西武園 ゆうえんち。 「西武園ゆうえんち」リニューアルで西武山口線の2駅を改称…「多摩湖」の名が復活 2021年

レトロな遊園地

西武園 ゆうえんち

西武園ゆうえんちイルミージュの基本データ 会場は、埼玉県所沢市山口2964です。 アクセス 電車によるアクセス 西武山口線西武遊園地駅・遊園地西駅からすぐです。 車でのアクセス 関越自動車道所沢ICから国道463号を経由し 県道55号を西武園方面へ車で12km です。 駐車場は、1200台分のスペースがあって <有料> 1300円 です。 料金 16時以降入園料 おとな(中学生以上)900円 こども(3歳~小学生)500円 イルミナイトパス(入園+限定アトラクション乗り放題)おとな・こども一律1300円です。 開催日時 2014年10月31日 金 ~2015年4月5日です。 点灯時間はやや複雑ですのでお出かけの前に必ずチェックしてください。 第1期 2014年10月31日 金 ~2015年1月4日 日 には 17時15分から21時の間に点灯します。 原則として、火~木曜日まで休園ですが、11月14日以降は無休です。 特別営業2015年1月5日 月 ~2015年1月16日 金 の平日には 17時から20時の間に点灯します。 第2期 2015年1月17日 土 ~2015年2月15日 金 の土日祝日には 17時30分 1月26日以降は17時45分 から20時の間に点灯します。 思い出づくりウィーク2015年3月14日 土 ~2015年3月20日 金 の連日 16時から21時の間に点灯します。 第3期 2015年3月21 土 ~2015年4月5日 金 の連日 18時30分から21時の間に点灯します。 西武園ゆうえんちイルミージュの見どころ イルミアーケードは、森の並木や蔦をイメージした光のアーケードで 訪れる人々を「イルミージュ」の世界に誘います。 イルミネージュは、太古から人々と生きてきた光の森を意味しています。 そのため、森を意識したイルミスポットが複数用意されています。 イルミタウンでは、見渡す限りの光の花畑がどこまでも広がり 大観覧車やジャイロタワーから眺めると、大きな花畑を実感できます。 イルミスクエアでは、光輝く大きな樹のある広場の中央には、金色のガゼボが輝きます。 鐘の音に呼応するように、輝きが変化します。 西階段のイルミステージは、約160万球のLEDが輝き、その密度は日本最大級で 開けた斜面を光がうめつく昨年よりもエリアが拡大しています。 この広大なイルミステージで繰り広げられる光と音楽のショータイム 「光のシンフォニア」も、大きくスケールアップしました。 また、イルミステージ内に新しく登場したスポットの 「叶えの樹」は 光球の輝きが樹全体を包み込み、更に、観るものの心をも包み込んでゆきます。 seibuen-yuuenchi. html 結婚したくなるイルミネーション 「西武ゆうえんちイルミネージュ」は女性たちの間で 「結婚したくなるイルミネーション」とも呼ばれます。 西階段には白銀のティアラとその上空からティアラとそっと見つめる王冠があります。 このティアラと王冠はオリオン座の神話に基づいています。 その神話において、狩りの名手である巨人オリオンと 月と狩りの女神であるアルテミスが登場します。 王冠はオリオンの象徴であり、ティアラはアルテミスの象徴です。 オリオン座の神話は、悲劇の神話です。 月の女神のアルテミスは双子の兄アポロンにだまされてオリオンを殺してしまい 嘆き悲しむアルテミスを見かねて主神のゼウスがオリオンを天空にあげて星にするのです。 オリオンとアルテミスの悲劇に想いを馳せれば 自分たちは幸せになろうねという気持ちにつながるような気がします。 イルミネーションのオープニング「イルミージュ」の動画です。 人気の記事• - 84,041 views• - 59,680 views• - 51,732 views• - 48,088 views• - 43,200 views• - 38,014 views• - 34,323 views• - 27,468 views• - 26,050 views• - 25,879 views• - 25,041 views• - 24,290 views• - 22,411 views• - 21,278 views• - 20,326 views• - 20,189 views• - 19,626 views• - 19,195 views• - 18,602 views• - 16,885 views Views• - 2,745 views• - 2,758 views• - 2,812 views• - 2,866 views• - 2,893 views• - 2,912 views• - 2,913 views• - 2,917 views• - 2,919 views• - 2,920 views• - 2,923 views• - 2,935 views• - 2,935 views• - 2,936 views• - 2,938 views• - 2,940 views• - 2,945 views• - 2,945 views• - 2,946 views• - 2,947 views.

次の

西武園ゆうえんち大改修、”USJ流”ノウハウ活用で再建図る…森岡毅氏が協力

西武園 ゆうえんち

フォトセッションに応じる後藤氏と森岡氏 西武鉄道は1月23日、埼玉県所沢市で運営しているレジャー施設「西武園ゆうえんち」のリニューアルについて記者会見を開いた。 リニューアルオープンは2021年を予定しており、総事業費は約100億円を見込んでいる。 なお、リニューアル工事に伴う一時的な閉園はせず、営業は従来どおり続ける。 1950年に開業した西武園ゆうえんちは2020年に70周年を迎えることから、記念事業としてリニューアルすることを2019年9月に発表。 そのなかで、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の再建に貢献した森岡氏が設立したマーケティング集団「刀」と協業してリニューアルすることを明かしていた。 西武園ゆうえんちは1988年度の年間入場者数約194万人をピークに、その後は徐々に減少傾向となり、直近の2018年度には約49万人と最盛期の4分の1ほどまでに落ち込んだ。 近年のレジャー業界はインバウンド(訪日外国人)の増加や「コト消費」のニーズ拡大もあり、入場者数、売上高ともに増加傾向にあるなかで、西武鉄道としてはこの機会に老朽化した施設の改修や、多様化した余暇の過ごし方、変わりつつある消費者ニーズにキャッチアップできるようリニューアルを進める。 後藤氏による冒頭のあいさつでは、すでにUSJ再建における実績を持つ森岡氏に、刀を創設した時期に会う機会があったことからすぐさま打診。 「若いながらに卓越した知見を持っている方で、さらには情熱あふれる姿に感銘を受けました。 森岡さんにオファーしたことはリニューアルの成功につながるであろうと確信しています」と述べた。 株式会社西武ホールディングス 代表取締役社長、西武鉄道株式会社 取締役会長 後藤高志氏 続いて、森岡氏からリニューアルコンセプトについての説明が行なわれた。 コンセプトは「心あたたまる幸福感に包まれる世界」で、幸せに満ちているころの日本、おせっかいなほど人情と優しさにあふれている世界を目指す。 「西武園ゆうえんちをどのようによみがえらせていくかということですが、市場を分析するときに一番重視するのは消費者の頭のなかに何があるのかということです。 一方、同じ幸せをテーマにしている東京ディズニーリゾートのように、巨額の投資を行なうだけの商圏は現在の所沢にはないことから、規模に見合ったリニューアルをどのようにするか考えたとき、70年の歴史が持つ古さを逆手に取り、誰もが輝いていた1960年代のよき日本をパーク内に再現することで新しい価値を生み出すとしている。 現在も調整中の部分があることから、新規のアトラクションや個々のリニューアル内容については2020年の秋ごろに発表する予定であるとしつつ、最新技術による町並みの再現、懐かしい食体験、予定調和ではない人情味あふれるライブパフォーマンスを用意する予定であり、施設だけでなく、ソフト面も注力していく。 そのため、スタッフの教育や準備も万端の状態でスタートする予定なので、オープン時期については現在のところ2021年のなるべく早い段階にしたいと、詳細な時期については言及していない。 株式会社刀 代表取締役CEO 森岡毅氏 西武グループでは、現在二大拠点の一つである所沢を「訪れたい場所」に変えることで、近隣を含む関東エリアの活性化を目指している。 所沢駅周辺では多くの開発が進められており、2018年3月に商業施設「グランエミオ所沢」の第1期が東口に開業し、2020年夏に第2期オープンが控えている。 また、西口の車両工場跡地でも商業施設を核とした大規模開発の計画が進んでおり、2020年半ばの開業を目指している。 埼玉西武ライオンズの本拠地であるメットライフドームでは、本拠地移転40周年事業としてボールパーク化構想をはじめとした大規模改修も計画されている。 西武園ゆうえんちのリニューアルに伴い、施設最寄りの駅名変更も検討しているとのことだ。 後藤氏は「所沢は西武池袋線と西武新宿線が交差する大変重要な拠点であります。 西武鉄道、西武プロパティーズ、埼玉西武ライオンズといったグループ各社がしっかりと連携し、所沢が魅力あふれる場所、訪れたい場所として選ばれるように変えていき、所沢および埼玉エリアの力を盛り上げ、ひいては関東、日本全体の活性化に貢献してまいります」とグループ全体のビジョンも説明した。

次の

西武園ゆうえんちイルミージュ(イルミネーションスポット)

西武園 ゆうえんち

新しいアトラクションも導入するという。 — ライブドアニュース livedoornews 西武園ゆうえんちは1950年に開園し、2020年で開園70年という歴史ある遊園地です。 そんな 西武園ゆうえんちがなんと約100億円を投じてリニューアルをすることになりました! 開園70周年の記念事業ですね! 「心あたたまる幸福感に包まれる世界」へ生まれ変わり愛される遊園地へと復活します!とのこと。 何でもかんでも便利な社会に進んでいくこの時代に、 逆におせっかいなほど人情味溢れ、人懐っこい人々との触れ合いにあたたかい幸福感を感じられる場所を創りたいと考えているそうです。 入場者数は多い時で1988年に約194万人まで達しましたが、最近の2018年度となると約49万人とかなり客足が遠のいていました。 施設も老朽化していき、だんだんお客さんの数が減っていったんですよね。 近くの千葉県にはディズニーもありますしね。。 ライバルは強いです。 そんな中、 開園70周年も迎えて、地域の活性化に取り組もうとしているようですね。 関東を、西武鉄道の重要拠点である所沢をもっと活性化したいと2年間かけてアイデアを練ってきたようですよ。 具体的な日にちはまだ発表されていませんが、 2021年の開業を目指してリニューアルを進めていくようですね! スポンサーリンク 西武園ゆうえんちの改装に世間の声は 今回の西武ゆうえんちリニューアルについて、世間はどのような反応を示しているのか、ツイッターから声を集めてみました。 今でも十分レトロだけど・・・?という声もありましたね! まあ確かに莫大なお金をどんどんかけていくディズニーランドに比べたら十分レトロですけど、、。 ただの老朽化ではなく、コンセプトあってのレトロ化ですから期待したいですよね! スポンサーリンク まとめ 今回は西武園ゆうえんちの改装理由はなぜなのかと世間の反応を集めてみました。 仕上がりは2021年開業とのことなのでどんな風に生まれ変わるのか今から楽しみですね! 心あたたまる幸福感に包まれる世界にしよう!ということなので、人情味が今以上に溢れていた1960年代のレトロな雰囲気を醸し出していくそうです。 地域活性化も理由の一つにありましたね。 もっと世間の声が好反応に変わるよう、素敵なリニューアルを期待しています!!.

次の