在宅バイト。 現在募集中のおすすめ在宅採点・添削バイト求人をピックアップ

【2020年版】採点バイト大手3社で働く大学生へ取材調査!おすすめの会社はどこ?(バイトあれこれ)|t

在宅バイト

自宅にいながら、あるいは通学途中や授業の合間を活用しながら稼げる在宅バイト。 この在宅バイトで気を付けたいのが、時間給ではなく成果報酬ということです。 そのため、スキルが上がってくれば効率良く稼ぐことも不可能ではありません。 どこででも稼げるのが在宅バイトの魅力 在宅バイトは時給でなく成果に対する報酬制 家にいながら、あるいは通学の途中で、PCやスマホだけで稼げる夢のような仕事が在宅バイトです。 「在宅バイト」と聞いて、「主婦や社会人の副業では?」と思うかもしれません。 しかし、大学生でも問題なく在宅バイトをすることができるのです。 しかも、多くの在宅バイトは特殊なスキルも資格も必要ありません。 ただ、在宅バイトで気を付けたいことは、在宅バイトを発注している会社から時間給で雇われるのではなく、納品した物やデータなどの成果に対して報酬が支払われるということです。 そのため、時給というものは存在しません。 完成した「成果物」に対して給与が支払われます。 例えば、単価1,000円で発注された在宅バイトの仕事に対して5時間かかったとしたら、時給換算すると200円となってしまいます。 雇われているわけではないので、最低賃金が保証されないのです。 逆に、単価1,000円で発注された仕事を30分でこなしたら、時給換算すると2,000円となります。 このように、在宅バイトを行う本人のやる気やスピード、スキルなどによって獲得できる報酬が上下するのがこの仕事の特徴です。 在宅バイトのメリット 在宅バイトにはいくつものメリットがあります。 1つ目のメリットは、自分の生活スタイルや性格などに合わせて仕事ができることです。 例えば、一般的にお店や会社でアルバイトとして働く場合、その仕事量や仕事内容は、雇っている側が決めます。 「何時から何時までに、これだけの仕事をこういう手順でやってくれ」というものです。 そのため、自分のやりたくない仕事であっても、頼まれたらやらざるをえません。 しかし、在宅バイトなら仕事量や仕事内容はすべて自分で決められます。 始めてみた在宅バイトが向いていないと思えば、今後引き受けなければいいだけです。 2つ目のメリットは、お店や会社に行って働くわけではないため、お客さんや同僚などと接する必要がないということです。 つまり、わずらわしい人間関係に悩まなくて済みます。 もちろん、在宅バイトでも人とコミュニケーションする機会はありますが、それはメールが主体となります。 あっても電話をする程度です。 「人付き合いが苦手」「コミュニケーションがうまくできない」という方でも、問題なく稼げる仕事なのです。 3つ目は、たとえ開業届を出していなかったとしても、在宅バイトは「個人事業主」になるということです。 個人事業主になるということは、通常のバイトよりも自分自身に責任を持ちながら仕事をしていくことを意味します。 そのため、「ゆくゆくは独立して仕事をしたい」「起業をしたい」という夢を持っている人にとって、将来に対する大事な経験を積めるのです。 在宅バイトのデメリット 在宅バイトには、メリットだけでなくデメリットもあります。 1つ目のデメリットは、店舗などで働く一般的なアルバイトと比較すると、たいていの在宅バイトは時給換算であまり効率良く稼げないということです。 真面目に仕事をしていても、時給換算で1,000円を超える在宅バイトはあまり多くありません。 しかも、慣れるまでは時給換算すると、さらに低い金額となります。 とはいえ、自宅や通学途中など、いつでもどこでもお金が稼げるというのには魅力があります。 どうしても外で働けないという人や、今やっている仕事の補完としてやる人、空いている時間で稼ぎたい人にとっては効率が良いバイトといえるでしょう。 2つ目のデメリットは、バイトとはいえ、在宅バイトは正確に言うと「業務委託」の仕事であるため、発注企業に提示された納期は必ず守らなければならないということです。 宿題や課題のように「納期ギリギリで良いだろう」という態度で仕事をしていると、当然仕事は適当になってしまいますので、品質低下を招きます。 その結果、新しい仕事の依頼がもらえなくなることもあります。 そのため、在宅バイトはきちんとスケジュールを立てて仕事をこなせる人でないと、続けるのは難しいといえるでしょう。 また、仕事として受けた以上は、納期が最優先です。 少しぐらい体調が悪くても納期は必ず守らないといけない点にも注意しましょう。 3つ目のデメリットは、ごく一部ですが悪徳在宅バイト業者が存在することです。 在宅バイトを始めるにあたっては、普通のバイトと同じように登録料などの初期費用はかかりません。 そんな在宅バイトの会社は詐欺会社といえますので、一切対応しないことです。 また、信頼できる在宅バイトの紹介サイトを利用することが重要です。 次に、大学生でもできる在宅バイトには、どのようなものがあるのかを紹介していきましょう。 大学生ができる在宅バイトの種類 大学生向け在宅バイト1 サイトやアプリへの情報登録 ウェブサイトやスマホアプリには、体験談の登録や利用した感想を書き込めるアンケート投稿サービスがあります。 そこで実際にサービスを利用する、またはゲームをプレイすることに対して報酬がもらえるため、在宅バイトになるわけです。 アプリをスマホにダウンロードして、アンケートに回答したり無料ゲームをプレイしたりするだけで報酬がもらえます。 スマホで気軽に利用できますから、通学途中や授業の隙間時間を活用して手軽に稼げるのが魅力です。 ただしその分、報酬は高くはありません。 がんばったとしても月々数千円~10,000円程度ですが、良い小遣い稼ぎといえるでしょう。 大学生向け在宅バイト2 アンケートモニター おもにウェブサイトを通じてアンケートに答えるだけで、報酬がもらえる在宅バイトです。 誰にでも答えられるアンケートが中心ですので1アンケートあたりの単価は高くありませんが、地道に積み上げることができます。 なぜアンケートがお金になるかというと、企業はさまざまな人たちのアンケートやクチコミを集めて、消費者がどう感じているのかを調査しています。 学生のあなたの意見も貴重なデータになるため、報酬が支払われるというわけです。 そういった明らかに違和感を覚えるような内容のアンケートには注意する、または信頼できる仲介サイトを利用するようにしましょう。 大学生向け在宅バイト3 データ入力・テープ起こし 「データ入力」とは、渡されたデータをPCに文字やデータとして入力していく作業です。 この仕事は、PCが使えないとできませんし、ExcelやWordといったソフトが必要となります。 また、1文字あたりの入力単価は0. 1~0. 2円程度ですので、タイピングスピードが速くないとあまり稼げません。 ただし、タイピングスピードが向上すれば論文などを書く際にも重宝しますし、社会に出たらタイピングスキルは必須となりますので、その練習も兼ねてと考えればお得だといえるでしょう。 「テープ起こし」とは、会議やセミナー、講演会などを録音した音声データを入力して文字に書き換えていく仕事のことです。 話し言葉は人により癖があるため、最初は聞き取りにくく、文章の形に整えにくいかもしれません。 しかし、慣れていけば誰でも問題なくこなせる内容の仕事です。 なお、このテープ起こしの仕事は、慣れてくれば時給換算で3,000~5,000円という高単価にもなりますので、専業にしている人もいるほどです。 大学生向け在宅バイト4 ブログライティング クライアントが指定するテーマに応じて、ブログやコラム記事を執筆する在宅バイトのことを「ブログライティング」と呼びます。 趣味でブログを書いている人におすすめしたい在宅バイトです。 報酬は文字単価で提示されることが多く、1文字0. 1円程度から数円程度まで、難易度によって上下します。 そのため、文章が評価されるようになれば、1日で数万円の収入を得ることも不可能ではありません。 しかし、仕事として書くからには正しい日本語を使わなくてはいけません。 また、自分の好きなことばかり書けるわけではありません。 とはいえ、扱われるテーマは健康や美容、料理、旅行、ファッションなどの趣味に近いものから、政治、金融、法律、マーケティング、看護など専門的なテーマまで幅広くあるため、自分が興味を持っているテーマや得意なテーマで書くことができるはずです。 ブログの内容についても、キーワードや文章の方向性は指定されますが、具体的な構成や内容は書き手に任されています。 うまく文章を書けるようになれば単価が上がることもありますので、続けるやりがいも感じることができるでしょう。 大学生向け在宅バイト5 在宅採点バイト 郵送されてきた答案を手書きで採点・添削したり、インターネットを通じて送られてきた答案に対してPCを使って採点・添削したりするのが在宅採点バイトです。 在宅採点バイトの魅力は、バイトとしては報酬が高めなことでしょう。 時給換算で1,000円以上となるものが多くあります。 採点する内容は小・中学生や高校生の答案なので、学校で真面目に勉強してきた人であれば難しい仕事ではありません。 また、在宅採点バイトを行っている塾や会社で採点マニュアルが用意されていますので、仕事自体にとまどうことはないはずです。 まとめ 大学生ができる在宅バイトにはさまざまなものがあります。 在宅バイトは経験や年齢に関係なく、本人の能力によって単価も上下しますので、「自分の能力を試したい」「家にいながらもある程度稼ぎたい」という人にとっては魅力的でしょう。 とはいえ、在宅バイトの中にはお小遣い程度にしかならないものもあります。 そんな場合は、空いた時間で効率良くお金を稼ぐ、普段のバイトの補助的なものと考えると良いでしょう。

次の

在宅データ入力のバイトは稼げるの?時給の相場、高校生・大学生も可?

在宅バイト

赤ちゃんが出来ちゃって…、私は男なので出来ませんがw 子供が出来てから外出ができず働けなくて悩んでいる方は多いですよね。 「今どき内職なんて…」無いと思うかもしれませんが全くないわけじゃありませんよ。 じゃなくても今はとして内職で出来る仕事がたくさんあります。 家でできれば子供がいても給料を稼げますよね。 働くのを諦める前に内職・在宅ワークのアルバイトを探してみてはいかがでしょうか。 在宅ワーク(在宅バイト)がおすすめな理由 在宅ワーク(在宅バイト)のおすすめポイントは何といっても外出しないで働けるところ。 さきほどいった子供がいるなどの理由で外出できない方には唯一の選択肢と言っていいほどです。 在宅ワーク(在宅バイト)なら時間が節約できる 在宅ワーク(在宅バイト)は家を出ないで済むので、通勤時間がありません。 なので時間を有効活用することにもつながります。 例えば時給1000円だったとして、通勤時間が往復2時間だと2000円損しますよね。 在宅ワークならその2時間がなくなるので丸々2000円お得ということになります。 4000円の差ということですね。 在宅ワーク(在宅バイト)はストレスが少ない 私も在宅ですが、対人関係のストレスがゼロですよ。 在宅ワーク(在宅バイト)ならではのことだと思います。 社会に出ると対人関係のストレスで症もしてしまい病気になる人も多いですが在宅ワークだとその可能性はゼロに等しいです。 対人関係のストレスが全くありません。 在宅ワークに関してさらに詳しくは以下の記事にて。 在宅ワークは2種類に稼ぎ方が分かれる 在宅ワークと在宅バイトは近藤ですが、分けて考えることも可能です。 注意した方がいいのは在宅ワークとされるものは、必ずしも時給が決まっていなかったりすることです。 完全成果給のものも多いですね。 一方在宅バイトは働けば働いた分だけお金がもらえる。 つまり時給が出るという特徴があります。 その分在宅ワークは成功すれば大きく稼げるものもありますが、在宅バイトの場合は安定して稼げるというメリットがあります。 今回紹介するのはその2種類両方です。 稼ぎ方の違いがあるので固定で支払われるタイプの仕事か、成果給の仕事かに注意しましょう。 に答えるだけの簡単なお仕事です。 普段の行動や企業の開発する商品の参考になるようなアンケートに答えるのが中心です。 会場に集って数人で商品やサービスについてはなす座談会のようなものもあるようです。 とにかく楽なのは間違いありません。 稼げるかどうかは無料登録して試してみるのがいいでしょう。 ネットが繋がればどこでも始めることが出来ます。 2つほど紹介しますので登録して試してみて下さい。

次の

高校生が在宅で働く方法とは?高校生可の在宅ワーク・在宅バイト

在宅バイト

この記事の目次• 在宅ワークの報酬は時給ではなく「完成した成果」に対して支払われる 「在宅ワーク」とは文字通り、家で仕事をすることです。 主にパソコンを使って、ある仕事を完成すること(例えば特定のデータを入力すること)を発注元に約束して、発注元がその結果に対して報酬を払う約束をする「請負契約(業務委託契約)」に基づいて行う仕事を意味します。 同じ家で働く仕事でも、都道府県ごとに最低工賃などの特定の設定がある「家内労働法」に保護される内職とは異なるものです。 その入力に自分が10時間かかっても20時間かかっても、受け取る報酬は変わりません。 1万円の仕事を10時間でできれば時給に換算すると1,000円、20時間かかると時給換算すると500円になります。 この点、普通のアルバイトは仕事をした時間に対して給料が支払われるので、異なっています。 人によっては1時間あたりの受け取る金額が多い人もいれば、少ない人もいるというわけです。 誰にでもできて人気の在宅ワークがデータ入力 在宅ワークの仕事には、ITや事務、デザイン、専門的なサービスなどがあります。 代表的なものは、ウェブサイト、ホームページの作成をはじめ、文書やデータの入力、ウェブデザインや編集、音楽や映像の制作・編集のほか、設計・製図、翻訳などです。 この中で 人気があるのは、例えば、住所や番号など、紙に書かれたデータをパソコンを使ってデジタルデータに作成、入力する仕事です。 スキルとしては、文字入力と簡単なパソコンの操作、メールの送受信ができれば問題ありません。 他には、座談会などのテープ(録音)を再生し、話されている内容(言葉)を打ち込んでデータ化する「文字起こし」と呼ばれるという仕事や、比較的高いスキルが必要なものでは、デザイン・イラスト作成の仕事があります。 これは誰にでもできるものではなく、依頼主のイメージ通りのものを創り上げる、創作能力が必要になってきます。 また、在宅ライター業務も、オーダーにそった内容の原稿を納品するという、特別なスキルが必要になる仕事です。 他にも、翻訳は、語学力が必要になりますね。 家で作業できる時間があり、集中して丁寧な作業ができる人に向いている 在宅ワークでは、どこかの職場まで移動して何かの仕事をするというのではなく、インターネットを介して仕事の依頼を受けたり、郵送、メールなどで業務のやりとりをします。 子どもが小さくて家にいなくてはならない主婦・主夫の方、身体の調子が悪くて家で仕事をしている人、会社などの職場に行かなくてもできる仕事をしている人などが、在宅ワークというスタイルを採っていることがあります。 特に データ入力のバイトでは、「ExcelやWord等、簡単なパソコン入力ができればOK」というところも多いのが特徴。 したがって、応募もしやすく、採用もされやすい傾向があり、在宅ワークのなかでも人気があります。 データ入力の基本はパソコンで文字・数字・情報を登録する仕事 データ入力の仕事といっても内容は様々で、例えば以下のような仕事があります。 ネットで調べた電話番号を入力する• 不動産物件の情報を特定の形式で入力する• あるデータを編集して別のデータに置き換える、図面やグラフを作成する• 通販や応募はがき、アンケートなどの個人情報を入力する• 手書きの申し込み書をパソコンで登録する こういった仕事のなかでは、 ネットで調べた電話番号を表に登録していくような単純でわかりやすいデータ入力が定番のものとして人気があり、募集の数も多くあります。 ただ、他の仕事も、作業ごとに、ルールや入力のマニュアルが決められていることがほとんどですから、基本的なパソコン入力ができれば、特に難しい仕事ではないといって良いでしょう。 こういった内容をコツコツ入力していくのが在宅でのデータ入力ですが、集中して作業をするのが得意な人には、データ入力の仕事は向いています。 また、在宅なので接客をする必要もありませんから、一人で黙々と作業したい人には向いているでしょう。 以上のように、データ入力関係の仕事は高いスキルが必要ではなく、作業時間の見込みも読みやすいので、人気があります。 どれだけ稼げるか、ということについては、自分の作業速度と正確性次第と言えます。 個人情報を取り扱うデータ入力は基本的に在宅ではできない 個人情報のデータ入力のバイトは、在宅ではなくオフィス内勤務が多いです。 個人情報は、氏名だけでなく住所、年齢、家族構成なども含まれている場合がありますから、データ管理をしっかりしなければなりません。 オフィス内であってもパソコンを開きっぱなしにしない、情報を人に言わないしないなど、セキュリティも万全に行わなければいけません。 もちろん、個人情報を漏えいしてしまうと大変な事故になりますから、故意に情報を漏らす人はいないでしょう。 ただ、家のパソコンのセキュリティーが甘く、個人情報が流出してしまった、ということを避けるため、オフィス内での勤務が多い、というわけです。 1時間あたりの報酬の相場は数百円~1,200円程度が多い あらかじめマニュアルが設定されていることが多いデータ入力。 発注内容によって、どのように入力するかや報酬額が異なります。 件数に関係なく時給で給与が出る場合は、上で説明したような個人情報を入力するオフィス勤務のデータ入力です。 様々なデータ入力バイトのなかで、報酬が高くなるのは、作業工程が複雑なもの、特定の知識・スキルを必要とするものなどです。 例えば、データを入力してからさらに編集してグラフや図表を作る、計算式を作るなどまでが含まれる作業は1件あたりの報酬額は高くなります。 また、データに外国語が含まれている場合などは語学力が必要となる場合があり、こういったものも報酬は高く設定されているものがほとんどです。 専門的な能力が必要なデータ入力は1件数百円から高いと数万円のものもあります。 また、ごく単純な数字や文字を入力する、というデータ入力は、報酬単価が1件1円など安く設定されているケースが多いです。 自分がパソコンが得意で、タイピングや数字の入力も早いということであれば、実質的な時給はどんどんアップしていきます。 平均すると、1時間あたりの報酬としては数百円~1,200円程度の仕事が多いです。 また、個人情報を取り扱うデータ入力で、勤務先まで行って仕事をする場合は、時給1,200円以上のケースがほとんどです。 高校生・大学生でもできるデータ入力の仕事もある 基本的なパソコンの操作ができれば、学生でもできるデータ入力の在宅ワーク。 応募のしやすさが人気の仕事です。 最初に紹介したような、単純な数字を打ち込む、文字を打ち込む、数値化したデータをパソコンで編集するなど、データの入力にもさまざまなジャンルがありますから、なかには高校生でも応募が可能なものはあります。 ただし、 高校生が応募する場合、基本的に学校の許可や保護者の承諾が必要です。 ネット上で無料登録で稼げる在宅ワークも存在しますが、データ入力だけのお仕事かどうか、具体的にどのような内容なのかなど、トラブルを防止するため、契約内容や規約をしっかりと確認することが大切です。 このように、高校生は許可、承諾書類の準備も必要なため、一般的には高校生が在宅で可能なデータ入力バイト、というのは多くはないと言えます。 逆に、大学生については特に応募制限などはなく、問題なく応募できるケースが一般的です。 全ての会社が悪い、というわけでは決してありませんが、怪しい会社が存在するのも事実です。 「簡単な仕事で高収入が可能」などのうたい文句で引き寄せておいて、 最初に高額な登録料や教材費、研修の費用などを請求する詐欺まがいの募集もあるので注意が必要です。 「話がうますぎるのでは」など少しでもおかしいと思ったら、消費生活センターに問い合わせることをおすすめします。 大学生になると、在宅でのデータ入力が可能な場合もありますが、なかには怪しげな会社も存在しているため、学生でも社会人でも、利用規約や会社情報をよく確認して、慎重に応募しましょう。 また、高校生・大学生OKで在宅ではない、オフィス勤務でのデータ入力は、短期バイトで募集されるケースがあります。 夏休みや春休みなど期間限定のバイトですが、そういった求人に応募するのはおすすめです。 いつでもどこでも、パソコンやスマホがあればできる便利な在宅ワーク。 時間に縛られずに、自分の得意なことや、経験や資格を活かしてできる人気の仕事ですが、契約については条件などをきちんと確認しておくことを忘れないようにしましょう。 データ入力の求人は大阪・東京に多い 地方にもデータ入力のバイトはあります。 しかし在宅でもデータ入力が可能なバイトでは、どこに住んでいても仕事ができる、というメリットがありますよね。 かといって全ての会社がデータ入力のバイトをする人に、直接、仕事を発注する、というわけではありません。 その仕事自体をほかの会社(代理店)に依頼し、その代理店が東京や大阪には比較的多くあるという事情があります。 したがって、 データ入力のバイトを募集は東京や大阪に多い傾向があります。 在宅データ入力に関しては、代理店のあるエリアの人でなければ応募を受け付けない、ということはめったにありません。 また、上で説明したように、基本的にメールや電話でのやりとりのみで仕事が進むので、もし気になる求人があれば県外の求人でも応募してみると良いでしょう。 まとめ 在宅ワークのなかでも人気の高いデータ入力のバイトについて、仕事の内容、種類や報酬、注意点について詳しく解説しました。 在宅ワークのメリットといえば、なんといってもどこでも仕事ができるところ。 パソコンやスマホさえあれば、自宅でなくても学校やカフェなどでも作業が可能です。 他のバイトと掛け持ちしたり、主婦が家事や育児の合間にできる在宅ワークは、空き時間を有効に使うにはぴったりの仕事と言えるでしょう。 仕事のスケジュールを自分で決められるので、時間に縛られずにマイペースで進められるのも嬉しいところ。 ただ、自由な分、自分で計画性を持って仕事を進めなければ、納期に間に合わなかったり、仕事量が少なく収入につながらないという結果になってしまうこともあります。 時間配分やモチベーションの維持など、しっかりと自己管理をする必要がある仕事だということを覚えておきましょう。 様々な種類のデータ入力の求人はありますが、大学生はできても、高校生はできないケースがありますので、高校生で応募しようとしている場合、応募可能かどうかを確認してから応募されることをおすすめします。 併せてこちらの記事もCheck! がっつり働くわけではないということでバイトを考えているなら、こちらの記事もおすすめです。 データ入力のバイトでオフィスに勤務するもの、そうでないもの様々ありますが、自分に合ったものを探してみましょう。

次の