般若 心 経 解説。 般若心経のご利益や意味・唱え方【心と体を浄化する真言(マントラ)】

般若心経秘鍵

般若 心 経 解説

般若心経というお経は、多くの仏教の宗派でとなえられているなじみの深いお経です。 最近では心を落ち着けるために写経をしている人が増えていますが、その写経で書き写されているのも多くの場合は般若心経なんですよ。 しかし、漢語で書かれた般若心経は、見たり聞いたりしてもなかなか難しくて理解できないという方も多いでしょう。 この記事では、この般若心経書かれている言葉にどのような意味があるのか?について、現代語でわかりやすく解説します。 おじいちゃん、おばあちゃんが毎日となえていた般若心経にはどんな意味があったんだろう? そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 観音様(観自在菩薩)が、深く知恵を身に付けるための修業をしていたときの話です。 世の中のいろいろなものごとは5つの要素からなりたっていて、それはまるで「空」のようだということに観音様は気づきました。 だから、観音様はあらゆる苦しみと災いを克服することができたのです。 舎利子(観音様の弟子)よ、世の中のものごとは空と同じ。 私たちが感じることも、イメージすることも、自己を作り上げることも、ものごとをどう捉えるかも、空と同じなのです。 舎利子よ、すべてのものごとは空のように、生じることも無くなることもないし、汚れることもきれいになることもなく、増えることも減ることもない。 だから空であるということは、形あるものは存在しなくて、感じることも、イメージすることも、自己を作り上げることも、ものごとをどう捉えるかも存在しないことなのです。 眼、耳、鼻、舌、身体、心も存在しません。 だから、形、音、香り、味、触れられるもの、心も存在しないのです。 眼という枠組みから意識に至るまで何もありません。 知恵がない状態もないし、知恵がない状態が無くなることもなく、歳をとって死ぬこともないし、歳をとって死ぬことがなくなることもないのです。 得るものがなにもないからこそ、観音様は知恵を身に付けることができ、心の邪魔になるものがないから、恐怖を感じることもありません。 間違った考えや夢物語を通り越して、悟りを得ることができるのです。 だからこそ、私たちは知らなければいけません。 般若波羅蜜多とは、お釈迦様の偉大な言葉であり、偉大な悟りのための知恵の言葉で、他に類を見ない言葉であり、ほかに比較するものがないくらい素晴らしい言葉なのです。 すべての苦悩を取り除いてくれる実在するもので、まやかしではありません。 お釈迦様をたたえる言葉を唱えましょう。 生きるものよ、生きるものよ、この世に生きるものよ、悟りをひらき、幸せに成りますように。 このお経は、大いなる知恵の完成についての本質をまとめたお経です。 Sponsored Links 般若心経の教え 人間が幸せに生きていくためには、ものごとにとらわれてはいけない。 これが般若心経で説いている教えです。 世の中に存在しているものは、その捉え方によって、どんなふうにでも解釈することができます。 だからこそ、それにとらわれ過ぎてはいけない、その知恵を身に付けることによって心を軽くし、幸せになる事ができるのです。 「羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦」の部分は、一見意味不明なようですが、これはヒンドゥー教に由来する言葉で、ものごとにとらわれないようにするための呪文です。 仏教はインドで生まれた宗教ですから、インドで仏教以前に信仰されていたヒンドゥー教と密接なかかわりを持っているのです。 般若心経の構成 般若心経は、観音様(観自在菩薩)が、弟子の舎利子に教えを説くという形式で作られています。 三蔵法師がインドからサンスクリット語で書かれた経典を持ち帰り、漢語訳したのが大般若波羅蜜多経です。 600巻ある中から、悟りについて書かれた部分を抜粋したものが般若心経と呼び、観音様の説法が書かれた小本と、その前後に序章とエピローグを付けた大本があります。 わずか300文字弱に、観音様の教えがギュッと濃縮されているのです。

次の

梵行 般若心経 理趣経 勤行解説

般若 心 経 解説

雑学 作成日:2014年11月21日 更新日:2020年02月20日 般若心経にはどんな意味があるの?現代語訳で流れと構成を理解しよう• この記事は小さなお葬式が書いています 般若心経は世界的にも有名なお経です。 日本だけではなく、世界各地で大乗仏教の経典としてたくさんの方に唱えられています。 般若心経は聞いたことがあっても、どのような意味があるのかは知らないという方もいるのではないでしょうか。 般若心経の意味を知ることで、これまで以上に気持ちを込めてお経を唱えられるでしょう。 そこでこの記事では般若心経を深く知りたい方に向けて、般若心経にはどのような意味があるのか、教えや歴史を踏まえながら解説します。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 般若心経とはどのようなお経? 300文字ほどしかない般若心経には、 仏教の教えの中でも大切な部分がまとめられています。 しかし般若心境は漢文で書かれているため、見ただけで意味を理解するのは難しいかもしれません。 ここからは、般若心経を唱えるにあたり知っておくとよい意味や教えだけではなく、般若心境にはどのような歴史があるのかもご紹介します。 般若心経を唱える意味 般若心経を含め、お経を唱えることは先祖供養につながります。 般若心経を葬儀や法要の際に聞いたことがある方もいるでしょう。 仏教では、 亡くなった方は輪廻転生すると考えられており、輪廻転生をした亡くなった方は幼い子供と同じ存在です。 そのため、亡くなった方にお経を唱え栄養を与えるという考え方をします。 また、僧侶がお釈迦様の説いた教えを葬儀の場で伝えるということも意味のひとつです。 ほかにも、生きている方を力づけるという意味もあります。 般若心経の教え 般若心経の教えは、自分だけではなくすべての生き物を救いたいという考えの大乗仏教に影響を受けています。 般若波羅蜜多経から大乗仏教の神髄をピックアップしているのが般若心経です。 この経典は2つの思想について説かれています。 存在には実体がないという 「空」、悟りとしての 「般若」の思想です。 般若心経は300文字ほどと短いため、お経に普段から触れていない方でも読みやすいといえます。 人々がさまざまなものにとらわれて苦しまないようにという内容です。 1,500年以上前から今もなお、般若心経はたくさんの方に親しまれています。 般若心経の歴史 般若心経は中国の唐の時代までさかのぼります。 玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)という僧侶がインドへ行き、さまざまな教えが記されている経典を仏像などと一緒に中国へ持ち帰りました。 持ち帰った経典は彼の手によって生涯をかけて翻訳されることになります。 翻訳した経典の数は600巻にも及びました。 その中のひとつに般若心経が記されている経典の 「般若波羅蜜多心経」があります。 般若波羅蜜多心経は、古代インドのサンスクリット語から漢文へ翻訳されたものです。 般若心経の全文と書き出し文 般若心経は300文字程度の短いお経です。 しかし、「漢字ばかりの漢文を読む自信がない」という方もいるでしょう。 書き出し文(訓読文)を読めば、初めて般若心経の全文を見る方でも理解がしやすくなります。 般若心経の意味を知るために、全文とあわせて読んでおきましょう。 般若心経の書き出し文 観自在菩薩、深般若波羅蜜多を行じし時、五蘊皆空なりと照見して、一切の苦厄を度したまえり。 舎利子、色は空に異ならず、空は色に異ならず。 色はすなわちこれ空なり、空はこれすなわち色なり。 受想行識もまたまたかくのごとし。 舎利子、この諸法の空相は、不生にして不滅、不垢にして不浄、不増にして不減なり。 この故に、空の中には、色もなく、受想行識もなし。 眼耳鼻舌身意もなく、色声香味触法もなし。 眼界もなく、乃至、意識界もなし。 無明もなく、また無明の尽くることもなし。 乃至、老死もなく、また老死の尽くることもなし。 苦集滅道もなし。 智もなく、また得もなし。 無所得を以ての故に。 菩提薩埵の、般若波羅蜜多に依るが故に、心に罣礙なし。 罣礙なきが故に、恐怖あることなし。 一切の顚倒夢想を遠離し究竟涅槃す。 三世諸佛も般若波羅蜜多に依るが故に、阿耨多羅三藐三菩提を得たまえり。 故に知るべし、般若波羅蜜多のこの大神呪、この大明呪、この無上呪、この無等等呪を。 よく一切の苦を除き、真実にして虚しからず。 故に般若波羅蜜多の呪を説く。 すなわち呪を説いて曰く、 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 般若心経の全文を順に解説 般若心経は300字程度で構成されているため、それほど長いものではありません。 そのため、僧侶などでなくとも比較的覚えるのは簡単なものです。 しかし、ただ唱えるだけでなく、その意味を理解しなければ経典を唱える意味は薄れてしまいます。 それぞれの文節毎に意味を確認してみましょう。 (1)誰がどのように般若を得たか 第1のブロックでは、誰がどのようにしてこの思想を得たのか、ということが説明されています。 観音菩薩が悟りを得る修行の中で、この世の 五蘊(ごうん)には実体がないことを明らかにし、苦しみから解き放たれる方法を見つけたことが書かれています。 五蘊とは、人間の意識を構成する5つの要素のことです。 ・色蘊(しきうん):肉体などの物質 ・受蘊(じゅうん):人間が感じるもの ・想蘊(そううん):人間が想うもの ・行蘊(ぎょううん):人間が行うこと ・識蘊(しきうん):人間が認識するもの (2)弟子への呼びかけ 第2ブロックでは、古い弟子である舎利子(シャーリプトラ)に呼びかけています。 1行目には、「この世の形あるもの全てに実体がなく、実体がないからこそあらゆる形を得ることができる。 これは人間の感覚についても同じである」と書かれています。 2行目には、「実体がないのであれば、生まれることもなく、消えることもなく、汚れることもなく、清らかでもなく、増えもせず、減りもしない」と書かれています。 (3)空の思想の説明 第3ブロックでは、第2ブロックでの呼びかけに続く形で、空の思想についての解説がされています。 真実の世界では、目に見えるもの、それによって感じたこと、思ったことなどは全て存在せず、それらの無知からくる悩みもありません。 しかし、その悩み自体は尽きることがありません。 苦しみはなく、それを解決する方法も、それを知る方法もありません。 だからこそ、苦しみを知る観音菩薩はこだわりを持たず、全ての夢想・欲から離れることで涅槃(ニルヴァーナ)へと至ることができたのです。 (4)般若心経の真言について 第4ブロックでは、その悟りの境地に至るための真言について説明しています。 この真言は並ぶことのない言葉であり、これにより苦しみは解き放たれるとされていて、それこそが般若心経なのです。 真言は「 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」の部分で、これには「 往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、さとりよ、幸あれ」という意味があります。 現代語によって内容が変わる場合がある 般若心経には、サンスクリット語から漢文に訳された背景があります。 現代語訳する場合、翻訳する人によって内容が多少変わる場合もあることを知っておきましょう。 さまざまな言葉や表現方法がある中から、現代語に訳す人の解釈によって表現するためです。 人によっては読み終えた後の感覚に違和感がある場合もありますが、それも現代語訳のよさとしてとらえるのがよいでしょう。 いくつもある般若心経の 現代語訳の違いを楽しむ姿勢が求められます。 般若心経をよく知るために 般若心経はよく耳にしますが、その内容を知るのは難しいと思っている人もいるでしょう。 しかし、現在は書籍やインターネットなどでわかりやすい現代語訳を確認することもできますし、読経の動画などもあります。 こういったものを活用すれば、般若心経を理解しやすくなるでしょう。 掲載サイト: ここで紹介されている現代語訳はある動画に寄せられたコメントで、般若心経の現代語訳をロック調にアレンジしたものです。 動画自体は2010年のものですが、この現代語訳は今でもさまざまなサイトで紹介されています。 掲載サイト: 真言宗のお寺である密蔵院のサイトで公開されている現代語訳です。 柔らかい言葉で書かれているので、比較的わかりやすいと思います。 まとめ 般若心経は、唱えることで先祖を供養したり周りの方に教えを示したりする意味があります。 短いお経ではありますが、その中には大乗仏教の神髄が含まれていることも理解しておきましょう。 お経を見ても何が書いてあるか分かりづらいかもしれませんが、書き下し文を読むことで、意味を理解しやすくなります。 物事にとらわれて人々が苦しまないようにという般若心経の教えを心に留めておくと、救われることもあるでしょう。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

梵行 般若心経 理趣経 勤行解説

般若 心 経 解説

読経にはどのような意味が込められているのですか? お経をあげることには、二つの意味があります。 ひとつは、亡くなった方へのご供養です。 では、供養とは何でしょうか。 仏教では輪廻転生の思想の元、亡くなられた方が再び生まれ変わると考えます。 亡くなって輪廻されたばかりの人は幼い子供と同じです。 そのため、その魂にたくさんの栄養を送る必要があります。 これを、栄養を供えると書いて「供養」と呼ぶのです。 お経をあげることで、魂に栄養をお供えする、これが読経の一つ目の意味になります。 もう一つの意味は、生きている人を励まし、教え導くためです。 お釈迦様からの教えを僧侶が代弁し、列席者の人たちに伝えるため、ということになります。 般若心経の教えとは 般若心経とは仏教のうち、大乗仏教の 「空」、 「般若」の思想を説いた経典です。 「空」とは、すべての存在は因縁によって生じたものであり、実体のないものであるとする思想のこと、また般若とはいわゆる「悟り」のことを指します。 その昔、玄奘三蔵、つまり三蔵法師がインドから持ち帰った経典が般若波羅蜜多経です。 サンスクリット語を漢語に訳し、600巻ほどにまとめられています。 この般若波羅蜜多経の中から、さらに大乗仏教の神髄というべき部分を抜粋し、わずか300字ほどにまとめあげたものが般若心経です。 般若心経はものごとや思想にとらわれて苦しむことのないよう説くもので、仏教の宗派の多くはもちろん、仏教を離れた場でも読まれることがあります。 江戸時代には文字の読めない人のために「絵般若心経」という、内容を絵で表現したものが作られたほど、人々に親しまれてきたお経です。 現代でもさまざまな解説本が出版されるなど、その教えは絶えることなく受け継がれ、人々の心に感動と癒しを与え続けています。 般若心経の意味を流れに基づいて解説 般若心経は300字ほどと、短くシンプルにまとめられているため、一般の人でも覚えやすいお経となっています。 しかし、ただ唱えるのではせっかくの教えが身に入りません。 それはなんとももったいないことです。 般若心経の意味を知っていただけるよう、その流れに沿って解説していきます。 以下が般若心経の全文です。 観自在菩薩行深般若波羅蜜多 時照見五蘊皆空度一切苦厄 舎利子色不異空空不異色 色即是空空即是色受想行識亦復如是 舎利子是諸法空想 不生不滅不垢不浄不増不減 是故空中無色無受想行識 無限耳鼻舌身意無色声香味触法 無限界乃至無意識界無無明亦 無無明尽乃至無老死亦無老死尽 無苦集滅道無知亦無得 以無所得故菩提薩垂依般若波羅蜜多 故心無圭礙無圭礙故 無有恐怖遠離一切転倒夢想究境涅槃 三世諸仏依般若波羅蜜多 故得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪是無上呪是無等等呪 能除一切苦真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰羯帝羯帝波羅羯帝 波羅僧羯帝菩提僧莎訶 般若心経 まず、1行目は観自在菩薩、つまり観音菩薩が悟りを求めて修行される中で、五蘊(この世を構成するあらゆること)は空であると悟られた、と書かれています。 2行目、3行目の頭にある「舎利子」とは古い弟子のシャーリプトラのことで、彼に向って呼び掛けているわけです。 その内容は、2行目が「シャーリプトラよ、この世のあらゆるものには実体がない(空)。 それは人の肉体や感覚でも同じことである。 」 3行目が「シャーリプトラよ、実体がないのだから、生まれもしないし、消えることもない。 汚れることもないし、清らかでもない。 増えることも、減ることもない」というものになります。 4行目から8行目は、空の思想についての解説です。 3行目から引き続いて、シャーリプトラへ呼びかけています。 「ほんとうには、人の体や心が感じることや、考えることはすべて存在しないのだ。 それらを知らないことから起こる、悩み苦しみも存在しない。 しかし、老いも死も避けることはできず、悩み苦しみは尽きることがない。 それらをすべて解決などできないし、その方法を知ることもできない。 そこで、すべてのことにこだわりを持たず、欲望から離れることでこそ、悟りを得て涅槃へと至ることができるのだ。 」 9行目から11行目は、その悟りを得るための真言についての解説です。 「偉大な真言が、悟りへと導いてくれる。 その真言は次のようなものである。 」 そして、12行目、いよいよここが「 ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてー」のところです。 「羯帝羯帝波羅羯帝波羅僧羯諦菩提薩婆訶( 往き往き、彼岸に往けるもの、その者こそ悟りである。 幸あれかし。 )」 以上が、般若心経の意味になります。 内容は現代語によって変わる場合も 現在、般若心経は書籍やウェブサイトなど、さまざまな形で触れることができます。 しかし、そのどれもが同じ言葉ではありません。 元はサンスクリット語であったものを漢語に訳し、さらにそれを現代語に訳しているためです。 また、解釈も人によって多少異なります。 そのため、それぞれで意味が異なるように感じられる場合もありますが、言わんとしていることは同じです。 まずは親しみやすい現代語訳で、般若心経に触れてみてください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の