三代目 古川 組。 古川恵一総裁の顔画像!三代目で襲撃は3回目!動機がヤバい!尼崎市機関銃発砲

中野会VS古川組 知られざる秘話

三代目 古川 組

中野会が山口組若頭・宅見勝射殺事件後絶縁になり、俺たち中野会の者は一旦 三代目山健組・桑田兼吉組長の預かりとなった。 その後俺は 中野太郎率いる「中野会」から、古川真澄率いる「初代古川組」に移籍になった。 ・・・最初俺は 三代目山健組本部長・片岡昭生の仲介で、桑田兼吉の舎弟盃を受けることになっていた。 これは以前トップページに書いた通りだ。 だが 中野会系鈴木組に命を狙われた古川真澄としては、中野会系列を山口組に復帰させる事について、どうしても納得出来ない部分があった。 ここら辺の事情は、盛力健児著「鎮魂」の中の 古川真澄との遣り取りを読んで貰えば、この俺の話しが理解出来ると思う・・・ ・・・中野太郎散髪屋襲撃事件のあと 古川真澄を付け狙った中野会系鈴木組の若い者たちは、古川組内琉真会の組員によって拉致されたのだ。 しかし沖縄戦争で辛酸をなめ尽くした琉真会は、ヤクザの筋道を重んじる事で知られる「四代目・竹中正久」の信奉者だった。 そう云う面では竹中正久の生き様に傾倒して、極道社会を張って来たと云っても過言ではない。 だから いくら古川真澄の命を付け狙ったとはいえ、同じ山口組一門の者を殺す訳にも行かず 焼きを入れて放した・・・ 古川組では俺と呑み分けの兄弟分だった琉真会々長・仲本政英と田中茂の三人で雑談中、この話しが出た。 ・・・田中茂と云う男も竹中正久と同じで 極道として筋道を通す男で、大阪十三の中島組若頭・瀬戸山欣秀と兄弟分だった関係で 俺とも兄弟分になった。 この田中茂の兄弟分が仲本政英で、俺が古川組に行ってから 三人が意気投合して兄弟分になった。 田中茂は 若い者をそこそこ連れていたのだが、藤田 許 永中に「若い者は全員 一極会にやれ」と云われ、その通りにしたヤクザ馬鹿を絵に描いたような男だった。 藤田永中を裏切らず「「裁判の傍聴」も欠かさず行ったのは この田中茂ただひとりなのだ。 後日譚だが、田中茂は 癌で死ぬ前「藤田会長のお陰で 若い者たちに 嫁と一緒に お伊勢参りに連れて行って貰って、ほんまの大親分のような気分にしてもろた。 兄弟 嬉しかったで」と云って死んだ。 俺は色んな人間を見て来たが、この田中茂ほど 純真なヤクザは初めて見た。 それに田中茂ほど 兄弟分思いの男は、ほんの一握りだけなのだ。 余談だが、田中茂が引っ越す時 常に持ち歩いていたのが、俺と仲本政英と三人で交わした「兄弟盃」と、俺がプレゼントしたエルメスのネクタイだった。 人それぞれの考え方にもよるが、俺はネクタイはヤクザ稼業のステータスだと思っていたので その持論を田中茂に押し付けたのだ。 話しを変える。 俺が平成17年に堅気になってから、ヤクザ社会も激変した。 組織の代変わりに人情が絡むのは最初だけで、あとは当代の息を離れ 執行部と云う名の下に非情なほど組織が変貌して行く。 当たり前の話しだが、人を活かすも殺すも 組織の体質次第である。 組織が肥大化して行けば、人間の体と同じで 余分な贅肉が付き 最後は病理集団となる。 これは作家の飯干晃一が何かの本に書いていたが、俺は当初から この条理が解かっていた。 時代のサイクルというのは 一定の周期で回っているのだが、この周期を知ることで 人生の勝利者になり得るのだ。 その為には、歴史学者の本を読む事も 生きて行く上での糧になる・・・ ・・・俺は刑務所に入ったお陰で 身を入れて本を読む事が出来た。 俺の読書法は、乱読するのではなく 一冊の本をじっくり手間暇かけて読む。 云わば人生の教科書代わりに 俺は本を読むのである。 俺は頭の良い人間が 月何冊の本を読むと書いているのを聞くと、その読んだ本に自分の人情や思考力を絡めて読んでいるのかと聞きたくなる。 俺は本質的に勉強が嫌いで 本を読む事は余り好きではなかった。 その性癖は今でも変わらない。 しかし人間的向上を目指すには、読書に親しむ以外ないのである。 俺のような学の無い男が綴るブログが 読者の向上心に役立てば、これ程嬉しいことはない。 いつも拙いブログを読んで頂き 感謝する次第である。

次の

古川恵一(古川組組長)顔画像有!尼崎で銃撃され死亡!現場動画!神戸山口組幹部が被害者!尼崎市神田!サブマシンガン?

三代目 古川 組

11月18日に熊本で神戸山口組幹部傘下四代目大門会清崎達也会長が六代目山口組内二代目伊豆組傘下組員に刃物で襲撃され、同日、北海道でも神戸山口組傘下五龍会青木和重会長宅に六代目山口組内弘道会傘下福島連合傘下組員が車で突っ込む事件が相次いで六代目山口組の容赦なき神戸山口組に対する報復が相次ぐ中、10日も経たない11月27日に兵庫県尼崎でまたもや神戸山口組幹部が機関銃で約10発を被弾した。 天皇陛下が関西(京都府)に滞在中にも関わらず犯人の1人は京都で逮捕された。 山口組対神戸山口組の争いはいつになれば収まりがつくのだろう。 事件の経緯 兵庫県尼崎市神田南通1丁目の路上で、27日午後5時8分、すさまじい発砲音が鳴り響いた。 機関銃とみられる銃で10発ほど撃たれた男性が救急搬送されたが、死亡が確認された。 亡くなったのは、神戸山口組の幹部で傘下組織「三代目古川組」の古川恵一総裁(59)。 現場を見た人はこう言う。 「バンバンと音がして、車が急発進していった。 イレズミの男性が、倒れてすごい血が流れていた」 捜査関係者がこう話す。 「犯人は複数いたようで、古川組長は約10発、撃たれ即死のようだ」(捜査関係者) 現場からは男2人組が車で逃走していたが、同日午後、京都府内で1人の身柄が確保された。 「京都南インターチェンジ出口付近で不審な車を見つけて、職務質問。 すると拳銃を出そうとして揉み合いになり緊急逮捕。 容疑は銃刀法違反と 公務執行妨害だ」(捜査関係者) 逃走した車から銃も発見されたという。 10月10日には神戸市で六代目山口組のヒットマン、丸山俊夫被告が神戸山口組の中核、山健組の組員2人を射殺した事件があったばかり。 そして同月18日には、服役していた六代目山口組のナンバー2、高山清司若頭が出所。 六代目山口組の幹部が人事異動するなど、指導力を発揮していた。 「高山若頭は『原点に立ち返れ』『やるときはやらねば』というメッセージを、出所後に発していた。 六代目山口組の関係者が関与した可能性が高いと見ている。 さらに抗争が激化しそうだ」(捜査関係者) 10月の丸山被告の犯行後、六代目山口組や神戸山口組の本部は使用制限を命令が出され、より取り締まりが強化される中での犯行だった。 asahi. html? 2018年3月実子が経営する飲食店(兵庫県尼崎市神田南通1)の帰りを六代目山口組傘下である十一代目平井一家組員待ち伏せされて襲撃に遭っている。 続いて2019年7月12日、犯行現場同じく、地元尼崎の六代目山口組の中核、三代目弘道会組員に口論の上、傘で暴行を受けて全治1ケ月の怪我をしている。 今回、ヒットマンとして三代目古川恵一を逮捕された朝比奈久徳容疑者は古川恵一総裁と面識があり古川容疑者を呼び出したとの情報もある。

次の

【神戸山口組分裂・最新動向】古川組も完全分裂で一触即発か… 自分たちの元親分を辛辣な言葉で猛口撃

三代目 古川 組

尼崎で襲撃された古川組元組長は古川恵一元総裁 まとめると今回の襲撃については次のように言われています。 時刻は2019年7月12日の午後• 場所は阪神尼崎駅近くにある飲食店付近• 犯人は六代目山口組の弘道会関係者• 古川恵一元総裁は軽傷を負った 犯人は弘道会の三木一郎 さらにツイッターなどの情報では、犯人の「弘道会関係者」は、弘道会の「三木一郎」なる人物だとされています。 弘道会の三木一郎が神戸の古川恵一を殴り 尼崎南署に出頭したそうです — ・893 fight0Japan 転送 弘道会、三木一郎が 神戸山口組 古川恵一を殴り 尼崎南署に出頭した そうです。 らしいです。 傘で頭部を数発たたいたそうです。 逮捕容疑「傷害」 — 白くま会長 ShirokumaKaicho 役職などつけられていないことから幹部ではないと見られますが、三木一郎は「S36生 三代目弘道会若中 本部付」とされています。 三木一郎(当時46歳)は2008年6月3日に、暴力団関係者であることを隠してマンションに入居したとして、東証1部上場の港湾運送大手「上組(かみぐみ)」の元役員・森川康博容疑者(67)とともに逮捕されています。 によれば三木一郎は、山口組ナンバー2である若頭の秘書役などを務めていたといいます。 2005年から山口組は六代目体制に移行したため、2008年時点でこの「若頭」とは現在も山口組若頭を務めている高山清司を指していると思われます。 古川恵一元総裁は3月にも襲撃されていた 今回の事件で殴られた「古川組」元組長(古川恵一元総裁)は、昨年の3月にも、尼崎市神田北通4丁目の路上で襲撃されています。 2018年3月7日午後8時半頃、妻や子供とともに親族が経営する飲食店から出て、三和商店街(阪神尼崎駅そば)に差し掛かったところ、鉄パイプを持った男たちに襲撃されました。 襲撃した男たちは当初から命を取るつもりはなかったようで、古川恵一総裁(当時)の右足ばかりを狙って殴打したといいます。 しかしこの襲撃は、山口組と神戸山口組の分裂後、初めての直参幹部への襲撃だったために、関係者には大きなインパクトを残しました。 また襲撃される前にいた飲食店は、まだ六打目山口組に在籍時には山口組の幹部らと、神戸山口組に移籍後は、当時神戸山口組若頭代行を務めていた任侠山口組の織田絆誠代表と会食した場所でもあるといいます。 犯人とされる山口組関係者の3人の男は、翌年の2018年5月15日に傷害の容疑で逮捕されています。 古川組は複雑な分裂状態 この事件の当事者である古川組(ふるかわぐみ)は複雑な状況を抱えています。 三代目古川組は神戸山口組の二次団体で、20名程度の直参がいるといいます。 昨2018年に例の飲食店で、まだ二代目組長だった古川恵一は、任侠山口組設立時、本部長だった四代目真鍋組・池田幸治組長らに引退を迫られました。 池田幸治組長によれば、この時、古川恵一は引退を宣言したといいます。 そこで二代目古川組の若頭だった山崎博司が、多くの組員を引き連れて神戸山口組を割って出て、「三代目古川組組長」を名乗って任侠団体山口組に移籍し、ナンバー3格の「本部長補佐」に就任しました(現在は本部長)。 また古川組本部ビルも占有しました。 しかし一方で古川恵一は「引退を宣言した覚えはない」として、直筆の「御通知」と題する異例の文書を送ってその噂の火消に努めます。 wiki. fc2. 2018年3月7日に、先述の通り古川恵一総裁は尼崎市内で襲撃されます。 2018年7月5日、古川恵一は総裁職を退任しました。 その後、古川組は傘下の四代目琉真会の事務所を古川組本部として使用していましたが、六代目山口組に復帰した琉真会初代である仲本政弘が不法占有であるとして引渡しを要求します。 それに応じて建物は仲本政弘に引き渡されています。 そこから仲本政弘も少人数で初代琉真会を再興しました。 そのため神戸山口組と任侠山口組に分かれた古川組のみならず、その傘下の琉真会も、神戸山口組(古川組)と六代目山口組とに分かれることになりました。 以上になります。

次の