胃がん 転移。 [医師監修・作成]ステージIVは末期がんなのか?胃がんが転移した場合の症状、診断、治療

正しくがんを知ろう-再発・転移性胃がん ガイドライン解説

胃がん 転移

胃がんの治療法について考える前に、ご自分の身体の状態を把握しておくことが大切です。 ここでは、日本胃癌学会の「胃癌治療ガイドライン」にそって、胃がんの広がり方や再発・転移したがんの治療法など解説します。 胃がんの広がり方と再発・転移を解説 最初に胃がんができる場所は胃のいちばん内側の粘膜で、大きくなると徐々に胃壁の深いところに進んでいきます。 やがて胃壁をつきやぶり、胃の表面にがんができたり、他の臓器にがん細胞が散らばることもあります。 これが、胃がんが進行する基本的な流れです。 そして血管やリンパ管に入り込んだがん細胞が、ほかの臓器に到達してがんになることを「転移」といいます。 胃がんの転移には、次のような3大転移があります。 表1 胃がんの3大転移 ・リンパ行性転移 がんがリンパ管を通ってリンパ節に転移する。 胃がんの転移でもっとも多いタイプ。 ・血行性転移 がんが血管を流れ、肝臓や肺など他の臓器に転移する。 ・腹膜播種性転移 がんが進行して胃壁をつきやぶった際、お腹のなかにがん細胞が散らばり、ほかの臓器に転移する。 また、手術などで治ったように見えたがんが、再び顔を出した状態を「再発」といいます。 手術時には小さくて肉眼や検査で見つからなかったがんが、時間をかけて大きくなる場合も一定の頻度でおこります。 胃がんの再発は、部位によっていくつかの種類にわけられます。 表2 再発胃がんの種類 ・腹膜再発(がん性腹膜炎) 胃がんのなかで最も多い再発。 進行したがんが胃の表面まで到達する際、お腹のなかにがん細胞が散らばり、ほかの臓器に根付いて大きくなった状態。 ・肝再発 胃壁にあったがん細胞が血液にのって肝臓に流れ、そのまま根付いて大きくなった状態。 ・リンパ節再発 胃壁のリンパ管から流れ込んだがん細胞がリンパ腺に到着し、大きくなった状態。 ・残胃再発 胃の切除手術で残した部分に再びがんができた状態。 ・遠隔臓器再発 がん細胞が血液やリンパ液にのって肺や骨、脳など遠くの臓器に到達し、大きくなった状態。

次の

[医師監修・作成]ステージIVは末期がんなのか?胃がんが転移した場合の症状、診断、治療

胃がん 転移

ピロリ菌とは、胃に生息する細菌のこと。 胃壁を傷つけることから、胃潰瘍や胃がんなどの原因になるとされている。 40歳以上の感染率は70%。 Wikipedia Y先生は経験豊富な医師なので、わたしの胃を見た瞬間にがんを疑ったことでしょう。 ところが、ピロリ菌がいなかったことで胃がんの可能性が低くなったわけです。 この段階では、先生は立場上なんとも言えません。 それでも、そんなに心配したり落ち込まなくていいですよ。 そう暗黙のうちに伝えてくれたのでした。 貧血の回復を待って退院 胃からの出血で、入院当初は貧血でフラフラ。 普通に立つことすらコントロールできず、トイレ(小)も個室で座りションをするほど。 そのため、貧血の原因であるヘモグロビンの数値が回復するのを待って退院することになりました。 平八郎様 初めまして。 「胃がん ステージ4」と検索をかけたらこちらのブログに辿り着きました。 私の父もつい先日個人病院で胃がんと診断され、先週総合病院に入院しました。 総合病院では診断書に胃潰瘍と書かれており、「個人病院と言っている事が違うけど、どっちが本当なんだろう?」「胃潰瘍ならまだ助かる見込みがあるのでは…」と少しながら期待を抱いておりました。 ですが、今日母が病院に行ったところ「進行性の胃がんでステージ4だよ。 」と言われ、少なからずの希望が薄れてしまいました。。。 水曜に胃のバイパス手術を行い、食事ができるようにし抗がん剤の治療を行う、との事らしいです。 その治療が父に合うかどうかも分かりません。 ゆかさま はじめまして、こんにちは。 コメントありがとうございます。 当ブログを運営・管理している平八郎と申します。 お父さまのこと、ご心配だと思います。 手術が無事に成功し、一日もはやいご快復をお祈り申し上げます。 私ががんと診断されたときは、すでに肝臓へ転移していました。 手術は不可能な状態で、抗がん剤で治療することを選択しました。 抗がん剤はすべてのステージで使われる薬です。 進行状況により抗がん剤だけの治療、ある程度小さくしてから摘出手術を視野に入れた治療など、いろんな方法が考えられます。 今後の治療方針など、お母さま、主治医にご確認くださいませ。 これからお父さまのサポート、頑張ってください。 微力ながら応援いたします。 今後ともよろしくお願いいたします。 平八郎.

次の

胃がんの転移と診断

胃がん 転移

ガンの終末期は共通した症状が多いですが、ガンの発生場所によって症状が異なるものもあります。 胃ガンであっても、脳転移や脊椎転移による半身不随などの症状がなければ、普通の生活が送れることがほとんどです。 胃がんは食べ物が通らなくなるという症状があり、まだ食欲があるのに食べれないことがあります。 胃がんの末期症状の特徴について解説させて頂きますね。 胃がんの末期症状の特徴• 悪液質の進行が早い• 食べ物が通らなくなること• 痛み 胃がんのタイプにもよるが、比較的悪液質の進行がはやい 胃ガンは比較的進行が早い場合が多く、悪液質も進行しやすいです。 食べ物の通過障害もあり,たくさん食べることが出来なくなることも相まって、体重減少が進みやすいガンです。 胃ガンは進行が速く、急激に悪液質を引き起こすため多くの胃ガンの末期患者は痩せています。 数ヶ月で体重が10㎏以上も落ちることもまれではありません。 最期の一ヶ月になっても体重の減少は止まらず、筋肉と脂肪がみるみる減っていきます。 顔や上半身は痩せてきますが、下半身は浮腫によりむくんでいることが多いです。 腹水もたまりやすいので、下半身は重く、上半身は痩せているようなアンバランスな体型になります。 胃ガンの場合も食べれなくなってから3週間から一ヶ月以内に臨終を迎えることが多いようです。 ただし、胃が詰まったことが原因で食べれなくなった場合は、もう少し余命が長いです。 濃い栄養の点滴など栄養管理をしっかりすれば何か月も生きることができます。 消化管の通過障害 末期になるとガンで胃が固くなることや、大きくなることによる通過障害の症状が目立ってきます。 胃ガンが進行すると、胃が伸び縮みすることのできない筒になります。 とくにスキルス胃がんはカチカチの管となるためたくさん食べることが出来なくなります。 胃の動きは悪くなり、食べ物が入っても消化する働きは弱くなるでしょう。 最後の一ヶ月になると悪液質により食欲がなくなるし、胃が膨らまないことによる食事量の低下も見られます。 量の食べ物でもすぐに満腹になり、胃袋に食べ物 が停滞するような感じが続き、おなかがなかなか空きません。 胃がんは 吐き気も生じやすいことが多いです。 おそらく胃の中のものが腸に移動しないからだと思います。 特に消化の悪いものを食べるとすぐにつかえた感 じになってきます。 ゆえに胃ガンの患者は、おかゆなどの消化によいものを好んで食べるようになりますし、柔らかいものしかおなかの収まりがよくありません。 まだ余命が吸うヶ月以上あるのに食べることが出来ないのであれば、栄養を中心静脈から点滴で補充することが出来ます。 場合によってですが、 ガンにより胃が完全に詰まってしまうこともあります。 詰まってしまえば、飲むことも食べることもできなくなります。 完全に胃が詰まってしまうと唾液すらも飲み込むことができなるため唾液を口から出さなくてはなりません。 24時間、唾を出し続けるようになります。 自分のつばが原因で吐き気を催すこともあります。 ガンによって胃が詰まってしまうのは辛い症状の一つです。 胃がんの終末期には腹膜転移による小腸や大腸の腸閉塞も生じることがあります。 いわゆるイレウスです。 まだ余力があれば、手術で人工肛門を作ることがあります。 腹水 胃がんは横隔膜より下で発生するガンですので、終末期には腹水が現れます。 栄養状態が悪く腹水がたまりやすいこともあり、コントロールは難しいです。 通過障害もあり、腹水パンパンだと、食べることは難しくなります。 貧血 胃ガンでは時に致命的な出血を生じることがありますが、頻度としてはそれほど高くないようです。 胃がんは鉄分の吸収が悪くなり、ガンから出血しやすく、栄養状態も不良であり貧血気味になります。 多くのガン患者は貧血気味になりますが、胃ガンの患者はとくに貧血であることが多いようです。 貧血だと疲れやすく、ガン悪液質も加わり、強いだるさが襲ってきます。 胃ガンの痛み 胃ガンは腹と背中に痛みを生じることが多いようです。 他のガンと同様に最終段階になるまで疼痛コントロールは難しくありませんので、モルヒネやオキシコドンの飲み薬で普段通りの生活を送ることが可能です。 先も述べましたとおり、最期の一ヶ月にはいると薬を飲むことが出来なくなり、飲み薬での疼痛コントロールが難しくなります。 病院では 医療用麻薬の持続皮下注射を行うことができるので、それほど疼痛コントロールに難渋することは少ないようです。 しかし、 自宅で最期を迎えたいという方は、モルヒネなどの麻薬性鎮痛薬の持続皮下注射が行える在宅医師を探し ておかないといけません。 フェンタニルパッチのような張るタイプの医療用麻薬もありますが、胃がんの場合はオキシコドンやモルヒネの方が痛みをコントロールしやすいようです。 ここまで読んでいいただきありがとうございます。 胃がんの終末期に関してもっと知りたい方は、関連記事欄を参考にしてください。

次の