ダン まち スロット 設定 判別。 ダンまち /新台 スペック・打ち方・設定判別・PV・天井情報

パチスロ新鬼武者DAWN OF DREAMS

ダン まち スロット 設定 判別

RT突入契機は「ボーナス」「ヘスティアチャレンジ(3択演出)」「レア役からの直撃」など。 ボーナスは複数あり、RT突入の可能性があるのはファミリアボーナス。 ディヴァインジャッジは枚数変動型ボーナスで、ファミリアチャンスについては、RT中に引いた場合は上乗せ特化ボーナスに変化する可能性あり。 RTは「ソロプレイ」と「マルチプレイ」の2種類が存在。 「ソロプレイ」は「マルチプレイ」昇格を目指すRT、「マルチプレイ」は3部構成のメインRTだ。 「デスパレードゾーン」中はレア役で「エピソード」への復帰抽選が行われ、30G消化後の押し順当て演出失敗でRT終了となる。 RT1は主にソロプレイの高確率状態になっていて、1枚役こぼし目でRT0へ移行する。 この状態を維持できれば、ソロプレイ突入の可能性が増すため、全力で1枚役を獲得したい。 ソロプレイ中 ソロプレイ中は1枚役をこぼして早めにRT状態を上げたいところ。 ちなみに、ソロプレイ中のRT1はソロプレイ中にボーナスを引き、そのボーナスでマルチプレイに昇格しなかった場合のみ滞在する。 マルチプレイ中 マルチプレイ中は1枚役を狙おう。 ソロプレイ同様、マルチプレイ中のボーナス終了後に移行するRT状態だが、ここで1枚役を獲得すればマルチプレイ継続に欠かせない魔石を獲得できる。 魔石がレインボーになっていない場合は積極的に1枚役を狙いたい。 弱チャンス目2,3回引いていずれもボーナスに繋がらないとなると、低設定の可能性が高まる。

次の

ダンまち スロット|解析 スペック ゾーン狙い目 打ち方 評価

ダン まち スロット 設定 判別

1 この2つのボーナス出現率こそ出率に影響しているわけで他は設定共通です。 9 重複率 設定 強ベル 弱チャンス目 1 16. 89個 3. 89個 7. 78個 2 4. 65個 4. 65個 9. 30個 5 4. 42個 6. 63個 11. 06個 6 8. 92個 5. 95個 14. 87個 10000ゲーム回した場合 設定 ディバインジャッジ ディバインジャッジダブル 合算 1 7. 78個 7. 78個 15. 56個 2 9. 30個 9. 30個 18. 61個 5 8. 85個 13. 27個 22. 12個 6 17. 85個 11. 90個 29. 75個 10000ゲーム回すと、 設定1と設定6で14個もボーナスが違う計算に! 5000ゲームでも7個違う計算.

次の

ダンまち スロット|解析 スペック ゾーン狙い目 打ち方 評価

ダン まち スロット 設定 判別

ダンまちの設定判別 ダンまちの設定推測を行うときは、 「強ベル」の確率と「強ベル」「弱チャンス目」からのボーナス当選率に注目します。 強ベル確率 設定1. 2「16. 通常時はまるでパチスロ「ツインエンジェル」のような馴染みのある感覚、まるで初打ちではないかのような気持ちにさせられました。 演出が発生したらレア役、そしてボーナスが当たっているかのジャッジへ。 凄くシンプルな作りになっていて、小冊子など見なくても感覚だけでも楽しむことができるバランスの取れた王道パチスロだと感じました!! 地獄の朝一 設定狙いで座ったダンまちですが、初あたりは諭吉2人目を召喚するか悩んでいた532G、、 ファミリアチャンス RB に当選。 この時点で設定6が少しばかり薄くはなったが、、532Gハマりがなんだ!Aタイプで1000G以上ハマることもあるし、500ハマりなんて余裕ですよw と、自分を励ましながら次の当たりを待つことに。 …380Gファミリアチャンス RB。 ファーーー・・・・ ジャスト1000枚投資でボーナス2回 バケ のみという結果に。 このままだと財布が、、 それでも平均滞在ゲーム数300GのRTに入れたい一心で続行。 そこから追加投資100枚でボーナスを連発。 下皿をもみもみタイム。 そして待ちに待ったその瞬間、CZからRTソロプレイ 下位RT に突入!!迎えたゲーム数は1382G。 1382…って。 ねぇ、ハマりすぎですよ。 しかし、ソロプレイ中にレア役が引けずマルチプレイ 上位RT に昇格せず。 持ちメダルは250枚ほど。 初のダンジョン侵入は失敗に終わってしまった。 やめるか・・・いや、やめない! マルチプレイ入れるまでは帰ることが許されない。 すると100Gほどで当たったファミリアチャンス RB で、、マルチプレイ直撃!! 1530Gの出来事でした。 逆襲の623 無事マルチプレイに突入することに成功した623。 単発終了は許されない状況。 言うてしまえばここで単発終了なら投資1100枚を捲るチャンスがなくなったと考えてもいいだろう。 しかし、そんな不安な気持ちは直ぐに消えることになった。 RTに入ってからはレア役、ボーナスも良く引けるようになり、平均滞在300Gは伊達じゃない実力を発揮した。 RTが終わってみれば695枚の獲得。 投資の半分ちょいを回収した結果になった。 設定6を疑いながら回し続けていると、、 夜背景時 超高確示唆 の時に引いたボーナスでマルチプレイ直撃。 画像は使いまわし …またですか!嬉しいですねぇ。 これが本日のロングRTになることに!!! 設定差がない弱チェリーやスイカ、強チャンス目でボーナス重複するようになりダンまちの本領発揮。 ちなみにレア役やボーナスをRT中に引ける= RT継続の大チャンスなので皆さん覚えておきましょう。 そして楽しかったRTは終わりを迎えます。 有利区間完走まではいきませんでしたがそれでも獲得枚数は2219枚。 非常に面白い台だと実感しました。 設定判別結果 それでは、肩こりが酷くなり3131Gしか回すことが出来なかったダンまちの設定判別をしていきます。 74 弱チャンス目出現率0回 設定判別できず... という結果になりました。 設定判別に必要な弱チャンス目が引けなかったことで 強ベルとボーナスの回数、お店の状況の3視点から設定判別を行います。 強ベルの出現率は良かったが、その中でボーナス当選は7回と、少し弱め。 弱チェリー・スイカでのボーナスが数回あったこともあり回数だけなら設定6。 お店の状況的には設定2or5、同時期に導入された戦コレの徳川家康やAタイプバイオハザードリベレーションズが残念な結果になっていた。 結論623の 設定推測は設定2or5ですかね。 強ベル引けてる割にはボーナスに中々繋がらなかったことに違和感が残った。 設定6ならもう少し結果が出たのではないかと思う。 ダンまちを打ってみた感想 もともとのんびり打てる台 アイマス、ツインエンジェル、マジハロ5 が好きだった私からしてみたらダンまちはとても良台です。 6号機の 高純増を求めている人からしてみれば、たぶん体質的に合わないでしょう。 1日まったり打てる人に向いている台です。 また、設定1でも マルチプレイに入れさえすれば、ある程度持ちメダルが作れると思います。 明らかに状況が悪いと感じたら即ヤメすることをお勧めします。 皆さんも興味を持ちましたらパチスロ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」非常によくできているでの是非打ってみてはいかがでしょうか。

次の