このnfcタグをサポート。 NFCとは?スマホに搭載された便利な機能について解説します

Sony Japan

このnfcタグをサポート

NFCの使い方(スマートフォンでのNFCタグ書き込み・活用方法) NFCタグを使うためには、まずお持ちのアンドロイド携帯にNFCが搭載されている必要があります。 NFCタグに機能を登録するときは、サンワサプライの提供する専用アプリがありますので、スマートフォンのみで全ての設定を完了させることができます。 あとは作成したシールを好きな場所に貼って、スマホをかざすだけです。 これは機器側の仕様です。 また、あらかじめ対応機器のNFC機能をONにしておく必要があります。 NFCタグとは NFCタグとは、NFCという通信技術規格を使用した非接触のICチップを埋め込んだもので、タグにNFC対応スマートフォンをかざすだけでアプリを起動するなどのプログラムを記録できます。 専用アプリで対応スマートフォン用のタスクなどを書き込めるので、簡単にオリジナルのNFCタグを作成・活用することができます。 NFCタグにはアプリの起動はもちろん、Wi-FiやBluetooth機能のON・OFF、マナーモードやサイレントモードなどへの切り替え、電話やメッセージ(SMS)の送付など、様々な動作を記録することができます。 例えば、スマホ用の地図アプリを起動するよう記録したタグを車載ホルダーに貼りつけておけば、スマートフォンを車載ホルダーに置くだけで地図アプリが起動されます。 その他の面倒な操作を行う必要は一切ありません。 このように決まった場所で決まった動作をさせたいときに最適の製品です。

次の

NFCタグをiPhoneにかざすだけでショートカットを実行! サンワサプライ NFCタグ MM

このnfcタグをサポート

概要 :固定Nexus SでNFC対応のカードを使用してチェックインできるアプリを開発しました。 アプリはカードを読む準備ができています。 カードをタップすると、アプリはNFCカードの一意のIDを読み取ります。 問題 :私達が遭遇した挑戦は、Nexus Sが50から100個のタグをスキャンした後に固まることです。 アプリは機能し続けます、そしてアンドロイドもそうします、しかし我々のアプリもアンドロイド内のネイティブアプリもタグを読みません。 スキャナが無効になっているかのようです。 私はAndroid 2. 6を実行している4つの異なるNexus Sデバイスを使用してそれをテストしました。 このバグを修正する方法、または問題を回避する方法はありますか。 更新:これは私たちのアプリだけではないように見えますが、Nexus Sに付属の「タグ」ネイティブアプリのテストにもこの問題があります。

次の

NFCタグの活用例 その1|Juwwa株式会社|note

このnfcタグをサポート

この記事によって分かること• NFCとはかざすだけで周辺機器と通信ができる技術• NFCを活用することでスマホ決済が利用できる• NFCの普及は今後も拡大見込み スマホの普及とともに「おサイフケータイ」など、スマホなどの通信端末をかざすだけでデータ通信ができるようになりました。 こういったサービスのもとになっているのが「NFC」という技術です。 名前だけ耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。 NFCとは、簡単にいうと「端末をかざすだけで通信ができる技術」のことで、私たちの生活に大きなメリットを与えてくれる技術です。 そこで本記事では、NFCについてよく分からない人に向けて、NFCの概要やできること、スマホでの使い方などを解説します! 目次• そもそもNFCとは? NFCとは「Near field communication」の略で、日本語では「近距離無線通信」という意味。 NFC(近距離無線通信)をもう少しわかりやすく説明すると、 NFCを搭載した機器同士を近づけるだけで通信ができる技術のことです。 たとえば交通系ICカードのSuicaは、改札にカードをかざすだけで機器が認証し、チャージしたお金が自動的に引き落としされる仕組みですが、これにもNFC技術が活用されています。 また、最近ではNFCを搭載したクレジットカードも登場し、クレジットカードを決済機器にかざすだけで支払いができるのです。 このようにNFCは簡単に通信ができるので、お金のやり取りがスムーズになり、私たちの生活をより便利にしてくれます。 NFCでできることや使用する場面は? 次に、NFCでできることやNFCが使用される場面を紹介します。 特に身近な場面だと、以下の3つの場面でNFCが活躍しています。 スマホで簡単に決済• パスワード不要で周辺機器とペアリング• スマホ同士でデータ通信 これらの3つについて詳しく解説します。 スマホで簡単に決済 NFCを搭載しているスマホを利用すると簡単に決済ができるようになります。 これは、スマホにあらかじめお金をチャージしておけば、NFCが搭載された機器にかざすだけで決済が完了する仕組みを利用できるためです。 この機能を活用すれば、スマホでの決済は買い物の支払いだけでなく、電車や飛行機などに乗るときの改札やゲートでも利用できます。 パスワード不要で周辺機器とペアリング NFC搭載の機器なら、パスワード不要で周辺機器とのペアリングが可能です。 普段スマホやPCをWi-Fiに接続するときや、Bluetoothのスピーカーなどの機器に接続するときはパスワードや接続の設定をする必要があります。 しかし、スマホとこれらの機器にNFCが搭載されていれば、かざすだけで簡単にペアリングができるので、わざわざパスワードを入力するする必要がありません。 スマホ同士でデータ通信 NFCでは、スマホ同士のデータ通信が可能です。 たとえば、AndroidのスマホにはNFCが搭載されており、「Android Beam(アンドロイドビーム)」機能を使うことで簡単にデータ転送をすることができます。 NFCとFeliCaの違い これまでNFCについて解説をしましたが、日本では「Felica」(フェリカ)と呼ばれるNFC規格の一種が主流です。 Felicaはソニーが開発したもので、他の規格のものよりも処理速度が速くセキュリティー面も優れているため、日本の多くの電子マネーはFelicaを採用している場合が多いです。 NFCは近距離無線通信のベースとなるもので、FelicaはNFCの技術を応用しさらに使いやすくなったものだということです。 Felicaの他にも、「TypeA」「TypeB」といったNFCの規格もあり、分かりやすく表にすると以下のとおりです。 NFC FeliCa TypeA TypeB 特徴 ・ソニーが開発 ・カードにICチップを搭載 ・処理速度約0. また、日本で利用されている多くの電子マネーやICカードには、Felicaが用いられていることを知っておきましょう。 iPhoneとNFCの関係性と使い方 NFCの技術は電子マネーやICカードだけでなく、iPhoneにも活用されています。 現在iPhoneはNFCリーダー機器として対応しており、NFC機器と通信が可能です。 iPhoneではApple PayやモバイルSuicaなどが利用できる iPhoneでは「Apple Pay」が利用でき、専用の機器にかざすことで決済ができます。 特にアプリをダウンロードする必要はなく、クレジットカードをiPhoneに登録するだけで、電車やバスに乗れたりお店での買い物が可能。 クレジットカードと連携しているため、Apple Payで支払いをするだけでクレジットカードのポイントも貯まります。 また、Apple PayとモバイルSuicaを連携させると、普段の通学・通勤がスマホ1つでできるようになり、いつでも残高の確認やSuicaへのチャージができるようになります。 iPhoneでのNFCの使い方 iPhoneのNFCは液晶画面と反対に搭載されています。 そのため、決済するときは画面側をかざすのではかく、裏側をかざして決済するようにしてください。 また、Apple Payを利用するのにWalletアプリにクレジットカードを登録する必要があります。 利用方法はとても簡単で、Walletアプリを開き、任意のクレジットカードを登録するだけ。 iPhoneでSuicaを利用する場合も、WalletアプリでSuicaを登録すれば利用できます。 AndroidスマホとNFCの関係性と使い方 AndroidにはNFCではなくFelicaが搭載されており、iPhoneよりもできることが多いのが特徴です。 AndroidのFelicaでできることは以下のとおりです。 おサイフケータイが利用できる• Android Beamでデータの送信ができる AndroidスマホではおサイフケータイとAndroid Beamが利用できる Androidを利用するメリットとして、おサイフケータイが使える点です。 おサイフケータイでは、クレジットカードと連携することで決済がスマホでできるだけでなく、電子マネーやクーポン・会員証・ポイントカードなどもスマホで管理できます。 また、Android Beamを使うと、Felicaが搭載されたAndroidの端末同士で写真や連絡先、サイトのURLも簡単に送信できます。 このAndroid Beamは、モバイルデータ通信量を消費せず、大きなサイズのデータもすぐに送信できるのが特徴です。 インターネットの環境がない場合や相手の連絡先を持っていないときに非常に便利です。 AndroidスマホでのFelicaの使い方 AndroidでFelicaを用いたおサイフケータイを使う方法はとても簡単。 以下の手順で利用できます。 おサイフケータイアプリを起動• 使いたいサービスを選択する(楽天Edyやnanacoなど)• クレジットカードの登録や初期設定• あとはお店でかざすだけ このように一度登録をしておけば、かざすときにアプリを開くなど、何か操作する必要はありません。 レジで支払う時に「おサイフケータイで」と伝えて、専用の機器にかざすだけで決済が完了します。 NFCの今後の展望 IoT(Intertnet of Things:モノがインターネット経由で通信すること)の分野がさらに発展することが予測されるため、決済シーン以外でもさらに広い分野でNFCやFelicaが活用されることが予測がされます。 たとえば、家のドアにNFCの技術が導入されれば、スマホをかざすだけでドアを開けることができるなど、日頃の生活すべてがNFCと結びつく時代がくるかもしれません。 このようにNFCはこれからのキャッシュレス社会や、IoTの分野においてますます欠かすことのできない技術となるでしょう。 まとめ 本記事では、NFCの基礎情報やどんな場面で活用されているかなどを解説しました。 改めて内容をまとめると以下のとおりです。 NFCとは距離無線通信のことで、かざすだけで通信ができる技術• NFCによりスマホでの支払い、ペアリング、データ通信が容易になる• 日本ではNFCの中でも特にFeliCaが主流 お使いのスマホでも、NFCやFelicaを用いて支払いをスマートにしたり、お得に買い物ができたりするようになるので、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。 ・「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。 ・「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。 ・Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。 USAの商標または登録商標です。 ・「Android」は、Google LLC の登録商標です。 ・「Felica」は、ソニー株式会社の登録商標です。 ・iPhone、Apple PayはApple Inc. の登録商標です。 ・楽天Edy (ラクテンエディ)は、楽天Edy株式会社の商標または登録商標です。 ・nanacoは株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。 注意事項• ・お申込みの際に、加盟店審査がございます。 ・掲載内容は予告なく変更する場合があります。 あらかじめご了承ください。 ・決済システム利用料は、2021年9月30日まで無料です。 2020年4月1日以降新たに加盟店になる年商10億円以上の法人の場合は有料です。 詳細はまでお問い合わせください。 ・入金手数料はジャパンネット銀行の場合のみ永年無料です。 その他の場合は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。 ・PayPayとの関係での消費者還元(2%、5%)対象店舗にてPayPayピックアップをご利用の場合、消費者還元(2%、5%)が適用にならない場合があります。 お客様へ誤案内の無いようご注意ください。

次の