かつ さと。 「かつさと」と「かつや」のロースカツを比べてみた【豊田市】 │ 豊田市より発信

かつさと 船越バイパス店

かつ さと

さっそくひろも認定、超ド級カツ丼ステーション「かつさと」に到着ー。 さすが看板もデカいですね。 隣ではこっそり堂が「春のパンツ祭り」を開催していましたが、ここはひるまず、嫁さんや彼女をうまくちょろまかしておきましょう。 腕の見せ所ですよ! 気を取り直して、嬉しさのあまり両手をヒヨコのようにピヨピヨさせながら、さっそく「かつさと」に入店ですー。 わー、もうどんぶりが飾ってあるー。 知らなかったのですが、この店では午前11時から午後4時30分までずっとランチタイムとのこと。 ランチメニューは、ジャンボ系だとソースかつ丼、味噌かつ丼、かつ丼の3種類。 あと各種定食とか、 通常サイズの丼ランチも。 丼ぶりには選べるセットが付きます。 オススメはキャベツ+ミニとん汁か、とん汁。 ランチ以外のメニューはこんな感じ。 かつ丼がいまどき500円というのがポイント。 定食もあります。 何度も来店してるんですが、 どうもなんとなーく、普通のかつ丼よりジャンボかつ丼の方がおいしい気がしているので、早速、ジャンボかつ丼ランチを注文。 やっぱりデカいなー! 実物はかなりデカくて面喰らうレベル。 割り箸と比べると分かりやすいかも。 お手元のスマホと比べてみてってば。 しかも、カツが分厚い!これには「かつや」もピーンチ! ほど良く脂身があり、ファーストフードとしては上質な豚肉です。 「かつや」もたじたじ。 薄いところでもこの厚さ。 実際どうかは知りませんが、なんか「かつや」より手作り感があるような。 たまごが半熟なのも分かってる感あり(他店でも半熟かは知らないけど!) キャベツにはドレッシングが付いて来ますが僕は使いませーん。 カツがデカくてお米が足らないなー!と嬉しい悲鳴を上げたくなるバランス感覚。 もう、「かつや」潰れてもいいわコレ…。 「卵料理を食べた、というよりも、肉料理を食べたなー。 」と思える食材のバランス感覚なので、衣ばかりで寂しい安価なかつ丼を良く食べる人には、大変喜しい肉の量と言えるでしょう。 というわけでヒーヒー言いつつも完食ー。 奥に同じサイズのどんぶりが見えますが、あれが相方のものだとは口が裂けても言わない約束になっています。 それくらい相方も「かつさと」を認めてくれているということで、喜ばしい限り。 ちなみにランチセットのミニとん汁には豚肉がこれでもかとIN。 ちなみに「かつさと」の一部店舗では、今どき大食いチャレンジなんかもやってます。 ジャンボかつ丼でもけっこう苦しい量なので怖くて試したことは無いですが、お腹に自信のある人は覚えておくと良いかもしれません。 ちなみに僕はかつ丼が大好きで、かつ丼というだけでめちゃくちゃ美味しい人なので、色々と脚色なりバイアスなりが掛かっているかもしれない事を、今のうちにお詫び申し上げておきますね。 関連情報:•

次の

かつさとのクーポン、割引、キャンペーン情報まとめ!お得に利用するならコレ

かつ さと

かつさとのクーポン 食べログ、ホットペッパーにクーポンはなし 食べログ、ホットペッパーなどのグルメサイトを調べてみましたが、 クーポンは見当たりませんでした。 ただし、クーポンは時期によっても配信状況が変わるので、利用する際に一度目を通しておくといいかもしれません。 各グルメサイトのリンクを貼っておくので、利用する店舗名を入力して検索してみてください。 ニュース、メニュー、電話注文、店舗情報の他にクーポンが配信されています。 対象となる店舗は、浜松西インター店、船越バイパス店、焼津店、浜北店、豊田町店、住吉バイパス店です。 (2018. 21時点)なぜ静岡限定なのかは分かりませんがすごくお得ですね。 初回登録で、すぐに使える 100円OFFクーポンがもらえます。 静岡のかつさとユーザーの方は必ず登録しておきましょう。 かつさとの割引、キャンペーン 【静岡エリア限定】来店スタンプを貯めて割引チケットをGET 公式アプリ内には 、店内で1回飲食をするごとにスタンプが1つたまる機能があります。 お店にあるQRコードをカメラで撮るだけで簡単にスタンプをGETできます。 スタンプが20個貯まれば500円分のチケットがもらえますよ。 お持ち帰り用スタンプカードを貯めて500円分の割引をGET かつやには、お持ち帰り専用の紙のスタンプカードがあります。 お持ち帰り500円ごとにスタンプが1個たまります。 20個たまれば500円引きのチケットとして使えます。 スタンプカードは発行店舗のみ使えます。 大食いチャレンジがある (引用:) かつさとでは大食いチャレンジが開催されています。 6人前のカツ丼を制限時間45分以内に食べきれば2,500円がなんと無料、さらに10人前にもチャレンジが可能になります。 かつさとのカツ丼は1人前でも結構ボリュームがありますが、自信がある方は挑戦してみても楽しいかもしれませんね... !実施店舗や詳細はをご確認ください。 静岡エリア限定のアプリでクーポンをGET• アプリ内のスタンプで割引チケットをGET• お持ち帰り専用のクーポンでスタンプを貯めて割引をGET• 大食いチャレンジ成功でカツ丼が無料に かつさとは静岡県民に優しいですね。 他県の方も、今後アプリの登場に期待しましょう。 ぜひお得に利用してくださいね! 【PR】外食費の節約にオススメのアプリ 無料のニュースアプリ、グノシーでお得なクーポンが配信されているのをご存知ですか? 丸亀製麺やガスト、吉野家、バーミヤン、ステーキガスト、ピザハットなど多くのクーポンがあります。 面倒な登録もなく、お店で注文する時に見せるだけでOKです。 外食をよくする方はダウンロードしておくと便利ですよ。

次の

『かつさと』と『かつや』どっちがうまいの?って、比べ物にならないよ。カツ丼マニアがチェーン店を食べ比べてぶった切る

かつ さと

私はトンカツが好きだ。 豚肉にパン粉つけて揚げるという単純な料理だが、これが旨い。 カレーやハンバーグ、オムライスなどと並んで洋食の王道を行くひと品で、子供から大人まで好きな料理だと思う。 そんなトンカツの店が豊田市内に多くできてきた。 チェーン店系では「かつさと」や「かつ雅」、最近では「かつや」に「とんから亭」などが出店してきたし、ビッグネームの「矢場とん」も進出している。 それに個人店も加えれば、トンカツをウリにしている店はかなりの数に上るのでは。 昨年のある日、「かつや」でトンカツを食べてきたので、「かつさと」のトンカツと比べてみることにする。 ここが最近オープンした「かつや」で、トヨタの本社に近い前田町にある。 この店の周りには和食の「かごの屋」や回転寿司の「魚べい」、それに中華料理の「浜木綿」が並んでいるし、丸源ラーメンもあるから、ちょっとした飲食店ストリートの様相を呈している。 今日はトンカツを食べに来たのだから、迷わず「かつや」に入店。 初めての訪問だ。 混むことを嫌って12時前に来たので、結構空いている。 私はお一人様なので、当然のようにカウンター席へ。 カウンター席はコの字型で、対面にお客さんが座ると目が合ってしまい、気まずい感じ。 この店のウリは490円(税別)のカツ丼だが、こんなリッチなカツ丼もある。 エビフライ2本にヒレカツ、それにメンチカツが乗った丼が690円で、これは安いのでは。 とは言え、カツのスタンダードはやっぱりロースカツでしょ、ということでロースカツ定食(690円)にする。 味噌汁付きで、プラス40円出せばトン汁に変更も可能とのこと。 上記は間違いで、味噌汁ではなくトン汁。 プラス40円出すと大トン汁に変更出来るとのことでした。 他にもこんな魅力的なメニューもあった。 タルタルソースがタップリかけられたチキンカツ定食だ。 これも美味しそうだが、初志貫徹、ロースカツ定食でブレずにいく。 待つほどのこともなく運ばれてきたロースカツ定食。 人間イザとなると本性が現れるもので、画像よりも食い気が先に立つのが悲しい。 それはさて置き、「かつさと」のロースカツに比べて、肉の厚みが薄い感じがする。 こちらが「かつさと」のロースカツ。 「かつや」のに比べて、厚みがあることがお分かりだろうか。 それと肉の密度というか、かたまり感も「かつさと」の方がある。 「かつや」のロースカツは、肉が軽い感じなのだ。 それとパン粉も違いがある。 これは「かつや」のカツ。 これはこれで悪くはないが、「かつさと」のものはザックリとした粗挽きのパン粉なのだ。 こちらが「かつさと」のもの。 見た目でも「かつさと」のパン粉の方がザックリしているのが分かる。 値段はどちらも690円で、全く同じ。 それと付け合せのキャベツだが、これは圧倒的に「かつさと」のキャベツの方が旨い。 単なる千切りのキャベツなのだけど、とても柔らかいし甘みもある。 どうしてこれほどに美味しいのか不思議だが、食べれば納得の千切りキャベツなのだ。 看板にもキャベツのことが謳ってあるぐらいなので、よほど自信があるのだろう。 と言うことで、あれこれ比べてみて今回のロースカツ定食は「かつさと」の勝ち。 カツそのものの旨さ、付け合せのキャベツ、それにトン汁がレギュラーで付いてくることなどを合わせれば、「かつさと」の方に軍配が挙がるのだ。 あ、これは個人の感想なので、その点はご容赦を。 全く違った評価をされる方がいても、それはそれでアリということで。 何れにしてもトンカツ屋が増えて比較ができることは嬉しいことだ。 ごちそう様でした。 面白かったらクリックしてやってください ありがとうございました.

次の