、敵が寄ってこないからです。 つまり、狙撃されるか、ヘリの奇襲に合うか、迫撃砲が当たるかしない限り、まず死にません。 よって、ヘリで高所に着陸してしまうのが手っ取り早いという結論になります。 ヘリはビバークで呼び出せるので、近くのビバークから持ってきます。 あとは高所に着陸して、敵を片っ端から狙撃して全滅させるだけなのです。 ちなみに、 敵は梯子を登れないようなので、梯子のある高所に登ってしまえば一方的に攻撃できる。 着陸時はエンジン音で警戒されるが、どうせ敵はまともに攻撃できない。 心配ない。 スナイパーこそ最強 用意するものは 「アサルトライフル」と 「スナイパーライフル」です。 スナイパーライフルは、 威力の高いアンチマテリアルライフルタイプを選択するのがベスト。 M82、TAC50、HTI…などです。 基本的に敵を一撃で倒せるので、HSが苦手でも敵を処理できますし、ドローンも処理しやすくなります。 設計図があればいつでも作成できる。 なければ店やドロップ品で確保しておこう。 敵を倒す順番 敵を倒すにも順番がある。 適当に倒していると強いやつが残ってしまうのだ。 なので基本的には面倒な奴から片付けるようにしよう。 これは筆者が行っている基本的な順番だ。 スナイパーを始末 スナイパーは異様に目が良いのと、攻撃された時の被ダメージが即死級なので残しておくと確実に不利になる。 なので、スナイパーは真っ先に眠ってもらう 同様にRPG兵 ロケットのマーク も、見つかるとロケランをぶっ放してくるので眠ってもらう。 こいつらは基本的に高所に位置するので、高所のやつを最初に片付けると覚えておこう。 ドローン兵を始末 次に ドローン兵を始末する。 ドローン兵は、 警戒時になると攻撃ドローンを展開してくる。 こうなると敵が増えて厄介だ。 ドローン兵は頭の上に 「サイコロの4の目」のようなマークが出ている。 そいつを見つけたら生きて返すな。 当然だが、飛行ドローンも厄介なので、飛んでいたら叩き落そう。 地上の戦車タイプのドローンは硬いので後回しでもよい。 タレットを無力化する タレットと迫撃砲は、発見されるとかなりのダメージを与えてくるので厄介だ。 なのでこれらも停止させるわけだ。 そこで一気に片付ける方法がある。 それは 電源設備を破壊することだ。 インタラクトで破壊工作、もしくは攻撃することで電源を停止させられる。 電力が無くなると、一帯のタレットや迫撃砲は機能停止するので一気に無力化できるのだ。 しかし、 攻撃して破壊した場合、爆発が起きるので敵に警戒される。 その為、先にスナイパー、RPG兵、ドローン兵を片付ける必要があるのだ。 爆発警戒後は、電源設備周辺に敵が群がるので、チャンスとなるだろう。 無線兵を片付ける 無線兵は、警戒状態になると増援を呼ぶ。 高所にいた場合は攻撃ヘリがやってきて面倒だ。 警戒状態になると、無線兵が連絡を取り始める。 そうなると、 未発見時でも画面にマークが表示される。 そこで 「SYNCショットドローン」の出番だ。 SYNCショットでこいつを眠らせてやればいい。 呼ばれてから猶予は10秒ほどあるので落ち着いて始末しよう。 始末すると、増援要請が解除される。 パーティーの始まりだ! あとは残った敵を片っ端から狙撃して無力化しよう。 仮に見つかったとしても、しばらく伏せていれば警戒モードに戻るし、慎重に戦っていれば死ぬことは極端に減るだろう。 重装兵はアサルトで撃った方が処理が速いので、見つけたら連射して一気に畳みかけよう。 天窓がある場所は、ガラス越しに敵を倒すことも可能。 ガラスは銃弾が貫通するので、天窓越しに見えた敵を頭上から排除してやろう。 その他のやり方 籠城戦法 その他の戦法としては、 敵が一か所からしか侵入できない場所に籠って、引き寄せるという方法。 籠るポイントを決めたら、敵にわざと発見される。 そうすると敵が集まってくるので、寄ってきた敵を排除する。 多少リスクはあるが、 発見時に敵が集まってくる習性を逆手に取って、戦術を考えるのも大切だ。 地雷、グレネードなどを駆使するのもありだろう。 ドアから入ってきた敵は全て天国に送られる。 ヘリで空爆 攻撃ヘリで空爆するのも手だ。 時間はかかるが、最も安全な方法と言えるだろう。 ちなみにこの攻撃ヘリは40000クレジットぐらいだったはず。 まとめ• 卑怯な手段を使いまくれ!• 高所を取って狙撃• スナイパー、RPG兵、ドローン兵は要注意• タレットや迫撃砲は電源設備を落として無力化• 無線兵はSYNCショットドローンで始末• 敵をおびき寄せるのも戦術• どうしても無理ならヘリで空爆! 敵の処理方法や、高所の有利さを理解すれば、敵を無力化するのは容易となる。 基本的に高所は用意されているので、まずは偵察して敵が来づらそうな高所に位置取ろう。 中にはヘリで着陸しないと登れないところもあるので、その場合はビバークからヘリをもってこよう。 ゴーストリコンは騎士道や武士道を試すゲームではない。 安全かつ卑怯な手段を使いまくって、敵を壊滅させ、超ラクチンな制圧を目指してみよう!.

次の