バッド ホップ 乱闘。 【BAD HOP】借金1億の無観客ライブをみんなで支援しよう!

【BAD HOP】借金1億の無観客ライブをみんなで支援しよう!

バッド ホップ 乱闘

ツアー真っ最中の事件 BADHOPは現在 全国5都市のZeppを回るライブツアー 「COLD IN SUMMER ZEPP TOUR」 の真っ最中です。 そんな注目を集める中での今回の乱闘騒ぎなのでみんなの話題になるのは当然のことですよね。 今回の事件は2019年6月6日(木) 愛知県 Zepp Nagoya で行われたライブの後の会場の外での出来事のようです。 アフターパーティーのさらに後の帰り際だと思われます。 まず会場の外でもめ事が起きています。 特徴的な髪形なので Tiji Jojo がいることが分かります。 オレンジ色のセットアップを来ているのが YZERRです。 彼は声を荒げて 「やってやるよ」、 「ビビったと思ってんだろ」などといっているのが聞き取れます。 双子なので非常に声が似ていますがパブロではありません。 BADHOPの他のメンバーも全員確認できないので、メンバーそれぞれタクシーで帰るあたりに起きた騒ぎなのでしょうか。 黒いTシャツを着ているのは大抵 イベントスタッフのセキュリティの方たちなので、YZERRは黒ずくめの男たち数人に囲まれてなだめられています。 この時点でも相手が誰なのかは確認できません。 そして喧嘩の相手とみられる男性が、数人の男たちに 無理やりタクシーに乗せられて帰っていくところにも、YZERRは執拗に詰め寄ろうとしています。 BARKの姿も見て取れます。 あの特徴的なドゥーラグの巻き方は間違いないでしょう。 かなりキレていて、喧嘩の相手に詰め寄っていますが、ことごとくセキュリティや周囲の人間に制止されています。 あの制止がなければ間違いなく相手を殴っている勢いです。 あの風貌で詰め寄られたらたまったもんじゃないでしょう 笑。 動画で分かることはこのくらいです。 動画からの推測 ではYZERRは誰と揉めていたのでしょうか。 まず一つ言えることは、今回の件は YZERR側からのBEEFではないということ。 揉めた相手が誰かは分かりませんが、 武道館を成功させ オリコンチャートでも当たり前に上位を獲得しているYZERRから見ればほとんどの人間は格下だから。 自分から格下相手に喧嘩を吹っ掛ける メリットが何もないことは彼自身が一番分かっているはずだし、地頭がいいのでその辺は計算して日々生活しているでしょう。 ましてや大事なツアーの真っ最中ですから、自分が拘留されればその後のツアーに大打撃を与えることは火を見るよりも明らかです。 アフターパーティーの後の会場の外ならば、不特定多数の人間が彼と接触できるはずです。 関係者ではない一般のお客さん達でも気軽に彼らと交流を持つことは可能です。 では一般のお客さんや、会場の外にいた無関係な人間から喧嘩を吹っ掛けられたのでしょうか。 その可能性は高そうですが、私は動画から得たヒントをもとに 別の推測をしてみました。 動画の最後に、喧嘩相手が複数の男に無理やりタクシーに乗せられて帰される場面があります。 その辺のチンピラや一般のお客さんだったらそんな丁寧なことをするでしょうか。 ましてやセキュリティの方がYZERRに付くのは分かりますが、喧嘩相手の方にも数人ついているように見えます。 このことから推測するに、 喧嘩相手もイベントにある程度関係のある人物だったのではないでしょうか。 例えば、アフターパーティーの 前座のラッパーとか。 名古屋の イベントスタッフだったりとか。 アフターパーティーの帰り際にまで同席しているのを見るとその可能性も捨てきれません。 地元名古屋ではある程度知名度があるなら、セキュリティがタクシーに押し込めるのもうなづける気がします。 ラッパーならある種の売名行為として、大人気のYZERRに絡んで 一発バズらせようというのはありそうな話ですよね。 BADHOPは名古屋の重鎮の AK-69やanarchyとも交流があり、ましてやこの日はDJ RYOWもゲストで来ていました。 そのうえでBADHOPともめ事を起こしたら、名古屋のHIPHOPシーンで肩身が狭くなりそうな気もしますが、そこは名古屋のぶっ飛んだ気質で絡んでいったのが発端なのではないでしょうか。 信じるか信じないかはあなた次第です 笑。 武道館も成功させアイドル並みの人気の彼らですが今回の件で評価は下がるのでしょうか。 私はそうは思いません。 なぜなら、ファンはBADHOPがそういう人たちだと分かったうえでのファンだから。 この期に及んで 「まさかYZERRが喧嘩するなんて思わなかった」なんて人はいないでしょう。 何なら警察に逮捕されたところで、 留置場で曲を書いて出所後に一儲けしそうな連中ですから 笑。 むしろ、 「ツアー最中だから手は出さないだろう」という考えで絡んでいった相手の方がどうかと思いますけど。 いずれにせよ、警察沙汰にはならず今後のツアーにも影響がなさそうなので、残りのライブでもガッツリかましてほしいと思います。 バッドポップ喧嘩まとめ いかんせん情報が少なすぎてほとんどが私の憶測になってしまいました。 信じるか信じないかはあなた次第です 笑。 詳しい方がいたら情報をお寄せください。 大人気の彼らなので詳細をみんなが知りたいはずなので。 良いことも悪いこともとにかく話題が絶えない彼らですが、今後も色んな意味でリスナーを楽しませてほしいですね。 それではまた次のブログで。

次の

犯罪、ヤクザ、暴力……川崎の工場地帯の町、そのリアルをラップする「BAD HOP」

バッド ホップ 乱闘

ヒップホップには、ストリートでの犯罪を題材にした「ギャングスタラップ」というジャンルがある。 そんななか、神奈川県川崎市に、自分たちの体験談だけを元にしてリアルなギャングスタラップを生み出している若者たちがいる。 今回は、元不良たちのみで構成されたヒップホップクルー「BAD HOP」を紹介しよう。 貧困と犯罪がすぐそこにある地元 BAD HOPは、T-Pablow、YZERR、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、AKDOW、Bark、G-K. D、Vingoの9人組のヒップホップクルーだ。 彼らの地元は、神奈川県内でも治安が良くないと語る人の多い川崎市池上町。 隣接する工場地帯から出るトラックの排気ガスと工場から出る煙にまみれ、町内にはバラックやブルーシートハウスが乱立した場所も存在する。 そんな池上町で育ったメンバーたちにとって危険は隣り合わせ。 地元では、学校内で警察による集団検挙が行われるほど、若者による犯罪が頻発していた。 BAD HOPのメンバーも、全員が地元で名の知れた元不良。 学生時代にはたくさんの事件を起こしてきたという。 店員不在のレジを狙った強盗を繰り返し、ある時に店主にバットで返り討ちにあって顔面が血だらけになった経験を持つメンバーもいる。 同世代のかつての仲間は薬物中毒者や服役囚になってしまったが、BAD HOPのメンバーたちは音楽との出会いによって更生を果たした。 そして犯罪や暴力が頻発する地元から抜け出すため、現在は音楽での成功を目指し、活動している。 クルーを引っ張るのは高校生ラップ選手権の王者 BADHOPの名は、メンバーのT-Pablowの活躍によって全国的に知られるようになった。 中学生時代に川崎の不良グループ200人のリーダーであったT-Pablowは、2012年にK-九の名義で「第1回 BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」に出場し、優勝。 優勝後は地元の不良たちと縁を切るために1年半の間、全国を放浪した。 そしてT-Pablowと名前を改め、2013年の「第4回 BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」で再び優勝し、全国にその名を轟かせた。 現在は、Zeebraの運営するレーベル「GRAND MASTER」に所属。 双子の弟のYZERRとユニット「2WIN」の活動を通して、BAD HOPの名を全国に広めている。 2015年、ついに1stアルバムをリリース BADHOPは、2015年7月に満を持して1stアルバム『BAD HOP』をリリースした。 アルバムの中には、他にも地元や過去の自分と向き合った内容の楽曲が数多く収録されており、BAD HOPのメンバーの半生が詰まった一枚に仕上がっている。 BAD HOPは日本語ラップシーンを担っていくことを期待されている若手クルー。 これからの彼らの活動から目が離せない。

次の

badhopメンバーの名前や年齢は?過去の悪さや逮捕歴が凄い!

バッド ホップ 乱闘

ツアー真っ最中の事件 BADHOPは現在 全国5都市のZeppを回るライブツアー 「COLD IN SUMMER ZEPP TOUR」 の真っ最中です。 そんな注目を集める中での今回の乱闘騒ぎなのでみんなの話題になるのは当然のことですよね。 今回の事件は2019年6月6日(木) 愛知県 Zepp Nagoya で行われたライブの後の会場の外での出来事のようです。 アフターパーティーのさらに後の帰り際だと思われます。 まず会場の外でもめ事が起きています。 特徴的な髪形なので Tiji Jojo がいることが分かります。 オレンジ色のセットアップを来ているのが YZERRです。 彼は声を荒げて 「やってやるよ」、 「ビビったと思ってんだろ」などといっているのが聞き取れます。 双子なので非常に声が似ていますがパブロではありません。 BADHOPの他のメンバーも全員確認できないので、メンバーそれぞれタクシーで帰るあたりに起きた騒ぎなのでしょうか。 黒いTシャツを着ているのは大抵 イベントスタッフのセキュリティの方たちなので、YZERRは黒ずくめの男たち数人に囲まれてなだめられています。 この時点でも相手が誰なのかは確認できません。 そして喧嘩の相手とみられる男性が、数人の男たちに 無理やりタクシーに乗せられて帰っていくところにも、YZERRは執拗に詰め寄ろうとしています。 BARKの姿も見て取れます。 あの特徴的なドゥーラグの巻き方は間違いないでしょう。 かなりキレていて、喧嘩の相手に詰め寄っていますが、ことごとくセキュリティや周囲の人間に制止されています。 あの制止がなければ間違いなく相手を殴っている勢いです。 あの風貌で詰め寄られたらたまったもんじゃないでしょう 笑。 動画で分かることはこのくらいです。 動画からの推測 ではYZERRは誰と揉めていたのでしょうか。 まず一つ言えることは、今回の件は YZERR側からのBEEFではないということ。 揉めた相手が誰かは分かりませんが、 武道館を成功させ オリコンチャートでも当たり前に上位を獲得しているYZERRから見ればほとんどの人間は格下だから。 自分から格下相手に喧嘩を吹っ掛ける メリットが何もないことは彼自身が一番分かっているはずだし、地頭がいいのでその辺は計算して日々生活しているでしょう。 ましてや大事なツアーの真っ最中ですから、自分が拘留されればその後のツアーに大打撃を与えることは火を見るよりも明らかです。 アフターパーティーの後の会場の外ならば、不特定多数の人間が彼と接触できるはずです。 関係者ではない一般のお客さん達でも気軽に彼らと交流を持つことは可能です。 では一般のお客さんや、会場の外にいた無関係な人間から喧嘩を吹っ掛けられたのでしょうか。 その可能性は高そうですが、私は動画から得たヒントをもとに 別の推測をしてみました。 動画の最後に、喧嘩相手が複数の男に無理やりタクシーに乗せられて帰される場面があります。 その辺のチンピラや一般のお客さんだったらそんな丁寧なことをするでしょうか。 ましてやセキュリティの方がYZERRに付くのは分かりますが、喧嘩相手の方にも数人ついているように見えます。 このことから推測するに、 喧嘩相手もイベントにある程度関係のある人物だったのではないでしょうか。 例えば、アフターパーティーの 前座のラッパーとか。 名古屋の イベントスタッフだったりとか。 アフターパーティーの帰り際にまで同席しているのを見るとその可能性も捨てきれません。 地元名古屋ではある程度知名度があるなら、セキュリティがタクシーに押し込めるのもうなづける気がします。 ラッパーならある種の売名行為として、大人気のYZERRに絡んで 一発バズらせようというのはありそうな話ですよね。 BADHOPは名古屋の重鎮の AK-69やanarchyとも交流があり、ましてやこの日はDJ RYOWもゲストで来ていました。 そのうえでBADHOPともめ事を起こしたら、名古屋のHIPHOPシーンで肩身が狭くなりそうな気もしますが、そこは名古屋のぶっ飛んだ気質で絡んでいったのが発端なのではないでしょうか。 信じるか信じないかはあなた次第です 笑。 武道館も成功させアイドル並みの人気の彼らですが今回の件で評価は下がるのでしょうか。 私はそうは思いません。 なぜなら、ファンはBADHOPがそういう人たちだと分かったうえでのファンだから。 この期に及んで 「まさかYZERRが喧嘩するなんて思わなかった」なんて人はいないでしょう。 何なら警察に逮捕されたところで、 留置場で曲を書いて出所後に一儲けしそうな連中ですから 笑。 むしろ、 「ツアー最中だから手は出さないだろう」という考えで絡んでいった相手の方がどうかと思いますけど。 いずれにせよ、警察沙汰にはならず今後のツアーにも影響がなさそうなので、残りのライブでもガッツリかましてほしいと思います。 バッドポップ喧嘩まとめ いかんせん情報が少なすぎてほとんどが私の憶測になってしまいました。 信じるか信じないかはあなた次第です 笑。 詳しい方がいたら情報をお寄せください。 大人気の彼らなので詳細をみんなが知りたいはずなので。 良いことも悪いこともとにかく話題が絶えない彼らですが、今後も色んな意味でリスナーを楽しませてほしいですね。 それではまた次のブログで。

次の