プライベート 画像。 新型ウイルスでプライベートジェット業界が活況? 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

【画像】ロシアの新人女子警察官がプライベートSNSにヌード画像を上げ大炎上

プライベート 画像

3月30日の卒業挨拶、そして4月1日のファミリーコンサートの放送を最後に番組から卒業しただいすけお兄さんですが、どのように感じているのでしょうか? だいすけお兄さんは現在の心境について、このように回答しています。 まずは9年間、無事に走り終えることができて、ほっとしているというのが正直な気持ちです。 うたのお兄さんとして歌を元気に届けるという使命をいただき、9年間歌い続けることができて、本当に幸せな時間を過ごすことができました。 9年間の激務を終え、その時間を「本当に幸せな時間」と語ってくれているだいすけお兄さん。 なんせ9年間ですからね、本当にたくさんの思い出があるでしょうし、番組収録でもファミリーコンサートでも数えきれないほど多くの子ども達、そして保護者の方たちと出会ってきただいすけお兄さん。 この質問に対しては、まだ公開されていないだいすけお兄さんのファミリーコンサートでの卒業挨拶についての裏話を語ってくれました! 4月1日に放送した島根県益田市でのコンサートが最後の回だったんですけど、それまで自分の言葉をありのまましゃべることって、ほとんどなかったんですよ。 だから最後に何を言えばいいのか、自分でもなかなかはっきりしていなくて。 公演に向かう前日、(三谷)たくみお姉さん(2016年4月2日卒業)の最後のコンサート映像を観て、参考にしました。 ここまで続けることができたのは、いろんな方々に支えてもらったお陰なので、それを思い返したりしましたね。 そういったことが自分の言葉として出せたらいいなと思っていたら、本番当日は自然にお別れを言うことができました。 たくみお姉さんの最後のコンサート映像を確認してから最後のファミリーコンサートに臨んだというだいすけお兄さん! 「うたのおにいさん」としていつもは台本にある台詞しか言ってはいけないですもんね…。 そうなると確かに自分の言葉を紡ぎ出すのが難しく感じてしまうかもしれません。 だいすけお兄さんはこのように回答されています。 僕がうたのおにいさんになって2年目に50周年記念コンサートがあったんですよ。 そのときに歴代のうたのおにいさんの先輩たちと会う機会があって。 50年を経て、また次の50年へ向けて歩みを進めていく中で、自分がその1ページを務めさせてもらうんだと思った時、いつかは終わりもくるものなんだとは漠然と考えました。 そして去年、たくみお姉さんが卒業したとき、僕が番組に残せるものはなんだろうと考えて…。 その都度、番組のプロデューサーや制作のスタッフたちと、いろんな話をしました。 50周年の記念コンサートの時に既に「卒業」を漠然とながら意識していたんですね…! この記念コンサートが行われたのは2009年11月のこと。 まだまだ初々しい姿を見せてくれていただいすけお兄さんでしたが、就任して2年目で「卒業」を意識するなんて「おかあさんといっしょ」のこれからも続く長い歴史を思ってのことではないでしょうか。 「うたのおにいさん」としての時間を「幸せな時間」と感じられていただいすけお兄さんだからこその考えなのかもしれませんね。 スポンサードリンク そして話は「うたのおにいさん」としての務めについての話題に。 私も思っていたことですが、「9年間うたのおにいさんを務めるのは大変なこともあったのでは?」という質問がされました。 しかし、だいすけお兄さんの回答はもう本当に素敵!としか言いようのないものでしたよ~! 僕はどちらかというと、すぐに口に出してしまうタイプなので、それほど大変だと思ったことはないですね。 今の番組の流れに合っているかどうかは別として、やってみたいことは常日頃からスタッフにも伝えてきていました。 我慢するようなことも、あまりなかったかなぁ。 ただ、月曜から土曜までNHKにいて、やることがいっぱいあったので、その流れを崩さないようにすることは気をつけていました。 たとえば健康管理とか…。 体調を崩しそうなときは、ヨーグルトや納豆を食べたり。 それに、冬だと番組に来てくれる子どもたちが風邪を引いていることもあったりして。 収録中、子どもたちに「お兄さんが『元気?』って聞いたら、『はーい!』って返事してね」って呼びかけるんですけど、「私、風邪ひいてる」っていう子がいたり。 そういうときは、「無理しなくていいからね」って声をかけています。 優しい…(涙) 最後の1行の優しさにグッときました(><) 体調管理って忙しくなればなるほど疎かになりがちですよね。 しかし、番組収録にきてくれる子ども達の為にも体調は崩していられませんね。 在任中に新型インフルエンザにかかってしまったこともあり、コンサートが延期になってしまったこともあるそうなので、より体調管理には慎重になったのかもしれません。 そして、インタビューの中で一番驚いたのは、「イメージもあるし、窮屈に感じたことはないのか」と問われたときのだいすけお兄さんのこの回答! そういったことはあまり感じたことはないですね。 ありのままの僕をみなさんが受け入れてくださった気がします。 もちろん、先代のお兄さんから代替わりしたとき、最初は僕に慣れてもらうことに悩んだことはありました。 でも、うたのお兄さんであることで、プライベートが窮屈になったと思ったことは一度もないかなぁ。 窮屈に感じたことがない…!? 私が知っている限りでも「うたのおにいさん」に課せられる制約はものすごく厳しいものだと思います。 「イメージがあるのは分かるけど、お兄さん・お姉さん達は大変なんじゃないかな?」と思っていましたが、だいすけお兄さんは一度もそのように感じたことがないそうで…。 ただただ驚きです。 本当に「うたのおにいさん」が天職なんだなぁと感じました。 ありのままでいながら皆に愛され、しかも制約すら窮屈に感じない。 これを才能と言わずなんと言いましょう…なんて素晴らしいお兄さん…! スポンサードリンク そんなだいすけお兄さんですが、「うたのおにいさん」として気を付けていたことは少し意外?なことでした。 3歳とか4歳の子って、やっぱりお母さんといる時間が長いので、女性のほうが親しみやすいみたい。 最初の頃、大人の男性っぽさを出すと、子どもたちが引いてしまう瞬間もあったんです。 だから、妖精みたいに中性的な雰囲気でいるようにはしていました。 それはだいすけお兄さんが意識して出さないようにしてくれていたからなんですね。 だいすけお兄さんはとにかく優しさを感じるお兄さん。 でも、子どもたちの反応をよく見ていたら、変顔にもすごく喜んでくれていて。 そういうふうに、面白い顔やコスプレをするのもアリだなって思ったんです。 勇気を出してスタジオのような慣れない場所に来てくれた子どもたちに、ひとつでも多くの思い出や楽しさを味わってもらいたいというのもありました。 小学生に上がるまでの子どもは、何でも吸収する時期。 心を豊かにしてくれる音楽をいっぱい聴かせることで、豊かな人生を送れるようになるだろうってことを知ったんです。 そこで子どもに向けた歌をやりたいと漠然と思って家に帰ったら、5つ年下の弟が『おかあさんといっしょ』を観ていて。 そのとき「これだ!」と思ったのが、うたのお兄さんになることでした。 まぁ、中学校の先生からは「あなた、中学時代からうたのお兄さんになりたいって言ってたわよ」って言われるんですけどね(笑)。 家ではのんびり過ごしてますし、好きな散歩をしたり、自転車で海の方まで行ったり。 お風呂も好きなので、銭湯に行くのが趣味と言ってもいいかもしれません。 スーパー銭湯のほかにも、街中にあるような普通の銭湯に行くことも多いですね。 湯船に浸かっていると、もう極楽気分。 銭湯で極楽なだいすけお兄さん…! 前も別のインタビューで「おじいちゃんみたいと言われる」と回答していただいすけお兄さんですが、銭湯のくだりは初耳です(笑) しかも銭湯というと老若男女足を運ぶ場所! 子ども達にバレてしまうのでは?という質問もありましたが… それはないですね。 湯船で4~5歳の子どもがわしゃわしゃ泳いでいたので「気持ちいい?」って聞いたんですけど、普通に「気持ちがいいよ」って答えてくれるくらいで、まず気づかれません。 番組ではカラフルな洋服を着ていますし、夢の住人だと思っている子どもたちも多いんじゃないかな。 僕は普通に電車も乗りますし、スーパーへも買い物へ行くんですが、街を歩いていても声を掛けられることもないです。 こんなところにいるはずないって、うたのお兄さんを別次元の人間だと思っているからじゃないでしょうか。 ああ~、何かちょっと納得できます。 また、「うたのおにいさん」時代であれば絶対に聞くことができなかったであろう「お酒は好き?」という質問に対しては期待を裏切らない(?)回答をしてくれました! 僕、あまりお酒を飲むほうではないんですよ。 どちらかというと甘いものが好きで、炭酸ジュースが好き(笑)。 出演していた当時は、コンサートで地方へ行くと、必ず名物のお菓子を買ってきて、みんなで食べていました。 『おかあさんといっしょ』を観てくれてる子たちには、おなじみの曲もたくさん収録されたアルバムです。 昨年のメモリアルDVD・CDとあわせて僕が過ごしてきた9年間が凝縮されていますので、ひとつの思い出として、子どもたちといろんな曲を聴いて、楽しんでほしいですね。 「あおうよ!」は、(小野)あつこお姉さん(2016年4月4日就任)とのスタートとなった曲なので、思い出深いですね。 たくみお姉さんからあつこお姉さんに代わった瞬間を経験している子どもたちもいるので、出会いと別れを思い出す曲として聴いていただきたいです。 そしてインタビューも最後。 最後にされたのは今後の活動についての質問。 横山だいすけにとって新たなチャレンジになるので、今、とてもドキドキしています。 新しいカラーの自分を見せたいし、勇気や希望をのせて、これからもたくさんの子どもたちに歌を届けていきたいと思います。 う~ん! チケットの倍率がひしめくこと間違いなしのこの舞台ですが、だいすけお兄さんの卒業後初ミュージカルということもあって余計に気になっちゃいますね…! 初めまして、おかあさんといっしょFAN管理人の『ふぅママ』です! 娘と夫との3人暮らしをしています。

次の

新型ウイルスでプライベートジェット業界が活況? 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

プライベート 画像

だが、米プライベートジェット運航会社「パラマウント・ビジネス・ジェッツ()」では、電子メールや電話が後を絶たない。 「問い合わせが激増した」。 AFPの取材に応じた同社のリチャード・ザヘル()最高経営責任者(CEO)によると、問い合わせ件数は4倍に、予約件数は20~25%増加したという。 同氏によると常連客の利用頻度は通常と変わらないが、新規顧客が急増している。 その大半はプライベートジェットを初めて利用する人々で、急を要している顧客か、あるいは民間航空会社の座席を確保できなかったり、リスクを冒したくないと思っていたりする人々だという。 定員12席のチャーター便を利用する場合、英ロンドン発米ニューヨーク行きでは往復15万ドル(約1600万円)。 香港発日本行きでは片道約7万1000ドル(約760万円)かかる。 だが、英国から南仏までは1万ドル(約100万円)余りだ。 民間航空会社の中国発着便の数は、この2か月間で約90%減少した。 だが香港のチャーター便運航会社「エア・チャーター・サービス()」の広報担当者はAFPに対し、1~2月にかけて金融の中心地である上海、あるいは北京からの予約確定件数は70%増え、中でも新規顧客による予約は170%増と記録的な伸びだったと話した。 同社のアジア・太平洋地域責任者のジェームス・ロイズジョーンズ()氏は、「かなり裕福な客層だが、必ずしもチャーター便を利用する人々ではなく、1回限りかもしれない」と語った。 同じく香港に拠点を置くチャーター便運航会社「メイ・ジェッツ()」のダニエル・タン()氏は、新型ウイルスの流行が始まって以来、問い合わせは通常の5倍、予約は3倍に増えたと話した。 顧客がチャーター便を選ぶ理由には、渡航歴が「不明な」何百人もの乗客と一緒に閉鎖された空間にいたくないという気持ちや、プライベートジェットの利用者は通常、混雑した主要空港ターミナルから離れた場所で税関手続きや入国審査を行えることなどがある。 「どちらもプライベートジェットを利用する際の通常の特典だが、この不安な時期にチャーター便を利用することは計り知れない利点となる」と同氏は語った。

次の

岡田健史、“プライベート画像”がInstagramに100枚以上流出中!?

プライベート 画像

だが、米プライベートジェット運航会社「パラマウント・ビジネス・ジェッツ()」では、電子メールや電話が後を絶たない。 「問い合わせが激増した」。 AFPの取材に応じた同社のリチャード・ザヘル()最高経営責任者(CEO)によると、問い合わせ件数は4倍に、予約件数は20~25%増加したという。 同氏によると常連客の利用頻度は通常と変わらないが、新規顧客が急増している。 その大半はプライベートジェットを初めて利用する人々で、急を要している顧客か、あるいは民間航空会社の座席を確保できなかったり、リスクを冒したくないと思っていたりする人々だという。 定員12席のチャーター便を利用する場合、英ロンドン発米ニューヨーク行きでは往復15万ドル(約1600万円)。 香港発日本行きでは片道約7万1000ドル(約760万円)かかる。 だが、英国から南仏までは1万ドル(約100万円)余りだ。 民間航空会社の中国発着便の数は、この2か月間で約90%減少した。 だが香港のチャーター便運航会社「エア・チャーター・サービス()」の広報担当者はAFPに対し、1~2月にかけて金融の中心地である上海、あるいは北京からの予約確定件数は70%増え、中でも新規顧客による予約は170%増と記録的な伸びだったと話した。 同社のアジア・太平洋地域責任者のジェームス・ロイズジョーンズ()氏は、「かなり裕福な客層だが、必ずしもチャーター便を利用する人々ではなく、1回限りかもしれない」と語った。 同じく香港に拠点を置くチャーター便運航会社「メイ・ジェッツ()」のダニエル・タン()氏は、新型ウイルスの流行が始まって以来、問い合わせは通常の5倍、予約は3倍に増えたと話した。 顧客がチャーター便を選ぶ理由には、渡航歴が「不明な」何百人もの乗客と一緒に閉鎖された空間にいたくないという気持ちや、プライベートジェットの利用者は通常、混雑した主要空港ターミナルから離れた場所で税関手続きや入国審査を行えることなどがある。 「どちらもプライベートジェットを利用する際の通常の特典だが、この不安な時期にチャーター便を利用することは計り知れない利点となる」と同氏は語った。

次の