島根県旅行 人気。 【島根県】行ってよかった!人気の温泉ランキング(2020)

島根旅行・島根ツアー|おすすめプラン・パックが満載【JTB】

島根県旅行 人気

出雲市とはどんなところ? 出雲市とは島根県で3番目に人口が多い自治体で、日本海に面しています。 そもそも島根県ってどこ?と位置を把握していない方が多い印象ですが、 実は私もあまり自信がありませんでした(笑)山陰地方の左の方?です。 しじみで有名な汽水湖(海水と淡水が混ざり合っている湖)である宍道湖(しんじこ)にも面しているほか、出雲空港(出雲縁結び空港)も市内にあります。 出雲空港は山陰地方最大規模の空港として、東京や大阪、札幌などへ空路があります。 出雲市の人口は約17万人で、2005年に平成の大合併で様々な自治体がまとまりました。 出雲市内にある出雲大社も、もともとは大社町に存在していました。 市内にはJR西日本の山陰本線と、私鉄である一畑電車が走っています。 かつて出雲市駅まではブルートレインと呼ばれた寝台特急が走っていましたが、 廃止された今でも「サンライズ出雲」という快適な設備を備えた電車型寝台特急が東京と出雲を結んでいます。 サンライズ号は日本唯一の定期寝台列車という貴重な存在でもあるので、いまやこの列車に乗るために出雲市を訪れる方もいます。 私も乗りましたが、とても快適かつ楽しい旅路でしたので、何度でも訪れたくなりました! お見合いや婚活で出雲市(島根県)が人気? とにかく「縁結び」という出雲大社のご利益を、町おこしのメインテーマとして前面にアピールしています。 そのため、出雲市という行政も地元の独身男性・女性の出会いをサポートするために様々な施策を打ち出しているようです。 「出雲 婚活」で検索すると、市が運営している企画などが出てくるので、参考にするのもいいかもしれません。 ただ、実績や中身については、申し訳ありませんが詳しいことは分かりませんでした…。 出雲(島根)の男性・女性とは さて、この出雲に住まう人々に関して、気になる記事を見つけましたので、記します。 元々暗いイメージのある日本海側の中でも最も内向的で閉鎖的な県民性と考えられている島根でも、 特にその傾向が強いのは松江を中心とした出雲地方です。 出雲大社があり閉鎖的であるためか、男性は引っ込み思案で消極的、見栄っ張りなところもあるものの 基本的に保守的なので新しいものを取り入れるのが苦手です。 女性も同様に何事にも慎重であるため流行に踊らされることがなく、道徳的なのでギャンブルなどへの見方も厳しいです。 男女共に真面目で控え目、辛抱強くて勤勉なのが長所でしょう。 () 非常に厳しい見方がなされていますね…。 山陰という文字からか、冬は積雪もそれなりにあり空模様がどんよりしがちだからなのか、暗いイメージが多いようです。 ですが、次のような解釈もあるのです。 …一言で島根と言っても地方によって県民性にバラつきがあるためその恋愛傾向にもやや違いがあるのですが、 基本的には保守的で道徳心が強いため、浮気に手を出す人が少なく一度好きになった相手をずっと大切にし続けます。 「一途な人が多い県」でランキング1位になったのもうなずけますね。 特に島根女性は見かけ以上にタフで芯の強い大和なでしこタイプなので、 一度恋が始まればどんな相手であろうと献身的に尽くしてくれます。 () なるほど!筋の通った、芯の強い県民性といったところでしょうか。 島根の女性は男性と一緒にする〇〇が好き!次ページで! (総則) 当サイトの情報は、当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、名誉毀損、秘密保持、著作権に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を負いかねます。 (外部サイト・コンテンツに関して) 当サイトからリンクやバナーなどにより他サイトに移動された場合、移動先サイトで提供されるサービス、情報、商品等について当方は一切の責任を負いません。 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェア・アプリケーション・ツール、サービスの適切性、道徳性、合法性、正確性、最新性、著作権の許諾や有無など、その内容に関しては一切の保証、補償を致しかねます。 あらかじめご了承ください。

次の

なぜ島根が1位?外国人観光客に人気の旅行エリアランキング

島根県旅行 人気

温泉の特徴から探す• ちょっとお得なプランから探す• 季節のおすすめから探す• 食事のこだわりから探す• 温泉以外の宿の特徴・施設から探す• 誰と行くか、旅のスタイルから探す• 女性向けプランから探す• ご当地観光内容から探す• 冬の味覚王「カニ」の種類・ブランドから探す• 出張・ビジネスにおすすめから探す•

次の

島根県のおすすめ観光スポット クチコミ人気ランキングTOP40【フォートラベル】

島根県旅行 人気

都道府県別外国人延べ宿泊者数(平成29年1月~12月) ワースト1位 島根 47,860(前年比 -17. 全体的な観光客の数は? 上記の県は、どこも海に面していて、魚がとても美味しいところですよね。 観光地としても、島根は出雲大社と足立美術館の美しい庭園、福井は永平寺と東尋坊、高知には四万十川があり、日本人にとっては魅力を感じるところばかりです。 全体の延べ宿泊者数(都道府県別延べ宿泊者数)からすると、島根はワースト6位、福井はワースト8位、高知はワースト3位で、これも関係あるでしょう。 もしかして、客室が足りないから泊まらないのでしょうか。 客室の稼働率をみると、島根は58. 2%、福井41. 2%と高知は47. 交通の便は? 交通の便はそこまで便利とはいえません。 いずれも今のところ新幹線が通っていない都道府県になります。 また福井には定期便が発着する空港がありません。 島根の出雲縁結び空港と高知竜馬空港は、現在国際線の定期便がありません。 外国人からみた出雲大社 日本人とは感性が違うせいなのかと、ワースト1位島根が誇る出雲大社の評判を調べてみました。 トリップアドバイザーのコメント欄です。 島根に最も多く宿泊している台湾人のコメントをGoogle翻訳でみたところ、「この寺はとても美しく、とても古くて日本の味があります」「日本で最も重要で巨大なしめ縄が壮大」「出雲大社全体の気質は他の神社とは違うので、ここを訪ねることを強くお勧めします」とあり、なかなかの評価です。 日本人が抱く感想とも同じようなものでしょう。 また中国人もスイス人も、神無月の時期に神々が集まるという神話に魅力を感じていました。 ただ、そのスイス人は、「どの建物の中にも入れない」「あまり見るものがない」「小さな博物館は何が展示してあるか見えず、英語もあまり見当たらなかったので入らなかった」としています。 博物館とは島根県立古代出雲歴史博物館のことでしょうか。 台湾人の旅行情報源 また、この3県については、いずれも宿泊数が一番多いのは台湾人です。 台湾人が旅行情報源としているのは、以下の通り。 旅行情報源ランキング(平成29年) 1位 個人のブログ 36. 8% 2位 日本政府観光局ホームページ 23. 8% 3位 旅行会社ホームページ 23. 1% 対策は? 交通の便はすぐには改善できないこと。 また行きたいと思えば、たとえ不便でも行くのではないかと思われます。 宿などの受け入れ態勢も、お客が来なければ積極的に進みませんが、進めないと旅行者も訪れません。 魅力はあるはずなので、とにかくその存在を知られることが重要でしょう。 いずれの都道府県も、台湾の旅行者などに直接誘致活動をしているようです。 たとえば福井県は永平寺を「ZEN」ブランドとして売り込んでいて、結果が出てきているとか。 台湾についていえば、一番情報源にしている個人のブログは、訪れる人が少なければ書かれることもないわけなので、来てもらったら書いてもらうような施策が必要でしょう。 参考 [] [] [] [All Photos by ] AREA•

次の