ハウスメーカー 事務 求人。 ハウスメーカーの転職・求人情報

『7月Start◎』大手ハウスメーカーのマンション部門で事務♪♪|派遣の求人検索サイト ジョブチェキ!

ハウスメーカー 事務 求人

新しい仕事をスタートするなら、安定した企業を選びませんか?当社は兵庫県内に5つの店舗を構え、住宅の土地選定から造成、設計、施工、販売、アフターフォローまでをトータルでハウスメーカーです。 転居を伴う転勤はありませんので、ずっと関西で働けます。 ガラス張りで自然光が温かい、開放感のあるオフィス。 そんな、モデルルームを併設するオフィスがあなたの職場です。 住宅はお客様にとって一生に一度の買い物。 期待はもちろん不安も多いからこそ、家が完成した時の喜びも格別です。 あなたにお任せしたいのは、そんな家づくりを担う当社を支える、大切なポジションです。 私たちと一緒に、一つでも多くの家庭に笑顔と幸せを届けましょう。 事務スタッフ<安定のハウスメーカーで、家づくりのサポート業務>書類作成や顧客リスト作成、データ入力といった業務を通じて、社内で営業メンバーをサポートする役割を担います。 コツコツ段取り良く仕事に取り組めば、仲間から感謝の言葉をかけてもらえる仕事です。 また、月に1回程度本店に併設されているモデルハウスでのイベントを手伝う役割も担います。 お客さまにとっても会社にとっても大切な書類なので丁寧に進めていきましょう。 フォーマットに、個人情報や住宅の引き渡し後の連絡先などを入力し、PCで情報を管理してください。 家づくり様々な職種や、業者と連携が不可欠。 あなたには、その橋渡し役になっていただきます。 <入社後サポート> まずは先輩社員と一緒に各業務に取り組みながら、仕事の進め方を覚えていきましょう。 わからないことがあれば気軽に質問できますので、ご安心ください。 募集背景 兵庫県内に5つの店舗を構え、住宅の土地選定から造成、設計、施工、販売、アフターフォローまでをトータルで手がける当社。 地域に密着した事業展開で、お客様からのお問い合わせも着実に増えています。 そして、今秋には大阪市中央区に大阪支店をオープン。 そこで居心地が良く洗練された当社自慢のショールームで、サポートをしていただく事務スタッフを募集します。 期間中の給与・待遇は変わりません。

次の

住宅・ハウスメーカーの求人・転職情報|パソナキャリア

ハウスメーカー 事務 求人

ハウスメーカーの市場規模の推移 ハウスメーカーとは主に戸建て住宅の建築や施工を行う企業を指します。 (企業によってはマンションも手掛けるところもありますが、多くは戸建て住宅の認識であることが多いです) 転職ステーションの集計によると、 ハウスメーカーの売上高は 2011年以降は比較的堅調に推移しています。 特に2014年の消費税増税前の駆け込み建築ラッシュは戸建て住宅も例外ではありません。 新設着工戸数ベースで見ても、増税後は一旦落ち込んだものの、以降はじわじわと伸びを見せています。 (出典:) しかし今後は人口減少などにより住宅の需要が減少傾向に転じることも予想されます。 転職前におさえておきたい「住宅ニーズの多様化」 最近の住宅に求められるものは「建物の性能」であり、特に高耐久性や耐震性、省エネルギー性が重視されるという調査結果があります。 実際、最近増えているのが「スマートハウス」や「ZEH(ゼッチ)」です。 スマートハウスはITによって省エネ・畜エネが可能な住宅、ZEHは省エネ・創エネ・断熱によってエネルギー収支が実質ゼロになる住宅で、国が推進しており補助金交付制度もあります。 大手各社がこのスマートハウスやZEHに積極的に参入しています。 また、リフォーム済の中古住宅の購入検討者も一定数おり、 リフォームやリノベーション事業に新たに参画する企業も増えています。 他には核家族化や高齢化など、家族構成やライフスタイルの変化によって住宅に求められる設備や機能も変わってきます。 転職の際には、最近の住宅のニーズを押さえておくとよいでしょう。 ハウスメーカーは大手寡占の業界ではない 当サイトにはハウスメーカーとして80程の企業が登録されていますが、実は ハウスメーカーは大手がシェアを独占している業界ではありません。 大手10社の着工数は全体の3割ほど、残り7割は中堅 メーカーや地場の工務店などが占めているというデータもあります。 (出典:) つまり、 大手でも中小でも、今後の住宅のニーズや時代の流れにうまく乗ることが出来れば、様々な可能性が開ける業界であるといえます。 ハウスメーカーの過去8年間のデータ.

次の

ハウスメーカーの求人情報|マイナビ転職 正社員求人サーチ

ハウスメーカー 事務 求人

ハウスメーカーの市場規模の推移 ハウスメーカーとは主に戸建て住宅の建築や施工を行う企業を指します。 (企業によってはマンションも手掛けるところもありますが、多くは戸建て住宅の認識であることが多いです) 転職ステーションの集計によると、 ハウスメーカーの売上高は 2011年以降は比較的堅調に推移しています。 特に2014年の消費税増税前の駆け込み建築ラッシュは戸建て住宅も例外ではありません。 新設着工戸数ベースで見ても、増税後は一旦落ち込んだものの、以降はじわじわと伸びを見せています。 (出典:) しかし今後は人口減少などにより住宅の需要が減少傾向に転じることも予想されます。 転職前におさえておきたい「住宅ニーズの多様化」 最近の住宅に求められるものは「建物の性能」であり、特に高耐久性や耐震性、省エネルギー性が重視されるという調査結果があります。 実際、最近増えているのが「スマートハウス」や「ZEH(ゼッチ)」です。 スマートハウスはITによって省エネ・畜エネが可能な住宅、ZEHは省エネ・創エネ・断熱によってエネルギー収支が実質ゼロになる住宅で、国が推進しており補助金交付制度もあります。 大手各社がこのスマートハウスやZEHに積極的に参入しています。 また、リフォーム済の中古住宅の購入検討者も一定数おり、 リフォームやリノベーション事業に新たに参画する企業も増えています。 他には核家族化や高齢化など、家族構成やライフスタイルの変化によって住宅に求められる設備や機能も変わってきます。 転職の際には、最近の住宅のニーズを押さえておくとよいでしょう。 ハウスメーカーは大手寡占の業界ではない 当サイトにはハウスメーカーとして80程の企業が登録されていますが、実は ハウスメーカーは大手がシェアを独占している業界ではありません。 大手10社の着工数は全体の3割ほど、残り7割は中堅 メーカーや地場の工務店などが占めているというデータもあります。 (出典:) つまり、 大手でも中小でも、今後の住宅のニーズや時代の流れにうまく乗ることが出来れば、様々な可能性が開ける業界であるといえます。 ハウスメーカーの過去8年間のデータ.

次の