ペルソナ5rアリス。 ペルソナ5攻略 公開処刑限定スキルまとめ!ネットワーク合体、オンライン要素

ペルソナ5攻略 公開処刑限定スキルまとめ!ネットワーク合体、オンライン要素

ペルソナ5rアリス

強スキルを付けたアリスやヨシツネ、カグヤ等を紹介。 2周目行く前に一通りペルソナ作っておこうと思い、スキルカードやスキル継承を活用して強スキルを載せまくったペルソナを作成しましたのでいくつか紹介します。 ヨシツネ 最強のペルソナとして名高いヨシツネ。 恵まれた耐性と最強の全体物理攻撃・八艘飛びによる脅威の八回攻撃が最大の特徴。 ブレイブザッパーは八艘飛びが強すぎて残す意味が無いので上書き。 マハタルカオートは戦闘開始時に全員にタルカジャ発動という神スキル。 これがあれば大抵の雑魚戦は1ターンキルで終わります。 …いや、八艘跳び使えばジョーカーのターンで戦闘が終了します。 アドバイスはクリ率の高いブレイブザッパーと組み合わせると強いのですが、八艘飛びだとそんなクリティカルが出ないので相性悪いかも。 このどれかを抜いて、不屈の闘志(HP0で一度だけ完全回復で復活)を入れる予定です。 アリ・ダンスは元の回避が高いと結構攻撃を避けるので速の高いヨシツネとは好相性。 とくにスクカジャとの相性は抜群。 ヨシツネはこれといった弱点もなく、恐らく総合性能で最強のペルソナです。 正直、固有スキル『死んでくれる?』は弱いです…全然死んでくれません…orz 一応、最上位の全体即死技なのですが、ムド成功率アップのスキル付けていても雑魚相手に7割弱程度の成功率で安定しないので、ムド成功率UPは捨てました。 正直『死んでくれる?』も要らないのですが、これを捨てるとアリスの意味がなくなるので個性として残しています(笑) 耐性も平凡で、特殊な方法で作れるペルソナとしては微妙性能…祝福に弱いこともデメリットです。 せめて物理無効くらい付いていれば…。 スキルカードが足りなくて付けていませんが、生還トリックを勝利の息吹にする予定。 魔と速は高いので、開幕メギドラオンが専らの使い道です。 アリスは見た目的な意味でも、どっちかというと趣味ペルソナですね。 輝矢を活かすために祝福ブースタ・ハイブースタを完備。 火炎弱点は反射スキルで潰しました。 これもスキルカードが足りないので付けていませんが、ディアラハンにメシアライザーかメディアラハン、アムリタシャワーをランダマイザか勝利の息吹に変える予定です。 耐性もまぁまぁで、自前で物理反射を覚えます。 有料DLCのペルソナとしては一番使えるかも。 カグヤ・賊神(ピカロ) 上述のカグヤの色違い。 習得スキルは同じですが、耐性やステータスが少し違います。 カグヤとスキル構成を少し変えました。 マハタルカオートは便利なので、全てのペルソナに付けています。 ランダマイザはボス戦で滅茶苦茶有用です。 バフ・デバフ系を載せるならヒートライザよりこちらをオススメします。 Lv75まで育ててみましたが、カグヤ賊神のステータスの特徴として、力・魔・耐が高めで速が低いです。 ちなみに賊神はピカロって読むらしいです。 ピカレスクのピカロだそうです。 コウリュウ 3身合体以上でセイリュウ・スザク・ビャッコ・ゲンブの四聖獣を処刑することで作れるペルソナです。 サイダインの強化版『サイコキネシス』が使えますが、特徴はそれくらいでこれも複数合体のペルソナとしては平凡過ぎて正直微妙…。 マハタルカ載せてSPの消費が大きいので勝利の息吹等も載せて少し使いやすくしました。 バアル これは普通の処刑で作れるタイプのペルソナです。 ステータスは割と平均的。 耐性が4つもついていてマイムールという単体へ中ダメージ3回高命中というユニークスキルと万物流転というガルダインの強化版を覚えます。 普通のペルソナとしてはまぁまぁの性能です。 万物流転を活かしてハイブースタと勝利の息吹を入れるか、マイムールを活かして物理特化で行くか迷う所。 オーディン これも普通の2身合体で作れます。 エル・ジハードと真理の雷という、単体・全体攻撃のジオ系最高位の魔法を2種類覚えます。 物理スキルも覚えますが、せっかくなので雷特化でいくほうが特徴を活かせるでしょう。 無効吸収反射を計4つも備え普通に作れるタイプのペルソナとしては優秀な耐性。 サタナエル&ルシファー ちなみにシリーズ恒例の最高レベルのペルソナ、ルシファーはP5では過去最弱かも。 高位のペルソナは耐性に恵まれていることが多い中、とんでもない糞耐性に…。 特徴は明けの明星というメギドラオンの強化版を覚えるくらい。 もちろんサイズはスケールダウン。 2chスレより 全ての属性に耐性を持ち、『勝利の雄叫び』という戦闘後、HP・SPを全回復というチートスキル持ち。 コズミックフレアはマハフレイダインの最上位版、至高の魔弾 全体攻撃銃スキル はそこまで強くはないようです。 どのペルソナも継承とスキルカードを使い任意のスキルを付けられるので自分が気に入ったペルソナを強化してみるのも面白いかもしれません。 スキルカードは同じペルソナに何回でも使えるので、後からスキルを入れ替えることも可能です。 ただし、反射スキルや祝福・呪怨・万能ブースタのように継承のみの習得で、スキルカードを得られないものもあるので、これらの後付できないスキルに関してはペルソナ作成時の時点で慎重に選びましょう。 固有スキルとステータス耐性は変更できないため、ペルソナの強弱を決めるとすれば究極的にはこれらが基準になるでしょうか。

次の

ペルソナ5R(ロイヤル)攻略wiki|P5R

ペルソナ5rアリス

汝、トリックスターよ・・・ 今こそ、この世の歪みの深淵に立ち向かうがいい。 概要 発売のシリーズ20周年記念作。 前作『』からおよそ8年ぶりのナンバリングシリーズ作品。 公式の略称は「 P5」。 テーマカラーは「」。 そして物語のテーマは「 」。 発売機種は、。 発売日は2016年9月15日。 劇中のアニメーションムービー制作はが手掛けている。 今までのストーリーにの要素を加えた「ピカレスク・ジュブナイル」。 前作「」が殺人事件と異世界の謎を追う「捜査隊」だったのに対し、異世界の謎を追うと言う点では同じだが、今作では逆に追われる身である「 」となり不正を犯す大人や歪んだ社会への「世直し」を行う。 【「公式サイト」より】 2019年3月23日、ティザーサイトがオープンしていた続編 と同じくストーリー&新規キャラ追加のアッパーバージョン のタイトルが『 』に決定。 発売日は2019年10月31日、プラットフォームがPS4と発表され、同時に第一弾PVも。 メディアミックス スピンオフゲーム 2018年5月24日に発売された。 対応機種はPS vitaとPS4。 2017年8月2日に横浜アリーナで行われた「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB!!!! 2017 ~港の犯行を目撃せよ!~」にて初公表。 「」とは同時発売となっている。 2018年11月29日発売のゲーム第二弾。 対応機種は。 「心の怪盗団」を主軸に、前作の・メンバーに加え新たにも交えた、総勢28名にも及ぶセルフマッピングダンジョンRPG。 2020年2月20日発売のペルソナシリーズ初となるアクションRPG。 PS4とに対応。 『』シリーズで知られるとの共同開発。 P5本編から半年後の夏休みを舞台に、全国で起こった異常現象を解決すべく心の怪盗団が日本中を旅する。 テレビアニメ PERSONA5 the Animation -THE DAY BREAKERS- 2016年9月に放送された 単独特番。 最速放送は3日でとの2局、4日に、5日にと。 制作は。 ストーリーはアニメオリジナルの書き下ろし。 本編ゲーム内の「ある」サブエピソードとリンクし、若き怪盗団の活躍が描かれるプロローグストーリー。 通称「 P5A」。 2018年4月から9月まで2クール放送。 放送局は全て「THE DAY BREAKERS」と同じ。 制作も同様、A-1 Picturesが手掛けるが、クレジット名義がに変更され 制作担当の高円寺スタジオがブランド化したため、この名義となっている 、スタッフ陣も単独特番から総入替となっている。 放送局のうちTOKYOMXと毎日放送では連動データ放送を実施。 公式アプリ「PERSONA O. 」のポイントが手に入るQRコードが表示されている。 こちらは多少のアレンジはあるがゲームストーリー準拠の話となっており、主人公の名は「 (あまみや れん)」と設定されている。 通常放送の後、続編として2018年の年末特番 『Dark Sun... 』と2019年3月の特番 『Stars and Ours』がそれぞれ放送された。 コミカライズ PERSONA5 9月15日より小学館のアプリ「マンガワン」と9月22日より「裏サンデー」にて連載中。 1話は常時無料で配信されている。 画を担当するのは村崎久都 むらさきひさと 氏。 主人公の名は「 (くるす あきら)」と設定されている。 作者はコミカライズも担当した氏。 タイトルの通り、メメントスミッションとコープキャラクターをメインにしたサブストーリー。 主人公の名前はアニメ版に準じた「雨宮蓮」となっている。 ほかの怪盗団メンバーやキャラクターも、ステージギミックやなどで登場する。 こちら側のでキャサリンコスチュームが販売されており、リメイク作キャサリン・フルボディにて主人公がプレイアブル参戦し、ほかのメンバーも実況として追加。 ストーリー 暴漢から女性を助けるも、逆に暴行罪を着せられたことで保護監察となった。 彼は謎のアプリ「」で心の世界へと侵入し、へと覚醒する。 様々な理由により社会から抑圧・爪はじきにされた少年少女たちは、封じ込めていた怒りと共にペルソナを解放し、歪んだ欲望を持つ悪人の心を「盗む」ことで「改心」させることを決意した。 我等、正義の義賊「」。 TVアニメ版及びP5Rでは氏が担当。 前作「」から数年後の話であることを示唆する要素が多い。 がニューシングルの告知で駅前広場のディスプレイ広告に登場している他、「」のや「」なども登場。 テレビ番組のテキストでは一部登場人物のその後を見られる。 4ほどでは無いが、「」のネタも登場している。 ATLUSが傘下に入ってから初めてのナンバリングタイトルであり 外伝では「」が初 、一部の海外版の発売元となっている。 またテレビアニメ版ではセガが提供枠で参加している。 偶然か否か、パーティーメンバーの声優はや、がテーマの作品で主人公を演じた、あるいはやタイプのキャラを演じた人物で構成されている。 悪役の声優の方も。 関連イラスト 本作は過去のシリーズと同様に公式からネタバレが 全面的に禁止されているため、投稿時には注意。

次の

ペルソナ5R(ロイヤル)攻略wiki|P5R

ペルソナ5rアリス

ペルソナ全書100%を目指す場合、これらを見落とす可能性が高いです。 ということで、100%を目指すときに見落としやすいペルソナについていくつか記載しておきます。 3体合体。 これがあるので1周目ではペルソナ全書100%にはできないので要注意。 これらは3学期のイベント後に、ペルソナ全書に表示されるようになるので、合体したかどうか確認しやすい。 コープ合体解禁ペルソナ 各コープランク10にすることで、アルカナに対応したペルソナの合体が解禁される。 合体が解禁されても、ペルソナ全書には表示されず見落としやすいので要注意。 とくに特殊合体のアルダーとアリスは作るの忘れやすいです。 愚者:ヴィシュヌ 魔術師:フツヌシ 女教皇:キュベレ 女帝:マザーハーロット 皇帝:オーディン 法王:コウリュウ 恋愛:イシュタル 戦車:シュウ 正義:メタトロン 隠者:オンギョウキ 運命:ラクシュミ 剛毅:ザオウゴンゲン 刑死者:アティス 死神:アリス 節制:アルダー 悪魔:ベルゼブブ 塔:マダ 星:ルシファー 月:サンダルフォン 太陽:アスラおう 審判:サタン 信念:マリア 顧問官:ウォフ・マナフ 宝魔 マダラメパレスの黄金の壺イベント後に出現するようになる特殊なペルソナ。 合体では作成することは不可能で、ダンジョン内で会話し捕らえる必要がある。 2周目に行く前に集めておきたい。 皇帝Lv10リージェント:節制 女帝Lv15女王の首飾り:美徳 運命Lv20スクーンの石:慈悲 女教皇Lv25コ・イ・ヌール:感動 剛毅Lv30オルロフ:寛容 刑死者Lv35大帝の護符:寛容 死神Lv40ホープダイヤ:認知 愚者Lv50水晶髑髏:認知 信念Lv60オリハルコン:3学期パレス 水晶髑髏はメメントスだと妙に見つけづらい。 特にアリスとアルダーはコープでの解禁も必要とあって忘れやすい。 293• 413• 813• 141• 133• 978• 120• 208• 819• 128• 1382• 253• 179• 102• 115• 102• 180• 104• 1375• 189• 155• 109• 162• 170• 120• 1345• 271• 218• 193• 138• 137• 110• 128•

次の