コロナ 個人 事業 主 支援。 【コロナ支援】個人事業主、フリーランスの「持続化給付金」 その疑問、これを読んで解決。 | マネーの達人

東京都のコロナ支援策まとめ【個人事業主向け】

コロナ 個人 事業 主 支援

個人事業主がコロナショックを乗り切るためには? 新型コロナウイルスは我々の生活を一変させました。 事業に支障をきたしている個人事業主がこの危機を乗り越えるために必要なことを知っておきましょう。 事業と生活の両面で立ち直りを考える 事業と生活が明確に区別されていない個人事業主の場合、事業へのダメージは即生活に直結します。 コロナショックを乗り切るためには、事業の立て直しはもちろんですが、生活を維持することも考えなければなりません。 生きていく上ではさまざまなリスクがあるとはいえ、今回のような感染症のリスクは想定していなかった人が多いはずです。 この未曾有の危機において、個人でできることには限界があります。 行政による支援を活用しながら、事業の立て直しやライフプランの見直しを考えましょう。 国や自治体・各種団体の支援制度を活用 新型コロナウイルスの影響を受けた個人や事業者、企業などのために、国や自治体、各種団体ではさまざまな支援策を用意しています。 各種の支援制度を利用するためには、自分で情報を収集し、申請等の必要な手続きを行わなければなりません。 刻々と変わる状況に合わせ、支援制度の内容も変わっています。 どのような支援が受けられるのか、申請期限はいつまでなのかなどについて、インターネットを活用して最新情報を入手しておきましょう。 事業継続のための支援制度 個人事業主が事業継続のために利用できる支援制度には、次のようなものがあります。 各支援制度の最新情報は窓口のホームページで必ず確認してください。 持続化給付金 コロナの影響により売上が大きく減少した事業者を支援する給付金です。 フリーランスを含む個人事業主は、条件をみたせば最大100万円の給付金がもらえます。 小規模事業者持続化補助金 販路開拓の経費に対して上限50万円の補助金が出る制度です。 コロナ特別対応型では上限が100万円まで引き上げられており、非対面ビジネスモデルへ転換したい場合や、テレワーク環境を整備したい場合に支援が受けられます。 新型コロナウイルス感染症特別貸付 コロナの影響により一時的に業績が悪化して設備資金や運転資金に困っている場合に、有利な条件で貸付が受けられます。 特別利子補給制度を併用すれば、実質無利子で融資を受けることも可能です。 セーフティネット保証 コロナの影響で資金繰りに困っていて金融機関で融資を受けたいという人は、一般保証とは別枠のセーフティネット保証(4号、5号、危機関連保証)を利用して、 信用保証協会の保証を受けられます。 マル経融資の金利引き下げ マル経融資(小規模事業者経営改善資金融資)は 、商工会や商工会議所で経営指導を受けた事業者が無担保・無保証で貸付を受けられる制度です。 コロナの影響で前年度よりも5%以上売上が減少している場合には、金利引き下げの優遇を受けられます。 生活を維持するための支援制度 以下は、生活面を立て直すために受けられる主な支援制度です。 申請し忘れや活用できるものがないかどうか確認しましょう。 特別定額給付金 コロナ対応の緊急経済対策として、国民1人あたり10万円を給付して家計を支援する制度です。 郵送またはオンラインにより市町村に給付の申請が必要です。 生活福祉資金貸付 生活福祉資金貸付は本来低所得者が生活資金の貸付を受けられる制度です。 コロナ対策の特例貸付として、休業・失業等を余儀なくされ生活資金に困っている場合には、 低所得者以外でも緊急小口資金、総合支援資金の貸付が受けられます。 住宅確保給付金 休業等により収入が減少している人は、要件をみたせば 原則3か月(最大9か月)家賃を支援してもらえます。 小学校休業等対応支援金 委託を受けて個人で仕事をするフリーランス向けの支援金です。 子どもの学校がコロナで休校になり仕事に支障が出た場合に、1日あたり一定額が支給されます。 税金・保険料等の猶予・減免 コロナの影響で納税が困難になった場合、国税については1年の納税猶予が受けられます。 地方税についても、各自治体で納税猶予が認められることがあります。 2021年度(令和3年度)の固定資産税・都市計画税については、事業収入が減少している小規模事業者等は申請により減免が受けられることが決まっています。 コロナの影響で減収となり国民年金保険料の納付が困難になった場合には、特例免除申請をすることも可能です。 国民健康保険料についても、各市町村で減免が受けられる制度があるので、確認してみてください。 個人事業主がこれからすべきこととは? コロナと共存していくためには、これまでとは違ったビジネス、働き方が求められます。 フリーランスを含む個人事業主がアフターコロナを生き抜くために、やるべきことを確認しておきましょう。 各種支援制度の最新情報の収集 コロナ危機から立ち直るために、忘れてはならないのは情報の収集です。 状況に合わせ、新しい制度が設けられたり、従来からある制度にコロナの特例が追加されたりしています。 混乱している状況下では、どのような支援が受けられるかについて、積極的に情報収集しないとわかりません。 各種支援には期限もありますから、うっかり締め切りを過ぎてしまわないよう細心の注意が必要です。 常にインターネットで最新情報を確認し、必要に応じて役所や専門家にも相談するようにしましょう。 インターネットを活用したビジネスモデルの構築 新型コロナの感染リスクを防止するためには、接触リスクを減らさなければなりません。 これまで対面での営業や取引に頼っていた事業主は、非対面営業、非対面取引をとり入れることが急務と言えます。 インターネットを活用すれば、これまで対面で行っていた営業活動を非対面でできることもあります。 非対面でできる新しいビジネスモデルを思いつけば、ピンチをチャンスに変えることもできます。 さまざまな業界・会社の非対面ビジネスの例を参考に、アイディアを出してみましょう。 ITツールを活用した事業効率化 アフターコロナの時代には、これまで以上に事業を効率化することが求められます。 接触リスクを減らすため、少ない人員で事業を回さなければならない場面も増えるでしょう。 従業員がいる場合には、テレワークやリモートワークの導入も検討しなければなりません。 新しい働き方に合わせた業務効率化の方法を考える必要があります。 ITツールを活用すれば、離れている場所にいる少人数の人同士で、効率よく業務を回すことが可能になります。 たとえば、 クラウド型のツールを使えば、どこにいてもプロジェクト管理、タスク管理、在庫管理、顧客管理などができます。 RPAツールを使って単純作業を自動化すれば、時間の無駄も大幅に減らせます。 自分の仕事で活用できるツールをピックアップしてみましょう。 収入源を複数にしてリスク分散 フリーランスの場合には、リスクを分散させるために、収入源を増やしておくことも重要です。 取引先が1つでは不安ですから、複数の取引先を持つことは必須です。 単に取引先を増やすだけでなく、仕事の幅を広げることも考えるべきでしょう。 できる仕事の範囲が広がれば、取引の相手も増えます。 これまでは1つの分野に特化して強みを打ち出すことも有効な戦略と考えられてきました。 しかし、アフターコロナを生き抜くことができるのは、リスクヘッジの点からも、複数の分野に強みを持つ人となってくるでしょう。 今後は、 未経験のジャンルへも積極的にチャレンジすることが重要になってきます。 協力しあえるビジネスパートナーを見つけることでも、仕事の範囲は広がります。 オンライン化により世界中どこにいる人とも協力して仕事ができる時代ですから、これを活かして信頼できるビジネスパートナーを見つけることも考えましょう。 <まとめ> コロナの影響を受けている個人事業主は、まずは受けられる支援を確認し、生活面も含めた立ち直りを目指しましょう。 アフターコロナでは、ITを活用した新たなビジネスモデル構築や事業の効率化が求められます。 現状を乗り切ることに終始するのではなく、今後を見据えた対策も考えておきましょう。

次の

【新型コロナウイルス】個人事業主・フリーランス向け支援策・融資まとめ【随時更新】|スモビバ!

コロナ 個人 事業 主 支援

「読んでもいまいちわからない」 「私は無理だ」 と言う声が多く、あきらめてしまう人が多いのが現状です。 日本では個人事業主やフリーランスの方が多く、個々の事情も異なるのが現状です。 そこが考慮されていないことが残念ですが、 確定申告をしていなければ当てはまりませんので、ここは要注意です。 対象の個人事業主・フリーランスとは 持続化給付金の対象となるのは、確定申告をしている個人事業主・フリーランスの方です。 「私は開業届を出していないのでいくら確定申告をしていても事業主に当てはまらないのでは」と言う方がいますが、開業届の有無は関係ありません。 なぜなら確定申告を提出した時点で事業収入があれば、個人事業主となるからです。 フリーランスと言えば、 ・ 在宅でライターをしている ・ 自宅でコールセンターの対応をしている などいろいろありますが、 事業として行い対価を得ていれば対象です。 会社員として勤めていて、 副業として休日や勤務後にフリーランスとして活動しているような場合も 確定申告をして事業収入を報告していれば対象です。 副業可能な会社も多くなった現在、たとえ少ない収入でもきちんと申告をすることは大切です。 給付金が支給される要件は、1か月の売上減少 ・ 2019年以降から事業により事業収入を得ており、今後も事業継続をする意思があること。 ・ 2020年1月以降、新型コロナウィルス感染拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月があること (ただし白色申告の場合は、前年度の収入の月平均と比べて50%以上減少した月があること) 上記2つの要件に当てはまる個人事業主であれば、給付金が支給されます。 50%以上減少した月は、 2020年1月から12月が対象です。 特に入金が遅い事業の場合、コロナの影響は5月以降に現れてくることが考えられるので、入金に気を付けてください。 なくても大丈夫 申請する際には、2019年の確定申告書第一表の控を提出しますが、この控に 税務署の日付入りの受付印が押されていることが要件となります。 確定申告書を郵送で済ましている方も多いかと思いますが、その場合は 控えに受付印はもらえません。 受付印がない場合 税務署で納税証明書(その2所得金額用)を申請して受取り、それを提出することで受付印の代わりができます。 現在、この証明書をもらうための人が多く、 税務署での待ち時間も長くなっていますので、時間に余裕を持って行くとよいでしょう。 売上帳がない場合 青色申告の場合は、正規の簿記にしたがって各種帳票類を作成していますが、白色申告の場合は、家計簿のような簡単なものしかつけていないのではないでしょうか? そのため「売上帳をつけていないからだめなの?」と思う方もいますが、 売上帳とは、売上を記載した帳票のことで書式は特別に決められていません。 なければ今から作成しましょう。 100均で売っている帳票を利用したり、ネットからテンプレートをダウンロードして作成します。 記入は売上だけですから難しくはないでしょう。 インターネット申請のサポート会場 持続化給付金は、インターネットでの申請が基本です。 各種書類は、スキャンするか写真で撮って申請の時に添付します。 「入力はできるけどスキャンや写真の取り込みはできない」としり込みしている方も多いでしょう。 確定申告でもネット申請が普及していますが、ネット以外でも会場に持参したり、郵送したりできて、誰でも利用しやすくなっています。 持続化給付金は、原則ネット申請のみで郵送はありません。 サポート会場は、書類を提出する場ではなく、 パソコンが用意されていてネットを使った申請を助けてくれる要員が配置されています。 ネットが苦手な人にとっては、パソコンの使い方を教えてくれるので助かるでしょう。 「難しい」と諦めず、とにかく行動 持続化給付金については、もらえるかどうか不安の方もいるかと思います。 特に前年度の事業収入が少ない方は、心配でしょう。 しかし、以前は10万円未満の給付金は切り捨てということになっていましたが、今は1円単位で支給されますので、事業収入が少なくてももらえる可能性は高くなっています。 持続給付金は、 1か月だけでも前年と比べて50%売り上げが落ちている月があれば申請可能です。 を参考に申請してみましょう。 コロナで落ち込んだ心が少しは明るくなるかもしれません。 (執筆者:特定社会保険労務士、1級FP技能士、CFP 菅田 芳恵).

次の

新型コロナの影響で仕事や暮らしが困窮したら?

コロナ 個人 事業 主 支援

こんにちは、フリーランスや副業の方向けの情報を発信しているflexy編集部です。 新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大により、生活の不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 2020年4月7日に、政府から緊急事態宣言(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)が出されましたが、フリーランスや個人事業主の助成金、給付金申請等がわかりづらい部分が多いと思います。 今回はフリーランスにまつわる新型コロナウイルスに関連する助成金、無利子融資、今後検討されている助成金等の補償について解説します。 生活の不安が少しでも軽減され、役立てる情報を発信できるように努めてまいります。 内容は、企業が業績悪化で従業員を休ませた場合に支給する雇用調整助成金の上限を日額一万五千円に増額。 中小企業や個人事業主への家賃負担を補助するほか、地方への交付金も増額を盛り込む予定。 <第2次補正予算案成立から支給までのスケジュールイメージ> 第2次補正予算案は、2020年5月27日目処に閣議決定予定。 第2次補正予算案成立は、2020年6月17日までに、今国会中での成立を目指す。 第2次補正予算案国会提出は、2020年6月8日目処。 第2次補正予算案成立は、2020年6月14日までに、今国会中での成立を目指す。 第2次補正予算案国会提出は、2020年6月8日提出。 第2次補正予算案成立は、2020年6月12日目処に、今国会中での成立を目指す。 給付:持続化給付金(実施中)、家賃支援給付金(準備中、第2次補正予算案成立次第) 助成:雇用調整助成金(実施中)、持続化給付金(実施中) 貸付:実質無利子・無担保融資(実施中) 猶予・減免:国税・地方税、社会保険料の納付猶予(実施中)、固定資産税・都市計画税の減免(実施中) 参照: 2020年4月7日に閣議決定された緊急経済対策案についてお知らせします。 さらに既往債務の借換にも対応。 フリーランス、個人事業主向け新型コロナウイルスに伴う無利子無担保融資とは? 資金繰り支援策 資金繰り支援策 [無利子、無担保、信用保証料減免] ・都道府県の制度融資を活用することで、民間金融機関から実質無利子、無担保で融資を受けられる ・3,000万円まで国が利子分補填。 借入から3年間の利子負担をなくす。 後日、低減した利率の利息部分が申請者に返ってくる仕組みです。 日本政策金融公庫は、2020年3月17日開始で、商工中金は、4月中旬を目処に開始予定です。 第二次補正予算成立により、金額引き上げ、対象期間延長が行われる予定。 ・正規雇用・非正規雇用を問わない助成金制度 (新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金) ・委託を受けて個人で仕事をする方向けの支援金制度 (新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金) を創設し、令和2年2月27日から6月30日までの間に取得した休暇等について支援 ・対象者:保護者、新型コロナで臨時休校や自宅待機を命じられた児童の世話を行い、業務委託契約等を締結している者 ・保護者であること 親権者、未成年後見人、その他の者(里親、祖父母等)であって、子どもを現に監護する者。 子どもの世話を一時的に補助する親族も含みます。 持続化給付金、特別定額給付金との併用は可能です。 ・保証人:連帯保証人は原則必要だが、連帯保証人を立てない場合は貸付可能 ・貸付金利:連帯保証人を立てる場合は無利子、連帯保証人を立てない場合は年1. 参照: 5. フリーランス、個人事業主との取引への配慮要請 【国からの要請】 フリーランス、個人事業主との取引に関する配慮 経済産業省から2020年3月10日に、発注事業者に要請 元来事業基盤が弱く、収入の減少が生活基盤の悪化に直結しやすい個人事業主・フリーランスに対する影響を最小限とするため、発注事業者に対して、取引上の適切な配慮を行うよう、厚生労働大臣、公正取引委員会委員長と連名で関係団体を通じ、要請」を出しています。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止やそれに伴う需要減少等を理由に、個人事業主・フリーランスとの契約を変更する場合には、取引の相手方である個人事業主・フリーランスと十分に協議した上で、報酬額や支払期日等の新たな取引条件を書面等により明確化するなど、下請振興法、独占禁止法及び下請代金法等の趣旨を踏まえた適正な対応を行うこと 新型コロナウイルス感染症により影響を受けた個人事業主・フリーランスが、事業活動を維持し、又は今後再開させる場合に、できる限り従来の取引関係を継続し、あるいは優先的に発注を行うこと 個人事業主・フリーランスから、発熱等の風邪の症状や、休校に伴う業務環境の変化を理由とした納期延長等の求めがあった場合には、取引の相手方である個人事業主・フリーランスと十分に協議した上で、できる限り柔軟な対応を行うこと 参照: 6. 今後、本特例の実施は、関係法案が国会で成立すること等が前提になりますので、続報がありましたら記載いたします。 補正予算案成立後、各種受付は4月22日以降予定。 補正予算案成立後、各種受付は5月1日以降予定。 制度の詳細が決まり次第、随時続報していきます。 予定案は、2019年の売上を基準にして、2020年中の売上が50%以上減少した月の売上から計算することを基本とする予定です。 特別定額給付金(10万円給付)として、2020年4月27日時点で、住民基本台帳に記載されている国民を対象として、各世帯主宛に申請申請する方式に変わりました。 税制上措置 ・住宅ローン控除の適用要件の弾力化 ・消費税の課税事業者選択届出書等の提出に係る特例 ・特別貸付けに係る契約書の印紙税の非課税 参照: フリーランス、個人事業主 新型コロナウイルス関連助成金、補助金の今後 日々、刻々と変わっていくため、申請方法や新たな助成金が決まっていくかと思います。 都道府県や市区町村単位で、独自取り組みを始めている場合もありますので、ぜひ確認ください。 新型コロナウイルスの早い収束を願い、今私たちができること「Stay Home」「不要不急の外出を避ける」「医療現場を始め、生活に必要なサービスに携わる皆様、ご家族への感謝」等を行っていければと思います。 flexyはサービス開始から時間や場所にとらわれない新しい働き方、リモートを広めております。 ・お仕事をお探しのエンジニア、デザイナー、技術顧問の方はからご登録ください。 ・経営課題全般のプロフェッショナルは、.

次の