小栗 旬 沢尻 エリカ 映画。 映画「人間失格」太宰治の原作 小栗旬に宮沢りえ、二階堂ふみと沢尻エリカ

沢尻エリカの闇、小栗旬が警告!松浦社長の次は、蜷川監督の追及へ

小栗 旬 沢尻 エリカ 映画

昭和最大の未解決事件をモチーフにしたフィクションで、2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で国内部門第1位に輝いた塩田武士の同名小説を映画化した『罪の声』 今秋公開 から新たな情報が到着した。 小栗旬と星野源が初共演!『罪の声』の意味深なビジュアルが到着 [c]2020「罪の声」製作委員会 平成も終わりのころ、昭和最大の未解決事件を接点に、運命に導かれるように出会い大きな決断へと向かう2人の男を主人公とした本作。 すでに時効を迎えている30年以上も前の未解決事件を追う新聞記者の阿久津英士を演じるのは小栗旬。 父の遺品のカセットテープから聞こえてきた幼いころの自分の声が、30年以上前に日本中を震撼させた脅迫テープの声と同じであることに気づく、もう一人の主人公の曽根俊也を星野源が演じている。 そんな小栗と星野が真剣な表情を浮かべる、このたび公開された新ビジュアル。 それぞれが見つめる先にはなにがあるのか、二人の運命が今後どのように交錯していくのか、と考えさせられるような意味深な仕上がりに。 また、あわせて公開となった特報も、物語の発端となる脅迫テープの子どもの声から始まり、それが自分の声だと気づき戸惑う曽根と、「本当の罪人を、引きずり出します」という力強い言葉と眼差しが印象的な阿久津が映しだされており、二人の熱のこもった演技が期待を煽るものとなっている。 【写真を見る】『罪の声』新キャストに市川実日子、松重豊、梶芽衣子ら実力派が集結! [c]2020「罪の声」製作委員会 さらに新ビジュアルと特報にも登場している新キャスト10名も発表された。 曽根の妻である亜美役に市川実日子、母の真由美役には梶芽衣子、その若き日を阿部純子が、叔父の達雄を宇崎竜童が演じる。 また、阿久津が所属する大日新聞の元社会部記者の水島役に松重豊、同じく社会部事件担当デスクの鳥居役に古舘寛治、事件に翻弄される生島一家の母親である千代子役に篠原ゆき子、その娘の望役に原菜乃華がキャスティングされた。 そして、二人が事件に翻弄されるなかで出会うスーツの仕立て職人である河村役に火野正平、麻雀店の元オーナーの須藤役に正司照枝と、実力派たちが名を連ねている。 豪華キャストたちの共演で、昭和最大の未解決事件に翻弄される二人の男と彼らを取り巻く人々の姿を描く本作。 さらなる続報を心待ちにしたい。

次の

小栗旬主演映画『人間失格』 宮沢りえ×沢尻エリカ×二階堂ふみが出演

小栗 旬 沢尻 エリカ 映画

4月2日(木)発売の小栗旬主演映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」Blu-ray豪華版に収録される特典映像の一部が公開された。 本作は、蜷川実花監督が構想に7年を費やし、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を大胆に描き、小説「人間失格」の完成に至るまでを映画化。 主演の小栗旬をはじめ、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみらの圧巻の演技は大きな話題を呼んだ。 公開された映像は、映画監督・山戸結希がディレクションしたドキュメンタリー映像の一部。 テーマは『蜷川失格 蜷川実花の創る世界』。 蜷川監督により、スター役者陣との関係性や対峙方法などを語られている。 <ストーリー> 天才作家・太宰治。 身重の妻・美知子と二人の子供がいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返す。 その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。 太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。 二人の愛人に子供が欲しいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、ついに自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが…。 <キャスト> 小栗旬、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也 <スタッフ> 監督:蜷川実花 脚本:早船歌江子 音楽:三宅純 主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリヤ鳴く空 feat.

次の

映画「人間失格」太宰治の原作 小栗旬に宮沢りえ、二階堂ふみと沢尻エリカ

小栗 旬 沢尻 エリカ 映画

その小説よりも遥かにドラマチックだった<誕生秘話>を太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化するのが『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9 月 13 日(金)公開)。 監督は世界で活躍する写真家である 蜷川実花。 構想に7年を費やし、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を大胆に映画化!主人公の太宰治を演じるのは、 小栗旬。 蜷川監督と初タッグを組み、大幅な減量を敢行しながら、究極のダメ男でモテ男、才気と色気にあふれた最高にセクシーでチャーミングな、かつてない太宰像を創りあげた。 太宰の 正妻・美知子に宮沢りえ、作家志望の 愛人・静子に沢尻エリカ、 最後の女・富栄に二階堂ふみ。 それぞれの世代を代表する女優たちが、一見太宰に振り回されているように見えて実は自分の意志で力強く生きている女性たちを、圧巻の演技力で魅せる。 さらに太宰と女たちを取り巻く男性陣にも、 成田凌、 千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也ら超豪華キャストが集結。 蜷川組常連のスタッフに加え、脚本に『紙の月』の早船歌江子、 撮影に『万引き家族』の近藤龍人、音楽には世界的巨匠・三宅純を迎え、日本映画界最高峰のチームが集結。 ゴージャスでロマンティックな唯一無二の蜷川実花の世界観をさらに進化させた。 9 月 14 日 土 、映画公開を記念して主演の小栗旬、沢尻エリカ、二階堂ふみ、千葉雄大の豪華キャスト陣と、監督の蜷 川実花登壇による舞台挨拶を実施いたしました。 公開を迎えた今だからこそ話せる現場でのエピソードや、9 月 14 日は男性か ら女性に愛を告白する「メンズバレンタインデー」ということから、作品に登場する太宰の数々の恋の名セリフについてなどたっぷり トークしました。 『人間失格 太宰治と3人の女たち』公開記念舞台挨拶 【日程】9 月 14 日 土 【場 所】丸の内ピカデリー1 【登壇者】小栗旬、沢尻エリカ、二階堂ふみ、千葉雄大、蜷川実花(監督) 天才作家・太宰治役の小栗は、撮影の思い出を聞かれると「バーのシーンの撮影の合間に時間つぶしでトランプゲームの『大貧民』をやりました。 そうしたら千葉君がとてもなく強くて…。 ちょっと嫌いになりました 笑 」と作品の世界とは真逆の和やかムードを報告。 『大貧民』最強の称号を得た千葉は「それくらいしか勝てるところがないですもん。 小栗さんには…」と照れ。 一方、沢尻と二階堂はトランプゲーム『スピード』バトルを繰り広げたという。 小栗から「とてつもなく負けず嫌いだから熱くなる」とその姿を暴露された沢尻は「ゲームになると負けず嫌いが出て人格が変わる」と認めると、対戦相手の二階堂は「エリカさんの出してくるカードが飛んでくるので…。 お姉さまにつられて私も白熱しちゃいました」と楽しそうだった。 小栗と沢尻の情熱的なラブシーンも注目ポイントだが、沢尻は「撮影の最初がそのシーンで、小栗さんも慣れていらっしゃるのかな?と思ったら、あまりやったことがないと聞いて。 それが意外だった」と驚き顔。 蜷川監督から小栗に対して「もっと胸を触って!」との指示が飛んだというも、沢尻は「もう全然来なくて…もっと来いよ!みたいになった」とぶっちゃけ。 それに小栗は「その初日だけは役者失格だと思った。 みんなよくこんなことしてるなぁと。 あれはとてつもなく反省しています。 撮影 最後の方は何でも来いって感じだったけど、沢尻エリカのオーラに飲まれました」と反省していた。 二階堂は大幅な減量を敢行した小栗の役作りに触れ「頬もコケていたし、痩せすぎて足が動かなくて塩水に足を浸す姿を見たときは、役者魂を感じました」とリスペクト。 小栗は「かなり減量して、雪のシーンでは体重が60キロくらいになった。 もっと計算して辿り着けばよかったものを、最後の最後に無理な減量をしたら体にきてしまって。 勉強不足の自分が無茶して招いた結果です」と残念がるも、蜷川監督は「最後のシーンはギリギリのところでやっていて、それが画に映っている。 壮絶です」と役者・小栗旬を称えた。 憧れの先輩・小栗の役作りを聞いた千葉は「皆さんと比べると平和な撮影だった」と淡々と振り返るも、小栗から「バーのシーンでずっとこっちを睨んでいる千葉ちゃんは怖かったよ」と労われると、「役的には睨んでいましたが、小栗さんのことは大好きです」と尊敬しきりだった。 さらに千葉は「デビュー当時から瀬戸康史さんに似てると言われていたんですけど、最近は成田凌くんにも似てると言われて『自分はどこにでもいる顔なんだな』と思った」と言うが「でも3人一緒のシーンで、並んでみると三者三様だったので…ぜひお楽しみください」とアピールし、会場の笑いを誘っていた。 また劇中には、「大丈夫、君は僕が好きだよ。 」、「死ぬ気で恋、する?」など太宰が愛した女性に本当に言ったとされる甘すぎるセリフが沢山出てくる。 一方、千葉は「富栄から『ダメです』と言われたときに太宰が『え?なんで?』というセリフ。 ここがめちゃくちゃ良くて。 あれがいいなぁと思う。 使う機会ないけど」とニヤリ。 それに小栗は「確かに、あれは結構ナマっぽいよね!」と太宰の色気に共感していた。 蜷川監督は、吐血した太宰が富栄に介抱されそうになった瞬間に「富栄の手を掴んで『なに?』というところがド S っぽくて好き。 一番カッコよく見える編集点を探して入れました」とお気に入り。 小栗も「あの頃までにはだいぶ太宰さんと対話ができた気がする」と手応えを感じた様子だった。 いよいよ公開を迎え、蜷川監督は「いろんな奇跡が詰まって出来上がった」とあらためて本作を振返ると、小栗も「僕としては 36 年間培ってきたすべてをぶつけた太宰治になった」と胸を張り「悔いのない作品作りができたので、たくさんの人に観てほしい。 」とメッセージを送った。 身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すー。 その破天荒な生 き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。 太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこん で激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。 ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、 それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが・・・。 4点 ・映像がとても綺麗で、色彩が色鮮やかでした。 天才作家・太宰治役の小栗旬と3人の女性たちが、それそれ個性溢れる演技力で、映画館で見て、とても素晴らしかったです。 ・奥さんが不憫でしょうがない。 実は女性が見るべき作品だと感じた。 日の丸が綺麗。 ・小説家は孤独でどこか欠落していなければ書くことが出来ない?守るものがあっては傑作を生みだすことが出来ない?難しいです この映画の星の数と感想を映画ログで!.

次の