青葉 真司 死亡。 【速報】36人死亡放火事件の青葉真司容疑者が逮捕されましたけど彼は死刑...

京アニ放火事件 青葉真司容疑者を逮捕 放火や殺人などの疑い

青葉 真司 死亡

去年7月18日、京都市伏見区にある京都アニメーションの第1スタジオが放火された事件では、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負いました。 この事件で、警察は27日朝、スタジオに押し入ってガソリンをまいて火をつけ多数の死傷者を出したとして、やけどの治療を受けていたさいたま市見沼区の無職、青葉真司容疑者(42)を放火や殺人などの疑いで入院先の京都市の病院で逮捕しました。 身柄を捜査本部がある伏見警察署に移送したあと、警察は会見を開き、青葉容疑者が調べに対し「間違いありません」と容疑を認め、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」などと供述していることを明らかにしました。 一方、事件から10か月余りがたって逮捕したことについては、複数の医師の意見などをもとに取り調べができるまでに回復したと判断したことや、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されたことも考慮したとしています。 午後には裁判所が勾留を認め、その後、青葉容疑者は医師が常駐している大阪 都島区の大阪拘置所に移送されました。 今後、体調に配慮しながら拘置所内で取り調べが行われることになっています。 青葉容疑者は、逮捕前の任意の事情聴取に対し「自分の小説を盗用されたから火をつけた」などと話し、27日の取り調べでも会社側に恨みを持っていたといった内容の供述をしているということです。 警察は、平成以降、最も多くの犠牲者が出た殺人事件の詳しいいきさつについて、捜査を進める方針です。 警察や関係者によりますと、青葉容疑者は現在のさいたま市で生まれました。 幼い頃に両親が離婚し、父親と兄と妹の4人で暮らしていました。 市内の定時制高校を卒業したあとは平成10年までの3年間、埼玉県の文書課で非常勤職員として働きました。 翌年、21歳の時に父親は病死しています。 その後、兄弟とも連絡をとらなくなり、埼玉県春日部市のアパートで1人で暮らしていたとみられています。 平成21年には、母親の自宅近くの茨城県常総市に移り住みましたが、34歳の時にコンビニに包丁を持って押し入り、現金を奪ったとして逮捕されました。 当時住んでいた集合住宅の管理人によりますと、青葉容疑者の部屋はゴミが散乱していて、壁やパソコンの画面が、ハンマーで壊されていたということです。 管理人の男性は「夜中に目覚まし時計が鳴ったり、窓ガラスがベランダに散乱していたりと、苦情があった。 片づけた状態というより蹴り飛ばした状態だった。 逮捕されたあとの面会では終始、下を向きながら返事をして、ほとんど会話はなかった」と話していました。 この事件の裁判では実刑判決を受けていました。 平成28年に出所し、38歳になった青葉容疑者は、さいたま市の更生保護施設に滞在したあと、現住所のさいたま市見沼区のアパートで、1人で生活していたとみられています。 施設の関係者は「青葉容疑者はおとなしい様子で周囲とトラブルはなく、あいさつやお礼、日常会話はできていた。 読書が好きで、近くの図書館で本を読んだり借りたりしていた」と話していました。 病院関係者への取材で入院中の青葉容疑者の状況がわかってきました。 青葉容疑者は事件の際にみずからも重いやけどを負い、これまで10か月余りにわたって、大阪と京都の病院で治療を受けてきました。 全身の大部分をやけどしていて、当初、予断を許さない容体でしたが、皮膚の移植手術などを繰り返し受けて、会話ができる状態にまでは回復したということです。 ただ、両足のやけどは重く、現在もほとんどベッドに寝たきりの状態で、介助なしでは、食事もできず車いすに座ることもできないということです。 顔を除いて、全身のほとんどにガーゼや包帯が巻かれている状態で、軟こうを塗るなどして、治療を続けているということです。 青葉容疑者は病院のスタッフに対して、当初は趣味の電車の話をしたり、「頑張ります。 治します」などと治療に意欲を見せていましたが、最近は「かゆい、痛い」などとたびたび不満を訴え、リハビリにも積極的には取り組もうとしなかったということです。 また、入院中は慢性的に38度ほどの発熱が続き40度近くの高熱が出ることもあったということですが、今月に入ってからは、比較的、体調が安定していたということです。 容疑者は事件3日前の7月15日、さいたま市の自宅から新幹線で京都駅に来たあと、宇治市にある京都アニメーションの本社や京都市伏見区にある現場の第1スタジオの周辺を行き来する姿が目撃されていました。 警察は事前に下見をしていたとみています。 そして事件前日の7月17日、現場から5キロほど離れたホームセンターで、ガソリンを入れる携行缶やライター、大型のハンマーなどを購入し、台車に載せて移動していました。 この夜、第1スタジオの近くで野宿し、当日の18日は近くのガソリンスタンドでガソリンを購入。 その30分後にスタジオに火をつけたとみられています。 事件後、青葉容疑者は現場近くで身柄を取り押さえられていましたが、警察によりますと、その際、「小説を盗用されたからやった」などと叫んでいたということです。 また入院中に行われた任意の事情聴取に対しても同様の趣旨の話をしたうえで、第1スタジオを狙った理由については、「いちばん多くの人が働いていて多くの負傷者を出せそうだと思った」と事前の計画性をうかがわせる話をしていたということです。 現場で複数の包丁が見つかったことについては、「犯行を邪魔する人がいたら、襲うつもりだった」、「埼玉の自宅を出る時から事件を起こすつもりだった」などと話し、病院の関係者に対しては「どうせ死刑になる」とも話していたということです。 警察はこれまでに青葉容疑者のさいたま市の自宅アパートを捜索していますが、この際、京都アニメーションの関連商品のほか、小説を書くためとみられる大量の原稿用紙を押収しています。 また、京都アニメーションがアニメの原作となる小説を公募した際、青葉容疑者が少なくとも2点の小説を応募していたことが明らかになっていますが、会社側は「形式が整っていなかったため、1次審査を通らなかった。 内容に自社の作品との類似性はない」と説明しています。 事件が起きたのは去年7月18日の午前10時半すぎでした。 京都市伏見区にある「京都アニメーション」第1スタジオの正面玄関から男が押し入り、直後にガソリンをまいて火をつけました。 警察と消防によりますと、3階建ての建物は吹き抜けになっていて、巻き上がった黒煙はらせん階段をつたうなどして、あっという間に全体に広がったとみられています。 当時、中には、1階に12人2階に31人3階に27人の合わせて70人の社員が仕事にあたっていましたが、このうち36人が煙にまかれるなどして死亡しました。 一方、半数近くの社員がベランダや窓から飛び降りるなどして避難しましたが、多くが重いやけどやけがをして事件から10か月余りたったいまも、1人が入院を続けています。 けががなかったのは1人だけでした。 36人が犠牲となった今回の事件。 殺人事件としての死者数は平成以降で最も多くなりました。

次の

青葉真司容疑者は致死率95%の重症だった 医師の説得でリハビリ

青葉 真司 死亡

京都市の名門アニメ制作会社「京都アニメーション」で発生した放火事件は、34名が死亡する大惨事となった。 警察が身柄を確保した、さいたま市在住の無職、青葉真司容疑者(41)は全身に火傷を負って意識不明の重体だ。 7月20日には、京都市内の病院からドクターヘリで大阪の大学病院へと移送された。 兄と妹の3人兄弟、不遇な中学高校時代、父親死亡後は家族と疎遠 青葉容疑者の生い立ちについて、社会部記者が語る。 「青葉容疑者は兄と妹の三人きょうだい。 両親が幼少期に離婚したため、父親と暮らしていたのですが、経済的には常に苦しかったようです。 小学生時代は柔道クラブに通うなど活発な面もあったのですが、友達は少なかった。 中学校では暗い印象で、いじめに遭って引きこもりがちだったそうです」 青葉容疑者の中学時代の同級生が回想する。 「(青葉容疑者のことは)まったく覚えていないですね。 事件後の報道で卒業アルバムが出ていて、初めて彼の存在に気が付きました。 卒業の際に撮影する集合写真には写っておらず、青葉容疑者は別で撮られた写真が載っていたから、学校にも来ていなかったのだと思います」 中学卒業後は、埼玉県内の高校の夜間部に通った青葉容疑者。 その後は県非常勤職員、新聞配達員、コンビニ数軒と、職を転々とした。 その間に父親が死亡し、家族とは疎遠になっていったという。 コンビニ強盗以前にも警察沙汰があった 「当時から愛想は良くなかったですね。 ただ、仕事にはマジメに自転車で通っていました」(青葉容疑者の知人) だが、青葉容疑者は2006年春に警察沙汰を起こす。 「窃盗の疑いで、警察が青葉容疑者の自宅に踏み込んだことがありました。 青葉容疑者は部屋の中で寝ていて、そのまま起こされて警察に連行された。 事件の後にアパートの部屋を引き払う際には、それまで離れて暮らしていた母親が家賃補填したそうです」(同前) その後、埼玉県内の人材派遣会社に登録したり、茨城県内の郵便局に勤務した青葉容疑者だが、 2012年6月にコンビニ強盗を起こし、逮捕される。 当時、青葉容疑者が居住していたアパートの管理人はこう証言する。 「必要書類に記入してもらうために留置場に行ったのですが、そのときは髪の毛がボサボサで、耳にかかるくらいに伸びていた。 終始、下を向いていて表情はわからなかったけれど、書類の記入にはおとなしく従ってくれました」 コンビニ強盗事件後、更生保護施設で過ごしたという。 「更生保護施設を退所した後は、埼玉県内のアパートで一人暮らしをしていました。 京都府警も『精神的な疾患があるとの情報を把握している』と発表していましたが、精神科に通院していたとの情報も入ってきています」(前出・社会部記者) 青葉容疑者の回復を待って、警察は取り調べを進めるという。 yahoo. 生い立ちから割り出せば幼少時期の親の離婚がこの犯人をここまで作り上げてしまったのではないか。 育った環境。 もし母親が引き取っていれば又違っただろう。 性質にもよるがここまでの事にはならなかったとも思う。 離婚は昔よりも簡単なことだが、子供が背負う傷や物の考え方が偏りを見せる。 父親が亡くなり一人切り残された人間が生きるには幼き頃こらの力がまず足りていない。 周囲に頼る人もいないと言うとほぼ間違いなく犯罪か自殺しかない。 刑務所でもやはり保護司の力を強化し出所してもつけなければいけない人物だ。 プロなら幾つも見抜けただろう。 何故一人で出したのだろうか。 何故出所後監視がなかったのだろうか。 地域のトラブルも確認できているのだから警察は前科者リストもヤクザリストもある。 それらを活用できなかったのか。 単純に不思議でならない。 活用でき監視はすべき時代。 生きる価値ないとか、生まれて来なければよかったなんて書く人いるけどそりゃないよね。 生まれ育った環境で病む人もいるだろうよ。 病むことを防ぐことをみんなで努力しないといけないんだよ。 ワクチン接種をするように病を未然に防ぐ環境づくりが必要なんだよ!アニメで救われたという人達も救われたからにはなんか病んでたはず。 だから分かるはず。 昨今の事件から感じ取れるメッセージは、「親がいくら高学歴でも、自分が高学歴でも、片親でも、誰かに引き取られても、親が再婚しても、どんなに今が悲しい状況でも、人として誰かに大切にされて、社会で生きて、仕事をして、穏やかに安全に毎日を生きれることが、いかに大切で、感謝すべきで、守られなきゃいけないことか」ってこと こうゆう犯罪者を作ってるのは、育った環境原因が多そう。 この犯人の両親の離婚原因は何?自分達のことだけでなく、子供にちゃんと接していたのか?小中高同級生だった人は、無視したら疎外したり、陰口言ったりいじめたりしたことはなかったのか? 子供達のいじめっていつまでも本当になくならないけど、その結果いじめられた子供が大人になって、事件起こしてる。 いじめた側は大人になって、まじめに働いてる人多々いると思うけど、いじめられた側は人との接し方が上手くできずうつ病を発症し、引きこもりになったりして、社会に適応出来ず、長く働くこともできず、次第にはその原因は周りのせいだと思い無差別に人を殺そうとする。 私は無差別に沢山の人に危害を加える人ってそういう人が多いイメージがします。 悪循環をこじらせて、世の中全体を憎んでいたところに、何かのきっかけで、ターゲットを被害者の方々に絞ったといったところか。 しかしながら、こんなにも問題行動が多い超危険人物が野放し状態で監視もなかった点が恐すぎる。 昔、鉄格子の病院が倫理的に問題になって影をひそめたけど…何て言っていいか、正直必要悪だと思う。 だって身内や大切な人が被害に遭ったら、なんで閉じ込めておかない?なんで生かせておく? 人権なんて言ってられない、「刺し違えたい」ところを抑えて死刑という処分方法を甘んじて受け入れるしかないんだぜ? 至極冗談ではなく、不条理・理不尽な事件が多い昨今の日本では、仇討ち制度が必要だと改めて思う。 精神疾患は受け付けない 例え精神疾患だろうが下見までして行動起こしてる訳やしな 管理人の率直な感想 暗い青春時代ですね。 貧乏は本人のせいじゃないですが、暗くて友達もいない、中学時代にはいじめに遭って引きこもり・・・卒アルの集合写真にも載っておらず、同級生の記憶にも残っていない。 やがて成人し、下着泥棒にコンビニ強盗。 「最悪」をコンプリートしたような人間です。 でも同情なんか一切しません。 テロ殺人犯ですからね。 気になるのは精神疾患の情報。 そうじゃないかとは思っていましたし、そうじゃないと事件時の訳の分からない発言は説明がつかない。 精神疾患があり、精神科への通院歴があると認められれば、仮に回復しても判決と刑罰に大きく影響してくる。 世の中に放たれたところで世間の人は許しませんけどね。 どこかの国で、赤ちゃんを虐待していたベビーシッターが村人に殴る蹴るの暴行を受けていましたが、とてもじゃないけどそんなもんじゃ済まない。 誰が彼の弁護士を務めるのかが気になります。 裁判までこいつの命は持つでしょうか。

次の

【京アニ火災・容疑者逮捕】「脚が震えて……針のムシロです」青葉真司容疑者の伯父が告白した事件のこと(文春オンライン)

青葉 真司 死亡

Contents• 京アニの放火犯人が青葉真司であったことが正式発表 19日のニュースで、京アニの放火犯人が青葉真司であったことが正式発表されました。 ネットでは、以前より京アニの放火犯人は青葉真司だったのではないか?と憶測が飛び交っていました。 ニュースの発表内容がこちらになります。 京都府警は19日、記者会見し、京都市伏見区のアニメスタジオ放火火災で、身柄を確保した男について住所、職業不詳の青葉真司容疑者(41)と発表した。 なぜネットでは、京アニの放火犯人イコール青葉真司と断定できたのか? ネットでは青葉真司が京アニの放火犯人なのではないかとの憶測が飛び交っていた事はすでに書いた通りですが、なぜネットでは青葉真司が京アニの放火犯人だと断定できたのでしょうか? それは、報道で放火犯人が2012年に茨木でコンビニ強盗に入り、逮捕歴があったという報道からでした。 そこからネットの一部の人たちが、過去の事件を調べ、犯行場所と年齢の辻褄をつけ、青葉真司が京アニ放火犯なのではないか?との確定に至ったのでした。 読売新聞 2012. 21 強盗容疑で34歳逮捕=茨城 境署は20日、常総市鴻野山、無職青葉真司容疑者(34)を強盗と銃刀法違反の疑いで逮捕した。 発表によると、青葉容疑者は同日午前0時20分頃、坂東市弓田の「ココストア岩井弓田店」で、 カウンターにいた男性店員(50)に包丁を突きつけて脅し、レジから現金2万1000円を奪った疑い。 青葉容疑者は同日午前11時頃、同署に出頭したという。 「遊ぶ金が欲しかった。 オウムも次々捕まっており、逃げ切れないと思った」などと話しているという。 こちらが新聞記事からの転載です。 確かに、場所 茨木県 と年齢が一致しています。 他に辻褄の取れる事件が2012年に茨木県内で起きていなければ、裏がとれ京アニ放火犯が青葉真司であることになります。 また、コンビニ強盗に入った青葉真司と京アニ火災テロで報道されていた犯人の写真が似通っていた事も、断定に売ら付けをもたらしました。 この様に、京アニ火災テロの犯人が青葉真司である事はネット上でささやかれていつつも、確証がなく正式発表を待つ状態が続いていましたが、青葉真司が京アニ火災テロ犯だったことが満を持して発表された訳です。 青葉真司の容態はどんな感じ?心肺停止状態で死亡?意識不明の重体?蘇生の可能性はある? では、現在の 青葉真司の容態がどんな感じであるか、探っていきたいと思います。 青葉真司は逮捕される際、意識があり「パクりやがって」という事をほざいていた事が報道されています。 でしたら、さぞかしぴんぴんしている事と思いきや、どうやらそうではないらしいのです。 その後の報道で逮捕された青葉真司も怪我を負っており、病院で手当てを受けているとの報道が入っていました。 しかし、そののちの報道では、意識不明の重体であることが明らかとなりました。 そして、さらにその後の報道では心肺停止状態であるとの報道がありました。 果たして、青葉真司の容態はいかなるものなのでしょうか?通常であれば、心肺停止状態とはほぼほぼ蘇生のない死亡状態をさします。 しかしながら、ネットの評価では、このままやすやすと死なせるわけにはいかないとの声が多数挙げられていました。 その気持ちとは、心肺停止状態から蘇生して生きて犯行動機も理由も全て洗いざらいしゃべり、そののちで極刑を受けろと言った思いからでした。 しかしながら、青葉真司が心肺停止状態であるとの報道以降、青葉真司の容態に関する報告は上がっていません。 普通のニュースの報道の在り方でしたら、心肺停止状態は死亡状態をさします。 ですので、著者の考えではすでに死亡が確認されているのではないかと思います。 しかしながら、著者の思いも多くのネットで声を上げていた方々と同じです。 このままやすやすと死なせたくはありません。 生きて反省したのち極刑をもって償いをしてほしいです。 まあ、青葉真司が与えた損害から考えるとれでも足りませんけど。 警察の問いかけに対し「電車で来た」「バケツはホームセンターで買った」などと話しているとの事です。 報道の様子を見る限り、火傷はおっているものの、命に別状はなさそうです。 恐らく心肺停止の報道は誤りだったと思われます。 当初青葉真司が心肺停止の状態であるとの報道をうけ、ツイッター上でも物議をかもしていました。 京アニ放火、犯人も心肺停止状態なのか。。。 殺害理由が酷すぎて言葉にならない。。 なんでこんなモンスターがいるんだろう。。 死に逃げするつもりか? 逃げんなおめぇには、実名報道した上で、投石刑や。 死は死を持って償え。 そして裁けない。 死なれたら皆が永遠に胸糞なまま迷宮入りになる。 だから心肺停止の方々の他に、犯人が生き返ることも望まなければならない。 — たばー nerr5totheW 犯人の容態急変ってまじか? 絶対死ぬなよ 生き地獄を歩くことは許されても、死に逃げることだけは許されないからな。 絶対に死ぬんじゃねぇぞ。 — しらす shirasu09011 ですので、報道自体に誤りがあったか、犯人が自力で回復したかのどちらかでしょう。 どちらにせよ、犯人が一命をとりとめたことで、みんなもひとまず胸をなでおろしている事でしょう。 報道が二転三転していて多くの方が混乱していますが、やはり現状では予断を許せない状態の様です。 意識不明かどうかは不明ですが、危篤状態なのは確かなようです。 しかし、一時期報道されていた心肺停止状態は脱したものと思われます。 なお、いまだ意識不明で重篤な状態が続いているとの事。 警察は逮捕状は出したとの事ですが、逮捕は回復を待ってから行うという方針。 思考奪取とは統合失調症に見られる症状で、本当であれば青葉真司は統合失調症だった可能性が高くなります。 さらに、青葉真司は「小説をパクりやがって」と叫んでいた事がその後の報道で明らかになっています。 このことから、青葉真司はライトノベル作家で、京アニ大賞に応募していたのではないか?との憶測が上がっていました。 まあ、ライトノベル作家と言っても自称なのは間違えないでしょうけど。 それで、京アニ大賞に作品を応募したけれども、不合格となった。 その後の京アニのアニメを見ていると、自分の作品のアイディアや設定に近いのもがった。 それで京アニを逆恨みして今回の犯行に及んだと著者は考えています。 過去にコンビニ強盗で逮捕歴があったことからも、青葉真司はまっとうな社会人とは呼べなかったでしょう。 一時は前科のもが更生するための施設にいたこともあり、その施設が取材を受けていますが拒否しています。 また、ご近所とのトラブルも絶えなかったようです。 まとめ 今回は、「 青葉真司の容態はどんな感じ?心肺停止状態で死亡?意識不明?蘇生の可能性はある?犯行動機や理由についても。 」という事で書いていきました。 青葉真司の容態に関しましては今の時点では情報が入っていません。 しかし、心肺停止状態は通常であれば蘇生不可能の死亡状態を指すので、死亡している可能性が高いものと思われます。

次の