宮崎 雑談。 宮崎雑談総合掲示板|爆サイ.com九州版

河野知事 大丈夫か⁉️

宮崎 雑談

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、給与や期末手当(ボーナス)を削減する知事が相次ぐ中、河野知事は16日、給与を削減しない意向を明らかにした。 6月定例県議会の一般質問に対し、「応援消費を進めていくことが大変重要」として、受け取ることで消費に回す考えを示した。 満行潤一議員(県民連合宮崎、都城市区)の質問に答えた。 「消費マインドを引き下げかねない選択をするよりは、地産地消を盛り上げていく」と説明。 「定められた報酬を頂く中で、精いっぱい自らの職責を果たしていくのが本筋」との考えを示した。 ボーナスについては言及しなかった。 九州・沖縄の各県ではコロナ対策への充当などを目的に福岡、熊本、沖縄の知事が給与の2、3割を削減。 鹿児島の三反園知事も7月分給与と任期満了時に受け取る退職手当の2割削減を6月県議会に提案している。 全国では全額を受け取る知事もおり、静岡の川勝平太知事は「痛み分けは理解できるが、消費マインドを冷やすことはしてはならない」としている。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、給与や期末手当(ボーナス)を削減する知事が相次ぐ中、河野知事は16日、給与を削減しない意向を明らかにした。 6月定例県議会の一般質問に対し、「応援消費を進めていくことが大変重要」として、受け取ることで消費に回す考えを示した。 満行潤一議員(県民連合宮崎、都城市区)の質問に答えた。 「消費マインドを引き下げかねない選択をするよりは、地産地消を盛り上げていく」と説明。 「定められた報酬を頂く中で、精いっぱい自らの職責を果たしていくのが本筋」との考えを示した。 ボーナスについては言及しなかった。 九州・沖縄の各県ではコロナ対策への充当などを目的に福岡、熊本、沖縄の知事が給与の2、3割を削減。 鹿児島の三反園知事も7月分給与と任期満了時に受け取る退職手当の2割削減を6月県議会に提案している。

次の

河野知事 大丈夫か⁉️

宮崎 雑談

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、給与や期末手当(ボーナス)を削減する知事が相次ぐ中、河野知事は16日、給与を削減しない意向を明らかにした。 6月定例県議会の一般質問に対し、「応援消費を進めていくことが大変重要」として、受け取ることで消費に回す考えを示した。 満行潤一議員(県民連合宮崎、都城市区)の質問に答えた。 「消費マインドを引き下げかねない選択をするよりは、地産地消を盛り上げていく」と説明。 「定められた報酬を頂く中で、精いっぱい自らの職責を果たしていくのが本筋」との考えを示した。 ボーナスについては言及しなかった。 九州・沖縄の各県ではコロナ対策への充当などを目的に福岡、熊本、沖縄の知事が給与の2、3割を削減。 鹿児島の三反園知事も7月分給与と任期満了時に受け取る退職手当の2割削減を6月県議会に提案している。 全国では全額を受け取る知事もおり、静岡の川勝平太知事は「痛み分けは理解できるが、消費マインドを冷やすことはしてはならない」としている。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、給与や期末手当(ボーナス)を削減する知事が相次ぐ中、河野知事は16日、給与を削減しない意向を明らかにした。 6月定例県議会の一般質問に対し、「応援消費を進めていくことが大変重要」として、受け取ることで消費に回す考えを示した。 満行潤一議員(県民連合宮崎、都城市区)の質問に答えた。 「消費マインドを引き下げかねない選択をするよりは、地産地消を盛り上げていく」と説明。 「定められた報酬を頂く中で、精いっぱい自らの職責を果たしていくのが本筋」との考えを示した。 ボーナスについては言及しなかった。 九州・沖縄の各県ではコロナ対策への充当などを目的に福岡、熊本、沖縄の知事が給与の2、3割を削減。 鹿児島の三反園知事も7月分給与と任期満了時に受け取る退職手当の2割削減を6月県議会に提案している。

次の

宮崎みんなのポータルサイト miten 宮崎の情報満載

宮崎 雑談

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、給与や期末手当(ボーナス)を削減する知事が相次ぐ中、河野知事は16日、給与を削減しない意向を明らかにした。 6月定例県議会の一般質問に対し、「応援消費を進めていくことが大変重要」として、受け取ることで消費に回す考えを示した。 満行潤一議員(県民連合宮崎、都城市区)の質問に答えた。 「消費マインドを引き下げかねない選択をするよりは、地産地消を盛り上げていく」と説明。 「定められた報酬を頂く中で、精いっぱい自らの職責を果たしていくのが本筋」との考えを示した。 ボーナスについては言及しなかった。 九州・沖縄の各県ではコロナ対策への充当などを目的に福岡、熊本、沖縄の知事が給与の2、3割を削減。 鹿児島の三反園知事も7月分給与と任期満了時に受け取る退職手当の2割削減を6月県議会に提案している。 全国では全額を受け取る知事もおり、静岡の川勝平太知事は「痛み分けは理解できるが、消費マインドを冷やすことはしてはならない」としている。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、給与や期末手当(ボーナス)を削減する知事が相次ぐ中、河野知事は16日、給与を削減しない意向を明らかにした。 6月定例県議会の一般質問に対し、「応援消費を進めていくことが大変重要」として、受け取ることで消費に回す考えを示した。 満行潤一議員(県民連合宮崎、都城市区)の質問に答えた。 「消費マインドを引き下げかねない選択をするよりは、地産地消を盛り上げていく」と説明。 「定められた報酬を頂く中で、精いっぱい自らの職責を果たしていくのが本筋」との考えを示した。 ボーナスについては言及しなかった。 九州・沖縄の各県ではコロナ対策への充当などを目的に福岡、熊本、沖縄の知事が給与の2、3割を削減。 鹿児島の三反園知事も7月分給与と任期満了時に受け取る退職手当の2割削減を6月県議会に提案している。

次の