ヴァル シリア アーク。 ヴァルシリア アーク ヒーロースクールストーリー

『Valthirian Arc: Hero School Story (北米版)』感想とプラチナトロフィー攻略

ヴァル シリア アーク

原題:Valthirian Arc: Hero School Story)が発売中だ。 本作はインドネシアのデベロッパ,Agate()が2018年にSteamでリリースした作品の移植で,シンプルでどこか懐かしい雰囲気の「アクションRPGパート」と,学園を発展させる「学園パート」が楽しめるタイトルだ。 本稿ではそのプレイレポートをお届けしよう。 物語の舞台は 女帝ヒルダによって統治されている帝国「ヴァルシリア」。 この国は,各地を治める5人の女王が女帝に忠誠を誓っている。 女帝とは縁戚関係にある女王たち。 ちなみに王は軍事を担っているようだ 帝国の中心に位置する都市・アフターヌーンシティには,兵士を育成する学園があり,プレイヤーはその 学園長としてゲームを進めていくことになる。 学園長の仕事は,優秀な兵士,すなわちヒーローを育成すること。 そのために学園の施設を拡張しつつ,生徒たちを冒険に送り出していくわけだ。 学園モノの要素のあるファンタジーRPGは日本でもおなじみのパターンだが,本作はその雰囲気がどこか独特で,プレイしていて新鮮な感覚を味わえる。 たとえば生徒たちの顔ぶれもだいぶ個性的。 前途が楽しみだ 前述のとおり,本作はさまざまなミッションをこなしていく 「アクションRPGパート」と,学園を発展させる 「学園パート」に分かれており,2つのパートを並行して進めていく。 「アクションRPGパート」では,生徒4人でパーティを組み,ダンジョンを冒険しミッションに挑むことになるが,ダンジョンにはさまざまな仕掛けや,モンスターたちが待ち構えている。 死ぬときはかなりあっさり死ぬ。 装備を強化して再挑戦しよう キャラクターのHPは時間経過によって回復するものの,それ以外の回復方法はゲーム終盤まで存在しない。 そのため,戦力に見合わないミッションを受けるとクリアまでに長い時間がかかってしまう。 何はともあれ強力な武器の調達を最優先にやっておきたい。 また,ミッションクリアの報酬や,敵からのドロップで強力な武器を入手した場合は,その武器が使用可能なクラス(職業)へクラスチェンジし,有効活用を心がけよう。 冒険から帰ったら,手に入れた武器や,武器のレシピをしっかり確認しよう たまに訪れる行商人からは,武器や武器のレシピ,武器作成のための素材を購入できる ミッションの中には帝国を構成する5つの王国(ゲーム中では女王国と呼ぶ)からの依頼もあり,どの依頼を受けるかによって各王国との関係が変化していく。 それによりエンディングも変化するので,意識しておくとより物語を楽しめるだろう。 女王国はそれぞれ土地柄が異なり,さまざまな場所で冒険が繰り広げられる パーティを派遣するタイプのミッションも。 こちらは一定の期間が経過すると生徒たちが帰ってきて,成否を教えてくれる 「学園パート」では,「アクションRPGパート」で入手したお金などを使い,学園の施設を充実させていくことになる。 「教室」を作ると,「アクションRPGパート」で得られる経験値が増えたり,「図書館」を作るとアイテムドロップの確率がアップしたりするなど,学園の施設が充実するほど冒険は有利になっていく。 作れる施設の総数は決まっているので,どの施設をいくつ作るかを慎重に判断する必要がある。 施設の効果を参考にしつつ,限られたスペースを埋めていく 各施設に出現する吹き出しを調べると,ミニイベントが発生することも 「学園パート」で何をすべきか迷ったら「学園長のタスク」を参考にしよう。 単なるチェックリスト&報酬受け取り用のメニューではなく,タスクの達成条件もここで確認できる 本作には時間の概念があり,「学園パート」中はリアルタイムで日時が進んでいるほか,ミッションを受けて冒険に出かけることでも時間が経過する。 レベルの高い生徒を卒業させると学園の評価が上がり,高額の報酬を得られるため,なるべく高レベルの生徒を卒業させていきたい。 しかし,パーティの第一線で活躍しているような生徒をむやみやたらに卒業させてしまうと,ミッション達成がおぼつかなくなってしまう。 なので,それを見越して「軍に送る生徒」を別に育てておくといいだろう。 蛍の光,窓の雪。 軍に入っても元気でいてほしい 学生寮を建てると生徒数の上限がアップ。 入学希望者は学園の敷地を歩いているので,気に入った者を生徒にできる このようにミッションと施設の建築を繰り返して学園の評価を上げていくと,学園のランクがアップする。 ランクアップすると建物が大きくなり,建設できる施設の総数と種類が増えていく。 ミッションの中には,クリアすることで選択できるクラスが増えるものもある。 どんどん大きくなっていく学園 学園のランクを上げてクラスチェンジのための施設を作り,ミッションをクリアして師匠を招くことで,使用できるクラスが増えていく また,メインミッションを進めることで,ストーリーも進行していく。 以上,アクションRPGパートも学園パートも,とっつきやすくシンプルな作りで,ノーストレスで進めていける本作。 パッと見の印象はシステムで遊ぶ系統のゲームに見えるが,実際プレイしてみると,ストーリードリブンなタイトルだった。 スクリーンショットを見てもお分かりのように,ビジュアルは日本のゲームっぽいテイストがありつつも,どこか 独自の雰囲気が感じられるのも印象的だ。 また物語についても,日本語の翻訳にやや怪しい部分があるものの,その展開は興味をそそられるものがあった。 日本語訳がぎこちない部分もあるが,意味は通じている 学園ファンタジーRPGなのに随所に感じるエキゾチシズムや,良くも悪くもシンプルな作りなど,好みが分かれるタイプの作品であることは否定しないが,筆者はこれはこれでアリだと思った。 「インドネシアで作られたゲーム」がどんなものか,そこに好奇心をくすぐられた人にこそ触れてみてほしい作品だ。

次の

ヴァルシリアアークやってみた

ヴァル シリア アーク

ヴァルシリアアーク ヒーロースクールストーリー 小ネタ集 エラーが多いことで有名になりつつゲームであるが、突っ込むべきはそこだけではないですね。 海外ゲームなので、日本語の違和感というのは置いといて、それ以外にも色々と取り上げたい事があるのでまとめておく。 少なくともプラチナトロフィーを取ることが出来たので、致命的なエラーなどは無いと思う。 (多分……。 ) 卒業させないとどうなるのか 「学期に1人以上は卒業させる必要がある」という、国からの要請に答えるのがこのゲームの数少ない定期ノルマなのであるが、それを無視したらどうなるのか……。 オートセーブだからゲームオーバーになったら詰むのかな? と思い、プラチナトロフィーを取得した後で空きスロットで試してみました。 結果、何も起きません。 次の学期に備えましょうとだけ。 ペナルティ無し? と思ったけど、翻訳のニュアンスが違うってことじゃないかな? 「卒業させなさい」じゃなく、「卒業させることが出来るよ」という事じゃないかな? 一気に「お金」と「名声」を稼ぐチャンス! という事じゃないかな~と解釈してます。 (翻訳前のゲームをプレイしていないので真偽は不明です。 ) スポンサーリンク スロットの年/月/週がリセットされる スロット1で「10年」までプレイをして最強武器3種を集めたのであるが、プラチナトロフィーのために「スロット2」でプレイをして「5年」で1度エンディングを迎えたのであるが、そうすると「スロット1」の年/月/週がリセットされてしまった。 まさか、 スロット1のデータが消えた? と思ったけど、キャラや武器などは大丈夫だった。 ただ、年/月/週の情報はスロット2の状態になってしまっていた。 もっと言うと、同じスロットでもエンディングを迎える度?に、星がついたり消えたりするなどこの辺の挙動が怪しい。 まとめ ゲームは作ったこと無いけど、同じIT業界としてバグが潰しきれないってのは良くわかる。 それはメーカーや技術者だけが起因する話じゃないんですよね。 納期が短かったり、予算が限られていたり、という制約があるんですよね。 と言った印象。 技術面で言えば、(回数は置いといて)ロードが長い点。 あれだけのクオリティのキャラ/マップだから仕方ないかなとも思っているけど、もう少し短くなれば良いかな。 ぶっ壊れた武器性能も含めて好きだから、続編が出たら多分買うかな。

次の

『Valthirian Arc: Hero School Story (北米版)』感想とプラチナトロフィー攻略

ヴァル シリア アーク

ゲームクリア後に深く掘り下げながらネタバレなしで丁寧に解説していくゲームレビュー。 今回のタイトルは『ヴァルシリアアーク ヒーロースクールストーリー(Valthirian Arc: Hero School Story)』です。 開発はインドネシアのAgate、日本語版の販売はレイニーフロッグとなっています。 PC版としてSteamから2018年10月2日に発売されていたゲームの日本語版で、学園運営とアクションRPG要素を持った独特なスタイルを持つゲームになっています。 今回は Nintendo Switch版でのプレイ、レビューになります。 ゲームの紹介 ストーリー、世界観、グラフィック 中世ヨーロッパを彷彿とさせるような剣と魔法のファンタジーの世界でヴァルシリア国という国を舞台にして物語は始まっていきます。 プレイヤーは英雄を育てる歴史ある学園の学園長となり、生徒たちを英雄に育て上げ、卒業させる役目を担います。 このヴァルシリア国は5つの国に分かれその中央に女帝を据えた女王制を取っており、この5つの国もそれぞれ女王たちが統治しています。 ストーリーはこの女帝が倒れ、その座が空位となることで動き始め、プレイヤーはメインストーリーとなるミッションや、5つの国の女王たちから出されるミッションを選びながらこなしていくことで物語を進めていきます。 グラフィックは最新の大作ゲームと比較すると流石に見劣りはしますが、海外製のゲームでありながら日本製のRPGのような雰囲気があり、親しみやすさのあるデザインでゲームのコンセプトとマッチしたものになっています。 学園運営 ゲームとしては、学園内に教室や学生寮など様々な施設を設置していき、生徒たちでパーティーを組んでミッションをこなしレベルを上げて卒業させることで資金と名声を獲得し学園を発展させる、というのが一連の流れです。 施設には戦闘時の獲得経験値を上げる教室や、一定期間ごとにお金や名声を獲得できるカフェテリアや噴水庭園などがあり、施設によってはアップグレードすることでそうした効果をアップさせる事ができるものもあります。 こうした施設を建築して学園の基盤を作り、生徒たちをミッションに送り出し、育成していくのですが、一定期間内に必ず一人は卒業させなければならないという制限もあるので、生徒たちを育成しながら、より強い英雄へ育てるのか、卒業してもらい学園を成長させるかの選択をする必要があります。 生徒を卒業させるとお金と名声が手に入り、名声が一定値まで貯まると学園ランクが上がり新たな施設がアンロックされたりアップグレードができるようなります。 また最初に入る生徒の最大レベルは10ですが、ランクを上げることで、その後入る新入生の最大レベルは上がっていき、より強い生徒を作ることが可能になります。 施設が充実してくると補正がてんこ盛り 施設を建設するにはお金が必要ですが維持費などは一切かかりません。 また建築費とアイテム購入以外の出費のようなものは一切ないのでいわゆる経営要素は無く、あくまで生徒の育成がメインのゲームとなっています。 生徒たちは学生寮を建築することで入学できる最大生徒数を上げていくことが可能ですが、「難易度の高いミッションをこなすための強い生徒の育成」と、「名声とお金を増やし学園を成長させるための卒業」の効率的な選択を迫られることになります。 生徒たちの育成要素 生徒たちはレベルを10以上に上げるとランクアップさせることが可能で、見習いから騎士、魔法使い、スカウトの3つに派生し、更にそこからそれぞれ上級職へランクアップさせることが可能です。 装備は武器の他にアクセサリが2つあり、時折学園に訪れる商人から購入したりミッション中に手に入れたりする他、装備品のレシピと素材を集めることで装備を作成することも可能になっています。 戦闘パート、ミッションの選択 生徒たちは4人一組のパーティーを組み、パーティー単位で各ミッションに向かうことになります。 請け負うミッションは、戦闘パートで生徒たちを操作し決められた目標をクリアすることでミッション完了となる通常のものと一定期間生徒たちを派遣し、期間終了後生徒たちが帰ってきた際に成否が発表される「お使い」ミッションの2種類があり、生徒を派遣しつつ通常ミッションをクリアしていくような形になります。 戦闘パートは見下ろし型の3DマップでアクションRPG的なものになっていて、4人パーティーの内一人を操作して進む形で、通常攻撃とそれぞれの職業ごとの必殺技的なスキルを駆使して進みます。 操作キャラはいつでも変更可能 ゲームレビュー「数多の英雄を育てる育成ゲーム」 シンプル・イズ・ベストな学園運営 学園運営ということで経営要素のあるゲームなのかと思いましたが、このゲームでは経費がなくシンプルな形になっています。 収支を気にしながら黒字運営を~みたいな下手をすればストレスにしかならない要素は無く、シンプルに生徒の育成に励むことができるのはゲームのコンセプトとしてとてもいい形になっていると感じました。 施設を建設可能な空き地。 室内と室外があり、大きさが3種類。 適切な大きさに建設可能。 生徒を最大レベルまでレベルアップさせて卒業させたり、シーズンごとに定められた職業の生徒を卒業させるとボーナスが貰えるなど、誰をどの職に就かせるか、いつ卒業させるかなど考えどころが多くまさに学園長としての面白さが感じれると思います。 生徒たちは見習いでスタートして上位職へランクアップさせていくことで大きく成長していきます。 レベルを上げるごとにステータスも大きく上昇していくので戦闘の際は、キャラの成長具合がはっきりと感じられて手応えが得られるバランスになっており、達成感が感じれるとともに、この生徒がいないとこのミッションはキツイかな?と愛着が感じられてとても面白いポイントになっていると思います。 豊富なミッション ゲームの大半はミッションをこなす部分に当てられるかと思いますが、メインストーリーとなるもの以外にも、学園近郊のミッションから各主要キャラクターから依頼されるミッション、5つの王国から出されるミッションなどかなり豊富にあり、全てやりきれないぐらいの数があります。 ただ単に数をかさ増しするのではなく、5つの国それぞれとの関係性を高めたり特定の人物から出される連続性のあるミッションなどがあることで、プレイするミッション選びに良いアクセントが加えられていると感じました。 パーティーも最大3つまで組むことが可能で、メインのパーティーの他にお使いミッションに派遣することでサブパーティーの生徒たちも同時に育成していくことが可能で、こうしたミッションの豊富さが育成要素を上手く支えていると思います。 気になるポイント シンプルすぎる戦闘パート 戦闘パートはかなり簡素なアクションRPG風のデザインで、かなりシンプルなスタイルです。 職によってそれぞれ個別にスキルはあるものの戦闘そのものに大きなアクセントを加えるまでには至っておらず、遠距離攻撃、近距離攻撃の違いこそあるものの、基本的には敵に近づいてはポコポコ殴るだけ、という形になってしまっています。 ミッションの種類も素材集めや人質救出などバリエーションがありますが、どのミッションを選んでも似たような形のマップが続き、どのミッションでも道すがらモンスターたちを殴りながら進んでいく形なのでどうしても同じような展開が続き、飽きやすさがあると感じました。 いびつさの残るバランス このゲームでは武器とアクセサリを2つ装備できますが、武器の攻撃力はかなり大きな幅があり、10~30ぐらいのものもあれば300以上あるものもあります。 強い武器を手に入れる前の高難易度ミッションではなかなか敵モンスターにダメージが入らない状態が続き、逆にパーティーに行き渡り始めるとゲームの難易度はガクッと下がり、高難易度ミッションでも適当に通常攻撃を連打するだけで簡単に勝ててしまったりします。 レベルアップによるステータスの上昇幅が大きいのもあり、かなりざっくりとした戦闘バランスで、決して大きな欠点ではないですが気になるポイントの一つです。 また装備できるアクセサリに関しても、武器に比べ上昇する能力値が極端に低く、装備品として機能していないのが気になります。 アクセサリの能力値アップはほんの僅か ミッションの難易度は星の数で表されていますが、上記のようなことが原因なのか同じ星の数でも実際にプレイすると簡単なものもあれば全く歯が立たないものなど、かなり振れ幅があり難易度がひと目ではわかりにくく感じました。 総評 良い点、悪い点 良い点 ・生徒育成の面白さ ・シンプルな運営要素 ・馴染みやすいグラフィック 悪い点 ・単調な戦闘パートと難易度バランス ・代わり映えしない大半のミッション ・ エラー落ち (Nintendo Switch版限定?) Nintendo Switch版限定のものなのかもしれませんが、エラー落ちがかなり多かったです。 ミッションを選びパーティーを選択したあとのロード画面において幾度となくエラー落ちをしました。 オートセーブ機能があるおかげで巻き戻されたりとかは無いのですが、流石に回数が多いので悪い点の一つとして加えました。 まとめ このゲームの主題は生徒の育成にあると思います。 学園運営も運営というよりは、育成を手助けする施設を設置していくものであり、経営要素はありませんが、むしろ経営部分がないおかげで学園運営にまごつくこと無く生徒育成に集中できるのは大きなポイントであると感じました。 しかし、ゲームの大半はミッションを繰り返しクリアしてく部分であり、この部分で似たようなミッションを何度もプレイしなければならず、戦闘部分もシンプルであるがゆえに単調作業に終始しがちでこの部分は大きく好みが分かれるかもしれません。 ただこの単調さがそれほど気にならないという方であれば十分に楽しめるゲームであると思います。 好みの分かれるシンプルすぎる戦闘パートとミッションで何世代も前のようなチープさの残るグラフィックですが、学園運営という題材を含めて馴染みやすさと取っ付きやすさがあり、ストーリーも5つの国との付き合い方次第でエンディングが変化するなど、いろいろな魅力が含まれた作品でもあると思います。 翻訳のレベルも多少の違和感こそあるものの全く問題ないレベルです。 プレイ時間は約10時間ほどですが、後半はメインストーリーとなるミッションを優先して進めたため、もしほかのミッションも入念にこなしていくのであればプレイ時間はもっと長くなると思います。

次の