アルプス と 恐怖 の 森。 DeathForest ~森からの脱出~【増殖】:無料ゲーム配信中! [ふりーむ!]

恐怖の避難小屋

アルプス と 恐怖 の 森

恐怖の避難小屋 【恐怖の避難小屋】 今月号は中央アルプスの空木平(うつぎだいら)避難小屋で体験した不思議現象のことを書こう。 最初に断っておくが俺は神も仏も幽霊も信じないし見たこともないし霊感なんてこれっぽっちも持っていない。 今まで1度も霊体験なんて味わったことがないので、その夜も独りで無人の山小屋に平気で泊まっていた。 夜8時前、独りぼっちだし暗いので寝ることにした。 寝袋に入り持参したランプの火を吹き消す。 シーンと静まり返った小屋内。 外には全く風がなく草のそよぐ音もない。 ランプを消してほんの5分後、床がミシリときしむ。 それを合図にしたかのように壁もドン!と鳴る。 真っ暗闇の中で目をこらし、「何だ?」と思う。 音はどんどん大きくなり、パキン!ミシッ!と響く。 ラップ音?まさか。 幽霊なんて迷信だ、と科学的に音の原因を解明しようと考えた。 木で出来た床や壁が空気の乾燥や気温差によってきしんでいるだけだと自分に言い聞かせる。 しかし尋常ではない音の大きさである。 そして遂に枕元をドン、ドン、と歩くような音。 たまらずに靴も履かずに小屋の外へ逃げ出した。 外は相変わらず無風で満天の星空だ。 しばらくして小屋に戻るときしみ音は止まっている。 ランプのロウソクの火を点けて再び寝袋に入る。 しかしもう眠れない。 心臓が高鳴っている。 ランプに照らされた小屋内を見回すが誰もいないし異常はない。 ウトウトして2時間後ぐらいか、ロウソクの火が尽きた。 すると、何とまたしても始まったのである。 ミシリ、ギシ、ドンドン、パキン!パキン!足音は屋根の上も歩き回りトタンのずれる音までするほどだ。 とっさに懐中電灯を点けると音は止まるのだ。 全身に鳥肌が立ち涙が出そうになるほど怖くて小屋から出た。 またしても靴下のままである。 あり得ない!寒さと恐怖でガタガタ震えている自分を落ち着かせる。 小屋に戻りランプを点けるがランプ用ロウソクは短いために2時間しか持たない。 明かりのある2時間はまたしても無音だ。 まだ深夜0時である。 気が高ぶっていたが疲れのためうとうと眠った。 パキンッ!という大音響で飛び起きた。 ロウソクの火が消えている。 ズルズル、ミシリ、パキン、ドンドン・・・。 声にならない悲鳴をあげて外に飛び出す。 一晩中これの繰り返しだった。 霊の姿を見たわけではないが「明かりを点ければ静まり返る」というのが 木の乾燥、気温差うんぬんが問題ではないのが分かる。 一体なんだったのだ? 帰宅しても信じられずに、というか真実を知りたいと思ってネットで調べてみたら 俺が泊まった3ヶ月前にこの山で遭難事故があったばかりだった。 それどころではない。 何とこの避難小屋はいわく付きの小屋で 木下寿男氏「山の軍曹カールを駆ける」(山と渓谷社)という本に管理人の体験談として、 遭難者の遺体安置とか小屋前で火葬とか亡霊が立っていたとか、この小屋の怪について書かれていた。 知ってたら絶対この避難小屋には泊まりに行かなかったのに。 この夏、刺激が欲しいアナタに強くオススメしたい宿である。 (注:麓から徒歩5時間ほどかかります).

次の

[170129] [えっくす・らびっと] アルプスと危険な森 (Ver1.1) [RJ201837]

アルプス と 恐怖 の 森

山本弘のSF秘密基地 第12回日本トンデモ本大賞決定! 6月7日、日暮里サニーホールで「2003年度日本トンデモ本大賞」が開かれました。 参加者のみなさんの投票の結果は次のようになりました。 なお、惜しくも破れた他の作品も簡単にご紹介いたします。 阿部照雄『私説アルプスの少女ハイジその後』 あの名作『ハイジ』のその後を描いた小説。 大人になったハイジは、都会からやって来たオットーという医師と結婚します。 クララの脚が治ったのは「気」の力であることをおんじから聞かされたオットーは、気功に興味を持ち、ハイジ、クララ、ペーターらとともに日本を訪れます。 それも飛行機に乗って! そこで芳村博士という人物に出会ったハイジは、博士に「波動」を測定されます。 「エイズ」「脳内革命」「エンドルフィン」なんて言葉も出てきます。 19世紀末か20世紀初頭だったはずが、いつの間にか現代日本にタイムスリップしているという怪作です。 漢大人『お笑い機動戦士ガンダム』 『機動戦士ガンダム』の設定にツッコミを入れ、ガンダム・ファンはこんなバカなことを信じてやがるんだよ〜ん、と笑いものにした本。 ところが、著者の科学知識の方が間違いだらけ。 質量と運動量を混同していたり、最も効率の良い冷却材は液体水素だと主張したり……他にも、『ガンダム』第1話のストーリーを間違えていたり、『ガンダム・センチュリー』を読んでいるはずなのにAMBACシステムの設定を理解していなかったり、テレビアニメで初めて裸が出てきたのは『ガンダム』だと思っていたり、読解力・記憶力もかなり怪しいです。 森昭雄『ゲーム脳の恐怖』 こちらのを参照してください。 『高等学校 国語総合』 国語の教科書。 これ自体はトンデモではないんですが、中に信州大学人文学助教授・菊池聡氏の『超常現象の心理学』(平凡社新書)から引用された文章が載っています。 「UFOがガメラである可能性」について触れたくだりでは、親切なことに、『ガメラ3』のスチールが載っているうえ、「科学評論家の皆神龍太郎氏」や「円盤生物シルバーブルーメ」についての注釈がついています。 ガメラやシルバーブルーメの出てくる国語教科書……僕もこういう教科書で学びたかったなあ。 『ブッシュ妄言録』 これもトンデモ本ではありません。 ブッシュのトンデモ発言を集めた、「トンデモ・ブッシュの世界」とでも言うべき本。 「人間と魚は平和的に共存できる」「カナダとメキシコの国境関係が良好だったことはない」「ブラジルにも黒人はいるの?」「アメリカと日本は150年もの間、素晴らしい同盟関係を結んでいます」などなど……。

次の

R・シュトラウス アルプス交響曲「頭のなかの♪おたまじゃくし」〜クラシック音楽を聴いてみよう〜

アルプス と 恐怖 の 森

【ストーリー】 蒸し暑くなってきたある夏の日、原付バイクでの気ままな旅を満喫する一人の日本人男性がいた。 現在地は福井県某所、時は夕暮れ。 予約してあるホテルはまだ遠く、「こりゃ 間に合わねーぞ」 とコンビニの駐車場で缶コーヒーを飲みながら現状把握、ふとスマホで地図を確認していると、 あることに気づく。 「ここを通ればわざわざ森を回り込まなくても着くんじゃないのか?」 地図には確かに森の中を通る細い線が表示されていた。 コーヒーを一気に流し込んだ男はハンドルを握った.....。 【進め方】 森の中を探索し、4つのバイクのパーツ(白いオブジェクト)を入手し、脱出ルートの確保 をしてからバイクに戻れば脱出できます。 またこの森には、かつてこの森で起きた惨殺事件の被害者の成れの果てがいます(敵です)。 追ってきますが上手く撒いて逃げ切ってください! また、ステージに点在する忘れられた記憶(白い四角いオブジェクト)を集めると、おまけメニューで見る事ができます。 進む A... 左を向く D... 右を向く S... 後進 P... ポーズ マウスを動かす... ライトを動かす バイク操作時 A... 左に旋回 D... 右に旋回 《ver 1. 時折大きな音が出ます。 勇気のある方は、部屋を暗くしヘッドフォンを装着してのプレイをお勧めします 笑 告知:web小説に 本作「DeathForest~森からの脱出~」のオンラインノベルを諸々の事情があり初心者ながら 執筆いたしました。 題名は「DeathForest恐怖の森~元凶~」です! ゲームでは語られなかった化け物たちの生誕秘話が明らかになるようなっています。 もし、お時間があり余っており興味をもっていただけたなら、お勧めします!! 尚、小説の閲覧できるHPは SawRender という方が用意しておりますので、下記の URLよりお入りください。 web. fc2.

次の