バーニング フィート 症候群。 眠っている時以外に、足の裏が熱感があります。調べてみたら、「バーニ...

足が熱くて眠れない!夜間に熱くなる原因と対処法はコレ!

バーニング フィート 症候群

夜に足が火照ってしまう原因 体温調節による火照り まず考えられるのは体の熱を逃がすために一時的に末梢である手足が熱くなっている場合があります。 体にこもった熱を逃がそうとするとき、末梢である手足の血管を広げて皮膚からの熱の発散量を増加させます。 単に気温が高いときや、眠るために体を冷やそうとしている場合にも起こりますが、実は 熱中症、日射病にかかっている可能性もあるので脱水症状などに注意しなければなりません。 足のむくみによる火照り ふくらはぎは重力で下がってきた血液を、歩いたりすることにより心臓へ戻すポンプの役割をしています。 しかし、一日中デスクワークをしていたりすると、ポンプの役割が果たせず、血が足に停滞してむくんでしまい、夜になると熱を持ってしまいます。 冷え性なのに火照り? 足が火照っているのに冷え性なんておかしいと思うかもしれませんが、冷え性がかなり進行すると脳が危険を察知し、末端に血液を送ろうとします。 すると末端に異常な火照りを感じますが、実際に触ってみると冷たいというおかしな状態になります。 これは 隠れ冷え性といい、進行した冷え性の症状なのです。 ホルモンバランスの乱れによる火照り 更年期障害によくみられる症状で、ホルモンのバランスが乱れることによって体温調節を司る自律神経が同じように乱れてしまいます。 また、ストレスなどにより交感、副交感神経の切り替えがうまくいかなくなり、火照り、のぼせなどのホットフラッシュや立ちくらみ、過呼吸などの症状が出てしまいます。 神経障害による火照り 血糖値が高くなってしまう 糖尿病の合併症の一つで糖尿病性神経障害というものがあり、末端の冷えや火照りの症状が出ます。 他の症状としては足の先がしびれる、感覚が鈍る、神経痛などがあります。 また、神経障害による火照りには、ビタミンBの欠乏や脚気が原因となったり、むずむず脚症候群という病気もあります。 healthcare. omron. html 病名の通り足がムズムズしたり、動かしたくてたまらなくなる、火照るなどの症状が夕方から夜にかけて表れる病気です。 他にもレストレスレッグス症候群や、下肢静止不能症候群とも呼ばれ、じっとしている時に足の内側から不快感が起こり、動かすと和らぐという特徴があります。 脳の中の神経伝達物質であるドーパミンがうまく働かなくなったり、このドーパミンを作るのに必要な鉄の欠乏によるドーパミン量の減少、遺伝などが原因とされています。 前述したとおり、夕方から夜、特に静止しているときに症状が表れるので睡眠不足に陥る危険性があります。 治療法としては生活習慣の改善、鉄分補給、ドーパミン神経の働きを補う薬や神経の興奮を抑える薬を服用する薬物療法があります。 あまり聞いたことのない病気ですが、思い当たる場合は脳神経外科の受診をおすすめします。 夜寝れないときの対処法 1) 日中から体を冷やさないようにする。 2) 冷たい飲み物やアイスクリームなどで体の内部を冷やしすぎない。 3) 足元を冷やさない。 4) 湯船につかる。 5) 夜は長いズボンをはいて寝る 夜に、足が熱くて寝れない!という時は、血行不良でむくんだ足を貧乏ゆすりや足のマッサージをしてあげると火照りが和らぎます。 間違っても火照っているからといって冷水をかけたり、氷水で冷やすなどの行為は絶対にしてはいけません。 冷やしてしまうと血管は収縮し、より血流が悪くなってしまいます。 また、シャワーだけでなく、お風呂に浸かってゆっくり体を温め、体全体の血流を良くすることも効果的です。 バーニングフィート症候群で寝れない時は要注意! いかがでしたでしょうか。 バーニングフィート症候群は夜寝れずに寝不足になってしまうだけでなく、なにか大きな病気の症状の一つかもしれません。 前述した対処法で寝ることができたとしても、一時的なものですので何か思い当たる節がある場合はすぐに病院での診察をお勧めします。

次の

手足のほてり

バーニング フィート 症候群

スポンサードリンク 足の裏が熱いと感じるのはなぜ? 足のほてりは、むくみや疲れ、眠気による一般的なものと考えられていましたが、 最近では、足がじんじんとする灼熱感のある状態を「バーニングフィート(灼熱脚)症候群」と呼ばれるようになりました。 バーニングフィート(灼熱脚)症候群の原因は多く考えられ、中には病気を原因としたものも多くあります。 まず、よくある原因は、夏に体に籠った熱を体から逃がすため、手足の血管を広げて皮膚からの熱の発散量が多くなり熱くなるというもの。 そして、眠くて手足が熱くなるというのは、乳幼児の世話をした人なら経験があると思いますが、 大人でも眠くなると手足が熱を逃がすため熱くなります。 また、女性、特に妊婦に多い冷え性(血流障害)は、逆の症状と思いがちですが、 冷え性が進行すると脳が危険を察知し、末端に血液を送ろうとして熱を発します。 これは隠れ冷え性という状態で、ほてった足を触ってみても熱くなく、むしろ冷たいという時は血流障害が考えられます。 他には、ビタミンB欠乏症(かっけ)、糖尿病性神経障害(糖尿病によるもの)、甲状腺機能低下症、 レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)、坐骨神経痛、 肢端紅痛症、さらに腓骨神経が圧迫されることで生じる足根管症候群など、多くの病気が原因として挙げられています。 スポンサードリンク 足の裏が熱いから眠れない時の対処法は? 足が熱い時、冷たい水に足を浸けたり、冷感シートを貼ったり、という対策をしている人は多いと思います。 火照った時に冷やすのは、一時的にはとても気持ちがいいものですが、 血流障害の場合にはこれが逆効果になっていることがあります。 暑い時期でも湯船にゆっくり浸かったり、足湯をしたり、マッサージをして、血行をよくするよう心がけましょう。 また、体を温める食品である生姜は、疲労回復効果もあるので夏に継続的に摂取すると、夏バテの予防にもなります。 料理に取り入れるのが大変という人は生姜シロップを使った飲み物が手軽でいいですよ。 関西圏では定番となっている「ひやしあめ」は、冷たい飲み物で手軽に生姜が摂れるのでおすすめです。 私も最近飲み始めましたが、ジュースや栄養ドリンクより体に優しく、疲れが取れる感じがわかります。 足の裏が熱いだけで病院に行くのはおかしくない? 「バーニングフィート症候群」は比較的新しい病名ではありますが、 原因になる病気には様々なものがあり、病院で治療可能なものも多くあるので、病院にいくのはおかしくありません。 普段通っている病院があれば、一度相談してみるのがよいでしょう。 原因が分からないけど、足のほてりが気になって受診したいという場合には、内科、神経内科がいいと思います。 特に、足が熱くなって睡眠がとれていないような生活が長く続いてしまった場合には、 睡眠障害につながってしまう事があるので注意が必要です。 また、鍼灸接骨院でも相談に応じているところがあるので、 かかりつけがあったらそちらに行ってみるのもいいでしょう。 まとめ 足のほてりに悩む人は多いですが、やはり熱いと冷やしたい気持ちが強くなって、 あらゆる手段で足を冷やしている人が多く見られました。 これだけ猛暑日が多いと、温めるという感覚は思い浮かばないですよね。 冬のように湯たんぽで温めるのは辛いものがありますが、 パジャマのズボンを長ズボンにするだけでも冷え性予防の効果になるそうですので、 試してみてはいかがでしょうか?.

次の

夏に多い?『バーニングフィート症候群』の概要とストレッチを始めとした対処法について

バーニング フィート 症候群

意外と多いなあと感じるのが 手足のほてりを訴える人。 手足の冷えを訴える人が多い中、 逆の人も相当おられます。 バーニングフィート症候群という名前が付けられたようですが 足首から下が妙にほてって、 ひどいと夜間にきつくなって眠りに支障をきたすというケースも。 もともと、人は寝ているときは体温が低くなるようになっていて そのために、寝る前には血管を拡張して熱を逃がします。 眠くなると体が温かく感じるアレです。 何らかの理由で行き過ぎた血管拡張が手足に見られる場合。 立ち仕事などで足が疲れきっている場合。 甲状せん機能低下による場合。 糖尿病などによる神経障害。 ビタミンB不足。 アルコール飲み過ぎで血管が拡張した場合。 などにみられます。 思い当たる節があれば生活習慣を是正してみてください。 なお、 漢方には、代表的な処方に三物黄ごん湯がります。 それ以外にも昔からこれに見合う処方がいくつかあり 結構効果があります。 困っておられる方は試す価値アリと思います。

次の