バイク 塗装。 バイクを塗装できる!おすすめの缶スプレー3つを紹介!

バイク塗装の仕方

バイク 塗装

まず、バイクのホイールを塗装する場合で一番手っ取り早くできる方法が最近耳にすることが多いDIYですね。 日曜大工のことですがホイールもDIYで行ってみましょう。 まずは市販のスプレーでできるかどうかですが、結論から言うとスプレーで塗装は可能です。 DIY感覚で簡単にできますが、注意は何点かあります。 まずスプレーの種類ですね。 塗装スプレーには色々な種類があります。 油性、水性と大きく分けるとありますが油性シリコンラッカースプレーですることをお勧めします。 水性ではすぐ剥離してしまうため耐久性も考えてシリコンラッカースプレーを使いましょう。 ホイールに塗る色により難易度が違ってきます。 薄めの色はムラになりやすく難易度が高いですのでやり直すことを考えてから作業を始めましょう。 バイクのホイールを塗装する前に重要なことは傷の補修と前述しましたが、大きな傷や凹みなどの場合はどのように補修すればいいでしょうか?まず、凹みなどはパテを使って薄く傷を埋めていきます。 アルミホイールの場合は特に大きな傷や凹みが多いことがありますのでこのパテによる補修作業は念入りに行いましょう。 またバイクのホイールはスポークホイールとキャストホイールの2種類がありますがスポークホイールの場合は塗装する場合はかなり難しいです。 スポークが重なり合っている部分もあるため、その重なり合ったスポークがうまく塗装できませんのでスポークホイールの場合は現在のスポークの色と違う色にする場合は塗装はおすすめは出来ません。 スポークホイールの場合は錆び落としなどを行い綺麗に磨いてから元の色に近い色で塗装することが一番きれいに仕上がります。 バイクのホイールを自分で塗装する場合は重ね塗りがおすすめです。 1度だけ縫ってもすぐ剥離していきます。 また剥離した場合は再度磨きなおしてからの塗装となるため面倒になります。 DIY感覚でお手軽に塗装をしてみようと思った場合はまずは塗装に関する勉強をしてからしましょう。 DIYで家具などを作る場合の塗装とはバイクのホイールの塗装は比べると全く難易度も違うため塗装の知識を高めてから実施しましょう。 基本的に塗装は最低でも2度塗り、綺麗に仕上げたい場合は3度塗りです。 この3度塗りの場合で例えばキャストホイールに塗装する場合で綺麗に塗るコツはまずはホイールを真っ黒で縫ってみましょう。 これは下塗りになります。 下地を黒にすることで何色を上から塗っても綺麗に仕上がります。 黒の下地を塗った後良く乾かしてからホイールの色を塗っていきましょう。 この場合同じようにまた乾かしてもう一回塗ります。 実際に自動車やバイク工場で塗装する場合も焼き付けといって黒色でまずは塗装します。 そして上からカラーを選んで縫っていきます。 この重ね塗りが綺麗に仕上がるポイントです。 バイクのホイールとDIYで自分で塗装した場合と料金を比較してみましょう。 この場合は塗装屋は安いところでは1本あたり1万円程度で塗装してもらえますが自分でスプレーでする場合はスプレー缶を下地塗りも含めると2000円程度でできます。 あとは業者で頼んだ場合はスポークホイールの場合は錆び取りが必要な場合などはもう少し高くとられてしまいます。 業者に頼むと綺麗にはできますが値段はそれなりに高くつきます。 タイヤのホイールの塗装は簡単と思いがちですが前後のタイヤをバイク本体から取り外す作業から始まりますので手間がかかります。 自分で塗装する際も勿論タイヤは自分で取ってから塗装しなければいけません。 ですのでかなりの高度な技術と慣れが必要です。 サムネイル画像は下記より引用しました。 yahoo. 6KF.

次の

【自分でバイクをスプレー缶塗装】やり方と方法|絶対に失敗しない6つのコツ

バイク 塗装

バイクのタンクは、バイクの部品の中でも塗装がはげたり傷つきやすい場所です。 でも、塗装をし直せば見栄えはよくなります。 また、オリジナリティを出すために、自分で塗装をしたいと思っている人もいるでしょう。 しかし、タンクの塗装はいきなり市販の缶スプレーを吹きつけてもうまくいきません。 タンクを塗装してみたいが、やり方がよくわからないと悩んでいる人もいるでしょう。 そこで今回は、バイクのタンクを塗装する方法を解説します。 バイクのタンクを塗装するメリット• バイクのタンク塗装を行う方法• バイクのタンクを塗装する手順• 業者に依頼する方法• バイクの塗装に関するよくある質問• おわりに この記事を読めば、塗装に必要な道具などもよくわかることでしょう。 バイクのタンクを塗装してみたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。 1.バイクのタンクを塗装するメリット バイクのタンクは、ガソリンが入っている場所です。 薄い金属でできていて中が空洞になっていますので、ほかの場所よりも傷つきやすく、乗車しているうちに塗料が剥げてきて見た目が悪くなったりします。 再塗装すれば、見栄えがよくなるほか、オリジナリティが出て、個性的なバイクになることでしょう。 合わせてサイドカバーやフェンダーなども一緒に塗ることが可能で、取り外しも簡単なのでぜひ挑戦してみてください。 2.バイクのタンク塗装を行う方法 タンクの塗装は自分でも行うことができます。 しかし、前述したようにスプレー式のラッカー缶を吹きつけるだけでは、美しく仕上がらないだけでなく、あっという間にはがれてかえって見苦しくなるでしょう。 またガソリンを入れる場所でもあるためウレタン塗料のような「耐ガソリン性」に強い塗料を選択する必要もあります。 自分で塗装を行う場合は、次項で説明する方法で、時間をかけて行ってください。 塗料のほか、スプレーガンなどの道具も必要です。 数万円が相場となります。 高いと思うかもしれませんが、いろいろな物への塗装応用ができますので、ご自分で塗装されたい方は機器を揃えてみても良いと思います。 しかし美しく見栄えある塗装にしたいが時間がない、絶対に失敗したくないという場合は、塗装を行ってくれる業者に依頼を検討してみてください。 3.バイクのタンクを塗装する手順 この項では、バイクのタンクを塗装するために必要な道具や手順を紹介します。 ぜひ、参考にしてください。 3-1.バイクのタンクを塗装するために必要な道具 バイクのタンクを塗装するには、以下のような道具が必要です。 (塗膜剥離・下地用の研磨用)• (下地材で、錆を抑えたり塗料のノリをよくするもの)• (モンキーレベルのタンクなら100mlくらいがおすすめ)• (防水加工がされているサンドペーパー、 220~1,000くらいがおすすめ)• (トップコート) 剥離剤や洗浄液アセトンは、より美しく塗装を仕上げたい人向きのプロ用溶剤なので、絶対に必要というわけではありません。 また、塗料はスプレーガンに入れて吹きつけて使いましょう。 塗料をはじめとする各種道具は、でも通販しています。 ぜひ、ご利用ください。 3-2.道具の選び方 ウレタン塗料は、少量サイズから大容量まで販売されています。 バイクのタンクはそこそこの大きさがありますが、硬化剤や薄め液を混ぜれば混合量も増えますので各塗料100ml~200mlあればよいでしょう。 また、タンクは金属ですから、金属に塗装できるものを選んでください。 各種道具は一式そろえておくと、別のものを塗装する際にも使えます。 3-3.塗装手順 塗装は、次のように行っていきましょう。 3-3-1.下地作り 塗装をする前に、古い塗装は剥離剤を塗って剥ぎます。 揮発力の高い剥離剤(200ml以上)は塗った後サランラップなどに包んで揮発を抑えると、メラメラと塗料が剥がれてきます。 そのあとはスクレッパーなどで剥いでいくと塗膜は綺麗に剥がれます。 それを何度か繰り返してください。 肌につかないように手袋をして作業しましょう。 剥離が終わったら、さびがないか確認してください。 さびがある場合は、耐水ペーパー( 2,000)で削り落とします。 さびをきれいにしたら、ウレタンサフェーサーを吹きつけましょう。 なお、サフェーサーの乾燥は24時間以上かかります。 完全に乾かしてから次の作業を行ってください。 3-3-2.下地の研磨 サフェーサーが乾いたら、耐水ペーパー( 1,000)で足づけという作業を行います。 下地にわざと傷をつけることで、塗料のノリをよくするためです。 ですから、丁寧に行ってください。 見本でいただいた絵と一緒になりました。 ぼかしに使ったスプレーガンは明治F55-G(平吹きタイプ)です。 3-3-4.仕上げ 塗料が乾いたら、ウレタンクリアーを吹きます。 剥離防止にもなるので、2度~3度塗り位しておきましょう。 シールなどを張りたい場合は、カラー塗装が終わったらタンクに貼り、その上からウレタンクリアーを吹くとコーティングされたようになり、剥がれにくくなります。 ウレタンクリアーが完全に乾いたら、 1,000の耐水ペーパーで足つけ作業を行い、2回目を吹いていきましょう。 3回ウレタンクリアーを重ね吹きすれば、傷もつきにくくなるはずです。 クリアーが完全乾燥したらコンパウンドで磨きをしていきましょう。 3-4.注意点 タンクの塗装は、手間暇がかかります。 完全に乾かしてから次の作業へ進む必要があるので、3日以上はかかるでしょう。 ドライヤーや乾燥機を使えば多少は時間を節約できますが、完全に乾かないうちに次の作業へ進めば、うまくいきません。 また、手順を省略しても、同様に失敗します。 初心者は、「このくらい省略しても大丈夫だろう」と思いがちですが、塗装は手を掛ければ掛けるほど仕上がりが美しくなるので頑張ってください。 なお、作業は風通しがよく雨風が吹き込まない場所で行うのが最適です。 室内で行う場合は、換気に注意しましょう。 4.業者に依頼する方法 バイクのタンク塗装は、バイクの修理や改造を請け負っている会社や、ペイントを専門に行う会社などが請け負っています。 では塗料販売を始め塗料機器の購入アドバイスも請け負っていますので、ぜひ利用してみてください。 業者に依頼する際は、値段だけでなく口コミなどの評判も確認しましょう。 なお、個人がインターネット経由で塗装を請け負っていることもありますが、趣味の延長というケースも多く、トラブルが起こる可能性もあります。 確実に美しい塗装をしてほしい場合は、実績のある業者に依頼しましょう。 5.バイクの塗装に関するよくある質問 Q .塗装をする際の服装はどのようなものがいいですか? A.肌をできるだけ露出させない、汚れてもいい服装をしましょう。 髪の毛はタオルで覆い、マスクやゴーグルをかければ完璧です。 Q .塗装は外でやってもかまいませんか? A.大丈夫ですが、塗料が飛び散ることも多いので周囲の環境に気をつけてください。 また、雨の日などでは湿度も高くなり白化(カブリ)現象も起こる可能性があるため湿度70%以上の日は避けたほうがよいでしょう。 Q .塗装中の乾燥場所はどこがおすすめでしょうか? A.雨風が吹きこまず、風通しがよくほこりが少なければ最適です。 Q .やってはいけない塗装などはありますか? A1.警察車両と見間違えるような塗装はダメです。 A2.キャラクターなどの著作権が発生するような絵や模様はNGです。 Q .模様を描くことはできますか? A.はい。 マスキングテープを利用すれば簡単です。 また、筆で模様を描いてもいいでしょう。 6.おわりに いかがでしたか? 今回はバイクのタンクに塗装する方法を紹介しました。 美しく塗装をするには、ある程度の道具と時間がかかります。 1度しか塗装をする予定がないという場合は、道具を買いそろえるよりもプロに依頼をした方がいいでしょう。 道具をそろえるのと比べても、値段がまったく違うということもありません。

次の

色名表の案内

バイク 塗装

まず、バイクのホイールを塗装する場合で一番手っ取り早くできる方法が最近耳にすることが多いDIYですね。 日曜大工のことですがホイールもDIYで行ってみましょう。 まずは市販のスプレーでできるかどうかですが、結論から言うとスプレーで塗装は可能です。 DIY感覚で簡単にできますが、注意は何点かあります。 まずスプレーの種類ですね。 塗装スプレーには色々な種類があります。 油性、水性と大きく分けるとありますが油性シリコンラッカースプレーですることをお勧めします。 水性ではすぐ剥離してしまうため耐久性も考えてシリコンラッカースプレーを使いましょう。 ホイールに塗る色により難易度が違ってきます。 薄めの色はムラになりやすく難易度が高いですのでやり直すことを考えてから作業を始めましょう。 バイクのホイールを塗装する前に重要なことは傷の補修と前述しましたが、大きな傷や凹みなどの場合はどのように補修すればいいでしょうか?まず、凹みなどはパテを使って薄く傷を埋めていきます。 アルミホイールの場合は特に大きな傷や凹みが多いことがありますのでこのパテによる補修作業は念入りに行いましょう。 またバイクのホイールはスポークホイールとキャストホイールの2種類がありますがスポークホイールの場合は塗装する場合はかなり難しいです。 スポークが重なり合っている部分もあるため、その重なり合ったスポークがうまく塗装できませんのでスポークホイールの場合は現在のスポークの色と違う色にする場合は塗装はおすすめは出来ません。 スポークホイールの場合は錆び落としなどを行い綺麗に磨いてから元の色に近い色で塗装することが一番きれいに仕上がります。 バイクのホイールを自分で塗装する場合は重ね塗りがおすすめです。 1度だけ縫ってもすぐ剥離していきます。 また剥離した場合は再度磨きなおしてからの塗装となるため面倒になります。 DIY感覚でお手軽に塗装をしてみようと思った場合はまずは塗装に関する勉強をしてからしましょう。 DIYで家具などを作る場合の塗装とはバイクのホイールの塗装は比べると全く難易度も違うため塗装の知識を高めてから実施しましょう。 基本的に塗装は最低でも2度塗り、綺麗に仕上げたい場合は3度塗りです。 この3度塗りの場合で例えばキャストホイールに塗装する場合で綺麗に塗るコツはまずはホイールを真っ黒で縫ってみましょう。 これは下塗りになります。 下地を黒にすることで何色を上から塗っても綺麗に仕上がります。 黒の下地を塗った後良く乾かしてからホイールの色を塗っていきましょう。 この場合同じようにまた乾かしてもう一回塗ります。 実際に自動車やバイク工場で塗装する場合も焼き付けといって黒色でまずは塗装します。 そして上からカラーを選んで縫っていきます。 この重ね塗りが綺麗に仕上がるポイントです。 バイクのホイールとDIYで自分で塗装した場合と料金を比較してみましょう。 この場合は塗装屋は安いところでは1本あたり1万円程度で塗装してもらえますが自分でスプレーでする場合はスプレー缶を下地塗りも含めると2000円程度でできます。 あとは業者で頼んだ場合はスポークホイールの場合は錆び取りが必要な場合などはもう少し高くとられてしまいます。 業者に頼むと綺麗にはできますが値段はそれなりに高くつきます。 タイヤのホイールの塗装は簡単と思いがちですが前後のタイヤをバイク本体から取り外す作業から始まりますので手間がかかります。 自分で塗装する際も勿論タイヤは自分で取ってから塗装しなければいけません。 ですのでかなりの高度な技術と慣れが必要です。 サムネイル画像は下記より引用しました。 yahoo. 6KF.

次の