胸焼け が 続く 原因。 【胸焼け.com】〜原因・症状・解消〜

吐き気・嘔吐:医師が考える原因と対処法|症状辞典

胸焼け が 続く 原因

食中毒? 脳梗塞? 吐き気に潜む病気は、実に様々です そもそも吐き気はどうして起こるのでしょうか? 「吐き気」とは広い意味では、めまい、腹部全体の不快感、食欲不振、嘔吐感などの不快な感覚を指します。 脳の嘔吐反射中枢が刺激されると吐き気が起こりますが、この中枢が反応する理由は様々です。 最も多いのは、消化管の働きが乱れて嘔吐反射中枢が刺激されるケースですが、それ以外にも船や自動車などの乗り物の揺れや、妊娠初期の吐き気、モルヒネなどの鎮痛剤や、癌の化学療法薬などでも吐き気が起きることがあります。 また「嘔吐」は、食べたものや胃酸・胃液などの胃の内容物が、強力な力で胃から逆流してしまう症状です。 胃袋を風船と考えてみましょう。 風船がパンパンに膨らんだ状態(医学的には「胃の内圧が高まる」という)や、風船を外からグイグイと押した状態(医学的には「腹圧が高まっている」という)になった場合、嘔吐が起きます。 よくあるのは二日酔いの時や、腐ったものを食べた時だと思いますが、これは過剰なアルコールや腐敗した食物など、有害なものを吸収せずに排除しようという体の防御機構です。 吐き気・嘔吐で外来を受診する多くの場合、頭痛やめまい、腹痛など、他の症状を伴うので、医療の現場でもそれらの合併症状をヒントにしながら原因を特定していきます。 問診の際、私たち医師が吐き気・嘔吐以外の症状について最初に尋ねるのはこのためです。 以下では吐き気・嘔吐が起こる主な病気について、一緒に起こりやすい症状別にまとめて、考えられる病気を解説します。 命にかかわる病気ではありませんが、のたうちまわるような痛みが出ることもあります。 胃酸を抑える薬や、胃の粘膜を保護する薬で治療。 もちろんストレスが原因であればそれを取り除くのが一番の根本的治療法です。 摘出手術が必要なことが多いですが、最近は早期に見つかることも多く、うまくいけば内視鏡治療だけで完全に治療することもできるようになってきました。 詳しくは「」も併せてご覧下さい。 胃潰瘍の場合は食後に、十二指腸潰瘍の場合は空腹時に痛みが出やすいとされています。 ただ実際に外来で胃の内視鏡検査を数多くやっていると、「そんなに痛みは感じませんけどね」とケロッと言われる患者さんに立派な潰瘍が見つかることもあり、一概には言えないものです。 よくある病気ですが、痛む場所も痛みの程度も人それぞれなので、消化器内科や消化器外科の経験が豊富なベテラン医師でも診断に悩むことが多い病気でもあります。 抗生物質の点滴や飲み薬で治ることもありますが、手術をしなければならないこともあります。 薬で治ることもありますが、ひどい場合は手術が必要。 絶食安静でよくなることもありますが、ひどくなると手術が必要になることも。 アルコールの飲みすぎによって起こる病気については「」をご参照ください。 、などの病名でも知られています。 通常、安静にしていれば改善していきますが、劇症肝炎という死に至ることもある重症になるケースも。 早期発見・早期治療が大切です。 根本的治療としては手術がありますが、一時的な発作であれば、鎮痛剤、抗生物質などを内服して様子をみることもあります。 発熱を伴い、腹痛が起こります。 抗生物質の点滴などで治療します。 強い痛みと吐き気が突然襲ってくるので、救急外来でよく見かける病気です。 背中を叩かれた時に飛び上がるような痛みがあり、尿に血が混じっていればかなりの確率でこの病気でしょう。 痛み止めの薬を飲みながら、尿に石が出てくるのを待つこともありますし、泌尿器科で手術で石を取ってしまうこともあります。 胃袋の粘膜は胃酸から守られる機能を持っていますが、食道の粘膜には防御機能がないので、胃液が触れるとダメージを受け、吐き気や胸焼けといった症状が出るのです。 胃酸を抑える薬で治療します。 経験がある方は多いのではないでしょうか。 下痢を伴うことがありますので、脱水症状を起こさないよう水分補給や、原因となる細菌を死滅させる抗生物質投与が治療になります。 ゲーゲーとひどく吐いていて便が出ていなかったら、腸閉塞の可能性が高いです。 食事を止めて腸を安静にするだけで改善することもありますが、その他の処置が必要になるケースもあります。 腸閉塞はいわば道路が通行止めになって、その手前側が大渋滞を起こしている状態です。 これにより腸の中がパンパンに張ってきますので、鼻からイレウス管と呼ばれるチューブを入れてガスや腸液を引いてあげることによって、渋滞緩和をします。 それでも改善しないときには、原因を取り除くための手術に踏み切ることがあります。 いずれにしても入院が必要な病気です。 「後頭部をハンマーで殴られたような痛み」と表現されることもあります。 通常は激しい頭痛がありますが、軽い頭痛で吐き気・嘔吐が主な症状のこともあります。 ひどい頭痛とともに吐き気に悩まされることが多いです。 頭痛の薬を飲みたくても吐き気がひどくてうまく飲めない場合、症状がなかなか改善しないこともあります。 片頭痛による吐き気が強いときは、片頭痛の内服薬を腸でしっかり吸収するために、吐き気止めの内服薬を一緒に飲んでもらうのが効果的です。 治療は眼科で行いますが、頭痛と吐き気を訴えて内科を受診してくる患者さんが多いので、私たち内科医としては、眼の病気もありえるということをしっかり頭に入れておかないと、診断が遅れてしまう危険もあります。 ラグビーでタックルを受けたときなど、スポーツで強く頭を打ったときに多いです。 頭の中で脳がぐらぐらと揺らされる結果、吐き気や嘔吐といった症状が出てきます。 完全に回復するまで安静にすることが大切です。 ひどい頭痛とともに吐き気が出てくることが多い病気の代表例です。 耳の奥にある平衡感覚や聴力をつかさどる内耳(ないじ)という部分に障害が起きる病気です。 専門は耳鼻咽喉科です。 命にかかわることもあるので、一刻も早く診断をしなければなりません。 「何となくムカムカして気持ち悪い」という症状だけの患者さんもいるため、現場で心電図を取って発見し、ドキッとさせられることもあります。 糖尿病がかなり悪化した状態なので、入院治療が必要になります。 原因となる薬剤をやめることで改善されます。 実際に外来で受診することも多いのですが、最初は強いストレスを感じていることを話してくれない患者さんも多く、診断に時間がかかるケースもあります。 心因性のものは話しづらいこともあるかもしれませんが、私たち外来で診察している医師は、少しでも患者さんの症状を改善する方法を考えています。 思い当たることがある方は、勇気を振り絞って遠慮せずに話してみてください。 詳しくは「」をご覧下さい。 妊娠時のつわりでも吐き気・嘔吐の症状があります。 外来では「女性を診察したら、妊娠を疑え」という言葉があるくらいで、腹痛や吐き気でやってくる女性患者さんに対しては、常に頭の片隅で妊娠の可能性はないかと注意しているものです。 以上、吐き気や嘔吐は本当に様々な原因で起こることがおわかりいただけたでしょうか? 病名の自己診断は難しい症状ですので、違和感を感じたら病院を受診してください。 吐き気にお悩みの方は、「」「」「」もあわせてご覧ください。

次の

胸焼けの症状が続く時は食べ物に注意!逆流性食道炎になる食事

胸焼け が 続く 原因

もっと見る 食べ過ぎたり飲みすぎたりした時におこる「胸やけ」はとても不快な症状ですね。 一方で、心あたりがないにも関わらず胸やけを感じ、その原因が特定できずに悩んでしまう人も多いようで症状が長く続く胸やけは、何らかの病気のサインかもしれません。 この記事では、胸やけについてご紹介します。 胸やけとは 胸やけとは、 胸が焼けるような痛みや、違和感をおぼえる症状のことです。 胃酸が食道へ逆流したときにおこる、逆流性食道炎の症状の一つでもあります。 おもな胸やけの原因 暴飲暴食、ストレスなどによる胃酸過多 食べ過ぎや飲みすぎは胃酸過多を招き、胸やけを起こしやすくなります。 脂っこい食べ物を好んで食べたり、コーヒーなどでカフェインを摂りすぎていたりすると、胸やけを起こしやすいと考えられています。 また、ストレスによっても胃酸分泌が増加し、胸やけを引き起こすことがあります。 便秘 便秘が胸やけを引き起こす原因になることもあります。 便秘によって お腹が圧迫され、胃酸が食道に逆流し、胸やけをおこしやすくなります。 また、腹部を圧迫するような姿勢や、肥満、ベルトの締めすぎなども原因になります。 肥満については脂肪が体内の臓器を圧迫することで、胸焼けを起こしやすくなります。 食道裂孔ヘルニア 胃と食道の間には、本来筋肉によって蓋がされ、逆流しないようになっています。 しかし加齢などでその機能が落ちることで胃酸が逆流し、胸やけを起こします。 妊娠後期は胸やけになる 妊娠によるつわりが落ち着いても、臨月あたりになると、再度胸やけをおこすことがあります。 それは、胎児がお腹の中で成長していることや、羊水、胎盤の増加により、 子宮が膨らむことで胃腸が圧迫されて起きると考えられています。 胃が圧迫され押し上げられることで、胃酸の逆流が起こりやすくなります。 また、胃酸が多くなる空腹時や食後に胃のむかつきを起こしやすくなります。 胸やけを伴う病気 逆流性食道炎 食道は通常、口から胃への一方通行ですが、何らかの原因(吐き癖や、肥満による腹圧上昇、脂質の摂りすぎなど)で繰り返し胃酸が食道に逆流すると、 食道が炎症を起こし、粘膜がただれてしまう潰瘍ができてしまいます。 この状態を、逆流性食道炎といいます。 機能性ディスペプシア これまで慢性胃炎、神経性胃炎、胃痙攣、胃アトニー、胃下垂と診断されてきたもので、 内視鏡検査では異常が見つからないにも関わらず、胃の運動機能に障害が生じ、慢性的に胃に不快な症状が出現する疾患です。 食道裂孔ヘルニア 本来、横隔膜の下にあるはずの胃の一部分が、 食道の通り道である食道裂孔を通過し、胸部の方へ脱出した状態のことで、逆流性食道炎の原因となります。 肥満・妊娠・加齢・喫煙などが食道裂孔ヘルニアの原因となります。 狭心症 心臓というと左胸と思われがちですが、実際には胃や、食道付近の痛みを訴えることも多くみられます。 心臓に栄養を届けている冠動脈が何らかの原因により狭くなり、血流が滞り心筋への酸素供給不足になり、いろいろな症状をおこす疾患です。 病院で行われる、胸やけの検査や治療法 胸やけの症状が長期間続く、頻繁に繰り返されるなどのような時は、医療機関を受診することをおすすめします。 内視鏡による検査 胸やけの症状が主症状である逆流性食道炎は、血液検査などでは発見しにくいため、上部消化管内視鏡(胃カメラ)を用いて検査を行います。 口から挿入する経口内視鏡と、鼻から入れる経鼻内視鏡があります。 24時間pHモニタリング 細い管の先端に、小さいpH装置がついたものを鼻孔から食道内に挿入し 24時間、胃・食道の状態を記録する検査です。 これにより、胃酸の分泌や、分泌されるタイミング、胃酸量の変化を詳しく知ることが可能です。 ただ、この検査方法は時間がかかるため、設備が充実した一部の医療機関のみで受けられる検査になります。 服薬による検査 逆流性食道炎の治療薬としても使用される、プロトンポンプ阻害薬などを服用し、一定の期間に症状が快方に向かうかを確認する方法です。 胸やけの改善・解消のために。 自分でできる対処法 1. 牛乳や白湯を飲む 牛乳には、 逆流してきた胃液を流してくれる働きや、粘膜を保護してくれる働きがあります。 また、胃酸から食道を守る効果も期待できます。 冷たい状態ではなく、人肌程度に温めたものを少しずつ飲むのがおすすめです。 白湯の場合は、消化管が温まることで消化液が効率よく分泌されるメリットがあります。 寝姿勢に気をつける 横になって寝るときは、胃液の逆流を防ぐために上半身を高めにして寝る、または物理的に逆流を防ぐため胃の出口に合わせて体の左側を下にして寝る、などを心がけましょう。 前かがみの姿勢にならない 前かがみや猫背の姿勢は、胃に強い圧力がかかることや、胃よりも食道が下に下がることで、胃液が逆流しやすくなり、胸やけを起こしてしまいます。 禁煙する タバコを吸うと体の血流が悪くなります。 すると、 食堂の粘膜が酸欠の状態となり、機能低下を招き、胸やけを起こしやすくなります。 お腹まわりが窮屈な服は避ける できるだけお腹まわりに圧力をかけないように、ゆったりとした服装を心がけます。 食生活に注意する 胸やけを予防、改善するためには、食生活でも注意が必要です。 下記のポイントに気をつけて食事をとりましょう。 食事はよく噛み、ゆっくり食べること。 腹八分目を意識して、食べ過ぎないこと。 胃に負担を掛けないような食べ物を選ぶこと。 就寝2時間前には食事をすませておくこと。 まとめ 食べ過ぎやアルコールの飲みすぎにより胸やけを起こすことは誰にでも起こり得ることです。 しかし、不快な胸やけが一時的なものではなく、長期的に続く場合は、自己判断で放置することなく医療機関で診察してもらいましょう。 胸やけの原因は様々で、その原因によって使用する薬や治療法が異なります。 自分に合った対処法をとることが、胸やけ解消の近道となります。

次の

胃もたれが数日続く!毎日ずっと胃もたれが治らないときの対応

胸焼け が 続く 原因

胃カメラ 日本消化器内視鏡学会内視鏡指導医 日本内科学会専門医 日本内科学会総合内科専門医 消化器外来でよく相談を受ける症状や疾患には次のようなものがあります。 頻度の多いものからいくつか臓器別にご紹介していきましょう。 もたれ・おなかの不快感・おなかの痛み いつも食後にむかつきを感じる、食事をするとすぐに腹満感で食べれなくなる、みぞおちの不快を感じやすく直ぐに治らないなど症状が続く方の中には胃や腸の機能の異常、つまり運動機能低下などが原因となっていることが多くあります。 最近では機能性ディスペプシアという疾患概念が用いられています。 前に罹った医師から「検査でなにもないから心配ないよ」と言われたり、薬が効かないか飲むのをやめると症状が残ってしまう方の中にこの疾患が多くみられます。 機能性ディスペプシア 【FD Functional dyspepsia】• 主な4つの症状は「食後のもたれ感」「食事開始後まもなく胃が一杯になりあまり食べられない」「みぞおちの痛み」「みぞおちの焼ける感じ」です。 前2つの症状、つまり食後の症状がメインのタイプの人(食後愁訴症候群)と、後2つの症状がメインの 心窩部痛症候群 とに分かれます。 症状が複合的でどちらとも言えないような方もいます。 胃の動きを改善する薬、胃酸の分泌を抑える薬などを使い分けたりしながら治していきます。 心理的、社会的要因が関係することもあるので正していくことも大事です。 酸っぱい液があがる、おなかの痛み、咽頭の異和感 以下の疾患も外来診療では比較的頻度の高い疾患です。 逆流性食道炎• 胸やけ、胸の酸逆流感、みぞおちの痛みなど胃酸や腸液の逆流主体とした症状ですが、あたかも心臓が悪いのではないかと感じるような胸の痛みを感じる方もいらっしゃいます。 このような場合には循環器疾患との鑑別も大切です。 喉元付近の異和感が続くケースもあります。 喉の病気かと思い耳鼻科を受診した後に来られる方もいます。 咳払いをしたくなるようなイガイガや、そのうち咳自体が症状の中心になり慢性の咳となる事もあるため注意が必要です。 胃カメラ検査では胃食道境界部の粘膜にビラン(ただれ)や潰瘍などの変化が確認されます。 甘いものを食べた後や飲酒後の朝に胸やけを感じる事は誰にでもある事ですが、症状が続きつらい場合は是非相談ください。 食道カンジダ症• 頻度は高くありませんが、免疫力の低下した方やステロイドホルモン薬を使用中の方などがなりやすい病気です。 カビの仲間であるカンジダという菌が食道や口腔内に蔓延る病気で、ひどい場合には食道の壁が白い菌糸の塊でぎっしりとなる事があります。 のどの異和感や胸のしみる感じでみつかることもあります。 診断後は抗菌薬で治療ができます。 程度の軽いものは症状もなく飲酒家や中高年の方にみられる事があります。 腹痛 黒色便 食欲低下 味覚低下 みぞおちの重たい感じ 胃・十二指腸潰瘍• 原因としてはストレス、刺激性食品の過剰摂取、薬剤性(とくに痛み止め)、胃酸過多となる特殊な疾患、栄養状態不良、その他複合的な原因などが考えられますが、もともとヘリコバクター・ピロリ菌が胃に感染している方がなりやすいことが分かっています。 黒い炭色の便(黒色便)がでているような場合は潰瘍からの出血が疑われます。 すぐに受診して下さい。 必ずしも強い痛みがない方やたまたま血液検査の貧血でひっかかりみつかることもあります。 見つかったらピロリ菌の除菌までしっかりおこない再発を予防するのが一般的です。 慢性胃炎• 上記のような症状を呈する方で潰瘍がなく、胃炎のみがみられる場合に診断されます。 多くの場合にはピロリ菌の感染がベースとなっています。 ピロリ菌は持続的な感染と炎症を胃でおこすためです。 胃粘膜の萎縮や腸上皮化成というゴツゴツした変化、炎症による赤みが内視鏡検査で確認できます。 ピロリ菌による慢性胃炎は胃がんのハイリスクとなるため、定期的にチェックする事が奨められます。 最近は市や区でおこなっているABC検診が広まり採血検査で簡単にピロリ菌と胃炎の有無がわかるようになりました。 お住まいの地域で検診をやっているか調べて受けてみるのも良いでしょう。 ピロリ胃炎以外にもストレスなどが原因でおこるびらん性胃炎、表層粘膜が赤くなる表層性胃炎などがあります。 胃カメラでは簡単に診断することが可能です。 胃がん• 胃粘膜からでる上皮性の悪性腫瘍を胃がんといいます。 症状は一概には言えませんが、上記のような症状がしばしばみられます。 特に、体重減少や食欲低下がみられる場合や疲れやすさ(易疲労感)が強い方の場合は早急に検査をしてこの病気がないか確かめたほうが良いでしょう。 早期のがんは症状がない事が多いため注意が必要です。 また日本人の胃がんのほとんどはピロリ菌感染者からおこるため検診の機会にピロリ菌の感染の有無を調べ、存在した場合は胃カメラをチェックした上でピロリ菌退治(除菌)をする事が奨められます。

次の