ドラクエ ウォーク 職業。 【ドラクエウォーク】メンバー管理表(EXCEL)【DQウォーク】

【ドラクエウォーク】全キャラ全職業レベルカンストをたいせいさんが達成【勇者誕生】

ドラクエ ウォーク 職業

他の上級職より周回性能は低い代わりに、攻撃が激しい高難度クエストや高レベルの強敵で活躍します。 15 仲間ひとりの守備力をかなり上げる Lv. 25 呪文で仲間ひとりのHPをかなり回復する Lv. すでに耐性が下がっている属性では成功しづらくなる。 固有特性の「フォースブレイク」で敵の属性耐性を下げたり「バイシオン」で物理職の攻撃力を強化したりと火力役のサポートができます。 15 はげしい炎で敵全体にギラ属性の呪文小ダメージを与える Lv. 25 仲間ひとりの攻撃力を上げる Lv. 35 魔力を受け渡す術でMPを消費して仲間のMPを回復する Lv. 40 大きな爆発で敵全体にイオ属性の呪文中ダメージを与える Lv. 固有特性の「怒り」と強化スキルの「すてみ」でダメージを稼ぎやすく、周回からボス戦まで活躍します。 ただし、「すてみ」使用後の耐久力が低いのと、味方のサポートは苦手なところが難点です。 15 心を奮い立たせることで状態変化と能力低下を解除する Lv. 35 守りをすて受ける斬撃・体技ダメージがかなり増えるがこうげき力がかなり上がる Lv. ボス戦では回復役としての運用が基本になりますが、攻撃呪文に特化した装備とこころにすることで、高い火力を出すことも可能です。 10 仲間ひとりのしゅび力を2段階上げる Lv. 15 敵1体のしゅび力を2段階下げる Lv. 18 複数の火の玉で敵1体にメラ属性の呪文中ダメージを与える Lv. 25 巨大な闇のチカラで敵1体にドルマ属性の呪文大ダメージを与える Lv. 35 大きな爆発で敵全体にイオ属性の呪文中ダメージを与える Lv. 40 身体中の魔力を覚醒させ自分の攻撃呪文の威力をかなり上げる Lv. 効かない敵がほとんどおらず、全体攻撃で複数の敵を行動不能にできるため、攻撃しながらパーティの安定感を高められます。 また「フバーハ」でブレスダメージを軽減できるので、複数ボスやブレスを使用するボスとの戦闘において優先的に編成したい職業です。 15 行動時に大爆発する魔法陣を仕掛け敵1体にジバリア属性の呪文小ダメージを与える Lv. 40 仲間全員のブレスダメージを1段階軽減する Lv. 周回では賢者の1人を火力役として運用し、高難易度クエストでは回復役にしましょう。 初期編成の「戦士」「武闘家」「僧侶」「魔法使い」に追加でもう1職のレベルを50にするだけで編成できるようになります。 メガモンスター戦においてはダメージを稼ぎやすい「バトルマスター」を複数編成した方が高順位を取れます。 「」や「」といった高難易度クエストは敵から受けるダメージが大きく「すてみ」を使うと攻撃を耐えられなくなってしまいます。 「フォースブレイク」で耐性を下げて「すてみ」で攻撃力を強化した「バトルマスター」で攻撃しましょう。 上級職のレベル上げ 経験値は基本職よりも多く必要 上級職のレベルアップに必要な経験値は基本職よりも多いです。 レベル55まで育成するには非常に多くの経験値が必要なので、効率よくレベル上げを行う必要があります。 レベルに応じて1ターンで倒せるクエストを選択しましょう。 メタル系を討伐すればレベル上げの効率上がるので、物理職は「」や「」といった、全体攻撃が強力かつメタル系を倒せる武器を装備しましょう。 上級職の評価と強い点 上級職にどんどん転職するのがおすすめ 上級職は基本職よりも強いです。 上級職になると、ステータス強化や新スキルの習得など、様々な恩恵があるので、上級職を目指して転職しましょう。 こころを4つ装備可能 上級職は基本職と異なり、4つのこころを装備可能です。 基本職よりもこころを1つ多く装備できるため、ステータスが高くなり、単純に強くなります。 職業固有特性が強力 上級職は5職とも職業固有特性を持っています。 職業固有特性は戦闘中に条件を満たすと、自動的に発動し、戦闘に有利な効果を発揮します。 かばう使用時は発動できない 魔法戦士 【フォースブレイク】 スキル攻撃時たまにスキルと同じ属性耐性を下げる。 すでに耐性が下がっている属性では成功しづらくなる。 効果が切れると成功率も戻る バトルマスター 【怒り】 ターン開始時たまに斬撃・体技ダメージアップ 賢者 【やまびこ】 呪文をとなえた時たまに2回連続で呪文が発動する。 2回目の呪文は威力が減少する レンジャー 【影縛り】 攻撃時たまに休みを付与する 成功するたびにかかりづらくなる 実装が予想される上級職 予想される上級職一覧 名称 組み合わせ 実装期待度 スーパースター.

次の

【ドラクエウォーク】職業一覧とおすすめ編成|各職業の特徴を解説【DQウォーク】

ドラクエ ウォーク 職業

怒り ターン開始時たまに斬撃・体技ダメージアップ。 やまびこ 呪文をとなえた時たまに2回連続で呪文が発動する。 2回目の呪文は威力が減少する。 影縛り 攻撃時たまに休みを付与する。 成功するたびにかかりづらくなる。 フォースブレイク スキル攻撃時たまにスキルと同じ属性耐性をさげる。 すでに耐性が下がっている属性では、成功しづらくなる。 効果が切れると成功率ももどる。 パラディンガード まれに仲間ひとりのダメージをすべて引き受け、さらに瀕死ダメージ時HP1で生き残る。 かばう使用時は発動できない。 上級職は基本職と異なり、固有特性を所持している。 特定条件や確率で発動するアビリティで、効果はどれも強力。 固有特性目当てだけでも転職する価値はあると言っていい。 Lv15 (消費MP:14) はげしい炎で敵全体にギラ属性の呪文小ダメージを与える。 斬撃・体技ダメージが確率で上昇するので、自身で与ダメージを高めながら攻撃できる。 ちから・会心率のステータスが上がりやすく、物理ダメージ要員として最も活躍できる。 攻防の切り替えができる賢者 賢者は こころの付け替えにより、回復型と呪文型のどちらにもなれるのが魅力。 回復要員として活躍する職業のため、最低でも1人は必須な職業。 レンジャーと魔法戦士は高難易度要員 レンジャーは影縛り役として活躍 高難易度戦において、レンジャーの固有スキル影縛りが非常に役に立つ。 またブレス軽減のフバーハを習得する。 主に防御系のサポート役として役立つ職業だ。 魔法戦士はバトマスのサポート 魔法戦士は主に、フォースブレイクによる耐性ダウンとバイシオンでバトルマスターの火力アップ役として活躍する。 レンジャーとは反対の攻撃系のサポートが得意な職業。 最後にパラディンを育成 パラディンは汎用性が高くない パラディンは固有特性のパラディンガードを活かして、高難易度攻略が主な活躍の場となる。 被ダメが大きい高難易度では役に立つが、パラディンが必要でないこともある。 そのため優先度としては最も低い。

次の

【ドラクエウォーク】おすすめの転職のタイミングと職業ルート

ドラクエ ウォーク 職業

ドラクエウォークにおける おすすめの 転職時期や 職業ルートについて記載している。 おすすめの職業一覧や上位職業に関する情報や考察もまとめている。 おすすめの転職タイミング 初めて転職時期について 初めての転職は レベルを25以上まで上げてから行うことをおすすめする。 レベル20と50で 永続スキルを習得できる。 転職後も永続スキルは継承されるため、新たな職業でも役立てることができるため、習得しておきたいスキルだ。 レベルが20になってからすぐに転職すると、パーティによってはこれまで周回できていた場所が攻略できなくなる恐れもある。 転職するまでに少しだけレベルを上げておくなどすると難易度の上昇を抑えることができる。 さまざまな職業を経験してみたいなら レベル25ぐらい、ストーリーの進行など、 攻略の効率を優先するなら レベル50以上にしてからというように自身のプレイスタイルに合わせて転職のタイミングを決めていこう。 週末は絶好の転職時期 前項目の時期以外に、 週末は転職する良いタイミングだ。 ドラクエウォークでは 週末に メタルダンジョンという大量の経験値がゲットできるイベントが開催される。 このイベントを活用すると効率よくレベル上げすることができる。 おすすめ職業一覧 職業 おすすめ度とポイント 魔法使い おすすめ度:5 ・強いこうげき魔法の火力がトップクラス ・レベル習得のバイシオンで仲間を補助できる ・防御が弱いため、3・4番目に配置するべき 武闘家 おすすめ度:5 ・全体攻撃の回し蹴りが習得できる ・素早さが高いため先攻しやすい ・永続スキルが優秀 戦士 おすすめ度:4 ・防御力が高く壁役で使える ・攻撃力が高く火力として使える ・素早さが低いため、他職の永続スキルで補おう 僧侶 おすすめ度:4 ・回復役としてサポートとして貢献 ・ステータスのバランスが良い ・重要な役割のため転職させにくい 盗賊 おすすめ度:3 ・永続スキルが優秀 ・状態異常攻撃を多く習得できる ・ジバリア系習得後に強くなる晩成型といえる おすすめの職業 最初の転職での おすすめの職業について記載している。 転職の優先順位やおすすめする理由も書いているので、選び方を間違えたくない人は参考にするといい。 25 【後半の転職ルート】 ・盗賊 or 武闘家 Lv. 25 【後半の転職ルート】 ・盗賊 or 魔法使い Lv. 50 武闘家(3人目) 【前半の転職ルート】 ・武闘家 Lv. 25 【後半の転職ルート】 ・盗賊 or 戦士 Lv. 50 魔法使い(4人目) 【前半の転職ルート】 ・魔法使い Lv. 25 【後半の転職ルート】 ・僧侶 or 盗賊 Lv. 50 ちなみに仲間はストーリーを進めていくと増えていくぞ。 敵より早く動けることで先制攻撃やピンチ時に回復がしやすくなるなどのアドバンテージが得られるとともに、戦略が立てやすくなる。 今の職業が活かせる職への転職をしよう 戦士が魔法使いに転職すると戦士で高められたちからのステータスを活かせなくなってしまう。 戦士からの転職ではちからの高さを活かすことができ、すばやく行動できる武闘家というように、 転職前の職の強みが活かせるような職業を選んだ方が良い。 上級職業について 存在しない上級職業 現在は 「戦士」、 「武闘家」、 「魔法使い」、 「僧侶」、 「盗賊」の5つの職業が実装されており、ドラクエの過去の作品ではこれらの職業は 【基本職】となっていた。 ナンバリングのドラクエでは 基本職において設定された条件を満たしたら上級職へ転職することが可能だった。 ドラクエウォークの場合は今後のアップデートにより上級職が加えられて、「戦士のレベルを〇〇以上にする」といった条件の解放クエストをクリアすることで転職が可能になると推測する。 賢者などにも転職できるようになると考えられるため、いつでも新しく解放される職業に転職できるようにレベル上げはしっかりとしておこう! 過去シリーズの上級職 ドラクエ6を参考にすると以下の組合せが考えられる。 その条件がレベルなのかは判明してないが、 さまざまな職業でレベル上げをしておくと上級職を目指しやすいだろう。

次の