競馬 買い方。 競馬で当てるコツ・方法と馬券の買い方とは?|競馬予想・競馬情報ならJRA

馬券の買い方の種類を詳しくご紹介! 何通りあるの?

競馬 買い方

Contents• 1:買い目の点数を絞る 競馬で最も難しいのは軸馬選びです。 回収率120%を超えるには適切な軸馬選びがキーポイントとなります。 軸馬で無理な穴狙いは運良くハマれば高額配当が見込めますが長期的に見ていくとリスクが高すぎますのでおすすめできません。 出走する馬を大きく分けると「人気馬」・「中穴馬」・「下位人気馬」・「排除馬」に分類できます。 ここでいう無理な穴馬とは「排除馬」のことです。 排除馬を上手く見極めることで無駄な買い目を作らず済み回収率の向上に繋がります。 1-1:狙いは中穴馬 結論、 1番儲かる馬は「中穴馬」です。 人気馬単体を買っているだけではなかなか回収率100%を超えることはできません。 逆に排除馬のように期待値が限りなく低い馬は万が一はまれば高額的中となりますが収支が不安定で不的中馬券も多くなります。 「中穴馬」はそこそこ的中して配当も良く、中には過小評価されている美味しい馬もいます。 中穴馬を狙うということは「世間一般で評価以上のポテンシャルを持った可能性のある馬」を狙うということです。 つまり中穴馬は一般的に注目されず盲点になっている馬です。 1-2:中穴馬の選び方 では「中穴馬」とは具体的にどのような馬のことを指すのでしょうか? 一般的に「4番人気から9番人気馬」が中穴馬と言われてたり「オッズ10倍から40倍」、「7倍から50倍」などの馬が中穴馬と言われたり定義が定まっていません。 しかも過去のデータでは6番人気馬が最も回収率が高くなっていますが7番人気ではなぜ駄目なのか。 数字で中穴馬を定義するには「過去のデータで回収率が良かった」くらいで境界線が非常に曖昧です。 そこで当記事では 「オッズ」を中心として「オッズの断層」という考え方で中穴馬を洗い出します。 オッズの断層とはどこでオッズの差が開いているかを見ることです。 例えば2018年5月5日(土) 3回京都5日のレースを見てみます。 上記のオッズの分布に断層があるところにラインを引きます。 上記の断層は単勝オッズを使用しますが複雑なオッズの付き方をしているレースでは馬連のオッズなども見ると良いでしょう。 「Aゾーン」・「Bゾーン」・「Cゾーン」・「Dゾーン」に分類しAが人気馬Bが中穴馬、Cは下位人気馬、Dが排除馬です。 このようにオッズを断層に分けることで世間的な馬に対する評価が客観的に見られます。 中穴馬を買う場合Bゾーンから選ぶと良いでしょう。 1-3:軸馬は上位人気ゾーンから選ぶ 一般的に上位人気の馬は高確率で勝ちます。 よっぽど何かトラブルが起きない限りは Aゾーンから軸馬を選ぶのがベターです。 このゾーンからは馬連や3連複、3連単などのフォーメーションでいう1列目を選ぶことをおすすめします。 ただしAゾーンから単勝や複勝を選ぶのは止したほうが良いでしょう。 世間的に最も注目されている馬なのでオッズは低く的中率は良くても回収率を上げることは 難しいです。 1-4:Cゾーンからは確信できる馬とヒモに加える馬として選ぶ Cゾーンは「下位人気馬」です。 「この馬は来る!! 」と確信できる馬はBゾーンの中穴馬と同じく扱ってもかまいません。 しかし的中率が低くなる覚悟は必須です。 Cゾーンは3着以内に入選するかもしれないと思われている馬です。 排除馬ほど能力がないというわけではありませんので、もし 買い目に入れるか迷う時は排除馬のように捨てるのではなくヒモとして考えると良いでしょう。 同様にAとBゾーンからも下手に排除するよりは拾い上げることをおすすめします。 ヒモ選びに迷う場合があれば馬連やワイドでAからBを基本としてBに気になるCゾーンの馬を入れると良いでしょう。 1-5:Dゾーンは基本切る 回収率120%を超えるためには無駄な点数を徹底的に省く必要があります。 そのような時には 期待値0のDゾーン馬は基本切ったほうが良いです。 Dゾーンの排除馬を切ることによって買い目の無駄が削れ回収率が向上します。 時にはDゾーン馬の激走で超特大の大穴的中になる場合もありますが、それは単発で長期的に見ると回収率は低い傾向にあります。 Cゾーン同様に馬券圏内に確実にくるといった確信材料がある時だけヒモに加えるのは良いかもしませんが、大抵、何も期待されていませんのでこのゾーンのオッズになっているということを念頭に置いておくと良いでしょう。 2:回収率120%を超える馬券の買い方例 上記のゾーン解説を基に馬券の買い方を紹介します。 Dを入れる際には重々ご注意ください。 「オッズ断層」を基にした馬券の買い方の一部を紹介しました。 他にも色々馬券の買い方はありますが上記の買い方が最も初歩的なものです。 流しやフォーメーション、ボックスの使い分けはレース毎に違います。 絶対ではありませんので自分にあったスタイルや好みに合わせて使い分けると良いでしょう。 3:前走の内容を重視 また、 馬選びのコツとしてオッズ断層の他に「前走の内容」も重視すると良いでしょう。 前走のポイントとして4つありますのでピックアップします。 特に前走の内容が良かった馬や外から脚をよく伸ばして勝った馬、不利などがあって実力を発揮できずに負けてしまった馬などは狙い目ですね。 そのような馬は本来の評価よりも低くオッズが付く場合があります。 4:レースの選び方 これはオマケですが、レースの選び方も回収率100%を超えるちょっとしたコツなので紹介します。 Aゾーンの人気馬でもその馬が本当に1番や2番人気に値するか見極める必要があります。 もしその馬が圧倒的な力量で馬券圏内に絡んでくることが確実なら軸馬に選ぶことと良いですね。 しかし 凡走する可能性が十分にある場合、そのレースは見送ったほうが良いでしょう。 まとめ 以上、回収率120%を超える3つの方法を紹介しました。 まずは当記事で紹介した 「オッズ断層」でAゾーン・Bゾーン・Cゾーン・Dゾーンをしっかりと見極める必要があります。 この中で 最も稼げるゾーンはBゾーンの中穴馬です。 中穴馬はそこそこ当たって配当も良い回収率を伸ばすのに最も適した馬です。 なおかつオッズ表では過小評価されているゾーンでもあります。 また、前走の内容も回収率向上のためには重視すべき要素です。 もし前走が良くても不人気馬だった場合CゾーンやDゾーンの馬だったとしてもヒモぐらいに入れてみると面白いでしょう。 オッズ断層の見極め方は誰にでもできるとても簡単な方法なので是非参考にしてみてください。

次の

競馬の買い方は全部で10種類|初心者向け競馬の買い方情報まとめ

競馬 買い方

他の馬券よりも当てやすいことから、幅広い競馬ファンが購入している 複勝馬券。 初心者だけではなく、競馬歴が長いファンもハマる複勝とはどんな馬券なのでしょう? また、複勝を買い続けるだけで儲けることは可能なのでしょうか? 多くの競馬ファンから支持されている複勝についてまとめました! 複勝とは? 複勝は選んだ 1頭の馬が3着以内に入れば的中する馬券です。 どの馬券よりも 的中率が高いというメリットがありますが、的中しやすい分、 配当金が圧倒的に少ないというデメリットが存在しています。 的中率にこだわっている方にとってはベストな馬券だと思いますけど、馬券で一気に儲けたい!という方にはおすすめできません。 複勝だけで儲けることはできるか 複勝は3着までに入る馬を1頭だけ選べばいいというシンプルな馬券です。 でも、出走馬の実力を見極めるのはもちろん、コースごとの枠順の有利不利や馬場傾向、レース展開をしっかり把握しておかないと的中させることはできません。 また、2010年6月26日の福島競馬2レースで 16,110円という複勝万馬券が飛び出したこともありますので、人気馬ばかりを買っていても的中するわけではないのです。 複勝で一番人気を買い続けた時の勝率、回収率 2016年11月6日の東京競馬の結果から、 複勝で単勝一番人気の馬を買い続けた時の勝率と回収率をご紹介します。 (100円で複勝を買ったことを前提とします) レース 馬名 着順 配当金 1R ポンテドーロ 1着 120円 2R ロージズバード 4着 ハズレ 3R サクレエクスプレス 1着 150円 4R セイウンチャーム 3着 130円 5R サトノグラン 4着 ハズレ 6R スウィートグロリア 2着 140円 7R ラーリオ 1着 140円 8R サーブルオール 1着 140円 9R アドマイヤミヤビ 1着 110円 10R モズライジン 1着 110円 11R モンドインテロ 4着 ハズレ 12R ペプチドウォヘッド 1着 150円 12レース中9レースで的中しましたので、 勝率が75%。 計1,200円のお金を使い、1,190円の配当金をゲットしましたが、 回収率は99%で、合格ラインの100%を割ってしまいました。 勝率75%という数字を複勝以外の馬券で叩き出すのは相当難しいのですが、回収率が100%を割ってしまっては意味ありませんよね。 複勝で一番人気を買い続けても、それぞれの配当金が100円台になってしまいますので、すべてのレースを的中させなければ回収率が向上することはありません。 おすすめな複勝の買い方 点数は1点! 複勝の買い方は 1点買いが基本です。 2点、3点と点数を増やしてしまうと、 せっかく馬券が的中しても収支がマイナスになる可能性が高いですから、1点買いを徹底してください。 1着になりそうな馬は狙わない! 複勝は3着までに入れば的中する馬券ですから、単勝のように1着になりそうな馬を狙う必要はありません。 1着になりそうな馬は上位人気になっている場合がほとんどで、配当金はかなり低くなってしまいます。 1着にはなれないかもしれないけれど、 2・3着なら可能性は十分ある!といった配当金が200円前後になる馬を狙い打ちしてみましょう。 複勝ころがしとは?実際儲かる? 複勝で的中した配当金を次のレースに全額つぎ込む、という買い方を「 複勝ころがし」といいます。 複勝ころがしが上手くいくと、元のかけ金を何倍もふくらますことができます。 でも、複勝ころがしは一度馬券を外してしまうと積み上げてきた金額が全部パーになってしまいますから、買いたい馬が見当たらないレースでは馬券購入を見送ることも必要です。 ころがし方、予想ファクター まずは過去のレース動画を見て、 出走馬の力関係をしっかり分析しましょう。 レース前日までに出走馬の分析を終わらせておくことがベストです。 次に見ていただきたいポイントは 騎手。 騎手のミスで上位人気馬が凡退するケースも少なくありませんから、勝率10%、複勝率30%を超える一流騎手の馬を積極的に狙いましょう。 最後に見ていただきたいポイントは パドック。 馬体重の増減が激しい馬や、当日のテンションが異常に高い馬は上位人気であっても人気を裏切る可能性がありますので、複勝を買う直前にパドックで馬の気配をチェックしてください。 まとめ 一番人気ばかり買い続けても儲けることが難しい馬券・複勝。 シンプルな馬券ですから、楽に儲けることができるのでは?とお考えの方も多いようですが、決してそんなことはなく、他の馬券と同様に奥深い面があることを認識していただけたかと思います。 複勝の買い方をマスターした人こそが競馬の勝ち組といえますので、今からでも複勝馬券を極めてみるのはいかがでしょうか。

次の

【競馬初心者必見!】現役トラックマンおすすめの買い方「夢の安全投資法」とは?

競馬 買い方

競馬の流しの買い方の方法は? 競馬の流しの買い方は どうやって行うのでしょうか。 まず流し馬券を買うとき、 青のカードを使います。 (競馬場やウインズで購入するとき。 ネット投票は流しを選択) その青いカードで 二連系の場合、 1着の欄に 本命の馬を記入して、 そこから絡めて2着の欄に 相手の馬を 1頭から複数頭記入します。 三連系の場合、 1着の欄に 本命の馬、 2着の欄に 相手の馬、さらに 3着の欄にも 相手の馬を記入します。 この、本命と相手の数は決まっていなく 何頭でも選ぶことができます。 競馬の流しの馬単の買い方は? 流し馬券で馬単を買いたい時を 紹介します。 まず馬単とは、 1着と2着の馬を 順番通りに当てる馬券です。 その馬単の流しでの買い方は 主に 2種類あります。 馬単1着流しと2着流しです。 まず馬単1着流しとは、 1着軸となる馬番を1つ決め、 相手となる馬番をいくつか選択して その組み合わせで的中を狙う買い方になる。 そして馬単2着流しとは、 2着軸となる馬番を1つ決めて、 相手となる馬番をいくつか選択して その組み合わせで 的中を狙う買い方 になる。 競馬の流しの馬連の買い方は? 次は 馬連流しでの買い方について 説明します。 まず馬連とは、 1,2着馬を順不同で 選ぶ買い方です。 買い方は軸となる 馬番を1つ決めて 相手となる馬番をいくつか選択して その組み合わせで的中を狙う買い方です。 もちろんですが、 馬単よりも買い目が少なくなります。 競馬の流しの計算方法は? 次に 流しの計算方法です。 流しの計算方法はとても簡単です。 相手馬の数を数えればそれで完了です。 馬連も同じように計算します。 競馬の流しの金額はいくらになる? 流しの金額はいくらになるのでしょうか? 競馬では1点あたり100円単位で 計算します。 しかし 流しは複数になります。 なので100円と金額欄に記入しても 必要なお金は400円になります。 したがって この点は注意が必要です。 競馬の流しのコツは? ではどういう時に 流しの馬券を買えばいいのか コツはあるのか 説明していきたいと思います。 流しの馬券を買うときは どうしても1個ずつ買うよりも 点数が多くなってしまいます。 なので 軸は本命、相手は人気薄 といった組み合わせが重要になります。 ここで 人気馬から人気馬に流しても なかなか 回収率が伸びず、 結果が伴ってきません。 したがって 人気馬から人気薄への 流しが大事 になっていきます。 競馬の流しとボックスの違いは では流しは ボックス box と こが違うのか 具体的に見ていきたいと思います。 ボックスはいわゆる 本命などを決めません。 選んだ馬の中でどれでもいいから くればあたりなのです。 それに対して流しは 本命をしっかりと決めて、 その馬が来て相手が来てようやくあたり です。 したがって流しとボックスは まったくもって異なる馬券になります。 ボックスのメリットは やはり 広範囲で馬券を買える ということです。 したがって本命馬を決めることができない 混戦レースでは好んで使われます。 しかし一方でかなり点数が多くなり お金が余分に必要になります。 競馬の流しでマルチにすると買い目が違う 流し馬券を買おうと思ったとき、 マルチという文字をよく目にすると思います。 この マルチとはいったいどういうこと なのでしょうか。 マルチとは・・ 軸と相手の着順を 入れ替えた組み合わせを 同時に購入する投票方法となります。 しかしその分 点数が倍、 もしくは三連系の場合 もっと増えることになる必要があるので 気を付ける必要があります。 競馬の流しとフォーメーションの違いは? 三連系でよく使われれる フォーメーション。 この フォーメーションと 流しの違い はどこなのでしょうか。 しかし、 フォーメーションの場合は これを細分化して決めることができます。 こうなると最も違うところは点数です。 圧倒的にフォーメーションのほうが 流し系の馬券よりも 点数を抑えることができます。 競馬の流し3連単を買うといくらになる? では実際に 3連単で流し馬券を購入すると 点数はどれくらいになるのでしょうか。 流し馬券はとても便利で 慣れればかなり使う頻度が上がり それに伴い 馬券のうまさというものも 上がっていくと思います。 上手く使えば 点数を抑えることもできるし また 穴も狙うことが容易な買い方 にもなっています。 したがってしっかりこの 流しという馬券を使い慣れてくると 競馬もうまくなっていくでしょう。 ぜひ流しやマルチを うまく使ってみてください!.

次の