福井 かき氷。 リピーター続出!かき氷特集

茶楽 かぐや

福井 かき氷

1.かき氷の聖地は奈良!絶対に食べたいバラエティに富んだメニュー いまひそかにアツい奈良のかき氷店について、キュレーターのまいたんさんがオススメのお店をピックアップしています。 かつて冷蔵庫などない時代、朝廷に献上されるくらい氷は貴重な食べ物だったことから、古都・奈良では独特のかき氷文化が存在します。 現在でもバラエティに富んだメニューが食べられ、かき氷の聖地と言っても過言ではありません。 たとえば、中国の2雑穀を混ぜて作るお茶をかけたもの、かぼちゃ氷、干し柿など、どんな味か想像もつかないものが多数あります。 そんな奈良のかき氷が気になった方はぜひ記事をご覧ください。 記事では、関西のスイーツに精通したまいたんさんが激推しする大阪のかき氷店をセレクトしています。 紹介するメニューは「バジルのかき氷」やデラウェアのかき氷、さらにはたっぷりの黒糖氷をベースに紫芋フレークがかかった「安納芋ソフト」など、どれも個性派です。 画像も掲載した、見た目にも鮮やかな「安納芋ソフト」はどんな味か気になる方も多いと思います。 やはりどのお店も個性にあふれています。 なかでも注目は、「ティエスプレッソかき氷」。 寒い日の霜柱のような、細かい棒状のサクサクした氷がとっても目を引きますね。 口に運ぶと、ミルクの甘さがまず広がって、後から追いかける様に紅茶の香りが漂います。 他にプリンが乗ったかき氷なども。

次の

かき氷のご案内

福井 かき氷

連日の猛暑に列島がばて気味の中、福井県越前市内の食品メーカーでカップかき氷の出荷がピークを迎えている。 気温が30度を超えると、一気に注文が増える氷菓子。 従業員は赤、黄、緑といったカラフルな甘い蜜をまとった氷をおたまですくい、一つずつカップに詰める作業に追われている。 昔懐かしいロゴデザインのカップが目を引く、同市矢放町の柿谷商店のロングセラー「みぞれ」。 氷をあえて粗めに砕き、ガリガリとした歯応えを残しているのもこだわり。 基本的には問屋に卸す商品だが、「夏はこれを食べないと乗り切れない」と買い求めに来る個人客も多いという。 例年7月20日ごろから忙しくなるが、今年は7月初旬にピークを迎えた。 多い日は従業員5、6人で1日約4千個を作る日も。 5代目店主の母柿谷喜代子さん(79)は「これだけ暑いといつまでピークが続くのか。 注文全てに応じたいけれど、手作りなので量産できなくて申し訳ない」と話している。

次の

かき氷専門店...東京都中央区日本橋人形町2丁目に「美氷 ねろの鈴]6/8グランドオープン

福井 かき氷

連日の猛暑に列島がばて気味の中、福井県越前市内の食品メーカーでカップかき氷の出荷がピークを迎えている。 気温が30度を超えると、一気に注文が増える氷菓子。 従業員は赤、黄、緑といったカラフルな甘い蜜をまとった氷をおたまですくい、一つずつカップに詰める作業に追われている。 昔懐かしいロゴデザインのカップが目を引く、同市矢放町の柿谷商店のロングセラー「みぞれ」。 氷をあえて粗めに砕き、ガリガリとした歯応えを残しているのもこだわり。 基本的には問屋に卸す商品だが、「夏はこれを食べないと乗り切れない」と買い求めに来る個人客も多いという。 例年7月20日ごろから忙しくなるが、今年は7月初旬にピークを迎えた。 多い日は従業員5、6人で1日約4千個を作る日も。 5代目店主の母柿谷喜代子さん(79)は「これだけ暑いといつまでピークが続くのか。 注文全てに応じたいけれど、手作りなので量産できなくて申し訳ない」と話している。

次の