自 閉 症 スペクトラム 特徴。 自閉症スペクトラムとは。自閉症の3つの特徴・原因・治療・カウンセリング。 | 福島郡山カウンセリングここらぼ

No.1 職域で問題となる大人の自閉症スペクトラム障害:専門家向けお役立ちトピックス~メンタルヘルス不調関連~|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

自 閉 症 スペクトラム 特徴

うちの子ってアスペルガー症候群? あなたはこのような悩みを持ってませんか? 前に幼児期の自閉症について書きましたが、 今回は小学生をメインに書きますね〜 ちなみに前に書いた記事はです。 集団生活のスタート あなたの住んでる場所が都会だったら、近所に小さい子供が多いので、我が子と見比べて 自閉症かどうか思い当たるフシを探せます。 しかし田舎で近所に同年代の小さい子がいない場合、 診断が難しいです。 ただどの地域でも幼稚園、小学校はあるので、 遅かれ早かれ集団生活が始まります。 同世代の子との交友関係、集団生活を通して見ることで、 自閉症なのか、 アスペルガー症候群なのか、 セルフ診断をすることが出来ます。 孤立しがちで一人が好き• 積極的にコミュニケーションをしない• ボディーランゲージが苦手• 一つのことに強いこだわりを持つ• 会話がかみ合わない• 何度も同じ質問をする• 冗談が通じない、皮肉が分からない• 話が伝わってなくても気にしない• みんな笑ってるのに一人笑わない• 同じ行動を何度も繰り返す これらの 項目に当てはまるモノが多い場合、自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群を含む)に該当する可能性がグーンと上がります。 私自身、 人見知りの傾向があって、孤立しがちで一人が好き(友達はすくなかった)、積極的にコミュニケーションはせずボディーランゲージもほぼ使いませんでした。 ただ会話がかみ合わない、同じ質問を何度もする、冗談が通じない、 みんな笑ってるのに無表情みたいな項目には小学生時代でも当てはまらないです。 人見知り、 アスペルガー症候群は、どちらもコミュニケーションが苦手で内向的なので、似てますが本質的には違うと覚えておきましょう〜 察する力がない、空気が読めない 自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群の人は察する力がない、つまり空気が読めません。 言われなくても分かるだろう… こう言うことって日常生活でもありますよね。 他人の気持ちになって考えたり、思いやる気持ちがない傾向があり、 周囲の人からするとワザとやってると思うくらい、空気を読めない行動を取るので、先生に怒られたり クラスメートに変な目で見られたりするので生きにくいと感じる子が多いです。 子供が自閉症スペクトラムと気付かない親も多く、そのまま大人になったため 仕事で苦労したり、協調性がない、変わってると思われてクビになったりする人もいるそうです。 強いこだわりがある うちの子もそうなのですが幼児の内は、何度も、何度も同じビデオを見たり、 一つの物に執着することがあります。 例えば仮面ライダーが好きで録画したテレビを何度も飽きずに見たり、またお気に入りのおもちゃを常に手に持って、無理やり離させると泣いたりします。 ただ幼児の場合は 自閉症じゃなくても、こう言った傾向があるんですよね〜 小学生の低学年ならまだしも、 高学年になってもやたら強いこだわりがある場合は、アスペルガー症候群の可能性が高くなります。 でもサッカー、野球など特定のスポーツが好きだったり、オタクのように一つのことに徹底的にこだわる人もいるので、 性格的な面もあり判断は難しくなります。 なので思い当たるフシがあるなら、病院へ診察にいってみてください。 ちなみに受診は精神科・心療内科となりますので。 人見知り・口下手克服教材ランキングBEST3 人に好かれる会話術【男女兼用】 私が人見知りを克服した教材! 多くの書籍、マニュアルを読みテクニックを学びましたが、人見知りが改善されることはありませんでした。 よく 「話し上手は聞き上手」と言いますが、相手が積極的に話す人じゃないと通用しません。 なぜなら向こうが話してくれないとうなずいたり、オウム返し、リアクションを取るテクニックは使えませんので。 その「話し上手は聞き上手」という常識をくつがえすのが、人に好かれる会話術【男女兼用】です。 このマニュアルでは 相手が積極的に話すタイプじゃなくても会話を弾ませる、魔法の話術を学ぶことができます。 私はこのマニュアルのおかげで人生が変わりました。 「暗い」、「一緒にいてもつまらない」、「喋らないのでなにを考えてるのか分からない」など悪く言われることが多く、会社でも恋愛でも損をすることが多かったです。 そんな損ばかりの人生、人見知りで口下手な人間として損をする人生から脱出して、一発逆転することが出来たのです! 関連ページ 自閉症スペクトラム障害の症状と特徴をわかりやすく解説。 人見知りと似てるって本当?アスペルガー症候群のチェック診断テストもあるので、人間関係で悩んでる原因がコミュニケーション能力不足なのか、別の理由があったのか分かります。 他人が興味がない人の特徴と原因をわかりやすく解説。 他人に興味がないと人間関係につまずくため改善方法も紹介してます。 アスペルガー症候群や発達障害の症状でもあるので、チェック診断テストも用意しました。 アスペルガー症候群の人の特徴にあった仕事探しをして、続かない、クビにならない適職を探しましょう。 アスペルガー症候群の人は仕事ができない、続かないと言われますが成功例もあります。 自閉症スペクトラムの幼児期の特徴を解説、2歳頃から症状が出る? 自閉症スペクトラムがいじめられやすい、不登校、引きこもりになるのはある特徴が原因?.

次の

大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特性の理解が大切!

自 閉 症 スペクトラム 特徴

発達障害は• 自閉症スペクトラム• 多動性注意欠陥障害• 学習障害 と大きく分けると3つに分ける事が出来ます。 そしてこの自閉症スペクトラムの中には アスペルガー症候群と自閉症が含まれ、この二つを合わせて自閉症スペクトラムと呼ばれるようになりました。 知能障害を伴わない場合が多く 男女比は4:1とも言われ、男性の方に多い障害です。 アスペルガーや自閉症の特徴• コミュニケーション能力• こだわりの強さ• 順応性や柔軟性• 他人への興味• 社会性• 想像力 様々な部分に問題を抱えているのですが、特に 人間関係に問題を生じやすい特徴を持っているアスペルガー(ASD)や自閉症の人は、幼稚園や小学校など子供の頃から人間関係で悩みを抱えている事が少なくありません。 アスペルガー ASD)とが発表され注目され始めた頃 1944年にオーストラリアの小児科医「ハンス・アスペルガー」が論文を発表したのですが注目されず、注目され始めたのは1981年頃から。 児童精神科医のローナ・ウィングがハンス・アスペルガーに着目した事がきっかけだったと言われています。 そして昨今ではネットやテレビで発達障害が話題になる事も増えたため、気付く人が増えてきたのでしょう。 注目され始めた1981年、私は小学生だったのですが障害だと知ったのはそれから30年以上も経ってから。 それまでは そのような障害があるとも知らずに過ごしてきたのです。 子供の発達障害を診断出来る医師は多いのですが大人を診断出来る医師は日本ではまだ非常に少なく、また障害に対する研究もこれからです。 診断されたからと言って治す方法がないのですが、非常にストレスを抱えやすいため 二次障害と呼ばれるうつ病や統合失調症などの精神疾患を患っている場合もあります。 精神疾患があれば投薬などで改善させる・・・といった方法が現代医学で行われていますが、障害に関しては今研究が進んで行っている途中なのでしょう。 遺伝の可能性もある自閉症スペクトラム 発達障害にはASDや多動性注意欠陥障害(ADHD、ADD)、そして学習障害 LD と呼ばれる3種類に分ける事が出来るのですが、見た目が定型発達と呼ばれる 健常者と変わらないため理解されない事がほとんど。 しかししばらく会話をしていると 「 この人はおかしいんじゃないか?」 と思われる事があるのです。 そして苦手な事や特徴と言われる事に対しても 甘えている 努力すれば出来るはず 普通の人であれば当たり前のように出来る事が出来ない障害なのですが、それを分かってもらえず苦しんでいる人が沢山いるのです。 大人になってから自閉症スペクトラムだと診断された女性が増えてきているのですが、どのような障害かを少しでも知り理解していただければとブログを綴りたいと思います。

次の

大人のASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など) : 発達障害とは

自 閉 症 スペクトラム 特徴

「自閉スペクトラム症 Autism Spectrum Disorder: ASD 」は、 対人関係が苦手・強いこだわりといった特徴をもつ発達障害の一つです。 近年では、早ければ1歳半の乳幼児健康診査でその可能性を指摘されることがあります。 自閉スペクトラム症には、対人関係やこだわりの特性がきわめて強い状態だけでなく、これらの特性が少しでもあることによって生活に支障を来し、福祉的・医療的サポートが必要な状態まで幅広く含まれます。 最近の調査では子どもの およそ20~50人に1人が自閉スペクトラム症と診断されるともいわれています。 男性に多くみられ、女性の約2~4倍という報告があります。 どうして自閉スペクトラム症になるのか、その原因は不明ですが、 生まれつきの脳機能の異常によるものと考えられています。 「育て方が悪かったの…?」「しつけの問題…?」と悩む方がいますが、そうではありません。 これまでの多くの研究から親の育て方やしつけ方などが原因ではないことがわかっています。 自閉スペクトラム症が疑われるお子さんには、次のような特徴がみられます。 以前は、自閉症の特性をもつ障害は、典型的な自閉症に加え、特性の目立ち方や言葉の遅れの有無などによって「アスペルガー症候群」「特定不能の広汎性発達障害」などに分けられていました。 典型的な「自閉症」は、言葉の発達が遅れ、相互的なコミュニケーションをとるのが難しく、「アスペルガー症候群」では言葉の遅れがなく、比較的コミュニケーションが取りやすいという特徴があります。 一方で、これらの障害では対人関係の難しさやこだわりの強さなど、共通した特性が認められます。 そのため、別々の障害として考えるのではなく、虹のようにさまざまな色が含まれる一つの集合体として捉えようとするのが「自閉スペクトラム症(自閉症スペクトラム障害)」という考え方です。 治療の基本的な考え方は共通ですが、一人ひとりの特性を理解したサポートの重要性が着目されるようになってきています。

次の