公務員 冬のボーナス コロナ。 コロナ不況で冬のボーナス激減、今の大学3年生から就職氷河期入りも

ボーナス(賞与)の支給日はいつ?公務員と一般企業それぞれの時期【夏・冬】

公務員 冬のボーナス コロナ

2020年4月7日 2020年5月9日 この記事を書いている2020年4月7日現在、世界はコロナウイルスによる感染拡大の真っ只中です。 1年前には誰も想像しなかったまるで映画の中のようなことが現実に起こっています。 既に感染者は世界中で130万人を超えており、死者も7万人を超えました。 これ今のコロナの感染者数とその状況、死亡者数をマップにまとめたやつみたいなんだけど、まるでゲームの世界を見てるようだよなぁ これ、今リアルで起こってるの個々がしっかり把握して、できる限りの努力 手洗い、うがいをする。 不要な外出等はしない をしていかないとね。。。 — Mr. Cat.. 💋 FFMLPLY 日本でも同日、改正特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。 コロナショックでも公務員は休めない。 私にはシングルマザーで役所で働く姉がいます。 緊急事態宣言が発令されるほど危機的な状況ですが、行政のサービスは止めることができません。 そのため、望まない出勤をしなくてはなりません。 子供に感染するリスクを避けるためにも毎日多くの人がくる役所にはできるだけいたくないのです。 でも、「コロナウイルスで危険なのでしばらく休みます」と有給休暇を長期間取得することは現実問題できません。 そもそも有給が足りないかもしれませんしね・・・。 同じような悩みを持ちながら出勤している公務員の人はたくさんいます。 地方公務員です。 在宅ワークはできません。 人手不足で、出勤停止措置でも出ない限り休みたいとは言えません。。 — まいり mairichan1 わたしも地方公務員なんだけど 毎日窓口でコロナ感染に怯えながら接客してる。 窓口にくる方は不要不急の手続きばかり…今それやらなくてもいいでしょう… 私にも子供がいる。 家族をまもりたい。 でも税金で生活しているのだから率先してやらなきゃいけないんだろうな。 ならばもう辞めたい — 千花 2xOVDduuCYSPB6T とうとう私の勤務する市立病院もマスクが入ってこなくなり、3日くらい同じものをつけるかキッチンペーパーか手作りでお願いしますと。 肺炎を診断するCT、レントゲン担当の技師はどう防げばいいん? 仕事辞めたいと初めて思う。 でも仮にも公務員やし看護師さんの事考えたらそんなことできん。 — らてねこ lattecattt 確かに公務員は安泰。 給料は保障されている。 コロナショックの影響でサービス業は軒並み売上を落としています。 飲み会をする人、旅行をする人、お買い物をする人、宿泊する人などなどお金を消費してくれる人が街から消えました。 倒産する会社も出てきています 今日だけで2件、私が利用する商業施設の廃業のお知らせがきた。 リーマンの時でも、ここまで不況が身近に迫った感じがした事はない。 体力ない経営が、コロナで息の根を止められた感じ。 — Leah greatwood3 コロナはいつ収束するか目処がたちません。 目処が経たないということはいつまで売上が回復しないかが読めないということです。 それでも経営者は社員に給与を支払わないといけません。 でも売上がなければ給料にあてるお金の工面ができません。 数ヶ月はプールしておいた資金でしのげても長期戦になると・・・。 そのような状況に比べると公務員は優遇されています。 どれだけコロナが長引いても 給料が支払えないから公務員を辞めてください。 という状況にはなりません。 でも公務員は自分の意志で仕事を休むことはこのような状況ではできません。 こんな声も 公務員の給料減らせとか、ボーナス返上しろとかいうの見ると、悲しくなる。 最前線で踏ん張ってる保健所とか病院とか、自治体職員がいる。 そもそも、国民の生活が保障されていないことが問題であって、公務員バッシングは全く違う。 厚労省のコロナ本部も恐ろしいことになっています やっぱり厚労省の現場は か。 「24時間体制で替えが居ない」組織は長期戦に向かない。 過ちを改めて市ヶ谷を参考にした組織作りにしないと、厚労省 自体がクラスターになるリスクだけでなく、現場の人員が過労で倒れるし、正常な判断も不可能になる — cinefuk 🌀 cinefuk 私の周りにもこのブログの読者さんにもたくさんの公務員として働く人たちがいるので、その人たちのことを思うとほんとに頭が下がります。 行政のサービスなくして国や地方は成り立たないのです。 公務員だってリスクと向かいあわせ 今回のコロナショックでわかったと思うのですが、安泰と言われている公務員ですらリスク(不確実性)と向かいあわせなんです。 不謹慎ですが、公務員として真面目に働いた結果、予期せぬコロナウイルスの感染で命を落とすことさえ無いとはいえない状況です。 公務員は給料もボーナスも無くならない。 身分を保障されてるから安泰でいいね!ってしばしば言われますが、リスクはあるんですよね。 また、コロナとは関係なく、体や心の問題で働けなるリスク、介護や子育てなど家庭の都合で働けなるリスクもあります。 こう考えるとみんなが思うそこそこの人生、平凡だけど安定した生活って実は簡単に手に入れられるものじゃないって思いませんか? 私は11年で公務員生活を終えました。 公務員という働き方を続けたいと思わなかったのでリスクをとって23歳から資産運用をしてきました。 私にとって 何もしないことがリスクであったわけです。 現状を変えるには少しの勇気が必要 多くの人は現状に不満を抱きつつも変えるための行動を起こそうとはしません。 誰しも自分が経験したことがないことに挑戦するには不確実性を恐れるからです。 でも別の見方をすると何もしないことの方がリスクが存在するかもしれません。 社会に出て生活をするようになるどこかで道を選択するときが大なり小なりでてきます。 そんなときに現状を変えてまで手に入れたいものがあるとするならば少しの勇気をもって行動をしなければならない時がくるでしょう。 そこで必ずといっていいほど出てくるのがお金の問題です。 収入が減って生活できるのかと・・・。 そんな時に自分に勇気を与えてくれるのが 資産だと思います。 給与収入以外に少しでもあてにできる収入のポケットがあれば判断も変わってくるはずです。 これは私自身が23歳から真剣に資産運用を始めて公務員を辞めるまでに体験したことなので自信をもって言えます。 持つべきものは資産です。 関連記事です。 資産は残念ながら数週間では手にできません。 でも幸運なことに時間をかけて期待値を下げることでリスクを抑えて築くことが可能です。 真面目に働くことは大事なことです。 でも言われた仕事をこなしているだけでは思い描いた未来にならない時代がもうすぐそこまで来ています。 私が公務員を辞めた2年後に妻のひろこも銀行を辞めました。 長く続ける上で何のために働くか?って大事ですよね。

次の

コロナショックでも公務員は休めない。リスクを取らない人生は本当に安泰か?

公務員 冬のボーナス コロナ

コロナ禍の影響で世界的大恐慌となっている。 気になるのは今年のボーナスがどうなるかだろう。 人事ジャーナリストの溝上憲文さんはこうみる。 「産業全体が苦境だが、特に切迫しているのは旅行、宿泊、飲食、航空、鉄道、小売りなどの業界。 ただ、今夏のボーナスは春闘で妥結していますから、大手はほぼ影響ありません。 それでも、中小企業は下がるところもあるはずです」 ボーナスが下がるどころか、会社によっては「ボーナスか雇用か」という選択を迫られるところもある。 冬のボーナスはさらに悪化する見込みだという。 「冬以降の賞与は悲惨な状況が予想されます。 前述した業界は影響を食らいます。 日本の基幹産業の1つである自動車も、工場の操業が停止している。 世界の購買意欲が冷え込んでいるいま、厳しいと言わざるを得ません」(溝上さん・以下同) 住宅ローンのボーナス増額払いなどを設定している人は注意が必要だ。 それでも、仕事があればまだいい方なのかもしれない。 「今後、完全失業率の上昇が予想される。 これまで最悪だった、リーマン・ショック後の2009年7月の5. 5%を超えることは確実な情勢です。 不況になれば自殺者が増加したり、治安の悪化も懸念されます」 逆に、今後も明るい業界とはどういった分野だろうか。 「いわゆるネット通販を手がける会社はこの状況下でも伸びるでしょう。 食品デリバリー業なども同様です。 そしてテレワークへの移行で通信インフラ企業やシステム系、コンピューター関連はよさそうです。 医薬品製造やドラッグストアなどの医療関係も今後、期待できる業界です」 この不況下、就職戦線はどうなるのか。 「これまでの売り手市場から買い手市場に一気に転換、いまの大学3年生から氷河期入りも。 すると人気を集めるのが公務員でしょう。 民間では通信インフラ系や医療・介護業界、葬儀業界などが手堅い人気となるのではないか」 まだ就活に時間がある学生や再雇用を目指すシニアなどにはどんな対策が有効なのだろうか。 「SEを目指すなら情報技術者などのシステム系の資格があると差がつけられる。 弁理士、会計士など難関資格のほか、語学力を証明できるTOEICなども有望でしょう。 net 今のコロナショック相場でうまく資産を増やすしかない。 net 今年のボーナスは昨年実績なので大丈夫です。 net 大卒38歳 冬の賞与は38万 2020年は多分年収500万届くか届かないか 悔しいよ… 毎日毎日詰められて、感情殺して働いて、この程度だよ。。。 まあ俺は独り者だから関係ないけど、それでも笑う気にはなれないな。 net コロナが来る前から安倍大不況で企業は青息吐息だったろ。 net 氷河期=15年根こそぎまとめて氷河だから平気 今の大学=この4年だけ突出した大氷河期。 今の方が辛いだろ。 太平洋戦争の学徒出陣で戦死した 大学生よりかはマシだったと思うしかないw.

次の

ボーナス(賞与)の支給日はいつ?公務員と一般企業それぞれの時期【夏・冬】

公務員 冬のボーナス コロナ

もくじ• 結論:公務員は今年の夏のボーナスをもらえます 早速結論ですが、 公務員は今年の夏のボーナスをもらえます。 なぜなら、 この夏の公務員のボーナス額は人事院の勧告を元にすでに決まっているためです。 この人事院勧告は毎年、人事院という国の機関が民間(従業員数50人以上)の給与水準を元に国家公務員の給与案を決めるというもの。 人事院勧告は例年夏に行われ、その案を元に給与だけでなく、その年の冬のボーナスと翌年の夏のボーナスの額(正確には給料の何か月分にするか)が決まります。 勧告が出た年の夏のボーナスが変わらない理由は、人事院勧告が出るのは例年8月ですが、公務員の夏のボーナス支給日は6月30日(祝休日なら直近の平日)で、夏のボーナスの支給後だからです。 そのため、今年のように2月以降コロナウイルスの影響で多くの民間企業がダメージを受けたとしても、それが公務員の給与やボーナスに反映されるのは、8月に人事院勧告が出てから。 なので、今年の夏は予定通り去年決まった額がもらえます。 公務員の夏のボーナス支給額 それでは公務員の夏のボーナス支給額を予測します。 2019年の人事院勧告で 国家公務員のボーナスは年間4. 5ヶ月分とされました。 地方公務員も基本的にボーナスについては国家公務員と同じ月分を支給するため、 地方公務員のボーナスも4. 5ヶ月分です。 ただし、年間で4. 5か月分で、ボーナスは夏と冬の年2回の支給があるため、この夏にもらえるのは 国家公務員も地方公務員も半分の2. 25か月分。 それを元に公務員の夏のボーナスを予測すると次の通りになります。 地方公務員 一般職(平均年齢42. 3歳): 759,395円 県庁職員 一般職(平均年齢43. 1歳): 780,237円 市役所職員 一般職(平均年齢41. 9歳): 727,691円 特別区(東京23区)職員 一般職(平均年齢41. 6歳): 838,370円 政令市職員 一般職(平均年齢41. 8歳): 766,869円 まとめ いかがでしたか? コロナ禍でも公務員は夏のボーナスをもらうことができます。 また、紹介したのは平均額なので国家公務員や特別区、政令市なら50代以降の平均額は 100万円を超えます。 緊急事態宣言は解除されましたが、東京都などでは感染者が増えつつあり、いつ第二波の感染拡大が起こるか分かりません。 第一波で生き残った企業も第二波では大打撃を受ける可能性も.... そんな中でも公務員は安泰ですし、たしかに給料は高くないですが、今後いつ第〇波や他の感染症が流行するかわからない中でクビになることを心配しないでいい数少ない仕事です。 もしも公務員に興味を持った方がいれば、今年の秋の試験(いわゆるC日程)や特殊な日程の試験はまだ間に合います。 勉強法や公務員試験の合否を決める面接対策を政令市面接官経験者の視点から、このブログでは紹介しているのでぜひご覧ください。 それでは最後までご覧くださりありがとうございました。 公務員を本気で目指す方にはコチラの記事がオススメです。

次の