長瀬 智也 脱退。 TOKIO解散へ、長瀬のジャニーズ退所で…昨年時点でメンバー間バラバラ、修復不能

【長瀬智也】ジャニーズ脱退する理由はなぜ?TOKIO解散の可能性も

長瀬 智也 脱退

長瀬智也のジャニーズ脱退(退所)の理由はなぜ? どうやら長瀬さんが退所する理由はこちらのようです。 「長瀬の退所説については、 1年くらい前から一部メディアでも報じられてきましたが、長瀬は昨年中盤以降、周囲に退所の意向を漏らしていました。 きっかけは、やはり18年に元TOKIOメンバーの山口達也が不祥事でグループを脱退し、事務所を退所したことです。 これによってTOKIOの音楽活動がストップしてしまった状況に、メンバーのなかでも人一倍、 音楽活動に思い入れの強かった長瀬は不満を募らせていました。 そして、その 長瀬の不満を一向に解消しようとしない他のメンバー、そして事務所の姿勢に嫌気がさしていたようです。 html ボーカルギターや作詞作曲を担当する長瀬さんは、音楽への思い入れが強いですよね。 現在、TOKIOは活動を休止しているので、音楽活動をしたい長瀬さんにとっては不満でしかたないと思います。 しかし、山口の事件以降は事実上音楽活動が不可能となり、もっと俳優や音楽の仕事に力を入れたい長瀬と松岡昌宏、MCの仕事が多い国分太一、そして微妙なスタンスになってしまったリーダーの城島茂と、徐々にバラバラになっていきました。 html TOKIOと聞けば仲が良いグループで有名ですね。 それも音楽活動で時間を共有しているのも1つの要因だと思います。 それぞれが違う方向で活動している現在、以前のような仲良しさ感は消えつつあるのかもしれません。 それが長瀬さんのジャニーズ退社に拍車をかけているのかもしれませんね。 今回の長瀬さんジャニーズ退社騒動を受けて、ネットの反応はどのようなものなのかみていきましょう!.

次の

長瀬智也がTOKIO脱退&ジャニーズ退所の理由は?簡単に説明します。

長瀬 智也 脱退

音楽一本で行きたい?(画像はDVD『MTV UNPLUGGED 』より) の看板番組である系『ザ!鉄腕!DASH!!』を、事務所の後輩グループ・が受け継ぐのではないかと『日刊大衆』が報じています。 この報道を受けてファンの間では「ほんとだったら嬉しい」「TOKIOじゃなかったら成り立たない番組」と様々な声が寄せられていました。 TOKIOの長瀬智也さんが事務所を退所する意向であり、すでに事務所側にも伝えていると、2月に『週刊文春』が報じました。 元メンバー・さんの不祥事以降、音楽活動を休止しているTOKIO。 長瀬さんはメンバーの中でも音楽活動に対する想いが強く、それができないことに不満を募らせていたと記事は伝えています。 そんな長瀬さんの退所で、看板番組である日本テレビ『ザ!鉄腕!DASH!!』はどうなるのか気になるところ。 そんな中で『日刊大衆』が、番組の存続のため後輩グループ・SixTONESが受け継ぐのではないかと報じています。 番組は山口さんの離脱以降、ジャニーズタレントのゲストが増え、「後継者探し」と見られる演出も増えているとのこと。 中でも、今年1月にデビューしたSixTONESのさんは番組にゲスト出演した際、TOKIOのリーダー・さんから「ヌタウナギの内臓を抜く方法」を教わり、その技術の後継者として任命されています。 また、森本さんは素潜りで水深5メートルのサザエを取ったりと、身体能力の高さでも期待されていることから、番組をSixTONESが受け継ぐのではないかといったが浮上したようです。

次の

長瀬智也がTOKIOを脱退する仕掛け人とはいったい誰?

長瀬 智也 脱退

昨年4月下旬、山口が引き起こした未成年者への強制わいせつ事件が明るみになり、5月6日にはTOKIOの脱退とジャニーズ事務所退所が決定。 以降、グループは4人体制でテレビに出演中だが、1年たった今でも音楽活動は再開しておらず、CDも2017年8月リリースのシングル「クモ」が最後となっている。 今年9月にデビュー25周年を迎えるものの、6月末時点で新曲やコンサートに関するアナウンスはなく、ファンは朗報を今か今かと待ち望んでいる状況だ。 そんな中、5月23日発売の「週刊文春」(文藝春秋)がTOKIOにまつわる不穏な話を報じた。 「同誌によると、長瀬は山口の一件から音楽活動ができていないことに不満を抱き、事務所に『もうTOKIOをやってられない』と直訴したとか。 39(ネコ・パブリッシング)内のコラムで、現在のグループに対する思いを語っている。 今回は、10年にわたる連載の最終回だけに、「スケートと音楽には共通性があると感じていた」として、幼少期からのスケート体験や音楽について持論を展開。 その上で長瀬は、「今年でアイドルバンドTOKIOは25年。 この長い時間で誇れるのは自分たちで育ててきた楽曲だ。 それは僕たちとファンにとっての宝物でもある。 そんな宝物を生みだし、大事に守れただけでも幸せだと思いたい。 もちろんこんな良い時がずっと続けばいいと思うが、人生そうはいかない。 だが受け入れることもバンドのストーリーだと思う」と、山口の騒動を連想させながらも、前向きな言葉を発信していた。 ほかにも、『いつもTOKIOの曲を聴いている』と述べており、TOKIO愛が感じられる内容でした。 msn. バンド志向が強い長瀬智也は音楽活動ができない状況に不満を抱えており、事務所独立を考えているとか。 しかも、国分太一はレギュラーだった『ビビット』(TBS系)が9月いっぱいで終了。 メンバーが出演し、視聴率20%台を連発していた『ザ!鉄腕!DASH!! 』(日本テレビ系)も、最近は10%台前半をウロウロするなど、グループを取り巻く環境は、決して楽観視できるものではない。 「TOKIOのメンバーたちは、山口を復帰させて5人で再出発したいという思いは強い。 それ以上に彼を戻したいと思っているのは、次期ジャニーズ事務所社長になるジュリー藤島氏でしょう。 紅白歌合戦に24年連続で出場するなど、最も愛着のあるグループのひとつ。 何としても解散を阻止したいですし、人気回復のためにも、山口の復帰が必要だと思っているのかもしれません。 ジャニーズのファン層である10代の女性を傷つけた責任は重い。 世間の反応を見るために、今後もちょくちょく彼の姿が報じられるかもしれませんね」(前出・芸能プロ関係者) インタビューで「もう一度、人前に出たい」と話していた山口。 kodansha.

次の