稲垣 吾郎。 「#稲垣吾郎」のYahoo!検索(リアルタイム)

「#稲垣吾郎」のYahoo!検索(リアルタイム)

稲垣 吾郎

稲垣が乗った車 〈が事務所を退所する〉 その一報が流れたのは、2月20日午後3時前のこと。 前日から、報道各社の間では、「21日に、中居が何か会見をおこなうらしい」という情報が飛び交っていたが、「文春オンライン」が最初に報じる形になった。 2016年12月末の解散から、約3年を経ての中居のジャニーズ退所。 注目を集めるのは、先にジャニーズを退所して「新しい地図」を結成した、(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(43)3人との合流の可能性だ。 はたして、彼らは中居の退所をどう受け止めているのか。 「文春オンライン」の報道から約1時間後の20日午後4時すぎ、都内で仕事を終えて、事務所の車に乗り込む稲垣を本誌記者が直撃した。 「……」 目を大きく見開き、本誌の問いかけに驚いた表情を見せた稲垣。 思うところがあるのか、困惑した様子だったが、言葉を発することはなかった。 しかし、その反応からは、すでに一報が耳に入っている様子がうかがえる。 サッと車の後部座席に乗り込むと、シートに腰かける。 後部座席のドアが閉じるまでの数秒の間、車内の稲垣の姿が見えたが、その表情は変わることはなく、目はじっと前を見据えている。 「……」 稲垣を乗せた車は、そのまま走り去っていった。 芸能事務所関係者がこう話す。 「中居は昨年7月、ジャニーズメンバーが総出で見送った、ジャニー喜多川さんの『家族葬』に参列しませんでした。 仕事と重なったとはいえ、木村拓哉が空けていた、木村の隣の席に座らなかった。 そのときすでに、中居は退所の意向を決めていたとみる向きがありました。 また、これまで続けてきた五輪のキャスターを辞退したり、新たなCMにも出なくなった。 事務所を退所する準備を、着々と固めていたのでしょう」 稲垣が視線の先に見つめていたのは、どんな「新しい地図」なのだろうか。 外部サイト.

次の

稲垣吾郎の姉・恵の画像や年齢、職業は?デビューのきっかけも姉?

稲垣 吾郎

1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、 稲垣吾郎との共演にNGを出していたと報じられた マツコ・デラックス。 「文春」記事によれば、テレビ番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)で稲垣がレギュラー出演する話が持ち上がった際、同番組に長年レギュラー出演しているマツコの所属事務所が「稲垣を出すならマツコは降板する」と番組サイドへ伝えたという。 そのマツコは「週刊女性」(主婦と生活社/8月20・27日号)の取材に応じ、「『文春』の記者さんよ。 ちゃんと話したのに、全然書いてくれない!」と怒りをあらわに反論。 さらに、「文春」に掲載された「SMAPだから(テレビに)使われていたわけで、SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか」「旬かどうかわかるでしょう。 「稲垣が嫌いというわけではなく、マツコなりの考えがあっての行動だったということは理解できますが、稲垣が『5時に夢中!』に準レギュラーとして出演することにNGを出していたという事実は否定していません。 特定の人を名指しして共演したくないと言って、それが通るタレントというのはそれほど多くはありません。 ジャニーズとしては自社のタレントをマツコの番組にブッキングすべく、良好な関係を築いておくためでしょうが、天下のジャニーズがそこまで熱心に取り入ろうとするタレントなど、果たしてほかにどれほどいるのか。 今のマツコは、芸能界においてそれだけ高いポジションにいる存在なのだということを改めて実感しました」(テレビ局関係者) 稲垣サイドの姿勢に疑問の声も さらに今回の「週刊女性」記事で別の部分に注目したという、別のテレビ局関係者は語る。 「マツコの証言によれば、稲垣サイドはクール途中での準レギュラー出演を申し入れ、それが難しいためMXが稲垣の冠番組を用意したものの、稲垣サイドはそれを断ったということです。 もしこれが事実であれば、稲垣サイドの姿勢には疑問を感じます。

次の

稲垣吾郎

稲垣 吾郎

1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、 稲垣吾郎との共演にNGを出していたと報じられた マツコ・デラックス。 「文春」記事によれば、テレビ番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)で稲垣がレギュラー出演する話が持ち上がった際、同番組に長年レギュラー出演しているマツコの所属事務所が「稲垣を出すならマツコは降板する」と番組サイドへ伝えたという。 そのマツコは「週刊女性」(主婦と生活社/8月20・27日号)の取材に応じ、「『文春』の記者さんよ。 ちゃんと話したのに、全然書いてくれない!」と怒りをあらわに反論。 さらに、「文春」に掲載された「SMAPだから(テレビに)使われていたわけで、SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか」「旬かどうかわかるでしょう。 「稲垣が嫌いというわけではなく、マツコなりの考えがあっての行動だったということは理解できますが、稲垣が『5時に夢中!』に準レギュラーとして出演することにNGを出していたという事実は否定していません。 特定の人を名指しして共演したくないと言って、それが通るタレントというのはそれほど多くはありません。 ジャニーズとしては自社のタレントをマツコの番組にブッキングすべく、良好な関係を築いておくためでしょうが、天下のジャニーズがそこまで熱心に取り入ろうとするタレントなど、果たしてほかにどれほどいるのか。 今のマツコは、芸能界においてそれだけ高いポジションにいる存在なのだということを改めて実感しました」(テレビ局関係者) 稲垣サイドの姿勢に疑問の声も さらに今回の「週刊女性」記事で別の部分に注目したという、別のテレビ局関係者は語る。 「マツコの証言によれば、稲垣サイドはクール途中での準レギュラー出演を申し入れ、それが難しいためMXが稲垣の冠番組を用意したものの、稲垣サイドはそれを断ったということです。 もしこれが事実であれば、稲垣サイドの姿勢には疑問を感じます。

次の