ヴィッパーな。 Wipperfuerth Vacations

ヴィッパッサナー瞑想

ヴィッパーな

概要 [ ] 民間のドイツ人技師 Carl Eugen Langen 1833-1895 が開発したランゲン式を採用している。 に着工され、に開通した。 幾度かの更新を経て現在も都市交通機関として使われており、現役最古のモノレールとなっている。 総延長は約13. 3キロメートル。 うちオーバーバルメン - ゾンボルン通りの間の約10キロメートルはヴッパー川の上約12メートルの高さに架けられている。 ゾンボルン通り - フォーヴィンケルの間の約3. 3キロメートルは道路上に架けられ、高さは約8メートルとなっている。 全線の所要時間は約30分。 ヴッパータール空中鉄道は、に加盟しており、VRRの乗車券で乗車することができる。 それまでに存在したいかなる鉄道とも異なるそれは、懸垂式モノレールの車体を馬力で牽引するというもので、に実用化された。 ドイツ人の著名な企業経営者であり政治家でもあった ()はそのアイディアを気に入り、エルバーフェルト(現在ヴッパータール市の一部)の役所に実現を働きかけ、またこの構想を広くアピールした。 9月9日、エルバーフェルトの評議員たちは会合を持ち、ルールからのパーマー式鉄道の敷設のためにヴッパー川の上空を使うことの許可について検討を行った。 フリードリヒ・ハルコルトは評議員たちとともに、ルートの検討を行った。 この際の想定路線は、エルバーフェルトとヒンスベック、あるいはランゲンベルクを結ぶというものであった。 しかしながら、土地所有者から異議が出され、結局この計画は実現はしなかった。 1880年代、技術者のカール・オイゲン・ランゲンは、の自工場で運搬を行うために懸垂式モノレールを開発して使用していた。 この技術を人や物資の輸送に応用できることに気づき、植民地への採用を働きかけたが、採用には至らなかった。 ランゲンの構想が実現されたのが、ヴッパータールである。 この町では発展に伴い鉄道の導入が検討されていたが、地上は用地確保が難しいため河川上を通る高架鉄道の案が出た。 しかし、ベルリンで実施されているような高架鉄道は、川幅が狭くカーブが多いため、実現困難であった。 その点、オイゲンが提唱する単軌式で懸架方式の鉄道は、小型かつカーブの遠心力を車体が傾斜することで吸収でき、最適であった。 このためヴッパータール市は、1894年に空中鉄道方式を採用することを決定した(に、ライン地方産業遺産事務所は、ヴッパータール空中鉄道の試験線を発見した、とプレス発表している)。 ランゲンの構想によるヴッパータール空中鉄道は、に着工された。 その後、10月24日にの臨席を受けて試運転が行われ、に部分開通のはこびとなった。 建設期間は3年、政府から派遣された優秀な建築家であったヴィルヘルム・フェルトマンが工事の総監督にあたった。 最初に開通したのは、クルーゼ・劇場駅 - 動物園・スタジアム駅間で、1901年3月1日のことであった。 その後、西側終点となるフォーヴィンケル駅までが5月24日に開通。 東側終点となるオーバーバルメンまでが全通したのは6月27日であった。 建設に使われた鉄材の総量は実に19200トンにもおよんだとされる。 建設費は1600万金マルクであった。 第二次世界大戦による運休 [ ] その後、第二次世界大戦によって被害を受けしばらく運休した時期もあったが、も早い時期に、運行再開にこぎつけている。 近代化事業 [ ] Kaiserstr. にの宣伝の為に空中鉄道に乗せられたが車両から落下するも一命を取り留める、という事故が発生。 ヴッパータール空中鉄道は、一日あたり約75000人の乗客を運ぶ都市交通機関としての実績を積み重ねてきており、世界でもっとも安全な乗り物のひとつであると受け止められている。 には大規模な見直しが行われ、駅設備なども含めて現代の交通機関にふさわしいものとなるよう近代化されることになった。 第二次世界大戦中に被災し休止が続いていたクルーゼ・劇場駅も再建・再開されることになった。 これらの更新計画はまでの期間に行われることになっていたが、実行途中のに保線作業のミスに起因する脱線・転落事故 が発生し、5名が死亡・47名が怪我をするという惨事となった。 このために近代化事業の完成は遅れることとなった。 近代化事業は、結局までかかり、また費用も当初見積もりの2億5000万ユーロから3億9000万ユーロへと増加した。 以降は、ほとんどの駅に監視カメラなどの装備が設置されている。 技術的な概要 [ ] 車輌 [ ] ヴッパータール空中鉄道の台車 ヴッパータール空中鉄道で採用しているランゲン式モノレール方式では、鋼鉄製の両の車輪が、その溝の間に鋼鉄製のレールをはさむことで支持・案内を行い、その下に車体をぶら下げるという方式になっている。 モノレール・ソサエティでは「ランゲン式」という名称を用いず「両フランジ式懸垂モノレール(Suspended - Double Flanged)」と呼んでいる。 レールは片持ちで支えられ、車輌はレールとは逆側に伸ばされたアームで台車にぶらさがるかたちになる。 この構造のため、走行系は左右が非対称となっており、線路と車輌の方向は決められてしまう。 通常の鉄道車輌では180度方向転換をしてもそのまま走ることができるが、ランゲン式では不可能である(そのため、ヴッパータール空中鉄道では、複線とした上で両端駅にループを設け、全体としてドッグボーン型のレイアウトを構成し、問題を回避している)。 動力は600の直流が採用されており、車輪はモーターによって駆動される。 当初はモーターと車輪はで結ばれ駆動されていたが、その後投入された車輌では駆動に変更されている。 1台車1モーター2軸駆動である。 現在で主力の車輌は、に製造されたもので、全長24メートルの4ドア車。 一編成あたりの座席数は48席で、立席には約130名が乗ることが可能。 他に、にが試乗したお召し車輌が動態保存されており、記念列車やチャーター列車として運行されることがある。 路線・線路 [ ] 線路と線路支持体は486本の柱と橋梁構造で支えられている。 全線が複線となっており、両端には方向転換用のループが設けられていて、全体として線路は円環配線となっている。 分岐 [ ] 分岐は、それぞれの方向に即した線路を平行移動させて切り替えるという方法で実現されている。 方向転換をする際には列車を180度転回させる必要があるため、路線中途での方向転換のためのターンテーブルも存在していたが、前述の近代化事業に伴う更新工事により消滅している。 ランゲン式の採用例 [ ] ランゲン式をそのまま採用したモノレールは他には開業されず、孤立様式となっている。 しかし、同じく1901年に開業したのモノレール は、計画にランゲンが関わっており、構造も似通っている。 ただ、ドレスデンのモノレールは、長さは274mと短いが高低差が84mあり、丘陵を昇ることが主目的となっている。 ヴッパータールと違って車両は動力がなく、駅からロープで牽引されており、動力的にはである点で、世界でもユニークな存在である。 また、ランゲン式を参考にして車輪をゴムタイヤとしたやが開発され、前者はにて、後者はにて現在運用されている。 事故 [ ] 2008年8月5日に発生したクレーン付きトラックとの衝突事故 2018年11月の事故により9ヶ月近く閉鎖。 2019年8月に再開。 駅一覧 [ ]• Oberbarmen Bf - 東側終点、オーバーバルメン駅に接続• Wupperfeld• Alter Markt• Landgericht• Hauptbahnhof - DBヴッパータール中央駅に接続• Robert-Daum-Platz• Westende• Hammerstein• Bruch• Vohwinkel - 西側終点、DBフォーヴィンケル駅に接続 脚注 [ ] [].

次の

ヴィッパサナー瞑想はラベリングをしない方が悟りやすいと見たのですがどこの...

ヴィッパーな

「」も参照 仏教において瞑想(漢訳「」)を、(止行)と、ヴィパッサナー瞑想(観行)とに分ける見方がある。 サマタ瞑想は精神集中であり、高ぶった心を鎮める手段でもある。 ヴィパッサナー瞑想は洞察(智慧)であり、沈み込んだ心を活気づける手段でもある。 通常、ヴィパッサナー瞑想とサマタ瞑想はペアで修習される。 ヴィパッサナー瞑想とサマタ瞑想は包摂概念でもあり、様々な瞑想状態もしくは瞑想法は、このどちらかか、あるいは両方に含まれる。 伝統的に上座部仏教においては、サマタ瞑想を先に修行して、それからヴィパッサナー瞑想へと進むという階梯がとられてきた。 ヴィパッサナー瞑想を行なうためには少なくとも第一禅定(最高で第四禅定)に入っている必要があるとされ、そのためにはサマタ瞑想を行なわねばならないのである。 これに対し、最初からヴィパッサナー瞑想のみを中心に修行するという道も、少数派ながら古くから存在した。 これは、ヴィパッサナー瞑想を行うことによって、自然に第一禅定がもたらされるという事実に基づいている。 またより重要な問題点として、サマタ瞑想にあまり重点を置きすぎると、それによってもたらされる三昧の快楽に耽ってしまいがちであり、なかなか悟りが開けないという点も指摘される。 の悟りあくまでもヴィパッサナー瞑想によって開かれたとする観点による。 ・東南アジアのでは、は普通のお寺に住んでいるたちが行う瞑想法で、心を鎮めるものであり、観は止よりずっと高度であり、・・という仏教的真理を洞察して、に達しようとするものであるとされている。 これは伝統的に、にこもって瞑想に専念する森林僧が行うものである。 歴史 [ ] 近代以前 [ ] この節のが望まれています。 現代 [ ] 現代のヴィパッサナー瞑想は、比丘である(1846年 - 1923年)から伝えられた上座仏教の伝統的なヴィパッサナー瞑想法が、(1873年 - 1945年)によって在家の瞑想法として確立されたものである。 在家者用に、時間がかかるサマタ瞑想の修行を省略し、最初からヴィパッサナー瞑想のみを修行していく方法がサヤ・テッ・ジによって確立され、を経てに受け継がれた。 彼らやらの在家瞑想者や出家によって普及され、組織も作られた。 を中心としたやなどの上座部仏教圏だけでなく、欧米にも紹介されている。 在家のためのヴィパッサナー瞑想は、ゴエンカが偏頭痛によるへの依存から立ち直ったという体験を持っていることもあり、依存症から立ち直って健康を取り戻すための技法という実用的な側面も当初から持っていた。 由来のとともに補完・の一つとして心身への影響が研究されており、様々なに悩む現代人の心をいやす(癒し)としても行われている。 金沢大学のは、瞑想を通して心身と宇宙が共に振動であり、その意味で自己と宇宙が通じているとありありと実感できるという点が、近年の反的宗教運動に惹かれる人々の心性に訴えかけるところがあり、の人々にとっても大きな魅力になっていると指摘している。 ミャンマー [ ] 在家の瞑想法としてのヴィパッサナー瞑想の系譜は、ミャンマーのサヤ・テッ・ジにさかのぼることができる。 彼は、23歳の時に瞑想をはじめ、そののちで子供を亡くし、その悲しみからの救いを求めて各地をさまよい、レディ・サヤドー比丘の下で7年の瞑想修行を行った。 1914年から とヴィパッサナー瞑想の指導を始め、弟子が集まるようになったが、僧院で正式に仏教を学んだことはほとんどなかったため、仏法を説くというより瞑想家の道に専念し、実践的な瞑想家として知られた。 その弟子でミャンマー政府で働いていたサヤジ・ウ・バ・キン(1899年 - 1971年)は、1941年にはウェブ・サヤドー比丘と出会い、すすめられて瞑想を教えるようになった。 仕事の傍ら1950年に経理局ヴィパッサナー協会を、1952年には国際瞑想センターを創設し、ミャンマー仏教会議連動の理事、瞑想実践委員会議長として活躍した。 徒のインド系移民としてミャンマーの裕福な家庭に育ったは、20代半ばに実業家として成功したが、偏頭痛に悩まされてに頼るようになり、になる前に治療しようと欧米、日本に治療に行くが完治せず、1955年に友人の勧めでウ・バ・キンの下で瞑想を行い、心が浄化されるとともに病気が全快するという体験をした。 14年間ウ・バ・キンの下で瞑想に励み、のちにに渡った。 ゴエンカの思想の大部分は上座仏教の伝統に沿っている。 ゴエンカが設立した瞑想センターで行われる10日間の瞑想コースでは、夕方毎日ゴエンカの説教テープが流されるが、その内容は基本的には、、、といった伝統的な上座部仏教の教義をわかりやすく説いたものである。 島岩は、ゴエンカの瞑想コースの過程には伝統的な上座仏教とは異なる特徴があると述べ、「涅槃寂静に達する技法というよりむしろ日常生活をよりよく生きる技法だとされている点」と、「心身と宇宙をすべて振動 ヴァイブレーション)ととらえている点」を指摘している。 彼の独自性は、これまで伝統的に行われてきた出家の比丘が森林にこもって瞑想して涅槃寂静を目指すという形ではなく、人間の説いた合理的な技法であり、在家の一般人が日常生活をよりよく送るための実用的な「生き方の技法」としてヴィパッサナー瞑想をおもに広めているという点であろうと述べている。 また現代のゴエンカの系統では、の出版を熱心に行っており、仏教近代改革運動で提示された仏教観が色濃く認められるという。 ゴエンカの10日間の瞑想コースでは、まず3日間呼吸に基づく瞑想法であるアーナーパーナ瞑想(数息観)だけを行い、その次にヴィパッサナー瞑想の指導が行われ、最後近くの10日目には(慈愛の瞑想、メッター・バーヴァナー)が指導される。 インド [ ] ウ・バ・キンは、インドからミャンマーに仏教を通して伝わったヴィパッサナー瞑想を、仏教がすでに滅びてしまっているインドに返したいと願い、ウ・バ・キンの弟子ゴエンカによってインドに持ち込まれた。 ゴエンカはインドにわたって、などで瞑想コースを行い、1976年に北部の市郊外イガトプリ村にヴィパッサナー国際瞑想アカデミーを設立した。 ゴエンカによる10日間の瞑想コースは、拘束時間が比較的長いにもかかわらず、参加者は5万人を超えている。 2000年時点では参加費は原則無料であり、経済状態や満足度に応じて寄付を払う。 インドの経済発展で成立してきた、の人々に支持されており、参加者には徒も多い。 島岩は、心身を癒し現実で成功するための技法であることを強調する点に、都市化に対応する形で変容した仏教という側面が強く認められると指摘している。 瞑想センターは1996年時点でインドに6、に3、に2、・・・・日本に各1が開設されている。 日本 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年11月) 日本においては以前に伝来した仏教は経由であったため、大乗仏教以外は流布しなかった。 それらの瞑想法としては、の、の止観や、やのなどが長らく主流であった。 そのため近代になっても、欧米と異なり、この(上座部仏教起源の)「現代ヴィパッサナー瞑想」はなかなか普及しなかったが、90年代以降 日本ヴィパッサナー協会(ゴエンカ系)、 (マハシ系)、 グリーンヒル瞑想研究所 マハシ系)等によって指導、紹介されている。 また、サマタ瞑想を重視し、「ヴィスッディマッガ()」に紹介されたサマタ瞑想をすべて修習することをうたう、ミャンマーのの教えを基にした「パオ・メソッド」と呼ばれる流派も注目を浴びつつある。 この系統の指導者としてパオ・セヤドー以外に日本で活動している人にはクムダ・セヤドがおり、他にも女性の指導者ディーパンカラ・サヤレーもいる。 日本人では(スダンマチャーラ比丘)、 ボーディパンニャーグニカ比丘 、智鐘聖耀(ウ・アッセイナ比丘)、がパオ系の全コースを修習したと称している。 には、 日本道場が設立されたとされる。 同道場ではが指導者を務めていた。 その後、2016年11月時点でパオ森林僧院日本道場は公式サイトの名称を「マハーカルナー法友会」に変更し、同時にパオ・セヤドーやパオ森林僧院に関するページ・記述の全てをサイト内から削除している。 また、2018年1月にマハーカルナーは、マハーカルナー傳修院の「原始仏教トーク 46」にて、パオ森林僧院日本道場の設立は自身が意図したことではない旨を述べた(詳細はを参照)。 近年になると、タイのヴィパッサナー瞑想である、ルアンポー・ティアン考案の(マハー・サティ瞑想)もらによって紹介され始めて来た。 方法 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年8月) さまざまな流儀のものが存在するが、共通するのは「今という瞬間に完全に注意を集中する」ということである。 何をしていても「今・ここの自分」に気づいていく。 このようにして自分を客観的によく観ていく実践によって、心を成長させることを目指すのである。 また、特にマハシ系では、「気づき」を言葉によって確認(「ラベリング」)し、「実況中継」していくという方法がとられる。 ヴィパッサナー瞑想に入る前に、「」がサマタ瞑想として行なわれる。 ゴエンカ系ではヴィパッサナーに入る前段階として、集中力(定)を養うことを目的に、「」(安般念)と呼ばれるサマタ瞑想の一つをまず練習する。 「アーナーパーナサティ」(安般念)を重視する思想はパオ系においても同じである。 これら二派においては、マハシ系のような言葉による「ラベリング」は行われない。 座る瞑想では特に呼吸に集中することが基本となる。 この点は、北伝仏教でも広く用いられる「」と大きな違いはないとも言えるが、数息観とは、あくまで「アーナーパーナサティ」(安般念)の一部であって、二つを同一視することはできない。 呼吸に集中することに関しては、南伝仏教の教義の枠内においても、「サマタ瞑想」と大きく区別されるわけではないという点が指摘されている。 関連文献 [ ] 伝統仏典 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年8月) 所依の経典としてよく参照されるのは、南伝『』(ディーガ・ニカーヤ)の• 『』(大念住経、長部第22) や、(マッジマ・ニカーヤ)の• 『』(四念処経、中部第10経)• 『』(安那般那念経、中部第118経) などがある。 また上座部仏教における最大の実践指南書として、の『』(ヴィスッディマッガ)もたびたび参照にされる。 現代の文献 [ ] スリランカ関係者によるもの• 『自分を変える気づきの瞑想法』 、2011年• 『ミャンマーで尼になりました』 、2013年• 『青空としてのわたし』 幻冬舎、2014年• ・山下良道・『〈仏教3. 0〉を哲学する』 春秋社、2016年 タイ関係者によるもの• カンポン・トーンブンヌム『「気づきの瞑想」で得た苦しまない生き方』 佼成出版社、2007年 心理学者・医療者・哲学者らによる著作• 『マインドフルネスストレス低減法』 、2007年• ・ 「特別対談 ヴィパッサナー瞑想を哲学する」『サンガジャパン Vol. 17』、、2014年5月• 永井均『存在と時間 哲学探求1』 、2016年3月、pp. 100-106 その他• 『「自分」を浄化する坐禅入門』 、PHP文庫、2014年• 島岩・坂田貞二 編 『聖者たちのインド』 春秋社、2000年 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• とを自分で分別することができないにもかかわらず、自分が四禅を得たのを「を得たのだ」と推し量って、師を離れて阿蘭若に独処するのについて、道元は十二巻『』の第十「四禅比丘」で言及している。 サイトの名称とURLが変わる前の状態は。 変わった後の状態はから閲覧できる。 いずれもアーカイブサービスによる保存結果。 ラリー・ローゼンバーグは、タイの瞑想指導者アーチャン・ブッダダーサの弟子である。 出典 [ ]• マハーシ・サヤドー 『ヴィパッサナー瞑想』 星飛雄馬訳、サンガ〈サンガ文庫〉、2017年、145頁。 , p. 186. 佐々 慈瞳 人間科学研究 23 1 , 93-93, 2010-03-25 早稲田大学人間科学学術院• , p. 箕輪顕量 『仏教瞑想論』 春秋社、2008年、23頁。 204. , pp. 15-16. 朝日新聞社. 2017年6月7日閲覧。 道元著・校注 『正法眼蔵』(四) 岩波書店〈岩波文庫〉、1995年4月、340-344頁。 山下良道 『青空としてのわたし』 幻冬舎、2014年5月、p. 230。 水源 『 』 2009年5月、p. Shinzenho. 2018年3月10日閲覧。 (Wayback Machine、2015年9月28日) - [ ]• 360-362. , p. 374. 332. (archive. today、2015年9月27日) - [ ]• 2018年2月22日閲覧。 , p. 143. 参考文献 [ ]• 『聖者たちのインド』・坂田貞二、春秋社、2000年10月。 岩本明美「」『京都産業大学論集』人文科学系列 41、京都産業大学、2010年3月、 183-211頁。 『別冊サンガジャパン1 実践! 仏教瞑想ガイドブック』 監修、、2014年8月。 『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』(訳)、新潮社、2016年12月。 関連項目 [ ].

次の

ヴィッパサナー瞑想はラベリングをしない方が悟りやすいと見たのですがどこの...

ヴィッパーな

「」も参照 仏教において瞑想(漢訳「」)を、(止行)と、ヴィパッサナー瞑想(観行)とに分ける見方がある。 サマタ瞑想は精神集中であり、高ぶった心を鎮める手段でもある。 ヴィパッサナー瞑想は洞察(智慧)であり、沈み込んだ心を活気づける手段でもある。 通常、ヴィパッサナー瞑想とサマタ瞑想はペアで修習される。 ヴィパッサナー瞑想とサマタ瞑想は包摂概念でもあり、様々な瞑想状態もしくは瞑想法は、このどちらかか、あるいは両方に含まれる。 伝統的に上座部仏教においては、サマタ瞑想を先に修行して、それからヴィパッサナー瞑想へと進むという階梯がとられてきた。 ヴィパッサナー瞑想を行なうためには少なくとも第一禅定(最高で第四禅定)に入っている必要があるとされ、そのためにはサマタ瞑想を行なわねばならないのである。 これに対し、最初からヴィパッサナー瞑想のみを中心に修行するという道も、少数派ながら古くから存在した。 これは、ヴィパッサナー瞑想を行うことによって、自然に第一禅定がもたらされるという事実に基づいている。 またより重要な問題点として、サマタ瞑想にあまり重点を置きすぎると、それによってもたらされる三昧の快楽に耽ってしまいがちであり、なかなか悟りが開けないという点も指摘される。 の悟りあくまでもヴィパッサナー瞑想によって開かれたとする観点による。 ・東南アジアのでは、は普通のお寺に住んでいるたちが行う瞑想法で、心を鎮めるものであり、観は止よりずっと高度であり、・・という仏教的真理を洞察して、に達しようとするものであるとされている。 これは伝統的に、にこもって瞑想に専念する森林僧が行うものである。 歴史 [ ] 近代以前 [ ] この節のが望まれています。 現代 [ ] 現代のヴィパッサナー瞑想は、比丘である(1846年 - 1923年)から伝えられた上座仏教の伝統的なヴィパッサナー瞑想法が、(1873年 - 1945年)によって在家の瞑想法として確立されたものである。 在家者用に、時間がかかるサマタ瞑想の修行を省略し、最初からヴィパッサナー瞑想のみを修行していく方法がサヤ・テッ・ジによって確立され、を経てに受け継がれた。 彼らやらの在家瞑想者や出家によって普及され、組織も作られた。 を中心としたやなどの上座部仏教圏だけでなく、欧米にも紹介されている。 在家のためのヴィパッサナー瞑想は、ゴエンカが偏頭痛によるへの依存から立ち直ったという体験を持っていることもあり、依存症から立ち直って健康を取り戻すための技法という実用的な側面も当初から持っていた。 由来のとともに補完・の一つとして心身への影響が研究されており、様々なに悩む現代人の心をいやす(癒し)としても行われている。 金沢大学のは、瞑想を通して心身と宇宙が共に振動であり、その意味で自己と宇宙が通じているとありありと実感できるという点が、近年の反的宗教運動に惹かれる人々の心性に訴えかけるところがあり、の人々にとっても大きな魅力になっていると指摘している。 ミャンマー [ ] 在家の瞑想法としてのヴィパッサナー瞑想の系譜は、ミャンマーのサヤ・テッ・ジにさかのぼることができる。 彼は、23歳の時に瞑想をはじめ、そののちで子供を亡くし、その悲しみからの救いを求めて各地をさまよい、レディ・サヤドー比丘の下で7年の瞑想修行を行った。 1914年から とヴィパッサナー瞑想の指導を始め、弟子が集まるようになったが、僧院で正式に仏教を学んだことはほとんどなかったため、仏法を説くというより瞑想家の道に専念し、実践的な瞑想家として知られた。 その弟子でミャンマー政府で働いていたサヤジ・ウ・バ・キン(1899年 - 1971年)は、1941年にはウェブ・サヤドー比丘と出会い、すすめられて瞑想を教えるようになった。 仕事の傍ら1950年に経理局ヴィパッサナー協会を、1952年には国際瞑想センターを創設し、ミャンマー仏教会議連動の理事、瞑想実践委員会議長として活躍した。 徒のインド系移民としてミャンマーの裕福な家庭に育ったは、20代半ばに実業家として成功したが、偏頭痛に悩まされてに頼るようになり、になる前に治療しようと欧米、日本に治療に行くが完治せず、1955年に友人の勧めでウ・バ・キンの下で瞑想を行い、心が浄化されるとともに病気が全快するという体験をした。 14年間ウ・バ・キンの下で瞑想に励み、のちにに渡った。 ゴエンカの思想の大部分は上座仏教の伝統に沿っている。 ゴエンカが設立した瞑想センターで行われる10日間の瞑想コースでは、夕方毎日ゴエンカの説教テープが流されるが、その内容は基本的には、、、といった伝統的な上座部仏教の教義をわかりやすく説いたものである。 島岩は、ゴエンカの瞑想コースの過程には伝統的な上座仏教とは異なる特徴があると述べ、「涅槃寂静に達する技法というよりむしろ日常生活をよりよく生きる技法だとされている点」と、「心身と宇宙をすべて振動 ヴァイブレーション)ととらえている点」を指摘している。 彼の独自性は、これまで伝統的に行われてきた出家の比丘が森林にこもって瞑想して涅槃寂静を目指すという形ではなく、人間の説いた合理的な技法であり、在家の一般人が日常生活をよりよく送るための実用的な「生き方の技法」としてヴィパッサナー瞑想をおもに広めているという点であろうと述べている。 また現代のゴエンカの系統では、の出版を熱心に行っており、仏教近代改革運動で提示された仏教観が色濃く認められるという。 ゴエンカの10日間の瞑想コースでは、まず3日間呼吸に基づく瞑想法であるアーナーパーナ瞑想(数息観)だけを行い、その次にヴィパッサナー瞑想の指導が行われ、最後近くの10日目には(慈愛の瞑想、メッター・バーヴァナー)が指導される。 インド [ ] ウ・バ・キンは、インドからミャンマーに仏教を通して伝わったヴィパッサナー瞑想を、仏教がすでに滅びてしまっているインドに返したいと願い、ウ・バ・キンの弟子ゴエンカによってインドに持ち込まれた。 ゴエンカはインドにわたって、などで瞑想コースを行い、1976年に北部の市郊外イガトプリ村にヴィパッサナー国際瞑想アカデミーを設立した。 ゴエンカによる10日間の瞑想コースは、拘束時間が比較的長いにもかかわらず、参加者は5万人を超えている。 2000年時点では参加費は原則無料であり、経済状態や満足度に応じて寄付を払う。 インドの経済発展で成立してきた、の人々に支持されており、参加者には徒も多い。 島岩は、心身を癒し現実で成功するための技法であることを強調する点に、都市化に対応する形で変容した仏教という側面が強く認められると指摘している。 瞑想センターは1996年時点でインドに6、に3、に2、・・・・日本に各1が開設されている。 日本 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年11月) 日本においては以前に伝来した仏教は経由であったため、大乗仏教以外は流布しなかった。 それらの瞑想法としては、の、の止観や、やのなどが長らく主流であった。 そのため近代になっても、欧米と異なり、この(上座部仏教起源の)「現代ヴィパッサナー瞑想」はなかなか普及しなかったが、90年代以降 日本ヴィパッサナー協会(ゴエンカ系)、 (マハシ系)、 グリーンヒル瞑想研究所 マハシ系)等によって指導、紹介されている。 また、サマタ瞑想を重視し、「ヴィスッディマッガ()」に紹介されたサマタ瞑想をすべて修習することをうたう、ミャンマーのの教えを基にした「パオ・メソッド」と呼ばれる流派も注目を浴びつつある。 この系統の指導者としてパオ・セヤドー以外に日本で活動している人にはクムダ・セヤドがおり、他にも女性の指導者ディーパンカラ・サヤレーもいる。 日本人では(スダンマチャーラ比丘)、 ボーディパンニャーグニカ比丘 、智鐘聖耀(ウ・アッセイナ比丘)、がパオ系の全コースを修習したと称している。 には、 日本道場が設立されたとされる。 同道場ではが指導者を務めていた。 その後、2016年11月時点でパオ森林僧院日本道場は公式サイトの名称を「マハーカルナー法友会」に変更し、同時にパオ・セヤドーやパオ森林僧院に関するページ・記述の全てをサイト内から削除している。 また、2018年1月にマハーカルナーは、マハーカルナー傳修院の「原始仏教トーク 46」にて、パオ森林僧院日本道場の設立は自身が意図したことではない旨を述べた(詳細はを参照)。 近年になると、タイのヴィパッサナー瞑想である、ルアンポー・ティアン考案の(マハー・サティ瞑想)もらによって紹介され始めて来た。 方法 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年8月) さまざまな流儀のものが存在するが、共通するのは「今という瞬間に完全に注意を集中する」ということである。 何をしていても「今・ここの自分」に気づいていく。 このようにして自分を客観的によく観ていく実践によって、心を成長させることを目指すのである。 また、特にマハシ系では、「気づき」を言葉によって確認(「ラベリング」)し、「実況中継」していくという方法がとられる。 ヴィパッサナー瞑想に入る前に、「」がサマタ瞑想として行なわれる。 ゴエンカ系ではヴィパッサナーに入る前段階として、集中力(定)を養うことを目的に、「」(安般念)と呼ばれるサマタ瞑想の一つをまず練習する。 「アーナーパーナサティ」(安般念)を重視する思想はパオ系においても同じである。 これら二派においては、マハシ系のような言葉による「ラベリング」は行われない。 座る瞑想では特に呼吸に集中することが基本となる。 この点は、北伝仏教でも広く用いられる「」と大きな違いはないとも言えるが、数息観とは、あくまで「アーナーパーナサティ」(安般念)の一部であって、二つを同一視することはできない。 呼吸に集中することに関しては、南伝仏教の教義の枠内においても、「サマタ瞑想」と大きく区別されるわけではないという点が指摘されている。 関連文献 [ ] 伝統仏典 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年8月) 所依の経典としてよく参照されるのは、南伝『』(ディーガ・ニカーヤ)の• 『』(大念住経、長部第22) や、(マッジマ・ニカーヤ)の• 『』(四念処経、中部第10経)• 『』(安那般那念経、中部第118経) などがある。 また上座部仏教における最大の実践指南書として、の『』(ヴィスッディマッガ)もたびたび参照にされる。 現代の文献 [ ] スリランカ関係者によるもの• 『自分を変える気づきの瞑想法』 、2011年• 『ミャンマーで尼になりました』 、2013年• 『青空としてのわたし』 幻冬舎、2014年• ・山下良道・『〈仏教3. 0〉を哲学する』 春秋社、2016年 タイ関係者によるもの• カンポン・トーンブンヌム『「気づきの瞑想」で得た苦しまない生き方』 佼成出版社、2007年 心理学者・医療者・哲学者らによる著作• 『マインドフルネスストレス低減法』 、2007年• ・ 「特別対談 ヴィパッサナー瞑想を哲学する」『サンガジャパン Vol. 17』、、2014年5月• 永井均『存在と時間 哲学探求1』 、2016年3月、pp. 100-106 その他• 『「自分」を浄化する坐禅入門』 、PHP文庫、2014年• 島岩・坂田貞二 編 『聖者たちのインド』 春秋社、2000年 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• とを自分で分別することができないにもかかわらず、自分が四禅を得たのを「を得たのだ」と推し量って、師を離れて阿蘭若に独処するのについて、道元は十二巻『』の第十「四禅比丘」で言及している。 サイトの名称とURLが変わる前の状態は。 変わった後の状態はから閲覧できる。 いずれもアーカイブサービスによる保存結果。 ラリー・ローゼンバーグは、タイの瞑想指導者アーチャン・ブッダダーサの弟子である。 出典 [ ]• マハーシ・サヤドー 『ヴィパッサナー瞑想』 星飛雄馬訳、サンガ〈サンガ文庫〉、2017年、145頁。 , p. 186. 佐々 慈瞳 人間科学研究 23 1 , 93-93, 2010-03-25 早稲田大学人間科学学術院• , p. 箕輪顕量 『仏教瞑想論』 春秋社、2008年、23頁。 204. , pp. 15-16. 朝日新聞社. 2017年6月7日閲覧。 道元著・校注 『正法眼蔵』(四) 岩波書店〈岩波文庫〉、1995年4月、340-344頁。 山下良道 『青空としてのわたし』 幻冬舎、2014年5月、p. 230。 水源 『 』 2009年5月、p. Shinzenho. 2018年3月10日閲覧。 (Wayback Machine、2015年9月28日) - [ ]• 360-362. , p. 374. 332. (archive. today、2015年9月27日) - [ ]• 2018年2月22日閲覧。 , p. 143. 参考文献 [ ]• 『聖者たちのインド』・坂田貞二、春秋社、2000年10月。 岩本明美「」『京都産業大学論集』人文科学系列 41、京都産業大学、2010年3月、 183-211頁。 『別冊サンガジャパン1 実践! 仏教瞑想ガイドブック』 監修、、2014年8月。 『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』(訳)、新潮社、2016年12月。 関連項目 [ ].

次の