迷惑電話ストップサービス ドコモ。 ドコモ光 電話

固定電話サービス

迷惑電話ストップサービス ドコモ

この記事の目次• ドコモには着信拒否を設定するための「迷惑電話ストップサービス」があります。 「迷惑電話がかかって困っている…」「ただ迷惑電話の拒否設定が分からない…」というように、迷惑電話の対処に困っているドコモユーザーにおすすめなサービスです。 迷惑電話ストップサービスを活用すれば、登録した電話番号からの電話を拒否できたり非通知設定番号も拒否できたりします。 本記事では、着信拒否を設定する方法や履歴が気になる人のためにも、着信履歴の残り方や相手へのアナウンス内容についても説明します。 着信拒否の方法がよく分からない人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。 迷惑電話ストップサービスできること• 最大30件まで番号を登録• 非通知設定番号を拒否• 圏外でも着信拒否可能• 申し込み不要無料で使える• 無料で使える 携帯電話や一般電話、IP電話など最大30件もの電話番号を登録できます。 電話登録した番号からの着信は「おかけになった電話番号への通話はおつなぎできません」というように応答して、 電話を自動的に終了させてくれます。 また、圏外にいるときや電話をOFFにしているときでも着信拒否ガイダンスが流れるようになっています。 電話番号が非通知の場合も、簡単操作で着信拒否登録が可能です。 そして、これらの機能は 全て申し込み不要かつ 無料で利用できます。 My docomoでの着信拒否サービス設定方法• My docomoにログインする• 「設定 メール 等」を選択する• 「迷惑電話ストップサービス」を選択する• 「登録済み電話番号」にある「さらに電話番号を追加する」を選択する• 「電話番号を入力してください」という入力フォームがでる• 登録したい電話番号を入力する• 「確認する」を選択する• 内容を確認して「設定を確認する」をタップする• 設定完了 登録した電話番号を削除したい場合は、「迷惑電話ストップサービス」の画面に登録されている電話番号の横にある「削除」ボタンを選択すれば設定の解除が可能です。 ダイヤル操作で設定する ダイヤル操作でも迷惑電話ストップサービスに、電話番号と登録することが可能です。 電話帳アプリでの設定方法• 電話アプリを開く• 「メニュー」をタップする 右横にある縦三本線です• 「設定」をタップする• 「通話」をタップする• 「ネットワークサービス」をタップする• 「迷惑電話ストップサービス」をタップする• 「番号指定拒否登録」をタップする• 「電話番号入力」の欄にを指定の電話番号を手入力する• 「拒否登録します」と表示が出たらOKをタップ 電話番号の手入力だけでなく、電話帳や発信履歴、着信履歴からの電話番号の登録もできます。 手入力しなくてもよいので手間が省けます。 Androidユーザーならば、ぜひ試してみてください。 非通知でかかってきた番号を拒否する方法 迷惑電話ストップサービスは、非通知でかかってきた番号の拒否も可能です。 非通知の場合は電話番号が表示されませんが、「最後に着信して通話した番号の登録」機能を使えば拒否することができます。 ただ、「着信して通話をする」が条件なので 不在着信状態では設定ができません。 そのため、一度電話に出て通話すれば拒否の設定ができます。 通話を終了したら「最後に着信して通話した番号の登録」で相手の番号を登録しましょう。 また、拒否した相手が非通知を解除して電話をかけても拒否設定は有効です。 非通知で何度もかけてくる電話があったら、この方法も試してみてください。 電話アプリからの解除方法• 電話アプリを開く• メニューを開く• 「設定」をタップする• 「通話」をタップする• 「ネットワークサービス」をタップする• 「迷惑電話ストップサービス」をタップする• 「登録番号全件削除」もしくは「最終登録番号削除」をタップする 電話アプリからの解除方法は、 登録した全ての電話番号と最終登録番号のみでしか削除できません。 登録してある番号の一覧から指定して解除したい場合は、Mydocomoかダイヤル操作で解除するようにしましょう。 着信拒否した場合の着信履歴の残り方 迷惑電話ストップサービス、スマホアプリの着信拒否の着信履歴の残り方について説明していきます。 迷惑電話ストップサービスの場合 迷惑ストップサービスで拒否しているナンバーから着信があった場合、 履歴は残りません。 また、 着信があったことの通知も届きません。 迷惑電話がかかってきたという事実を知らないで済みます。 スマホアプリの着信拒否機能の場合 スマホアプリの着信機能はiPhoneとAndroidで異なります。 Androidの場合 Androidの着信拒否では、 着信履歴は残らずSMSの通知も届きません。 iPhoneの場合 iPhoneで着信拒否したときでも 履歴は残りません。 ただ、着信があったことは SMSで通知されます。 通知されたくない場合は、 迷惑電話ストップサービスを利用すると対策できます。 着信拒否した場合の相手への聞こえ方・アナウンス内容 相手への聴こえ方やアナウンス内容について、迷惑電話ストップサービスの場合とスマホアプリの着信拒否機能の場合でどうなるかを説明します。 迷惑電話ストップサービスの場合 電話をかけてきた相手側には「おかけになった電話番法への通話はおつなぎできません」といった 案内が2回流れてから自動的に通話が切れるようになっています。 スマホアプリの着信拒否機能の場合 相手への聞こえ方・アナウンス内容もiPhoneとandroidで異なります。 iPhoneの場合 iPhoneの場合は「ツーツー」という話し中のときのような音が流れます。 その後、画面に 「接続できません」と表示されて自動的に通話が切れます。 音声によって拒否していることが、 相手に知られる可能性は低いでしょう。 androidの場合 相手側は音声が流れないで ワンコールで自動的に切断された状態になります。 相手側に音声などを流してほしくなければ、Androidの着信拒否を使うのが便利でしょう。

次の

迷惑電話ストップサービスで着信拒否した番号を取り消す

迷惑電話ストップサービス ドコモ

Androidスマホでは2パターン存在する「迷惑電話」対策 ドコモの迷惑電話対策には、大きく分けて二つの方法があります。 一つは、留守番電話やキャッチホンと同じ「ネットワークサービス」に分類される、「 迷惑電話ストップサービス」。 もう一つが、通話設定の中にある「 着信拒否設定」です。 どちらも役割としては、「 特定の相手からの電話を拒否する」というものとなりますが、設定方法や、かけた側の相手への拒否の伝わり方が異なるため、自分の状況に照らしてどちらがより今使うのにふさわしいかを判断して使い分けたいところです。 それぞれ解説していきます。 ドコモの迷惑電話ストップサービス ドコモの迷惑電話ストップサービスは、フィーチャーフォン時代からずっと提供され続けているサービスです。 スマホにおける設定では、「通話設定」の中の「ネットワークサービス」と入っていくのですが、最近は「設定」メニューの中に「通話設定」を見つけることはほとんどの機種でできず、通話アプリのメニューから設定、と入っていく形になっています。 通話設定の中に、「ネットワークサービス」という項目を見つけることができるので、これを選択します。 ちなみに、もう一つの迷惑電話対策として後述する「着信拒否設定」もこの画面内で見つけることができます。 ネットワークサービスの中に、「迷惑電話ストップサービス」を見つけることができるので、これを選択します。 さらに、迷惑電話ストップサービスの中の、「着信番号拒否登録」または「番号指定拒否登録」を選びます。 着信番号拒否登録では、最後に着信応答した相手の電話番号を着信拒否登録し、番号指定拒否登録では、 直接電話番号を入力するか、連絡先から検索、または通話履歴から検索して対象の番号を設定することができます。 拒否登録件数は最大30件までで、それ以上追加する場合には、一番古い番号を削除して登録するか、任意の番号をWEBサイトにログイン後、選択して削除してから新しい番号の登録を行います。 ちなみに、この「迷惑電話ストップサービス」を利用した場合の相手への伝わり方としては、「 おかけになった電話番号への通話は、お繋ぎできません」というアナウンスを2回繰り返したのち、自動的に切れます。 着信した側の携帯電話には、 着信履歴は残りませんので、「迷惑電話がかかってきた」、という事実に気づくこともありません。 ドコモの着信拒否設定 通話設定の中のネットワーク設定とは別枠に、「着信拒否設定」という項目を見つけることができます。 着信拒否設定の中には、「電話帳登録外」「非通知」「公衆電話」「通知不可能」という項目が並んでいます。 それぞれの項目をONにすると、該当の番号からの電話着信を拒否する、という設定になります。 つまり、電話帳に登録している人以外からの電話を拒否したい場合は「電話帳登録外」をONにし、公衆電話からの電話を拒否したい場合には「公衆電話」の項目をONにする、という具合です。 絶対に登録外や非通知、公衆電話などから電話がかかることはない、という場合には、すべてONにしておいてもいいと思います。 ただその場合、相手が携帯を紛失したり故障したりしてしまった場合に、緊急で他の番号や公衆電話からかけようと思ってもかかりませんので、その点は注意が必要です。 かけた相手への動作としては、電話をかけたらワンコール後すぐに切断され、「接続できません」、という表示が出ます。 かけられた側への着信履歴の表示はありませんので、こちらも迷惑電話ストップサービス同様、迷惑電話がかかってきたこと自体気づきません。 ただ、上記の4項目の拒否だけだと着信拒否としては少し弱いため、ちゃんと 番号指定での着信拒否もできるようになっています。 電話番号は万一のために電話帳に残しておきたいが、着信拒否はしたい、という場合などに利用しましょう。 迷惑電話ストップサービスと着信拒否設定、どちらがいい、ということは特にありませんので、用途に合わせて使い分けましょう。 以上が、Androidスマートフォンの場合の迷惑電話拒否の設定です。 iPhoneの場合は内容がまた全く異なるので、続けてご案内していきます。 iPhoneの場合の迷惑電話拒否 iPhoneの迷惑電話拒否も、2通りのパターンがありますが、拒否設定をする場所が違うだけで、内容は全く同じです。 一つは、設定の「電話」から実施します。 「着信拒否設定と着信ID」という項目がみつかりますので、これを選びます。 「連絡先を拒否設定」から、拒否設定したい電話番号を選びます。 登録が完了すると、上記画面内に拒否している番号が表示されます。 それで完了です。 もう一つの方法としては、電話帳から該当番号を選び、その中から「この発信者を着信拒否」を選ぶと同じように拒否設定が完了します。 相手側には、常に「電話中」として表示されます。 着信履歴は、残りません。 慣れてしまえば簡単で、すぐに着信拒否をすることができます。 ドコモのスマホ・ケータイでSMS拒否もできる 迷惑だな、と感じる電話に関しては、以上のような設定を活用することで、完全にシャットアウトすることができます。 が、もし相手が知人の場合、電話でダメなら他の手段で、ということで、メールやLINEなどの手段に出てくる可能性もあります。 メールは受信拒否、 LINEはブロックが可能ですが、もう一つ、 SMSという手段があります。 これについても、 ドコモのメール設定サイトにて、「 SMS拒否設定」という項目があり、全拒否、条件指定拒否、電話番号指定拒否のいずれかが可能です。 こちらも有効に活用しましょう。 ただ、もし単なる迷惑行為ではなく、付きまといのような感じになっているのであれば、早めの警察などへの相談なども考えた方がいいのかもしれません。 以上、意外に知っているようで知らない、迷惑電話拒否についてでした。 迷惑電話拒否設定をしなければならないようなケースはないに越したことはないですが、万が一の際には活用されてください。

次の

迷惑 電話 ストップ サービス 解除

迷惑電話ストップサービス ドコモ

迷惑電話ストップサービス(ドコモ回線)• 着信拒否する電話番号の指定登録• 「144」に発信します。 「ネットワーク暗証番号を押してください」のガイダンスが流れたら、4 桁のネットワーク暗証番号を入力します。 メインメニューのガイダンスが流れたら「1」を押します。 現在登録されている電話番号の件数のガイダンスが流れたら「2」を押します。 「電話番号を登録してください」のガイダンスが流れたら、着信を拒否したい電話番号を押します。 「設定しました」のガイダンスが流れたら、「 」を押して電話を切ります。 登録した電話番号の確認• 「144」に発信します。 「ネットワーク暗証番号を押してください」のガイダンスが流れたら、4 桁のネットワーク暗証番号を入力します。 メインメニューのガイダンスが流れましたら「2」を押します。 現在登録されている電話番号の件数のガイダンスが流れたら「2」を押します。 登録されている電話番号が流れたら「2」を押して次の番号を確認します。 登録した電話番号の指定削除• 「144」に発信します。 「ネットワーク暗証番号を押してください」のガイダンスが流れたら、4 桁のネットワーク暗証番号を入力します。 メインメニューのガイダンスが流れましたら「2」を押します。 現在登録されている電話番号の件数のガイダンスが流れたら「3」を押します。 「電話番号を入力してください」のガイダンスが流れたら、削除したい電話番号を押します。 登録した電話番号の全件削除• 「144」に発信します。 「ネットワーク暗証番号を押してください」のガイダンスが流れたら、4 桁のネットワーク暗証番号を入力します。 メインメニューのガイダンスが流れたら「2」を押します。 現在登録されている電話番号の件数のガイダンスが流れたら「9」を押します。 「すべての登録番号を削除します」のガイダンスが流れたら「1」を押します。 「登録されている番号を削除しました」のガイダンスが流れたら、「 」を押して電話を切ります。

次の