びっくり ドンキー ペイペイ。 松屋でPayPayを使ってみた / 手順は超カンタン!

びっくりドンキーの意外なメニューは!?大人気ハンバーグと合う絶品セット

びっくり ドンキー ペイペイ

急速にキャッシュレスが進む日本。 クレジットカード、電子マネーに続き、QRコード決済サービスも次々登場して、お財布・現金を持ち歩かなくても困らない世の中になりつつあります。 でもお店によってはまだ「現金オンリー」とか「QRなんて無理」というところも・・・。 身軽に出かけても大丈夫かどうか、現金が必要かどうか、行く前にあらかじめ確認しておいた方がいいですね。 主なレストランチェーン(ガスト,バーミヤン,ジョナサン,デニーズ,サイゼリヤ,華屋与兵衛,ジョリーパスタ,ココス,ビッグボーイ,ジョイフル,ロイヤルホスト,びっくりドンキー)のキャッシュレス事情(クレジットカード・電子マネー・スマホ/QR決済)について調べてみました。 あなたのお近くのお店はどうでしょうか。 もくじ• すかいらーく系列店 全国に3,200店舗以上の系列店を展開する「すかいらーくグループ」。 グループ系列店には、 ガスト、バーミヤン、ジョナサン、しゃぶ葉、夢庵、ステーキガスト、グラッチェガーデンズ、藍屋、から好し、Sガスト などがあります。 すかいらーくグループ系列店のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 全店舗で使えます。 電子マネー 全店舗でSuicaなど交通系電子マネー、楽天Edy、 QUICPay、iDが使えます。 QR決済 スマホ決済 Apple Pay(QUICPay、iD、Suica)とGoogle Pay(QUICPay、iD、Suica、楽天Edy)が利用できます。 宅配利用時にはLINE Pay・楽天ペイ・PayPayが使えます。 ガスト(一部除く)では「PayPay」「d払い」「楽天ペイ アプリ決済 」「LINE Pay」「メルペイ」「Origami(オリガミペイ)」を導入。 2020年3月末までにバーミヤンやジョナサンなど、すかいらーくグループで導入予定。 すかいらーくグループのキャッシュレス対応はかなり進んでいます。 2018年の間に電子マネーの導入を済ませ、QR決済の導入も進んでいます。 デニーズのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 使えます。 電子マネー 交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)、楽天Edy、nanaco、QUICPay、 iDが使えます。 (一部使えない店舗もあります) QR決済 スマホ決済 Apple Pay(QUICPay、iD、Suica)とGoogle Pay(QUICPay、iD、Suica、nanaco、楽天Edy)が利用できます。 iDが使える店ではメルペイの「iD払い」が利用できます。 PayPay(ペイペイ)(2020年4月1日~)が利用できます。 クレジットカードと電子マネーに対応していて、キャッシュレス化が順調に進んでいます。 低価格でおいしいことで有名なお店なので、コストのかかるキャッシュレス化は進んでいませんでしたが、2019年後半あたりから少しずつ変化が見られるようになりました。 サイゼリヤのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 一部の店舗で使えますが、原則、扱っていません。 電子マネー 一部の店舗で交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCAなど)、QUICPay、iD、nanaco、楽天Edy、WAONが使えます。 商業施設内の店舗に多いようです。 QR決済 スマホ決済 一部の店舗でApple Pay(Suica)とGoogle Pay(Suica)が利用できます。 一部の店舗でd払い、PayPayが使えます。 福岡にはauPAY以外の全てのQR決済に対応した店舗があります。 サイゼリヤは基本的には現金払いなのですが、イオンモール・イトーヨーカドー・アピタなどの商業施設内の店舗はクレジットカード・電子マネーともに利用できることがあるようです。 親会社のロイヤルホールディングスは天丼てんや、カウボーイ家族、シェーキーズ、シズラーを総括しています。 ロイヤルホストのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 各種クレジットカードが利用できます。 (JCB、VISA、マスターカード、UC、MUFG、DC、UFJ、NICOS、 アメリカンエキスプレス、ダイナーズ、イオン、銀聯) 電子マネー iD、QUICPay、楽天Edy、交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)が使えます。 メルペイのiD払いができるのは大きいですね。 びっくりドンキー ハンバーグレストランとして絶大な人気を得ている「びっくりドンキー」。 ハンバーグ、ごはん、サラダを一つに盛り付けるディッシュメニューが特徴です。 びっくりドンキーのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード ほとんどの店舗でクレジットカードが利用できます。 (JCB、VISA、マスターカード) 電子マネー iD、QUICPay、楽天Edy、WAONが利用できます。 iDが使える店ではメルペイの「iD払い」が利用できます。 QR決済も導入が進められており、キャッシュレス対応は順調です。 キャッシュレス化には力を入れています。 華屋与兵衛のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 使えます。 電子マネー 交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)、楽天Edy、QUICPay、iDが使えます。 QR決済 スマホ決済 Apple Pay(QUICPay、iD、Suica)とGoogle Pay(QUICPay、iD、Suica、楽天Edy)が利用できます。 iDが使える店ではメルペイの「iD払い」が利用できます。 LINE Pay、auPAY(auペイ)も利用できます。 全店キャッシュレス化されています。 ジョリーパスタのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 使えます。 電子マネー 交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)、楽天Edy、QUICPay、iDが使えます。 QR決済 スマホ決済 Apple Pay(QUICPay、iD、Suica)とGoogle Pay(QUICPay、iD、Suica、楽天Edy)が利用できます。 コンタクトレス決済に対応している店舗もあります。 iDが使える店ではメルペイの「iD払い」が利用できます。 ジョリーパスタはキャッシュレス化が進んでいます。 クレジットカードが使えるので安心です。 ココスのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード ココスジャパン直営店舗はクレジットカードが使えます。 電子マネー ココスジャパン直営店舗は交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)、楽天Edy、QUICPay、iDが使えます。 QR決済 スマホ決済 ココスジャパン直営店舗はApple Pay(QUICPay、iD、Suica)とGoogle Pay(QUICPay、iD、Suica、楽天Edy)が利用できます。 au WALLETのポイントアップ店です。 iDが使える店ではメルペイの「iD払い」が利用できます。 ココス直営店はキャッシュレス化が進んでいます。 クレジットカードが使えるので安心です。 アメリカンサイズのハンバーグやステーキが人気のレストランです。 ゼンショーの系列になります。 ビッグボーイのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード クレジットカードが使えます。 電子マネー 交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)、楽天Edy、QUICPay、iDが使えます。 QR決済 スマホ決済 Apple Pay(QUICPay、iD、Suica)とGoogle Pay(QUICPay、iD、Suica、楽天Edy)が利用できます。 iDが使える店ではメルペイの「iD払い」が利用できます。 LINE Pay、auPAY(auペイ)も利用できます。 ビッグボーイはキャッシュレス化が進んでいます。 クレジットカードが使えるので安心です。

次の

びっくりドンキーの支払い方法で使えるのは何ペイ(Pay)?【ファミレス編】

びっくり ドンキー ペイペイ

スマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」が登場してからというもの、もうコンビニといえばファミマである。 なにせ ファミマで買い物してPayPayで支払ったら、20%ものPayPayボーナスが戻ってくるのだ! ペイペイッ!! ということで、タバコを2カートン(1万円)もPayPay購入(実質8000円)したりしてニンマリしている今日このごろなのであるが、ふと、悪魔的発想を思いついてしまった。 それは…… 住民税の支払いを「ファミマでPayPay」で支払ったら20%キャッシュバックされるのでは……? というセコすぎるアイデアである。 ・PayPayで支払えないものもある……が! 調べによると、たとえばAmazonやAppleのギフトカードや、公共料金はPayPayで支払えないらしい。 しかし、いくら調べても「住民税も支払えない」という情報は出てこなかった。 これはもしや……ルールをかいくぐった盲点!? そして今、私の手元には、 世田谷区の課税課から届いた地獄のラブレター「特別区民税・都民税(普通徴収分)」の用紙がある。 なんでも、「すでに収めてもらった住民税なんだけど、計算したら足りなかったから、あと少し払え」という。 正直、ふざけんな、である。 しっかり計算しろや、である。 1万8500円くらい見逃してくれよ〜的な想いであるが、 過去に完全シカトをぶっこき続けたら容赦なく銀行口座から全額引き落とされた経験もあるので、ここはおとなしく支払ったほうがよいだろう。 しかし、その用紙の裏面を見て、私はニヤリと微笑んだ。 ファミマで支払えるってよ〜!! それならファミマで支払ってやらぁ!! ファミマで「ペイペイッ」って1万8500円、支払ってやらぁ。 そしたらオレんとこには……3700円ぶんものPayPayボーナスが戻ってくるんだからなぁ! ハッハーッ!! ざまあみそ漬け世田谷区〜! てな気持ちで、ファミマへやってきた。 実は内心、ドキドキだ。 そしてレジに向かい、特別区民税・都民税(普通徴収分)」の用紙を渡し…… 「ペイペイで支払います」 と悪魔的呪文を唱えた。 一瞬、動きが止まる外国籍の店員さん。 そしてレジをピッピといじくって、ペイペイ決算手続きに入る…… と思った次の瞬間!! 実は密かに全額キャッシュバックを狙っていた私は大馬鹿野郎だ。 住民税のファミマ支払いは「現金のみ」、どうか皆さんも忘れないでね。 レッツ納税! シュン……。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

LINE PAY(ラインペイ)はびっくりドンキーで使えるの?LINE PAYカード/QUICPay経由の支払いも行えるか調べてみた

びっくり ドンキー ペイペイ

Pay Pay Line Pay メルペイ 楽天ペイ Origami Pay d払い au Pay ゆうちょ Pay などこの他にも色々あります。 2018年頃からそれぞれがお得なキャンペーンを打ち出すたびにアプリをダウンロードし、2019年気が付いたら主要なQRコード決済アプリがスマホの画面に全てそろっている人は多いのではないでしょうか 笑 しかし使おうと思った店舗がどのQRコードシステムなのかわからずに店頭でまごつく人が非常に多いようです。 それはそうです、全ての店舗が どのQRコード決済に対応しているのかなんて覚えきれるわけありませんよね。 そこで、店舗ごとにどのQRコード決済が使えるのかをまとめました。 これで店頭でまごつく事もなくなりますし、多数使える店舗ではどのQR決済システムがお得なのかをあらかじめ知っておけばお得な買い物ができますし、ポイントの損失もなくなります。 そこで今回は びっくりドンキーの支払い方法で使えるペイ(Pay)は何?を調査しました。 — 2019年 5月月4日午前7時14分PDT びっくりドンキーは、株式会社アレフが日本全国に展開するハンバーグレストランである。 1968年(昭和43年)12月創業、1976年(昭和51年)7月設立である。 引用元:wikipedia 北海道の札幌市に本社を置く株式会社アレフ傘下のファミレスがびっくりドンキーです。 当然あの宗教団体「アレフ」とは全く関係はありません。 そもそもびっくりドンキーのアレフと言う名前は1987年から使用していますが、2000年にオウム真理教がアレフに改称しています。 (現在はAleph) びっくりドンキーのハンバーグはとにかく柔らかく、箸でも食べる事が出来るくらいでお子さんからお年寄りまで幅広い年齢層に支持されています。 私はいつもレギュラーバーグディッシュの300Gを注文します。 びっくりドンキーはワンディッシュタイプでタレが美味しく、サラダのマヨネーズも独特な味で美味しいのが特徴です。 今年更に増えると思われるどのQRコード決済を増やすのかによっても売り上げは大きく変わるかもしれません。 びっくりドンキーのが今後扱うかもしれないQRコード決済のキャンペーンなどには細かに情報を集めておいた方がいいでしょうね。 びっくりドンキーの支払い方法で使えるのは何ペイ Pay? 【ファミレス編】まとめ びっくりドンキーの支払いで使えるQRコード決済サービスは以下 無し 昨年2018年はQRコード決済元年とも言われ、ペイペイが仕掛けた「100億円あげちゃうキャンペーン」では12月4日からたったの10日間で終了となりました。 その原因としては全額返金の異常とも言える確率と返金の上限金額が高かったせいで、転売が横行したことにあります。 なんせ運が良ければ全額(10万円相当)返金される可能性があったわけですから、全額返金の場合仕入がただになる訳で、転売ヤーが買いまくったことであっという間にキャンペーンが終了してしまい、 迷っている間に終わちゃった~ と残念に思っていた方は多いのではないでしょうか。 そして2019年に入りQRコード決済(pay)はシェア争いトップを取る為各社更なるキャンペーンを打ち出してきています。 政府も2025年までにキャッシュレス化を現在の20%から40%にまでし、将来的には80%までに高めたいと計画していることからも、否が応でもわれわれ消費者はQRコード決済のアプリをダウンロードする事になります。 今まで静観していた方も、もうQRコードサービスを無視する事は出来ませんよね。 今後さらに他のQRコード決済サービスが増えるのは間違いないと思いますので、びっくりドンキーの今後が楽しみですね。

次の