京都 銀行 採用。 株式会社京都銀行の新卒採用・就活情報

京都銀行に採用されるための志望動機の書き方と回答例

京都 銀行 採用

株式会社京都銀行を就職活動の観点から企業研究 自分の人生のホームグラウンドを自分で決めて、そこで暮らし、働くことができる。 地域のために働き、地域とともに成長していく、そんな働き方が可能です。 ワークライフマネジメントを推進する風土があるほか、企業内学校「京都銀行金融大学校」を活用し、行員一人ひとりの成長を支援する環境も整っていることで有名な銀行業界の株式会社京都銀行の年収・キャリア・インターン・選考・採用情報について、就職活動の観点から企業研究しました。 下記4つのトピックに分けてご紹介します。 京都銀行の募集職種・採用情報と平均年収は?• ワークライフマネジメントの推進と、金融大学校における成長支援• 京都銀行のインターン・選考・面接対策情報• 京都銀行の年収、キャリア、インターン・選考・採用情報のまとめ 株式会社京都銀行の募集職種・採用情報と平均年収は? 京都銀行では、銀行業務全般で新卒を募集しています。 職種別採用は行っておらず、新入行員は原則として全員営業店に配属。 基礎業務知識習得後、本人の能力・適性に応じて営業店・本部業務にたずさわっていきます。 次に、気になる京都銀行でのキャリアですが、若手社員インタビューからその様子をうかがってみましょう。 今回は、2015年入行の男性行員 R. さんです。 現在、営業渉外担当として、法人・個人事業主など約60のお客さまを担当。 融資や資産運用の相談に乗るなど、さまざまな業務に携わっています。 お客さまの抱える悩み事解決は簡単なことではありませんが、上司や本部と連携して解決に向けた提案を行うことで、お客さまに喜んでいただけたときは一番のやりがいを感じる瞬間だそうです。 また、京都銀行の社風について、自分自身のキャリアプランが尊重され、自分自身を高めることができる職場だそう。 挑戦意欲が強く、前向きに仕事に取り組む人が多いとのこと。 企業内学校「京都銀行金融大学校」による平日・休日セミナーなど、成長を促す制度も充実しています。 さん曰く、京都で生まれ育ったため、「地域社会の繁栄に奉仕する」という京都銀行の経営理念に共感して入行を決めました。 それを実践できる仕事にやりがいを感じていることが伝わってきます。 また、有価証券報告書の情報によると、京都銀行の平均年収は652万円。 また、新卒の初任給は、大卒が20. 8万円となっています(2019年4月実績)。 ワークライフマネジメントの推進と、金融大学校における成長支援 京都銀行における働き方の特徴は、自分の人生のホームグラウンドを自分で決めて、そこで暮らし、働くことができるという点。 地域のために働き、地域とともに成長していく、そんな働き方を提案しています。 さらに、同行では働き方改革プログラム「7アップ考動」を実施しており、その取り組みのひとつが、「全部店19時完全退行」や年間42日に及ぶ「定時退行日」の実施による余暇の創造です。 余暇を活用し充実した生活を送ることで効率的な働き方ができる、ワークライフマネジメントを推進しています。 また、柔軟な働き方・有給休暇の取得も推進しているほか、従業員の健康維持・増進に向けた取り組みも行っており、「健康経営優良法人2018」に認定されています。 行員に対する成長支援としては、企業内学校「京都銀行金融大学校」があります。 金融大学校では日常業務のサポートだけでなく、専門性の向上や多様な能力の開発を目的とした講座を受講することも可能。 全行員が「自ら学ぶ」を実践し、行員一人ひとりがこれからの京都銀行を引っ張っていく、そんな存在へ成長し続けています。 さらに、京都銀行では、各種社会保険や従業員融資( 住宅融資を含む)、持株会、財形貯蓄はもちろん、独身寮、社宅、保養所などの福利厚生を充実させ、行員が安心して仕事に打ち込める職場環境を整えています。

次の

京都銀行 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

京都 銀行 採用

京都銀行の志望動機を考えるには、まず京都銀行の特徴をつかんでおく必要があります。 京都銀行はここ10年で大きな変貌を遂げています。 京都銀行のホームページによると、京都だけでなく、滋賀、大阪、兵庫、奈良へと積極的な店舗展開を進め、2016年時点で165店の本支店が開設されました。 従業員数も約3,500人と、地方銀行としてはかなり事業規模の大きい企業となっています。 京都銀行は行員を一番の財産とし成長の機会を多く与える 京都銀行では行員のことを一番の財産とし、何よりも大切にしています。 そのため行員の成長が銀行としての成長だと考え、スキルアップするための制度が充実しています。 金融大学校と提携し、行員の階層に応じた研修を行うことで常に高い意識を持ちながら業務に当たれるようになっています。 また、各種資格取得支援制度にも力を入れており、行員のスキルをしっかりとした形に残すこともできます。 貴行は京都だけでなく、近畿地方を中心とした各県にも店舗展開をしております。 またその中で若い行員を中心とした広報活動やサービス立案を打ち出しており、どの金融機関よりも時代のニーズに合った組織へと変わろうとしています。 私も貴行のあふれんばかりの「成長力」の中で、得意の語学力を使って貢献していきたいと考えております。 これからの日本はオリンピック開催国でもある関係から、さらに世界から注目されていくと考えています。 必然的に京都にも世界中から関心が向く事になると思いますが、そういった情勢の中で一番京都の役に立つことは何かと考えた時、貴行の中で地元企業の一助となることが大切であると考えました。 私が貴行に入行したあかつきには、地元企業のみなさんに対してまっすぐに向き合い、共に成長を喜びあえるような業務をしていきたいと考えています。 私の強みであるコミュニケーション力を活かし、貴行を訪れてくれる人、1人1人に安心してお金を預けていただける銀行でありたいと思っています。 そのために、お客様に積極的に声をかけ、気遣いを忘れないように働いていきたいと考えております。 また働く中でお金の動きを読み取りながら、お客様に適切なアドバイスをしていきたいと考えております。 」 志望動機では企業の目的まで把握して作成する 京都銀行の制度や経営には、目的がしっかりとあります。 京都銀行は近年急成長を遂げた銀行であり、行員の働きの大切さをしっかりと把握しています。 その中でしっかりとした目標を持ち、自分自身が成長していく意欲を見せていくことが大切となってきますのでしっかりと把握しておきましょう。 志望動機ではしっかりと企業研究していることも示す 面接官にとって就活生がどの程度まで業界研究をしているのかは、志望動機を見ればおおよそ分かってしまいます。 そのため、しっかりと業界研究をしたことを示せる文面を志望動機に入れていきましょう。 また、企業が採用している制度などもしっかりと示すことで、「ちゃんと調べているな」と分かるようになります。 このことを把握して志望動機を作成していきましょう。 志望動機作成に役立つジェネレーター 志望動機を作成する際に、「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「」を活用しましょう。 志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで 理想的な流れの志望動機が完成します。 面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。 無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

次の

株式会社京都銀行の戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事

京都 銀行 採用

株式会社京都銀行を就職活動の観点から企業研究 「飾らない銀行」をキャッチフレーズに、地元京都における最大のリテールバンクとして地域密着型金融に取り組むほか、滋賀、大阪、兵庫、奈良へも店舗ネットワークを広げている広域型地方銀行。 オムロン、任天堂、村田製作所、京セラ、ワコールなど地元企業を主力銀行として支え、それら企業の発展とともに成長してきた歴史を持つことで有名な銀行業界の株式会社京都銀行に関して、戦略・強み・弱み・競合他社について就職活動の観点から企業研究しました。 下記4つのトピックに分けてご紹介します。 018年3月期、地方銀行の当期純利益は前期比0. 9%減。 厳しさを増す経営環境• 京都を基盤にベンチャー企業を支え、独力で成長を続ける地方銀行• ワンストップ金融サービス提供とデジタル化推進で変えていく銀行のあり方• 株式会社京都銀行の戦略・強み・弱み・競合他社のまとめ 2018年3月期、地方銀行の当期純利益は前期比0. 9%減。 厳しさを増す経営環境 邦銀の中でも特に地方銀行を取り巻く経営環境は厳しさを増しています。 生産年齢人口の大幅減少、かつ老年人口もピーク間近となる地域は人口減少の加速が避けられないと見られています。 2018年3月期における地域銀行105行合計の当期純利益は9,563億円で、前期比0. 9%減。 この背景には、資金利益の減少等による実質業務純益の悪化が挙げられています。 個別行では105行中59行が減益に。 これからの地域銀行の経営戦略に必要なのは「地域銀行としてどうあるべきか、どうなりたいか」という長期的な 目標を明確に定義し、その上で目指すビジネスモデルを文書化・可視化すること。 この一連のプロセスを「経営目標を達成するために何をすべきで何をすべきでないか」を明確に定義することができるRAF(リスクアペタイト・フレームワーク。 新たなビジネスモデルを金融機関の経営者が自ら考え、定義し実践する枠組み)を活用し推進していくことが重要となっています。 京都を基盤にベンチャー企業を支え、独力で成長を続ける地方銀行 今回は地方銀行の中でも京都に確固たる基盤を持つ、京都銀行を紹介していきます。 京都銀行は創立以来、一貫して「地域社会の繁栄に奉仕する」を経営理念に掲げ、地域のベンチャー企業に対して積極的に支援を行ってきました。 任天堂をはじめ、オムロン、村田製作所、京セラ、ワコールなど、地元企業とともに京都銀行も大きく成長してきたのです。 それら企業の株式を多数保有するため、地方銀行でもトップクラスの膨大な株式含み益(株式の価格上昇によって生じる利益。 評価損益とも呼ぶ)を得ている強みがあります。 また、京都だけにとどまらず、滋賀、大阪、兵庫、奈良、そして愛知へも積極的に出店。 営業エリアを拡大し続けている現在、174カ店にまで増えています。 他の金融機関との経営統合ではなく、独力で規模を拡大し、成長を続ける「広域型地方銀行」というビジネスモデルを構築している特徴もあります。 ワンストップ金融サービス提供とデジタル化推進で変えていく銀行のあり方 さらに、様々な挑戦を続けている京都銀行は、広域型地方銀行として築いてきた基盤を最大限に活用し、お客さま同士をつなぐビジネスマッチングやM&Aに注力するほか、お客さまの海外ビジネスを多方面でサポートするため、海外に駐在員事務所を置くなど、海外ネットワークにも力を入れています。 加えて、京都銀行の証券子会社「京銀証券」を開業。 関西初、地方銀行が全額出資する証券子会社で、京都銀行と連携し、総合的な金融サービスの提供に取り組んでいます。 さらに、信託業務の取り扱いも開始。 相続・資産承継関連の信託業務の取り扱いにより、ワンストップで銀行・証券・信託の金融サービスを提供できる体制を整えました。 今までは事務手続きを受付・処理することが主な仕事の1つでしたが、今後は人工知能(AI)やタブレット端末、Skype(TV電話)を活用し、営業担当者の事務負担軽減することで、お客様の利便性をさらに追求していく方針。 次世代型店舗の第一号店となった長浜支店では、来店者が自ら操作するセミセルフ端末の導入など、これまでにない試みに挑戦。 銀行の仕事をどんどん新しく生まれ変わらせる、ベンチャー企業を支援してきた歴史を持つ京都銀行の挑む先は、いつも先見的な発想がうかがえます。 今後も京都銀行の動向に注目していきたいと思います。

次の