東京喰種 アラタ。 東京喰種トーキョーグール

東京喰種トーキョーグール

東京喰種 アラタ

東京喰種(トーキョーグール)第8巻のネタバレあらすじ内容と感想です。 瓦解する霧嶋家のシルエット。 おぞましい「武器」と、尽きない「謎」が複雑に絡み合う三つ巴の戦いの先に待つものとは…!? 前巻で、ヤモリに拷問されたカネキは白髪&人格破綻してしまいました。 ヤモリを倒し反撃開始です。 一方その頃、トーカはアヤトと遭遇、白鳩も隻眼の王と遭遇です。 熱い展開ばかり。 東京喰種トーキョーグール第8巻のネタバレ内容と感想考察 東京喰種トーキョーグールの第8巻のネタバレ内容です。 伝説の喰種「梟」はSSS級駆逐対象。 羽赫もち。 回想シーンから8巻は始まります。 伝説の喰種「梟」はSSS級駆逐対象でした。 羽赫もちで、圧倒的な強さを誇ります。 編成チームの特等全員が戦闘不能状態に陥ります。 そんな中、白鳩の二等捜査官「有馬貴将」が倒します。 下のフレーズ格好良すぎますね。 天才と天災の戦いは白鳩側の勝利で幕を下ろした あとは梟戦の最後で語られる衝撃の事実としては「けが人はいたが死者はいなかった」 梟にはなんらかの美学、哲学があるようです。 トーカとアヤトの因縁 トーカとアヤトは昔は仲良しの兄弟でした。 しかし、父親の死(真戸が殺したっぽいですね)をキッカケに二人だけで生きることに。 「あんていく」マスターに拾ってもらったり、グルメの月山と互角の勝負を繰り広げる日々の中で、トーカは学校に通うことになります。 アヤトは父親の死から「人間は一切信用できない」とかんがえて、一人14区へ向かいます。 …ここまで昔の話。 ちなみに、アヤトVSカネキはカネキの圧勝でした。 半殺しの定義をしっかりと考えた末の、「骨の解説」の細かさが、カネキのヤバさを引き立ててました。 11区はオトリだった。 23区の「喰種収容所」が襲撃された 11区はオトリだった。 23区の「喰種収容所」が襲撃されたようです。 中国語「まあまあだ」という表現と「この国の対グールのスペシャリストだなんて笑える」という台詞から考えるに、中国のグールが手を貸しているようです。 道化師(ピエロ)?サーカス?ニコは何者? ニコはメタ的に状況を見ています。 「隻眼の王は存在しない」と言っていますし、色々と情報通っぽい。 宗ちゃんと呼ばれる謎のピエロの仮面の男の正体も気になります。 トーカの両親の指輪「ARATA HIKARI」 トーカの両親は死んでいます。 回想シーンで分かるように父親の名前は「ARATA」(アラタ)です。 トーカが持っていた指輪「ARATA HIKARI」から母親の名前は「HIKARI」(ヒカリ)ということもわかりました。 ちなみにアラタは「骸拾いのアラタ」と呼ばれていました。 甲赫の防御クインケ「アラタ」を着た篠原と黒岩は梟と戦っていましたね。 真戸と篠原がアラタを殺害し、アラタをクインケにしたとかんがえられます。 トーカが2巻で真戸を殺したのは意図せぬ復讐ということになりますね。 悪因悪果ともいえますし、悲しみは連鎖するとも言えます。 切ない話だ。 東京グール第8巻時点での謎 東京グール第8巻時点での謎をまとめました。 8巻で新たに出た謎を赤字で書いています。 四方(よも)さんとは何者?• 20区の梟とは一体?• マスターがくれた角砂糖の中身は?• 局で抱えている葉月ハジメとは何者?• 真戸の「隻眼をこの手で葬るまでは」とは誰のこと?隻眼とは誰?• リゼを殺したのは誰?なんのために?• カネキは何故連れ去られた?リゼ持ちとは一体?• 隻眼の王は存在しない?• アオギリの樹は23区の喰種収容所を襲って何をしたい?• 道化師(ピエロ)とは何?ニコと宗ちゃんとは何者?• 亜門鋼太朗の回想の父親「誰が入っていいと?」という言葉の意味は?• 嘉納病院の院長は何者?今はどこにいる?リゼでグールをつくっている? 今回の話でわかったことがいくつかあるので謎を消します。 20区の梟は「とにかく強いSSS級の喰種」でした。 トーカは過去に両親を失っていて、弟とも離れ離れになっていたことがわかりました。 白鳩(真戸)の「隻眼をこの手で葬るまでは」は梟のことでした。 以上、東京喰種第8巻の感想・考察でした。

次の

【東京喰種】かっこいいキャラは誰?イケメンランキングベスト10!

東京喰種 アラタ

甲赫の赫者。 通称『骸拾いのアラタ』。 妻は喰種捜査官に殺されていたが、温厚な性格で人を襲うこともなく、人間との共存を図る生き方をしていた。 男手一つでトーカとアヤトを育てていた。 料理本を読み漁っていたため、料理が上手いらしい。 死体を拾っていた途中での、に居場所を突き止められ、死闘の末確保された。 ヒトの死体を拾う傍ら、大量の共喰いを行っていたようで、そのため完全なである。 なお、赫子は鎧を着込んだような姿に展開される。 一方で、トーカとアヤトは「(母と同じく)故人になった」と思われている。 ちなみにアヤト曰く、と似ているらしい。 関連イラスト.

次の

【東京喰種:re】アラタは生存?それとも死亡?生存説&死亡説を考察してみた!

東京喰種 アラタ

東京喰種(トーキョーグール)第14巻のネタバレあらすじ内容と感想です。 「あんていく」へ急ぐカネキの前に、立ちはだかる亜門鋼太郎。 因縁にも似た宿命の対峙の結末は…? 同時刻、各所で勃発する「悲劇」の連鎖。 己と、かけがえのないものを失いながら、貫こうとする、それぞれの正義。 止むことのない雨が、悲しみの螺旋を描き続ける。 まるで、すべてを放擲した涙のように。 前巻で、CCGは不殺の梟(芳村)がいるあんていくを襲うことになりました。 魔猿、黒狗と芳村に救われたあんていくメンバー、さらにカネキが共に闘うことに。 カネキの活躍で、魔猿、黒狗は命をとりとめます。 そんな中、因縁の相手「亜門鋼太朗」がカネキの前に立ちはだかります。 東京喰種トーキョーグール第14巻のネタバレ内容と感想考察 東京喰種トーキョーグールの第14巻のネタバレ内容です。 亜門鋼太朗がアラタとドウジマを装備。 完全にヒーローの描き方 人間側(亜門鋼太朗)が正義であるような描き方が特徴的でした。 亜門がカネキにやられそうになったところに、知行博士の車が来て、アラタ(自動着脱式)とドウジマを渡します。 これって完全にヒーロー的な演出です。 アンパンマン新しい顔よ、と同じですよねw あと、俵藤太の百足退治は詳しくは本で… 昔話ですね。 そんな二人の戦いですが、亜門鋼太郎は右腕を喪失、カネキは再生できないほどの傷を追って決着となりました。 作品内で対象的な役目を負ったキャラクタ二人ですから、引き分けという結果が現状では正しいですね(物語的にも)。 天才ヒデは親友カネキを助けるためにCCGに潜り込んだことが判明 天才ヒデはカネキがグールであることを知っていました。 そしてCCGに潜り込んだのはカネキを助けるためだったことが判明します。 カネキが目を覚ますと「口の中に甘い血の味」がした描写から、ヒデは食われたと思われます。 芳村店長(父親)を救うために隻眼の梟が現れた。 正体は高槻泉だった! CCGメンバーが総出で芳村店長(不殺の梟)と戦い、見事勝利します。 と思ったのもつかの間、隻眼の梟(芳村店長の息子)が現れて、CCGを撃破していきます。 これは助けに来たとかんがるべきでしょうか。 そして、CCGの上層部はこういう状況になることを予想していたようですね。 (あえて情報を公開しておびき寄せたようです) 芳村は息子の梟に救われます。 そして彼を見て「エト」とつぶやく。 なんとその正体は作家、高槻泉でした!!! なんていう展開…! 思えば、20区で「Rc細胞が一定値以上」だと反応する機械をカネキ同様に通ったのも、意味があったんですね(カネキと同様に半グール半人間だったということ)。 いやー、コレは想像していなかった展開。。。 有馬と隻眼の梟の関係は? 隻眼の梟は地下から現れました。 現れるためには地下の「V14」を経由しなければ地上には出られません。 そのV14には最強の捜査官「有馬」がいました。 そんな有馬の目をかいくぐって、隻眼の梟が地上に現れました。 これってどういう事でしょう???実は仲間だった??? しかし10年前に隻眼の梟を討ち取ったのは他ならぬ有馬ですのでこれは違いそう。 有馬は何故カネキの名前を知っている? 有馬とカネキがV14で戦います。 戦いの中「やるな、金木研」と有馬が言い放ちます。 何故名前を知っているのか? 結局、有馬にトドメを刺されてカネキは死んでしまいます。 ちなみに、古間・入見たちと落ち合う予定だったのもルートV14です。 グール達が死滅している様子を見るに、全員死亡でしょうか…。 什造にはじめて感情が現れた 什造の恩師、篠原が隻眼の梟にやられたことで什造がはじめて感情を顕にしました。 人間性の回復です。 しかし片足ではまともに戦えず敗北します。 黒ラビットの正体はアヤトで確定 黒ラビットのマスクを掴んで眠るアヤトの姿がありました。 アヤトが黒ラビットの正体で確定ですね。 20区隻眼の梟討伐作戦の結果 隻眼の梟討伐作戦の結果をまとめます。 亜門鋼太朗&滝澤政道は死亡しました、まさかの結果…• 永近英良(ヒデ)は行方不明。 カネキを救おうとして食べられたっぽい• 鈴屋什造は足を持っていかれました。 彼の恩師、篠原は植物状態で生きています(重体) 和修総議長と、有馬、和修局長。 彼らの会話の、 「手に入れた報酬」(黒か白かわからない)とはカネキのことを指しているように思います。 有馬が「はいせ…」という台詞をつぶやいていましたが、真戸暁の部下になった佐々木琲世(はいせ)のことでした。 カネキにそっくりです、果たして彼の正体は?? そしてグール側の現状もまとめます• 加納はアオギリと手を組んだ。 梟(=エト=高槻泉)は「芳村店長」を培養液につけてグールづくりに使う予定• ルートV14にいたグールたちはみんな死亡? リゼを殺したのは「ピエロ」だった。 そもそもの黒幕は道化師たち? いやー、てっきり加納がリゼを殺したのだと思っていましたが、違いました! なんとリゼを殺したのは「ピエロ」でした。 黒髪のピエロです。 これは「宗ちゃん」こと宗太ですねえ、まさかの展開…。 そして道化師(ピエロ)のメンバーが判明します。 超衝撃…• ロマ:カネキファンでカネキが去った後の「あんていく」にいた女の子(8巻にて)• ニコ:11区掃討戦のとき、アオギリの手助けをしていた。 戦いの後に、宗太と会話していました• ウタ:1巻から登場しカネキたちの仮面をつくっていた。 ピエロのボスっぽい!!!4区で有馬たちと戦っていた。 宗太:4巻で月山習のレストランで「太った女性」を提供した• イトリ:4巻でグールレストランにカネキを調査に行かせた。 神城リゼは存在しないなどと言って、カネキを20区に向かわせます。 ウタさんは、カネキのためではなく、場をかき混ぜるために色々とやっていたのか… ショック… 戻れる場所「あんていく」 トーカと西尾さんはずっとあんていくにいました。 みんなが戻れる場所「あんていく」を再興するのは彼らの役目になりそうです。 東京グール第14巻時点での謎 東京グール第14巻時点での謎をまとめました。 最終巻ですがまだまだ謎だらけ。 14巻で新たに出た謎を赤字で書いています。 四方(よも)さんとは何者?なぜリゼをさらっていった?• 局で抱えている葉月ハジメとは何者?• アオギリの樹は23区の喰種収容所を襲って何をしたい?• 何を企んでいる?• 安久クロナは一人で何をしている?• 高槻泉は何者?普通の作家?• 法寺捜査官、アオギリの樹と中国はどういう関係がある?• CCGとスフィンクスの関係は?グールを作る実験に手を貸していた?• 芳村が昔いた組織とは何もの?Vとは一体? 「高槻泉は何者?普通の作家?」 という疑問の答えは アオギリのリーダー「隻眼の梟」であり、芳村の娘だった。 以上、東京喰種第14巻の感想・考察でした。

次の