政府 共通 プラットフォーム。 政府共通プラットフォーム

【アマゾン・ウェブ・サービス】政府が共通プラットフォームにAWSを採用へ、来秋稼働

政府 共通 プラットフォーム

政府は2020年10月に運用を開始する予定の「政府共通プラットフォーム」に米アマゾン・ウェブ・サービスのクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」を採用する方針であることが分かった。 日経 xTECHの取材に複数の政府関係者が明らかにした。 政府共通プラットフォームは政府情報システムのプライベートクラウド基盤である。 政府は民間クラウドサービスの利用を前提に次期基盤となる「第二期整備計画」を進めており、現行の政府共通プラットフォームに比べて5割超の運用コスト削減を目指す。 政府は2018年度から政府共通プラットフォームの整備に向けた入札を実施し、このうち設計・開発などの請負業務の一般競争入札について、アクセンチュアが19年5月に4億7520万円で落札して受託契約を結んだ。 政府関係者によると、アクセンチュアはAWSの利用を前提に設計・開発を進めている。 これまで自治体などの行政機関が個別にAWSなどのクラウドサービスを利用する事例はあったが、政府がAWSを大規模に採用するのは初めてと見られる。 システム要件などの検討を担当している総務省行政管理局によると、2019年7月時点では設計工程の初期段階で「AWSの標準サービスを利用してコストを安くできるシステムを精査している」という。 業務内容の見直しや更改予定のないシステムを対象に、プロトタイプによる機能や費用対効果などの事前検証を進めている。 「クラウド・バイ・デフォルト原則」の象徴 政府は2017年5月に公表した「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」や「デジタル・ガバメント推進方針」で、政府情報システムを整備する際にクラウドサービスの利用を第一候補にする「クラウド・バイ・デフォルト原則」を打ち出した。 新しい政府共通プラットフォームはクラウド・バイ・デフォルトの象徴と位置付けられる。 政府関係者は入札と並行してクラウドサービス事業者の施設を見学し、コスト面などの比較検討を進めていたようだ。 3行のメンツにコンピューター各社の思惑が絡み合った、歪なかたちのボタンの掛け違いが、大規模システムトラブルの原因となった。 稼がないオジサンの金が不要なので、その分低コストで提案でき、スピードも早い。 いっぽうでNTT系は働かないオジサンの給与支払いがあるので、提案しても高コストになる。 くだらない理由で否定するオジサンがいるのでスピードもない。 おまけにオジサンのおかげで ポストも回ってこないし、若手の給与の低いままで働かせられる。 一応、そういゆオジサンを追い出すために、子会社いっぱい作って追い出してはいるらしいけどね。 そんなんじゃ、優秀な若手はチャンスがある外資に流れるだろ。 政府の仕事は税金で成り立っているので、割高なところに発注すれば 国民から叩かれるだろ。 ごく自然の成り行き。

次の

政府、情報システム基盤にAWS採用 高市総務相「セキュリティ対策も含め判断」

政府 共通 プラットフォーム

高市総務相が、10月に運用を始める予定の「政府共通プラットフォーム」にAmazon Web Services(AWS)を採用する方針を明らかにしました。 記事中にもありますが、 当初は「『純国産クラウド』を実現できないかと考えていた」というが、国内各社のクラウドと比較・検証を行った結果、「セキュリティ対策なども含め(AWSが)優れていると判断した」としている。 これまでこういった「国策」「政府系」のITシステムは、国産ITベンダーが中心となって構築するのが既定路線でした。 しかし今回AWSに決まったことは、今後政府の調達行動に大きな影響を与えるかも知れません。 ただこの話、まるっきり晴天の霹靂というわけでもありません。 すでに昨年7月に日経がすっぱ抜いています。 そもそも、最初に書いたようにこのシステム基盤は「今年の10月」に運用を開始するのです。 「今」決めたって、間に合うはずがありません。 詳細はわかりませんが、普通に考えれば昨年の7月だって遅すぎるのでは無いでしょうか。 もっと前から決まっていたと見るべきでしょう。 以下のように、計画自体は2018年度から始まっています。 この中の「設計・開発等業務」をということですから、その頃に大枠は固まっていたのではないでしょうか。 このニュースについて、「いや、実はそれほど大したことでも無いのよ」という記事が出ていました。 この中で、これまでもうまく行っていなかった政府共通プラットフォームの更新にあたって、国内SIerがAWSに譲ったのでは、という考察がされています。 こまごまとした末端システムはAWSへ、重要システムは相変わらず国内SIerへ、という図式は崩れないように思えます なるほど。 そういった背景もあるのかも知れません。 Microsoftは選択肢ではなかったのか? では、AWSと真っ向から競合しているMicrosoftは候補に挙がらなかったのでしょうか? Microsoftは昨年、米国防総省の最大100億ドルの入札を制しました。 大方の予想は、AWSが落札するだろうとみられていた案件で、これもアメリカでは衝撃でした。 というか、未だに決着していませんね。 Amazonが訴えて案件がストップしています。。 AWSは2013年のCIAの案件では他を引き離して落札しており、今回も最有力とみられていました。 それをひっくり返せたのは、AWSとAzureの技術力の差が小さくなったからと言われています。 まあ、AWSは2006年にサービスを開始していますが、Azureの正式なサービス開始は2010年。 確かに2013年時点では大きな差はあったでしょう。 昨年やっとAWSに勝ったとはいうものの、直前までAWS有利とみられていたほどにその差は微妙なものだったのでしょうね。 となると、昨年5月の時点で考えれば、アクセンチュアがAWSを選択したのは理にかなっていたといえるでしょう。 アクセンチュアはマルチクラウドを標榜していますから、今後Azureが絡んでくる可能性もあると思います。 Amazonがいきなり日本への納税を始めたのも、これがあったからでは? なんて言っている人もいますね。。 まあ、真偽はわかりませんが。 「?」をそのままにしておかないために 時代の変化は速く、特にITの分野での技術革新、環境変化は激しく、時代のトレンドに取り残されることは企業にとって大きなリスクとなります。 しかし、一歩引いて様々な技術革新を見ていくと、「まったく未知の技術」など、そうそうありません。 ほとんどの技術は過去の技術の延長線上にあり、異分野の技術と組み合わせることで新しい技術となっていることが多いのです。 アプライド・マーケティングでは、ITの技術トレンドを技術間の関係性と歴史の視点から俯瞰し、技術の本質を理解し、これからのトレンドを予測するためのセミナーや勉強会を開催しています。 是非、お気軽に下さい。

次の

【アマゾン・ウェブ・サービス】政府が共通プラットフォームにAWSを採用へ、来秋稼働

政府 共通 プラットフォーム

高市総務相が、10月に運用を始める予定の「政府共通プラットフォーム」にAmazon Web Services(AWS)を採用する方針を明らかにしました。 記事中にもありますが、 当初は「『純国産クラウド』を実現できないかと考えていた」というが、国内各社のクラウドと比較・検証を行った結果、「セキュリティ対策なども含め(AWSが)優れていると判断した」としている。 これまでこういった「国策」「政府系」のITシステムは、国産ITベンダーが中心となって構築するのが既定路線でした。 しかし今回AWSに決まったことは、今後政府の調達行動に大きな影響を与えるかも知れません。 ただこの話、まるっきり晴天の霹靂というわけでもありません。 すでに昨年7月に日経がすっぱ抜いています。 そもそも、最初に書いたようにこのシステム基盤は「今年の10月」に運用を開始するのです。 「今」決めたって、間に合うはずがありません。 詳細はわかりませんが、普通に考えれば昨年の7月だって遅すぎるのでは無いでしょうか。 もっと前から決まっていたと見るべきでしょう。 以下のように、計画自体は2018年度から始まっています。 この中の「設計・開発等業務」をということですから、その頃に大枠は固まっていたのではないでしょうか。 このニュースについて、「いや、実はそれほど大したことでも無いのよ」という記事が出ていました。 この中で、これまでもうまく行っていなかった政府共通プラットフォームの更新にあたって、国内SIerがAWSに譲ったのでは、という考察がされています。 こまごまとした末端システムはAWSへ、重要システムは相変わらず国内SIerへ、という図式は崩れないように思えます なるほど。 そういった背景もあるのかも知れません。 Microsoftは選択肢ではなかったのか? では、AWSと真っ向から競合しているMicrosoftは候補に挙がらなかったのでしょうか? Microsoftは昨年、米国防総省の最大100億ドルの入札を制しました。 大方の予想は、AWSが落札するだろうとみられていた案件で、これもアメリカでは衝撃でした。 というか、未だに決着していませんね。 Amazonが訴えて案件がストップしています。。 AWSは2013年のCIAの案件では他を引き離して落札しており、今回も最有力とみられていました。 それをひっくり返せたのは、AWSとAzureの技術力の差が小さくなったからと言われています。 まあ、AWSは2006年にサービスを開始していますが、Azureの正式なサービス開始は2010年。 確かに2013年時点では大きな差はあったでしょう。 昨年やっとAWSに勝ったとはいうものの、直前までAWS有利とみられていたほどにその差は微妙なものだったのでしょうね。 となると、昨年5月の時点で考えれば、アクセンチュアがAWSを選択したのは理にかなっていたといえるでしょう。 アクセンチュアはマルチクラウドを標榜していますから、今後Azureが絡んでくる可能性もあると思います。 Amazonがいきなり日本への納税を始めたのも、これがあったからでは? なんて言っている人もいますね。。 まあ、真偽はわかりませんが。 「?」をそのままにしておかないために 時代の変化は速く、特にITの分野での技術革新、環境変化は激しく、時代のトレンドに取り残されることは企業にとって大きなリスクとなります。 しかし、一歩引いて様々な技術革新を見ていくと、「まったく未知の技術」など、そうそうありません。 ほとんどの技術は過去の技術の延長線上にあり、異分野の技術と組み合わせることで新しい技術となっていることが多いのです。 アプライド・マーケティングでは、ITの技術トレンドを技術間の関係性と歴史の視点から俯瞰し、技術の本質を理解し、これからのトレンドを予測するためのセミナーや勉強会を開催しています。 是非、お気軽に下さい。

次の